オムツ漏れ・トイレの困った!を数値化して解決!介護のプロ1万人に伝えた心と体からスッキリ出すケアのヒント
NEW !
テーマ:

No. 308   男女 DASU

 

 



今日明日と

一粒万倍日が2日連続する日

なんですってハート

 

 

こういった暦の選日って

気にしないより、気にして生活した方が

人生たのしい気がするから好きですねぇ ニコニコキラキラ

 

 


でも、

自分をぶつけるってワード

聞くとちょっとざわざわする照れハッ

 

 


 

苦手意識・・・

というより、自分そのままを

ぶつけるってなかなかしてないかも???

 

 

 

 

 

このケアで良いのかな・・・


 

そんな風に

相手の気持ちを汲み取ろう汲み取ろうと

言葉や表情に出ない相手のことを思うケア職の立場だと特に

 

自分をぶつけるってそもそものことを

することがないかもしれない。

 

 

まぁ、

そうじゃない人もいるかもしれないけれど

 

 

こんなこと言ったら、おかしいと思われる。

自分が言わなかったら、スムーズに進むから。

 

 

――― そう思うのも、自分を守る処世術sei

 

 

 

でも

自分のやりたいことを突き詰めていったら

周りや相手にとって

想い図る以上のものが分けられるかもしれない。

 


 

それだったら、

自分を出していったほうが、

三方良しheart+kira*

 


 

いつも自分そっちのけの人は

今日明日

思いきり自分表現してみません?

 

 

もうさ、今の自分の姿からじゃなくって

将来なりたいこんな自分、で考えてみようにこにこハート

 

 

 

最近リブログすることが多い

田宮さんのブログから思ったことでしたニコニコキラキラ

 

 


 

 

最近排泄ケアと違うテーマが多いかもハーイ左・・・


良い日曜日をお過ごし下さい


 

読みいただき感謝ですキラキラ

DASUケアLABの大関でしたおすましペガサス

 

 

 

 

トイレットペーパー これからのDASU予定 トイレットペーパー
11月20日~ 日総研様 通所サービス&マネジメント
連載中:明日からの介護が楽しくなる”DASUケア流”排泄にまつわる小咄

2月22日神戸 BABE ANNIVERSARY
 生きるために必要な10のこと
 HAPPYBIRTHDAY

3月17日 大阪kira*
4月21日 東京キラキラ
5月19日 名古屋ニコニコ
日総研セミナー 排泄ケア最善策12の実践ポイント
募集開始していますハート

 


テーマ:

No. 307   男女 DASU

 

 

 

2025年には

5人に1人認知症の方になる。

 

 

昨日は、そんな認知症について

神戸市がされる取り組みの紹介をしましたが…

 


 

不安を煽ろうとかじゃなくて

近い将来、きっと来るであろうことに

どう予測してくのかって事でしたが…

 

 

 

 

認知症って

まだまだ、世間的には

他人事、特別な病気

 

そんな空気がありますね

(認知症だけに限らないかもしれないけれど・・)

 

 

 

 

65歳以上の5人に1人なんて

家族や親戚の中に、認知症を持つ人が

必ずいるような割合です。

 

 

 

すぐ来る未来に予想される事実。

そんな未来にアプローチされてるのが

認知症VR

 

 

 

 

高齢者施設や、業界で働く人なら

例え認知症を持っていたとしても、

周囲の理解とほんの少しの支えがあれば、

自分らしく生き生きと過ごすことが出来る。

 

こう話す、認知症VRプロジェクトの

銀木犀の下河原氏の言葉は

共感出来るんじゃないかなと思います。

 

 

 

 
下河原氏は

 
目で見て耳で感じて
体験として分かることで
やっとその一人称の理解になる。
 

社会全体が、

認知症と聞いても

無関心でいられるのは、

当事者として、

その体験が自分のものじゃないから。

 

そう話されてます。

 

 

これって排泄ケアにも似たようなことが

言えると思っていて 

 

 

社会全体ではなくて、

ケアする側へのアプローチだけれど…

 

 

一人称で体験しずらいのは

排泄ケアも一緒ですね。

 

 

失禁して、

それを他人に交換される体験が無いなら

おむつ交換のケアのことを理解した

 

って言えないんじゃないか?

 

 

 

失禁がどんなものか知らないままで
(子供のころの記憶は体感としては忘れているかと)

失禁されてしまった人へ

どうケアするか

 

どんな言葉がけで

どんな対応をして欲しいか。

 

 

そう思ってお願いをした

おむつ体験記。

 

 

ブログでもちょっと書いていますが

 

年内出版予定が鋭意制作中で

来年4月になりそうです

 

 

たっくさんの先生方の中に混じって

おむつのパートを持たせてもらいました。

 

 

はいせつケア・リハ

 

はいせつケア・リハ はいせつケア・リハ
5,184円
Amazon

 

 

一人称の追体験になれるくらい

心を込めて校正中ですにこハッ

 

 

本当は、

失禁体験と、おむつ交換のVRが欲しいなぁまぢかーハート

 

これからもっと学校では

VRばかりの授業も採用されていきそうですねaya

 

 

 

 

 

読みいただき感謝ですキラキラ

DASUケアLABの大関でしたおすましペガサス

 

 

 

 

トイレットペーパー これからのDASU予定 トイレットペーパー
11月20日~ 日総研様 通所サービス&マネジメント
連載中:明日からの介護が楽しくなる”DASUケア流”排泄にまつわる小咄

2月22日神戸 BABE ANNIVERSARY
 生きるために必要な10のこと
 HAPPYBIRTHDAY

3月17日 大阪kira*
4月21日 東京キラキラ
5月19日 名古屋ニコニコ
日総研セミナー 排泄ケア最善策12の実践ポイント
募集開始していますハート

 


テーマ:

No. 306   男女 DASU

 

 

 

 

東北出身の私からすると

神戸ってとてもハイソな街の印象

 

 

 

 


そんな憧れ的な神戸

 

 

 

 

こんなに今は近くに住んでるのに

まだちゃんと観光したことないなぁと思いつつ

 

 

神戸市の日本初の取り組みが

ニュースになっていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸市は来年から、

 

認知症の人が起こした火災などの被害に遭った市民に見舞金を支給するなど、
全国に先駆けた認知症対策に乗り出す。
 
 
内容は
認知機能を調べるための検査費用を市が全額負担する
「診断助成制度」
▽認知症の人が外出時などで事故に遭った際の「事故救済制度」
 
      ―の2つの制度の創設。
 

ケアマネジメントオンラインより

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年のG7、神戸宣言がなされてから

神戸市認知症の人にやさしいまちづくり条例

が今年 施行されています。

 

 

その中の条例改正です

 

 

 

 

認知症の対策を
市がこんな風に進めるのは
初めてのことだそうです

 

 

 

 

 

 

それも、そのはず

あと6年後の

2025年には

 

認知症の方は5人に1人

になると予想されてます

(※7人に1人は今の数値ですね)

 

 

認知症ねっとより

 

 

 

 

 

 

 

時々、ニュースにも取り上げられる

認知症の方が関わる事故

 

 

 

他人事ではないですよね。

いつか自分にも関わってくる

そう思うくらいの割合で進んでいくこれから

 

 

ケアする私たちの方も、

準備していきたいところですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症の方が

排泄に問題が出てくるようになると

 

機能性尿失禁と呼ばれる

カテゴリになります。

 

 

「麻痺などで移動できない」など

身体の問題で、排泄に不都合があることも

機能性尿失禁になりますが

 

 

やはり高齢者施設の多くは

 

認知症などの精神機能の障害が

おこることによって

判断や認知力が低下している

 

そんな機能性尿失禁の方が多いです

 

 

色んな思いが

 

トイレの場所や、トイレの方法を

覚えられなかったり、

 

同じ失敗を繰り返してしまうと

介護側は追い詰められるきっかけになるのが

排泄の問題だと思います

 

 

 

 

その方の

できること・強みを探しながら

ケアに当たるのがポイントです。

 

 

 

例えば…

 

 

 

    トイレに行きたいサインを見つける

歩き回る、ポケットに手をつっこむ、歯ぎしりが増える…など、その方のトイレに行きたいサインがみつける。

 

トイレの表示をはっきりさせる

トイレの場所がわからなければ、トイレに辿り着けません。

トイレに「厠」と書いたり馴染みのあるトイレの明るさ、環境に近付ける。

 

脱ぎ着しやすい服にする

慣れた位置にボタンやチャックがある、といったご本人がわかる衣服に替える。

 

 

などなど…ありますが

 

 

認知症での機能性尿失禁ケアのポイントは

上手くいったら

褒めることです。

 

 
 
褒めると、
その行動はの記憶になるため
意識に残りやすいと言われています。
 
 

怒っても、叱っても、怒鳴っては

逆効果になります
 
 
出来るだけ笑顔で対応出来る方が
結果、どちらも楽に
介護できることに繋がりそうです
 
 
無理だ!!!
って思った時は
余裕が無くなってるなぁ自分
と気付いて下さい
 
 
そんな時は無理にでも
自分を大切にする行動が出来ますように
 

 

 

 

 

 

 

お読みいただき感謝ですキラキラ

DASUケアLABの大関でしたおすましペガサス

 

 

 

 

トイレットペーパー これからのDASU予定 トイレットペーパー
11月20日~ 日総研様 通所サービス&マネジメント
連載中:明日からの介護が楽しくなる”DASUケア流”排泄にまつわる小咄

2月22日神戸 BABE ANNIVERSARY
 生きるために必要な10のこと
 HAPPYBIRTHDAY

3月17日 大阪kira*
4月21日 東京キラキラ
5月19日 名古屋ニコニコ
日総研セミナー 排泄ケア最善策12の実践ポイント
募集開始していますハート

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス