ベーソンズのボーカル、Darthreider a.k.a. 片目のダースの叔父貴が綴る日々の出来事。日常をMAXで考え、楽しみ、生き抜く。爆発的生命こそがファンク!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-18 20:40:13

新曲キッズリターンと選挙。

テーマ:思索


新曲キッズリターンをアップしました。



これに関してはまた改めて!
まずは聴いてみてください。正直自分的にはめちゃくちゃ好きな曲になりました(当たり前か)!

で。
今回の選挙。

損得と正しさというラインで考えると民進党が本当にわかりやすく見せてくれている。
立憲民主党の正しさは明白だ。
希望の党は損得の集まりですが、ここの所の失速はやはり、正しさとの対比が明確化したからだと思う。
排除という言葉に宿った言霊は強く、しかも弾き出したはずの相手に力を与えている。

希望の党に行った民進党の議員ははじめに言い訳を強いられている。
考えた末の、苦渋の決断。
そう言う言葉は短い選挙戦ではなんのプラスにもならない。
移った候補の中には既に希望の党批判をして開票前に離反してる人もいる。これは、しかしやはり損得勘定だ。
立憲民主党はそこが強い。ただ話せば良い。
三都物語などと謳ってすぐ瓦解してしまった維新も煽りを食らうだろう。
千葉一区の長谷川豊氏が落選すれば良いのだが…





そもそも解散のタイミングも損得勘定があったはずが、それを上回るわかり易い損得勘定の人たちで溢れたため、自民党はかなり助けられていると思う。希望の党に流れそうになった有権者の多くは自民党に戻るだろう。
自公で300議席を窺う報道もあるけど。
これはあくまで投票率が5割強の時の予測。
さあ、どうする?
自民党内での方向性に関しては、党内で自分たちの正しさを発揮する議員の登場に期待したい。
でも、小池百合子氏が復党して総裁選なんて憶測もあって。これ、案外有り得る気がするんだよなー。

公明党に関しても支持層からの正しさの突き上げがあれば良いと思う。何から何まで自民党と一緒である必要はそもそも無いはずだ。

僕はプロセス遵守がこの選挙で再確認されて欲しいと思ってますが…その為には熟議を経なければ物事が決定出来ない勢力バランスが必要だと思う。
そうすれば熟議のための情報公開もある程度は進むだろう。

果たしてどうなるのかな?

ツインピークス最高。

宇宙平和
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-17 16:27:45

MCバトルについての思い

テーマ:思索
MCバトルの司会。
思いを語りました。




思えばかなり長いことやっていた。
最初は池袋BedでJOMO君とやった3on3 MCバトルだ。
この時は27歳とかかな?

あちこちで行われていたバトルに出るMC達は同年代だった。
メテオ達の世代が四つ下でここが層が厚く。
でも同時に10代のTKやDRAGON ONE、バラガキ、マイルス、焚巻なんかもいた。
この時の10代の連中は今思えばかなり尖ってて…大人に混じってガンガンだったね。
プードルとかエミシも若くして出てきたね。

バトルの基本設定が同世代で、そこに他の年齢の人たちも挑戦してくる構造だった。
あくまでスタートでそこから歴史は大きく動き、今のような広がりを見せるわけだが。

僕は今は体力の事もあり、アドレナリンをガンガン出しながら行うライブは大丈夫。
しかも自分の表現だから向き合える。
Freshな挑戦が待っている。

バトルの司会はもっと広い集中力が必要だ。
自分が恣意的に楽しめるNEWS RAPや片目と語れのような場はかなり楽しくやってるので別なんだけど。

ヒップホップのMCとしてずっとやって来た。
それで今のタイミングは色々考える。
その考える元は本に書いてる。



角川の編集の方から今の売れ行きでは重版は無理と言われたので…そんなものなのだろう。
まあ、最後っ屁みたいなもんですからね。

そういう事で!
いわゆる今のMCバトルにおける役割はいよいよ終わったかなと思った次第。

もちろんそんな僕でも経験や知識が必要な方からのオファーはいつでも!

最後に仕切ったスクラで優勝したのはT-Tongue!
おめでとう!最後までスタイルを変えずに踏み切った。

{FC7B34DC-3413-49B4-8F5D-8190D5876811}

KOKでもぶっかましてくれ!

そして、一回戦のSpardaとHardyの試合が個人的なベスト。本当に素晴らしかった。
もう大人がしゃしゃり出る幕はないんじゃないのこれ? マジでやばいぜ!

今後の素晴らしいMCたちの奮闘にエールを!

片目のダースの叔父貴。

ブリングザビート!

宇宙平和
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-16 14:54:16

投票に行こう!と″長谷川豊に殺されたくない″

テーマ:思索
僕はなんだかんだ選挙期間に投票に行こう!といったキャンペーンには良く参加してます。

なにせ投票率が低ければ低いほど、勤勉な方々及び組織でまとめて投票する人たちには有利になります。
で、それが嫌だから投票行かない…どうせ変わらないよ!という人は良くいます。
最近も著名な知識人が棄権を訴えたりしてましたね。
でも自分の諦めや虚無感を伝えるメッセージとしての棄権は回りくどい!思春期の男子か!
策士策に溺れる感じ。

なぜなら投票行動は自分の行動であって。
結果に繋がる場合もあれば繋がらない場合も当然あります。
なんせ小選挙区制では各地区の当選者が少ないから当然です。

でも何が確実なのか?
確実なものは一つあります。

それは自分がこのタイミングで何を考え、何をしたか?という事です。
これは何がどうあろうと確実に分かる。

僕にとって投票行動は、自分がこのタイミングで何を考えてるかを確認するためにも役立っています。

ある意味、ああ、何も考えてねーなー俺!ってのも分かっちゃいますし。
あーだこーだ悩んだなーってのも分かります。

じゃあどうやって考えるのか?
情報がないと考えられない。
ここに来て、どれだけ選挙に関する情報が自分にもたらされてるかも考える事が出来ます。

有権者がどれだけ情報を共有出来ているか?

そこで僕は自分の選挙区ではなく、千葉一区の候補で日本維新の会比例代表名誉1位の長谷川豊氏についての曲を作りました。




ちなみに選挙活動とは特定の候補を当選させるための活動なので。
このアクションは選挙活動には当たらない、落選運動になります。公職選挙法にも違反しません。
本人のブログ(既に削除済みですがネットでは完全に削除は難しいんですよね。)へのリンクも概要に入れてあります。

なぜこう言う曲をアップしたか?といえば。
こちらの曲を歌ってます。





個人的な思いも込めて…
投票行動の参考に!

自分がどう考え、誰に投票したのかを確認する。

結果は様々ですがその先の社会に関して自分はこう思ってるという自分の軸が獲得出来ます。

結果が出なかったからもう辞めたーじゃなくて。
その都度自分が何を考えてるのかを第一段階にして。
そこから周りに話すのか? 或いは自分の中で確固たるものを持つようにするのか。

そう言う人が増えれば必然的に社会はそういうものになっていく。

僕はそう思います!

宇宙平和

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-13 13:23:39

良い"ナイトメイヤー"になるためには? pt3

テーマ:思索
ナイトメイヤー記事第3弾。
ここからはアムステルダムとロンドンの事例です。
日本ではどうしていくべきなのか?ニューヨークはある種の折衷案を取っていますが、どれだけ効果的でしょうか?
 
下記の記事の翻訳です。
 
独立性を保つべきだ
 
 「重要なのはナイトメイヤーという役割がただの集票マシーンだったりの政治的道具にならないことです。」アムステルダムのナイトメイヤー、ミリク・ミランは語る。「長期的なヴィジョンを市政に届ける。ナイトライフは都市全体と繋がっているのです」
 
 これは「メイヤー(市長)」という言葉とは相反するようにも見える。ナイトメイヤーという言葉そのものはアムステルダムが広めたようなものだ。しかし、ヨーロッパの多くの都市におけるナイトライフ組織は市行政の手によるものではなく、独立したNGOである。
 アムステルダムのナイトメイヤーもベルリンのクラブ・コミッションもそれぞれ国から一定の資金援助は受けているが、運営はあくまでインディペンデントなメンバーによる。彼らは市当局と応対出来るが自主、独立である。
 
 ここが重要である。市民社会を深く発展させる事が可能であり、より多角的な視点に基づいて施設を創っていくことが出来る。多角的な視点には当然市政や市経済に深く根差すものも含まれるが、自動的に政治的な要請に応えるものでも、 ビジネスグループの利益に即応するものでもない。
ナイトメイヤが提案するものは長期的視野で考えられており、現職の市長が職を失った瞬間に効力を無くすようなものではない。
 
 ナイトライフ事務局が特別政治的な力を有しているわけではない。彼らはどちらかと言えばインディーのロビイストのような存在だ。それでも、アムステルダムのナイトメイヤーのようにかなり広範に渡る人々の意見に基づいた提案ーそうした人々に対して市庁側が直接連絡を取れる場合は極く限られているーは、やはり一定程度の重要性を持ち、傾聴に値すると市の行政側も考えざるを得ない。
 
 逆に、真の独立性の欠如は深刻なマイナスを引き起こしかねない。
ロンドンのナイト・ツアーの例が該当するだろう。ナイトツアーはロンドン市長から直接任命され、事務局も市庁舎の中にあるため、行政とあまりに緊密な距離を取っていることが本来の職務の障害となっていると指摘されている。
 ナイト・ツアーのエイミー・レイムはロンドン市長、サディック・カーンによって昨年11月に任命され、英国労働党とも近い関係にある。彼女の立場はヨーロッパの他のどこよりも政治的であると言える。
その為、発足当初からカーン市長への政治的な批判の標的とされてきた。従って、彼女の将来や提案もまたカーン市政と関連づけられ、彼の影響力から脱することは難しいと思える。このことが彼女の職務にダメージを与えると断言するには早い。しかし、ロンドン市長事務局はレイム氏の就任以来、彼女に対する
多くのインタビュー取材を拒否したり無視してきている。
 
 ニューヨークはこの落とし穴を避けることが出来るのか?市庁舎から任命され、市長のメディア・エンターテイメントオフィスの中に事務局を構える流れは、独立性を保っているベルリンのクラブ・コミッションよりはロンドンと近い状況を生む可能性がある。
 
 エスピニャール市議はこれに対して、ナイトライフ事務局の自立性と合法性を高まる提案をしている。ナイトライフ事務局のディレクターは12人のメンバーから成るナイトライフ・アドバイザリーボードと共に働くことになる。アドバイザリーボードはゾーニングの専門家、アーティスト、コミュニティーの代表、そしてナイトライフ事業者らによって構成される。12人のうち4人は市長によって指名されるが、残りの8名はニューヨーク市議会によって選出される。これによってナイトライフ事務局が市政のエコーチェンバーと化すことを防ごうという考えだ。
 
続きはまた追って!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-13 13:20:31

良い"ナイトメイヤー"になるためには? pt2

テーマ:思索
ナイトメイヤー記事の続き。
この辺りの考え方が日本でも共有出来るか?が大事になってきますね。
 
リンク先の記事の翻訳です。
 
夜に価値を与える
 
 そもそも、なぜナイトライフを保護する事務局が必要なのか?
必ずしも評判が良いとは言えないナイトライフはしかし、大都市を偉大な都市にするためには欠かせない要素でもあるのだ。
 ナイトライフは人々に娯楽を提供するだけではない。ナイトライフは多くの人々、特にマイノリティーの人々に場所を提供する。そこでは、似たような感覚、感情を持った人々をサポートするコネクションと繋がることが出来る。こうしたコネクションとは昼間の時間帯はなかなか遭遇出来ないものだ。
 
 外から見るとナイトライフでは人々はただ無駄な時間を費やしているだけにも見えるだろう。しかし、ナイトライフは創造的な空間でもあり、音楽、デザイン、ファッションにおける新たな方向性が模索され、究極的には都市そのものの生活と文化を豊かなものにしている。  
 
 ただ、こうしたナイトライフの創造性が発揮される場所は脆くもある。他のあらゆる場所と同様に都市のプレッシャー下にある。再開発に伴う移転やジェントリフィケーションで存続の危機にさらされている施設も少なくない。確かに、もしあなたがどこかで巨大で、上品そうなナイトクラブの前を通り過ぎたとして、その巨大な利潤を生む施設が、より小さく、独特の雰囲気をもった施設を潰すことで出来ていることは大いにあり得る。その原因は多くの場合、高騰する賃料や信用するに値しない役人たちの決定による。
 
 これこうした事態は、十分に保護や管理を考慮する価値がある。単純に市の行政や商業的な組織では問題は解決しない。ヨーロッパのナイトメイヤーたちの仕事の基礎的な考え方は、こうした行政と商業組織と常に一定の距離を保つことでもある。
 
続きはこちら!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース