アジア系外国人のカップルさんが同じくアジア系外国人のカメラマンと一緒に、

東京都内や神奈川県内で撮影しているのを見かけます。

福岡県でも多いようですね大濠公園とか。

 

ただ絶対に撮影が許可されない皇居周辺や迎賓館などの場所で撮って、

警察官に怒られている外国人ロケーションフォト集団を見かけることがあります。

その他、東京駅付近や東京タワー周辺や秋葉原、

神社内などで景色の良い場所で撮影している、

外国人ロケーションフォト集団を見かけます。

また道路のど真ん中だったり、

橋の欄干の上など危険なところで撮影している人も見かけます。

 

間違いなく撮影許可など取っていないです。

マナーも悪い方が多く、通行人に怒号を飛ばしたりゴミを捨てて帰ったり。

そんな外国人の撮影が増えてちゃんと許可を取って撮影している日本の撮影会社が、

色眼鏡で見られたり、撮影出来なくなるなど問題化しつつあります。

 

先日も結婚式の撮影をしているときに、

アジア系外国人の方が同じくアジア系外国人の、

新郎新婦さんの撮影をホテル内の庭園で行っていました。

機材や撮り方からするとプロカメラマンがホテルの庭園を使用して撮影しているようです。

 

外部カメラマンは撮影が出来ない庭園なので、

正直うらやましいなと思って眺めていたら、

僕に撮影依頼をされた新郎新婦さんがその外国人を同じく眺めていました。

 

そのホテルの庭園は提携の写真会社しか撮ってはいけないという、

独占禁止法に違反するルールが制定されていて、何度も粘り強く交渉したのですが、

どうしても撮影が出来ないと言われ断念をしたところでした。

 

滝をバックに撮影をする外国人ロケーションフォト集団にをみて、

新郎さんがすかさずプランナーさんに

「私たちも撮ってはダメですか?」と聞いたところ、

プランナーさん「外部カメラマンの方はあちらでは撮影ができないのです」

僕「でも、あのどうみても外国人ロケーションフォト集団は撮影していても何も注意しないのですか?」

プランナーさん「アジア系の言葉はわかる人がいないので注意できないのです」

 

( ゚Д゚)

 

来年に東京五輪をする日本、

今どきアジア系の言語を話せるスタッフがいない、

大型ホテルなんて聞いたことがありません。

 

僕の目には宿泊している人が撮影している風には見えません、

同業者の香りしかしません。

仮に宿泊している人だとしても撮影していいのなら、

結婚式している新郎新婦さんが撮影が出来ないという理由にはなりません。

 

もしかして昨年ニュースになりましたが事なかれ主義とか…。

 

●「外国人が怖くて」入園料ただに、新宿御苑の元職員 2500万円相当(BBCニュースより)

 

僕「あちらの方は撮影が出来て、何で私たちは撮影出来ないのでしょうか?」

プランナーさん「一般の方なので目をつぶることがあります、本当にすみませんが…」

僕「もしあの方達が一般の方でないなら、僕たちが撮影しても目をつぶってくれるってことですかね」

プランナーさん「…」

僕「ちょっと聞いてきますね」

 

とカメラを置いて外国人ロケーションフォト集団に近づき話しかけました。

「おめでとうございます、楽しそうですね、想い出に残りそうですね」と英語で。

ついでに「撮影依頼するといくらぐらいなんですか?」

と話したら笑顔で答えてくれました。

確実に撮影会社とそこに依頼した新郎新郎新婦さんでした。

 

僕「という結果です、英語も通じます。ゲリラ撮影がオッケーで私たちがで撮影出来ない理由を教えて下さい。」

プランナーさん「…」

僕「であれば僕たちも撮影しますが同じく目をつぶっていていただければと」

プランナーさん「えーと庭園は危険なので…」

 

苦し紛れのワードが出てきましたがスルーしました。

まあこれでダメと言われても筋が違う話なので、正式に抗議でしたが、

目も口もつぶっていただいたので、庭園内で滝をバックに30分ぐらい撮影ゆったり撮影が出来ました。

 

今回は外国人ロケーションフォト集団との協力プレイという形にはなりましたが、

たまにこういった手段を用いて撮影をすることもあります。

 

撮影規制している理由は会場の提携写真が会場に出している外部カメラマンに撮らせるなという契約条件だったり、

会場側は利権確保のために出している規制だったり、

外部カメラマン規制はそもそもが倫理的にも法的にも間違っている事ばかりなので、

隙間をついて交渉すると撮影することも出来たりします。

これも長年の経験と塩梅なのかなって思います、会場からはよく鍛えられたり、揉まれましたから(‘A`)

 

会場側もあの手この手でくるのであれば、

僕もあの手この手で、新郎新婦さんの利のある想い出になれるようにこれからも邁進していこうと思います。

 

 

(冒頭の写真と本文は関係ありません)

 

カメラ結婚式のスナップ写真撮影を承っています

 

ウエディングカメラマンの裏話

 

日程の空き状況だけ確認をされたい方はコチラ→

 

パンダブログからお問い合わせの方にお得な特典!!

ダイヤオレンジ前撮り&結婚式当日ロケーション撮影料金無料

ダイヤオレンジ手焼き風プリント30カットプレゼント 

ダイヤオレンジお得な特別限定プランをご用意 

 

パンダ自己紹介と他己紹介と2018年&2017年いいね1,000以上の人気記事のご紹介

 

お祝いフォロワー数3万人到達記念

30組様に手焼き風プリント30枚、スペシャルダジャレも3点プレゼント!

(残りわずかになりました)

 

 

いい夫婦の日の2018年11月22日以降に、

ブログからお申し込みをいただいたアルバム付属通常プランご注文の方に、
手焼き風プリント(2L版)30枚(42,000円相当)をプレゼントさせていただきます(残り数枠となりました)

またスペシャルダジャレも3点もプレゼント中(いらないと言われてもあげます)

まずはこちらからお問い合わせ下さい→

 

カメラ結婚式のスナップ写真撮影を承っています

 

パンダブログからお問い合わせの方にお得な特典!!

ダイヤオレンジ前撮り&結婚式当日ロケーション撮影料金無料

ダイヤオレンジ手焼き風プリント40カットプレゼント 

ダイヤオレンジお得な特別限定プランをご用意 

 

ウエディングカメラマンの裏話

 

日程の空き状況だけ確認をされたい方はコチラ→

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今まで19年間約1700組のカップルの結婚式を撮影してきました。
お二人の結婚式、心とダジャレを込めて撮影させていただきます。

よろしければ運営しているwebサイトのご紹介をさせていただいております、
結婚式のスナップ写真撮影依頼についてなど、お気軽にご相談ください。

撮影プランは99,000円からご用意しています。

 

パンダ撮影のお問い合わせのメールにはすでに撮影予定が入っていても、

48時間以内に必ずお返事をさせていただいています。
●「問い合わせをしたけど、返事がまだ届かない…」 そんな時は【迷惑メールフォルダ】の中をご確認ください。
●スマートフォンや携帯電話からのお問い合わせの場合、設定によりこちらからのメールが送れないことも多いです。パソコンメール、URL付きメールを受信する設定にされて再度お問い合わせ下さい。
それでもメールがないようであれば、 念力かメールで再度ご連絡下さい
手紙パンダ

 

【TV&ラジオ出演】■『Mr.サンデー』(フジテレビ)■『ブログの女王』(テレビ東京)■『MUSIC PLUS』(J-WAVE)■『site9-11』(FMぐんま)

 

【メディア掲載】■AERA(朝日新聞出版) ■写真好きのための法律&マナー(朝日新聞出版)■アサヒカメラ2017年12月号(朝日新聞出版)■日本写真家協会会報2017年11月号(JPS)■『本当にあったブログ内緒話』(大洋図書)■信濃毎日新聞 ■ねっため(ソフトバンククリエイティブ)■ドバイ政府観光・商務局 ■H.I.S.


■アメーバブログさんが運営されています『アメばこ』にインタビューされました。
『アメばこオススメブログ ウエディングカメラマンの裏話』