団塊サポート.comは、生涯現役に挑む「好」齢者のガッツをサポート!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

夏の収穫

 おはようございます!

 

 台風直前の、残暑も厳しき中、

 

 皆々様、如何お過ごしでしょうか?

 

 夏の青空が見えている今こそ、

 

 布団を干しておこうと、

 

 ひと汗かいた次第です。

 

 野菜も高騰する中、

 

 我が借家の庭のプチ家庭菜園では、

 

 白いニガゴイ(ニガウリ)のでかいのが、

 

 やっとぶら下がり、

 

 オクラを日々、数本ずつ収穫できています。

 

 二番成りの丸ナスやピーマンなど、

 

 「夏の収穫」は写真の如くです。(笑)

 

 

 梅雨時の集中豪雨で、

 

 すべて枯れてしまったブドウの葉も、

 

 ようやく再生しました。

 

 今年前半は、コロナ禍、家計の失速で、

 

 安倍政権主導による経済成長に、

 

 想定外の急ブレーキがかかりましたが、

 

 後半戦は、白血病の長期闘病を経て復帰した、

 

 池江璃花子選手のごとく、

 

 感染対策には万全を期しての、

 

 「再生」への戦いの準備をスタートできればと、

 

 考えている次第!

 

 特に、団塊・シニアの皆々様、

 

 残暑はまだまだ厳しそうですので、

 

 たっぷりと水分補給をしつつ、

 

 ともに、前向きに、希望をもって、

 

 元気で参りましょう!!(笑)

 

 では、では、御機嫌よう!!!

 

 老南虎 拝

 

巨大白茄子が採れましたーーー!!

集中豪雨と相俟って、

新型コロナウイルスが再び猛威を振るい始めた鹿児島!

 

皆々様、如何お過ごしでしょうか?

 

そろそろ、夜の繁華街に繰り出して、

カラオケでも歌って、

積もる鬱憤を晴らそうなどと思いきや、

 

コロナ禍の再燃で、

マスクも二重にして感染防止を徹底するなどの

新たな対策が求められているようです。

 

やはり、我々高齢者にとっては、

自宅周りで、家庭菜園づくりに

精出したほうが安全のようで。

 

自宅の庭やベランダの新鮮な食材を楽しみながら、

たっぷりと睡眠をとり、

しっかりとコロナに負けない

免疫力づくりに励んで参りましょう!

 

てな訳で、

末吉の道の駅で仕入れた「白茄子」の苗が

肥効促進剤の微生物資材「バクタモン」のお陰か、

かなり立派に育ってくれました。

 

 

只今、女房は、超ビッグサイズの

600グラムもある「白茄子」の田楽に

チャレンジ中!?(笑)

 

今夜の焼酎は、特に、

「うんまかーーー!!!」なハズ!?

 

いな、白茄子の田楽が美味いハズ!?(爆)

 

今夜は、集中豪雨が予想されるとのことで、

足腰の弱い高齢者の方々は、

速やかな避難・防災対策をされたし!!!

 

では、皆々様方、ご機嫌よう!!!

 

老南虎 拝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発泡スチロール箱のプチ家庭菜園に実る、大自然の恵み!?

梅雨も半ば、古希を迎えても、
益々お元気な団塊・シニアの皆々様、
いかがお過ごしでしょうか?


すでに特別定額給付金10万円を、
手にした方々も多いかと存じます。


こうした嬉しいマネーは、喜びもつかの間、
あっという間に消えてなくなるのが常ですが、
ベランダの片隅で、あるいは庭の一角を片付けて、
発砲スチロール箱などでのプチ家庭菜園造りに、
特別定額給付金の数パーセントを投資しておくのも、
全てが「想定外」の時代には、
ありかなと思っています。


「一箱に、一苗!」が、よく育ち、
実も大きくなるように感じます。


筆者も、一昨日、
箱植えの大きな茄子一本と、
地植えのジャガイモ数個を収穫出来、
すでに、採れたての超新鮮なヤツが、
みそ汁の具として、
胃袋に納まりました!(笑)

 




土づくりもお手軽な方法ですが、
女房から「貴重品」として頂く、
野菜の屑や皮、
食べ終えた魚や肉の骨などを、
土の中に砕き入れ、
たまに、市販されている発酵済みの、
牛糞や鶏糞などのたい肥をすき込むのみ。

つまり、土を肥やす、
土中の微生物たちに、
食事の材料を与える意味で、
貴重なる「生ごみ」が、
微生物たちの栄養源と
なっているのではないでしょうか。


変わったやり方と言えば、
従兄が親子二代で商っている
微生物資材「バクタモン」を
たまに、新しい土や牛糞・鶏糞などに
混ぜて、プチ菜園に施すことでしょうか。

バクタモンの微生物は、
麹や酵母が主なようですが、
元来の土中の微生物たちと
うまくやっていけるのか、
野菜や果物が、佳く育ちます。

筆者としては、
土の中にミミズが発見できれば、
土づくりは一応、成功かなと、
常々、感じています。


僅かな葉っぱに比べて、
巨大な茄子やジャガイモなどの、
大きな実が出来ていく過程を日々眺めて、
何かしら、ほっと寛げるだけでなく、
植物や野菜の持つ本来の「成長力」に、
本当に驚かされ、
益々、興味が湧いてきます。

ジャガイモなどは、
苗を購入したことは一度も無く、
すべて女房から頂いた、
野菜ゴミとしての「皮」のみ!(笑)

肥料として土に与えた皮からやがて芽が出て、
苗に育ち、やがて大きな実を結ぶのです!

それで大人の握りこぶし大のヤツが、
ゴロゴロ育つのですから、
ジャガイモの驚異的な生命力には、
本当に感動させられます!

何事も想定外が当たり前の時代に、
自宅の庭やベランダのプチ菜園から、
安心安全の新鮮な野菜を、
お手軽にゲット出来るのなら、
まさに「御の字」ではないでしょうか!?(笑)


古希を過ぎてなお、益々元気な
団塊・シニアの皆々様方、
コロナ禍の難局にめげることなく、
人間社会を永久に益する微生物達との
出逢いと共生を目指すべく、
発泡スチロール箱などでのプチ菜園造りに、
70年安保の如くチャレンジあれ!!!(爆)


令和2年 6月22日 老南虎 拝

 

 


 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>