デールさいたま修平コーチのブログ

デールさいたま修平コーチのブログ

デールさいたまスポーツクラブ:修平コーチのブログです!
サッカーに関する内容がほとんどですが定期的に情報発信します!

2022年度 デールさいたま小学生チーム始動

7ヶ月ぶりに監督に復帰することになりました。


国内海外の育成方法、指導法をたくさん学び、フットボールを見て準備してきました。


クラブ設立10年目、個人的にも新たなスタートの気持ちです。


色々なスタイルがある中、やはり育てるクラブに拘りたいと思います。


長い年月一緒に過ごしたから、分かり合えることがある。選手1人ひとりの性格、特徴を知っているから、的確なアプローチが出来る。始めたばかりでも一生懸命だから全力で向き合える。


裏切られたこともあったけど、信じて続けてくれる選手がいる以上、全力で向き合います。


楽しい思い出たくさん作りながら、強く逞しい選手を育てます。

2022/03/21


U-12チーム卒団式。想いを書きます。

幼稚園時代から指導した世代。個人的には想いが詰まった代でした。選手が入れ替わることもしばしばでしたが、最後まで続けてくれた7名には感謝の気持ちでいっぱいです。


僕の力不足で良い結果で返せなかったこと、最後まで指導出来なかったこと、申し訳なく思ってます。


チームでの思い出はたくさん、2016年翼カップ、波崎合宿、福島TOMITAファミリー杯、南アルプス市ウインター杯、プレミアチャレンジリーグ、4種リーグ、バーモント杯、数々の遠征。

まだまだ数え切れないほどありますが、保護者の皆さんが送り出してくれたこと、サポート頂いたこと、至らない点、不満もたくさんあったと思いますが卒業までお付き合い頂き本当にありがとうございました。

卒業生が誇れるチームになれるよう、諦めずに頑張ります。


悩んだらいつでも頼ってください!いつまで応援してます。卒業おめでとう!


この様な機会を作ってくれた保護者の皆さんにも感謝です。

デールさいたまでは、小学生の選手を対象にリフティングテストを定期的に行っている。


毎回、毎回、新記録が出る!素晴らしいこと。


学校のテストのように、サッカーの試合に点数は付けられない。


3点取って活躍しても4点取られたら負け。


ただ、努力は裏切らないということを知ってもらいたくリフティングテストを導入した。


もうリフティングテストを継続して6年経つ。小6でも100出来なかった時代から、100回は小1でも達成出来るようになり、小2で1000回超えも出てきた。

それはみんなが努力した結果。

人がどうかは関係なく、自分が努力して頑張った分は必ず回数に反映される。技術だけじゃない。集中力やプレッシャーにも勝たないと記録は更新されない。


どうしてもリフティングを上達させたい訳ではなくて、努力を継続すると必ず成果は出ることを分かってもらいたい。すぐに結果が出なくても必ず報われる日が来ます。


指導者を16年やって、幼稚園児だった子が、中学生、高校生になって行くのを見てきた。


長年育てた選手から、いつかプロ選手を輩出したい。


一つの夢です。


考え方次第で良くも悪くも、どちらにでも転ぶことって沢山あります。


いつも悪く考え、他人のせい、環境のせい、にも出来るし、

良くなる方法を探り、ポジティブに考えられる。


皆さんはどっちですか?


どっちが良いと思いますか?


1、サッカーが上手くならない。伸び悩んでいる。

・周りの意識が低いから自分もやる気出ない

・コーチの教え方が悪い、ひきだしてくれない


・コーチから見てどう感じてるか聞いてみる、アドバイスを求める

・自分の努力が足りないと自主練時間を増やす


2、怪我をしてしまい練習が出来ない

・移動時間もかかるし、とりあえず治るまで欠席

・見学しても寒いし家で勉強してた方がマシ


・毎回グランドに足を運びチームメイトと同じ時間を共有する

・別メニューでトレーニングしたり、チームのサポート、裏方の仕事を手伝う。


これらはどっちでも成立します。何ごとも考え方次第で全く違う方向へ向かいます。


これらを1年、3年、5年、10年と積み重ねて行くと大きな差が出ます。





昨夜の地震。


突然の停電。直後に地震。


なんで停電が先だったのか、疑問だった。


詳しい人によると、検知して電気止まるようになってるとのこと。


世の中疑問だらけだ。


東北の人、本当に怖かったはず。

自然には勝てないが冷静に判断、行動出来る大人でありたい。


ご報告。


2022年4月からU-12監督に復帰することになりました。


昨年、8月上旬チーム内で起きたクラスター。責任を取る形で自ら代表と監督を降りました。


現場を離れて約8ヶ月経ちました。今でも信じてついて来てくれた選手には本当に申し訳ない気持ちです。


現場を離れてからも、子ども達を指導したい。育てたい。その想いが変わることはありませんでした。


国内で8人制サッカーを見て回り、1月末からドイツ、スペインで指導者研修。やれることをやろうと前向きに考え行動してきました。


これからも考え方は変わりませんが、スタイルは変えようと思います。もっとみんなが楽しめるチームへ。子ども達が子ども達らしく居れるチームへ!


これからは、思ってることは全て話します!愚痴もこぼします。探り合いはなしにします。


家族、仲間を大切にし、みんながファミリーだと思えるチームにしたい。


自分の子どもの事しか考えられない方には辞めてもらいます!

チームです!助け合い!支え合い!


選手のレベルや人数でチームを選ぶ人にもお勧めしません。強いチームも人数多めのチームも近隣に沢山あります。


デールさいたま小学生チームとは?

デールさいたまの価値は?

もっと示していきます。伝えていきます。


〇〇君の為のチームではない。

チームの一員に〇〇君がいる。


チーム選手からの相談は24時間、365日受け付けます!いつでも受け入れます!


1番は子ども達の成長ですが、保護者の皆さんも見て楽しめる、関わって楽しめるチーム作り、色々考えてます。


今とてもワクワクしています。


関わる皆様、4月から宜しくお願いします!

帰国後、初出勤。


久しぶりにデールのみんなと再会。


約1ヶ月半ぶり。


「おかえりなさい。」って迎えてくれるデールファミリー。やっと家に帰ってきました。


今日は息子がサッカースクールU-4クラスに初参加。

10分走り回って、リタイア。でも最後の挨拶はセンターで!笑

保護者目線で気づくことも多々ある。


もっと良いスクールへ!



到着日は含まず3日間のホテル隔離。4日目の朝、PCR検査で陰性だったのでホテル隔離終了。夕方にホテルを出れました。

その足で1ヶ月お世話になった、妻の実家へご挨拶。夕食食べて、我が家へ帰宅。

妻と子どもに会えてやっと肩の力が抜けた。


隔離と自宅待機が短縮され、制限解除になりましたが家族との時間も必要だと思い、予定通り3/10からクラブの仕事に復帰します。


自分が担当しているクラスも長いことお休み頂きましたが、皆さんに受け入れていただき感謝してます。復帰後、指導現場で必ず還元したいと思います。


やはり、フットボールクラブって人が創っていて、誰が関わるかで価値が一瞬で変わったりする。


指導者とは?についてもじっくり考えることが出来ました。


いつも笑顔で

情熱があって

指導の質が高くて

愛があって

求心力があって

経験豊かで

親身になってくれ

プレーで魅せれる

頼りになる

楽しませてくれる


そんな指導者でありたい。


学校の先生と違い、サッカー指導者って誰でもなることが出来る。だからこそ、誰にも真似出来ない指導者になりたい。


あまり人目は気にしない。


分かる人に分かればいい。


今年はフットボールで勝負します。

スペインから帰国は、3日間のホテル隔離、4日間自宅待機です。

現在、品川プリンスホテル アネックスタワーに隔離中です。

部屋は狭いですがダブルベッドです。


食事は部屋の外に置かれます。

選択肢はありません。3食弁当が支給されまが、ウーバーイーツ頼みまくってます。笑


部屋の外にすら出れません。予想以上に過酷です。僕は3日間が限界です。


帰国者は検査後、PCR陰性であり感染者ではないので、時間を決めて(1日2回1時間ずつなど)散歩に行けたり、ホテル内はマスク着用で自由にすべきだと感じる。

濃厚接触の状況を作らなければ感染リスクは限りなく低いはず。


元気な人が体調崩すリスクや精神的に問題出てくることに懸念。


まあ、知らない世界を知れたと言うことでポジティブに。