ローマ | 川口大輔オフィシャルブログ Powered by Ameba
2018年04月26日(木)

ローマ

テーマ:脱東京
ずっと旅を反芻していたら、実際のイタリア旅行の期間より、まばらな旅日記の更新期間の方が長くなってしまった。その間に、仕事で3日沖縄行きが挟まって記憶がさらに薄れて来たので、絶対に今日は書く!ワシャ書くぜよ!


というわけで、イタリア旅行の最終目的地ローマです。

image

ローマ・テルミニ駅に到着。
 
ちょうどイースター(復活祭)期間で、ローマの街が正月の東京のようなガランドウな状態。イメージしてた賑やかなローマと全然違う!母しゃん、都会は寂しか場所ばい……。
 



 

バチカン美術館を見るべく、バチカン市国の近くに少し高めの宿を取ったのに、美術館はイースターで閉まってました。ぎゃー。そんなことならワタクシ、ジェラートを食べさせて頂きますから!……と、旦那に三行半を突きつけて実家に帰る妻のような趣でジェラートタイム。

 


奥に見える壁が国境、その奥の建物がバチカン市国および美術館です。

 

(ちなみに、この数日前から食べ慣れないジェラートの食べ過ぎに加えて、ここの山盛りジェラートが決定打になって、この後お腹を壊すことを写真を撮った時点で僕はまだ知らない……)

 

 

 

 

{876023AD-E699-4751-B695-B010123101F7}

 

こちらは、ミラノ・コレクションの奇抜なデザインを着こなすモデルではなく、バチカンの衛兵。バチカン建国当初、世界で一番強いとされていたスイス兵が、現代に至るまでずっと衛兵を勤めているのだそう。身長174cm以上のドイツ系スイス人じゃないといけないという、そこそこ封建的な規定があるみたいです。隣に立ってる修道女のおかあさん、背が低くて可愛い。

 

 

 


image

 

バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂。写真でも動画でも、どうにもお伝えできないのが残念なのですが、目が眩みそうな広さと存在感。もちろん世界最大のキリスト教教会の建築物です。中世の人たちの、絶対にキリスト教が世界一だ、と言わんばかりの気迫が伝わって来ます。到着したのが夕方で、残念ながら中は見られませんでした。

 



ホテルの人に勧められたレストランで食事。
 

……しょっぱい!親の仇のようにしょっぱい!ワインを浴びるように嗜む方々からすると、ある程度塩が効いていないと物足りないとかで、そもそもローマの食事にはしょっぱいので有名らしいのですが、にしても、限度というものが!

 

 

ううーー、イースターで街もガランとしてるしさー、バチカン美術館もやってないしさー、ならばと思って食べたジェラートでお腹も痛くなるしさー、食事もしょっぱいしさー、人も今までの街の中でいちばん素っ気ないしさー、こんなんならフィレンツェに帰りてーよー、雨でもサルデーニャに行けば良かったよー、

 

アレッツォのドーラのレストランに行きてーよー

 

 

 

 

 

 

Zzzzzzzzz……(ふて寝)

 

 

 

翌朝。

 

{442AC73D-104C-4A43-832D-F701C28B3A42}

 

バチカンのあるローマの西側の地区から、諸々の遺跡のある中心部に向かって歩きます。テベレ川に掛かる橋から望む美観に、さすがにワクワクしてきました。

 

心の中では「黄金の7人」のテーマ曲(映画は観たことないけど)。

 

 

 

 

これも写真だと伝えきれないですが、異様にデカいヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂。ここのテラスからローマの街を見渡し「いやー、すべての道はローマに通じるね、うん」などと古代ローマに思いを馳せてみたのですが、帰国してから調べたらこの建物自体は中世ですらなく、1911年築とローマの歴史で言うとつい最近出来たものみたい。

 

{C5C2CDCA-5E2B-4072-B139-3D8FE8192AB7}




古代ローマはむしろこちら。

{054306DE-A5AF-4294-9DCE-B17BAB084412}

おお、コロッセオよ!ずっと見てみたかったお前は、街のこんなド真ん中に鎮座していたのかい!知らなかった!

にしても、街のド真ん中にあるこんな巨大な建造物を、壊すでもなく、直して使うでもなく、時にはサン・ピエトロ大聖堂の建築資材にしたりして、2000年放置しちゃうローマ人の大らかさ……。そういう感じは嫌いじゃないよ……。

 

 

{48565141-FA69-45DF-9243-BD96DA223BCB}

 

イメージとしては、東京の丸の内とか表参道あたりに、こんな感じで遺跡が剥き出しになってる感じ。……ひ、ひぇあ!

 



イタリアの古いサントラをたくさん買いたいなー、と思ってレコード屋さんのある街の外れの方へ行きましたが、こちらもイースターで閉まってました。そして、観光地から一歩外に出ると、結構荒んでいる地域も。数日間中世の街並みの中にいたので、突如として現れたアメリカみたいな光景に、2018年の現実に引き戻されてしまったような気分。

 

{1890040B-CF68-4A56-AD0A-1AEE1974BF52}

 




とはいえ、その後に行った、作家の佐々木中くんが教えてくれたローマ・テルミニ駅前にある「Culinaria」というレストランは、本当に美味しかったなー。創作系のモダン・イタリアン。エビのスターターも美味しかったし、下のルッコラとイチゴとゴマのサラダも斬新で簡単そうなので、自分で思いついたみたいにして他人に振る舞いたい。あと、全然しょっぱくないのも最高。大切。オシャレに分解しました、みたいなティラミスも美味でした。
 
{E46E3727-52C5-4D54-B26B-AC8EB0141866}

 

 

 

 

旅の間は毎食欠かさずガブガブ飲んでいたので、酔い覚ましに当てもなくブラブラ散歩。ローマは広いし何だか不思議な街だなー、2日くらいじゃ正直よく分からないなぁー……そんなことを思っていたら、もの凄い人だかりに出くわして、その人混みの先には

 

{6A3BA273-68FF-4DF0-AEE7-57E96999A31F}

 

にょーーー!闇に浮かび上がるトレビの泉!わ、なんだよ、最後の最後を演出してくれて、めっちゃ素敵じゃねーか、ローマ!

 

 

 

にしても、旅の間、バカみたいに歩きました。特に登山したシチリアのタオルミーナと、この日のローマ。

 

最近は自宅作業が増えて、余り歩かなくなっていましたが、かつてはずっと作曲をしながら歩いていましたし、自分は基本歩きながら色んなことを考え感じる性分なのかも。旅先はもちろん楽しいけど、本当はきっと東京だってどこだって良いのです。とにかく、もっと歩こう。そして、東京を歩き尽くして飽きたら、また旅行しよう。

 

{0359BC50-9475-4279-BC71-3BD62341874E}

 

にしても、3月11日、18日、21日の歩数ゼロみたいな日、僕は家で一体何を考え、何を感じていたんだろう……。

 

 

 

さー、帰るぞ。という訳で、翌朝はローマからパリへ。で、パリからはJALのマイレージで東京へ。

 

にしても、JALの国際便ってまーじーで最高ですね。充実のラインナップの映画も見放題で、エコノミーなのに◯◯のシェフ監修みたいな食事が美味しくて、もちろん和食も食べられて、CAさんもとにかく色んなことに気付いてくれて!言わされてないです!事実だから!それに、今回マイレージの期限がなかったら、絶対にイタリア行かなかったな。JALさん、マイレージで特別な思い出をくれて本当にありがとうございます!

 

{B0E17664-F876-4C72-A4B6-0A9CFE364782}

 

絶対にまたイタリア、行きます!(ただし、次はおそらく成田からローマへ直行便のあるアリタリア航空で……!)

川口大輔さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース