タオルミーナ | 川口大輔オフィシャルブログ Powered by Ameba
2018年04月10日(火)

タオルミーナ

テーマ:脱東京

帰国してから1週間くらい経ちましたが、食事の後にエスプレッソを飲み出すレベルで、すっかりイタリアかぶれの私。忘れちゃう+面倒くさくなる前に、旅行記を書きます。

 

まず東京からパリ、ローマ経由で、シチリアのパレルモまで一気に移動したところまでは前々回のブログで書きました。

 

{EAC9C64F-B2F5-4676-BBC0-E572BD6550F4}


パレルモに一泊。8000円くらいだったけど、すごく良いホテルだったな。ここから本来の目的地のタオルミーナへ移動。

 

 

 

ホテルから駅までのタクシー、体感よりは高めに請求されましたが、マフィアの島で勝手が分からないし、オジサンがマフィア顔だったし(偏見)、恐らく10ユーロが15ユーロになってるくらいだと思うので、アタイ、ちゃんと言うこと聞いて払ったの……

 

駅からは目的地まで電車もバスも出ていて、どちらで行くか迷っていたので、窓口で「電車だと時間どのくらい掛かりますか?」と訊いたら「ええとね……あ!あと2分くらいで丁度電車が出るわよ!急いで!39ユーロよ!はい、おつり!早く!走って!走りなさい!」と言われて、厳密には求めていた答えじゃなかったけど、アタイ、言うこと聞いて走ったの……

 


という訳で、初めての土地で、なされるがままの状態で、4時間半くらい電車に揺られて

 

{F8213B6E-A749-4A06-82A4-C71C84A938EE}

 

(イタリアのJR、トレニタリアの移動がめっちゃ最高でした。日本からでもネット予約できるし、今回は乗らなかったけど、イタリア本土とシチリア島ってフェリー船で繋がっているので、電車移動できる!)

 

 

目的地のタオルミーナに到着。

 

{6E7B0F46-A67A-427B-B78E-BFC00E15B786}

 

雨……

 

 

ちなみにシチリア島、パレルモにしか空港が無いのかと思いきや、タオルミーナのすぐ近くのカターニャにも思い切り空港あるじゃん……

 

(海岸沿いを電車で走りました)


新千歳しか無いと思っていたら、北海道には他にたくさん空港あった、的なやつ……。「パレルモ」っていう響きに惹かれすぎたのもあるし、思った以上にシチリア島が大きかった……。まぁ、電車がめっちゃ良かったし、時間もあったので全く問題ない……うん、きっと無い……

 

 

 

で、タオルミーナという街。到着してみて分かったのですが、中心街が丘の上にあって、僕の予約した部屋が丘の下。

 

上と下の移動が1時間に1本のバスか、徒歩で渓谷のケモノ道(徒歩20分ほど)だったので、雨が降っていましたが、後者を選択……。

 

{82A57CFC-4C52-4763-A75B-4C9A9FFF5ADA}
 
この先が粘土質でドロッドロのケモノ道でした。

 

 

 

{4ABB49AE-E773-4CB2-813F-DD7F8615AA51}


街中に到着。傘も無くてスカーフでターバン……。寒い……。心が荒む……風邪ひきたくない……。

 

 

 

 

日本ヨリ、アタタカイ、イメージデ、ミナミノ、シママデ、キマシタ……

 

 

スゴイ、時間カケテ、ヤッテキマシタ……

 

 

メッチャ……サムイデス……

 

 

東京……サクラ……サキダシマシタ……

 

 

 

(ぶつぶつぶつぶつ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Zzzzzzz……(ふて寝)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{64CEDB13-6D99-452C-BF74-8FBB303DFA7A}


でも、翌日は晴れて別世界みたいになりました。見て、この色!!

 

 

 

まず、宿から歩いて15分くらいのところ、タオルミーナの隣町、ジョルディーニ・ナクソス(Giordini Naxos)が、こじんまりとしていつつも、THE 地中海でめっっっちゃ良かった。晴れてるだけで、こんなに天国みたいになるのか。地球の歩き方に乗ってないのは、多分このレベルの街は地中海には死ぬほどあるということだと思うのですが、マジで萌ました。

 

{52E94800-7D90-4233-86AB-5C719A498CFE}
 
{FB1C1EE9-0506-4038-98CB-D8A416139499}
 
{631FE0B2-0F56-4381-BD84-55B2791B150F}

 

{D9AAF864-D4B9-469A-B6CF-AB65801C952E}

 

{E027DF7E-E73D-4F2D-9B1D-9CE4713D2985}

 

{785F2136-C4DB-4AF0-B72F-0DDE571D0BE8}

 

めっちゃ良い……

 

 

 

 

 

で、前日のケモノ道。晴れると、前日の地獄感から一転して、これまた絶景 of 絶景。手前の集落が僕が泊まってる宿のあるあたりで、海岸線の奥の方に見えるのが先ほどのジョルディーニ・ナクソスの街。

 

{E7954F05-AF84-480E-A078-1867E2F0E6F0}
 
{E3063C6A-6544-462C-B077-A64259CA2A4C}

めっちゃ、良い……!!!!

iPhone Xのカメラも「こんな色で撮れて、面目躍如ですぅー」とひいひい喜んでたはず。
 

 

野花が見えて来たタイミングで、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の「Climb Ev'ry Mountain」(全ての山を登れ)を歌いたくなるのは、あの映画をご覧になった方ならお分かり頂けるでしょうか。

 

 

♬Climb Ev'ry Mountain〜

 

 

 

 

タオルミーナ。THE 観光地の街中も、良い!

 

{7A04D11F-6EDB-4148-8DAF-13ED093E31A3}

 

 

 

 

同じくTHE 観光地のギリシャ劇場も、良い!

 

{8E25CADB-36CD-48C7-A3CB-77BC47D5D021}

 

 

 

 

更にそこから見えた山の頂の城塞みたいのに食指が動いたので

 
{01CEF421-EA8E-43CE-B0B3-E5CFA5EC4482}
 

 

 

 

 

登山。

 

 

着いて早々イタリアにかぶれて、昼から白ワインなぞ飲んでたから息が切れて辛かったですが、もちろん、この曲を歌いました。

 

 

(映画の中では、最後ナチスに毒された祖国オーストリアを捨てて、家族全員徒歩でスイスに亡命する感動的なシーンです)

 

 

 

 

{8089982A-5457-4186-A343-0C351CF72CF3}
 
{F8B567AC-AFE9-4B87-BFBA-3255930F7D23}
 
城塞からのタオルミーナの街を見下ろします。

 

 

ああ、タオルミーナ、マジで良かった。イタリア人にとってはベッタベタに有名な観光地らしいのですが(空港も近いしね!涙)、観光地特有のガッカリ感は全然なかったな。雨も降ってましたし、肌寒い時期だからから、人はそこまでは多くなかったですが、暖かいベストシーズンで、こんな絶景地だったら、人でごったがえすのかもなぁ。うーん、どちらを選ぶのが良いのかは何とも難しいところ。

 

 

そんなタオルミーナにもう1泊して、翌朝はまた4時間以上かけてパレルモへ移動(パレルモ→次の目的地のベネチアの航空券だけ先行して日本で買ってしまった為)。

 

今回はパレルモは軽く経由しただけになってしまいましたが、思った以上に洗練されてて美しい街でした。

 

{34514AC0-4213-4CC7-A4EF-A5D9C69A3B9C}
 

この街並み、どこかで見たことあるな、と思ったら、2年前に行ったアルゼンチンのブエノスアイレス。ブエノスアイレスの中心街がまさに「パレルモ」という街で、後で調べたら当時貧しくて海の向こうに渡ったシチリア移民の作った街とのこと。繋がった……。次回またシチリアのパレルモにまた行く機会があったら、絶対に1日以上滞在しよう。

 

以前、僕のディレクターだった女性が、イタリアの昔の街並みが退屈すぎて旅先で知恵熱を出した、とか言ってたけど、あの人、マジで何言ってるんだろう。イミフだぜ!

 

インスタグラムに旅行の大筋は載せてあるので、ご興味あればぜひ。次はベネチア以降のこと書きます。

川口大輔さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース