「使命」を考える

テーマ:
■ 前回は、主体的になることが今の世の中には重要という記事を書きました。

自分が自分の人生の主役であり、その責任を負っているという意識を持ち、「自分ならではの貢献できる姿を見つけ、志を立て、その実現に情熱を燃やすこと」と書きました。

それは言い換えれば「自分の使命に生きる」ということ。それができたらその生涯を全うできたと言えるでしょう。

そのような人生を送りたいものです。私もそんな人生を目指しています。

今回は、その使命について考えてみます。



■ 使命と聞いてもピンと来る人は少ないでしょう。考えたことすらないという人も多いかもしれません。

使命を見つけた人というのは、過去の苦境やネガティブな経験から使命に気づいたり、何代も続く老舗企業を自分の代で潰してはならないというような危機感から見つけたというような人が多いように感じます。

妊娠中に風疹に罹った女性が、予防接種の公費負担を訴える活動をしているニュースを観ましたが、例えばそのようなことです。

別のニュースでは、がん患者の40代の男性が、同じような境遇の人たちとのコミュニティを作ることで、メンバー間の情報交換や励ましあったり勇気をもらったりすることで他者への貢献が生きがいになっている例も観ました。

ボランティアで途上国の飢えや病気をなくしたり発展に貢献している人たちも、使命に生きていると言えるでしょう。

とはいえ、このような人達は少数派でしょう。誰でも使命が見つかる経験をしている訳ではありません。



■「使命」というと大袈裟に聞こえるので、このように考えてみてはいかがでしょうか。

・ 自分が他者へ貢献できることは何か
・ 生涯を通じて、配偶者・子供や次世代に伝えたいもの、遺したいことは何か
・ 周りの人にどんないい影響を与えたいか
・ 周りの人にどのような感謝の言葉をもらえたら嬉しいか


これなら少し身近に感じられるイメージが持てるでしょうか?



■ 共通点は「自分にしかできない」。

ネガティブな経験からその撲滅に命を燃やす人。自分と同じ境遇の人たちと気持ちを共感し勇気と希望を得ること。老舗企業を守るために命を燃やす人。

これらの人たちに共通するのは、「自分にしかできない」「自分ならでは」ということです。

そんなものは無いと言う人がほとんどでしょう。


しかし、ここで「役割」を考えみてください。

あなたに配偶者がいれば、あなたは相手にとって唯一の夫(妻)です。お子さんがいれば、あなたは子どもにとって唯一の父親(母親)です。

配偶者や子どもがいない方でも、あなたはあなたの親にとって唯一の息子(長男、次男、三男、、、)か娘(長女、次女、三女、、、、)なのです。


部下のいる人は、部下からしてみれば、上司として影響を与えられるのはあなただけです。



■ まずは、自分の周りの「自分だけ」から始めてみてはいかがでしょうか?

「自分にしかできない」相手への貢献は何かを考えてみましょう。

まずはそこからがスタートです。




{7F77CF3A-F8DA-4A24-9C52-5AA1D7992A7B}





■ 現在は歴史上最も主体的であることが求められている時代といえます。

 

主体的とは、自分の人生の責任を持つこと。一度きりの人生です。他者に流されず、自分の意志を持って、自分らしく、自分にしかできない価値を他者・社会に提供したいものです。

 

その究極の形はこのように考えています。

 

「自分ならではの貢献できる姿を見つけ、志を立て、その実現に情熱を燃やすこと」

 

しかし、今、「情熱を燃やす場所が見つからない」「大きな不満はないけどなんかつまらない」という声を多く聞きます。それはなぜでしょうか。

 

 

 

■ 答えは、「自由な世の中になったから」だと考えています。

 

私たちは、今、やりたいと思うことは何でもできます。実現するかどうかはともかくとして、挑戦することは誰でもできますし、その挑戦を阻む権利は誰にもありません。

 

昔は、古く江戸時代まで遡れば、身分は士農工商で区切られ、職業は家業を継ぐことしかできませんでした。また、勉強したくても本を購入できず、たとえ購入できたとしても電気のない夜は勉強できない(もしくは月の明かりで勉強する)という不自由・不合理・不平等な状況でした。

 

明治維新後の日本は民主主義となりましたが、度重なる戦争や政府の規制・介入で、今とは比べ物にならないほど不自由であったことは想像に難くありません。

 

 

 

■ 先日、NHKドラマ「どこにもない国」を観ました。

 

満州で終戦を迎えた、満州製鉄に勤務する丸山邦雄(内野聖陽)が、満州に残された150万人の日本人の帰国実現に導く実話を基にしたドラマでした。

 

丸山邦雄は、ソ連兵に略奪、強姦、殺害される日本人や栄養失調や伝染病で次々と死んでゆく日本人を目の当たりにし、その不自由・不合理・不平等に立ち向かいまいした。ただのサラリーマンであった丸山ですが、留学で学んだ英語を活かし、この窮状を日本政府と米国GHQに伝え、援助を得るために仲間3人で命懸けで帰国するのです。

 

 

不自由・不合理・不平等な状況においては、それを是正したいという気持ちが働くのは当然でしょう。

 

無実の日本人が被害を受けるのを見たくない、大事な家族を守りたい。これを救えるのは自分(と2人の仲間)しかいないと感じたら、自分の人生と命をどのように使うかハッキリしてくるでしょう。

 

「自分ならではの貢献できる姿を見つけ、志を立て、その実現に情熱を燃やすこと」

 

丸山邦雄氏は、まさにこれが発動したのです。

 

 

 

■ 今の日本では、ここまでの不自由・不合理・不平等な状況にはありません。

 

先人たちが命懸けで自由な社会を実現してくれた結果です。

 

しかし皮肉なことに、自由になった故に、情熱を燃やせるほどの志を立てるものが見つからない人が大量発生?するという社会にもなってしまったと考えています。

 

 

■ 私たちは、先人たちのためにも、主体的になることが必要です。

 

自分の人生の責任を持ち、他者に流されず、自分の意志を持って、自分らしく、自分にしかできない価値を他者・社会に提供したいものです。

 

 

 

 

 

(文字数:1226)

7つの習慣®実践会、第5回「第三の習慣:最優先事項を優先する」を開催します。

「時間管理のマトリックス」や「第4世代の週間予定の立て方」について一緒に学びましょう。

------------------------------
「大切なことは、スケジュールに優先順位をつけることではなく、優先すべきことをスケジュールすることなのである。」P.217
------------------------------


必要なものは「書籍」と「やる気」だけ!

理解と気づきを最大化するために濃密な会を目指していますので、6名限定とさせていただきます。


▼「7つの習慣」とは?

世界で一番売れたビジネス書。世界3,000万部、日本で230万部超。

- プレジデント誌「どの本が&著者が一番役立つか」1位

- タイム誌「最も影響を受けたビジネス書25冊」

- チーフエグゼクティブマガジン「20世紀に最も影響を与えたビジネス書」

- フォーブス誌「最も影響を与えたマネジメント部門の書籍トップ10」



▼「7つの習慣®実践会」とは? 

書籍「7つの習慣」を使って行う「読書会ワークショップ」です。 「読んだだけ」で終わる読書会とは異なり、「実践化」を重視するワークショッ プです。 7つの習慣®実践会では、「4つのメリット」を提供しています。

1:初心者にもわかりやすい正確な理解 
実践会認定ファシリテーターの分かりやすい進行で、書籍「7つの習慣」に徹 底準拠し、理解を深めていきます。 

2:7つの習慣アカデミー協会オリジナル「7つの習慣®実践化ワーク」 
読んだだけで終わらないよう、深い理解を促進し、実践に落とし込むワークシ ョップを提供。実践することで、人生を変えていくことができます。 

3:「7つの習慣」ファンが集まる場 
独りでは得られない学びや成長が得られる「場」を提供しています。継続的に 学び続け、実践に挑み続ける仲間がいることで、切磋琢磨していくことができ ます。仲間がいるからこそ、実践をし続けることができます。 

4:事例共有(実践事例・活用事例・成果事例の共有) 
実践会ファシリテーターをはじめ、参加者同士による事例共有で、理解を深め、 実践応用例を共有していきます。7つの習慣をどう活かしていけば良いのか? 事例を通して感じることができます。 

7つの習慣®実践会公式サイト
http://jissenkai.7habits.ac/



日  時: 2018年5月23日(水) 19:00- 21:30

場  所: 新宿駅周辺会議室 (参加申込された方に個別に連絡します)

参加費: 3,000円 (7つの習慣アカデミー協会規約による価格となります)



持ち物: 書籍「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」、筆記用具

7つの習慣完訳版をテキストとして使用します。お持ちでない方はご購入ください。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00KFB5DJC/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1



今回は第三部私的成功「最優先事項を優先する」を行いますので、書籍(P192〜P249)を読んできてください。当日も黙読時間を設けますが、一読してからご参加頂ければより理解が深まります。

今回は全12回の実践会シリーズ第5回となります。



(注意事項) 「7つの習慣」の学習の場を守るため、協会の活動とは関係のない営業活動・ 勧誘活動は固くお断りします。 「7つの習慣」に関わる著作権を守るため、録音・撮影は厳禁となっています。 

その他、ご不明な点やご質問等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。

一般社団法人7つの習慣アカデミー協会認定 
7つの習慣®実践会ファシリテーター
宮尾 大五

 

 

やりたいことが見つからないからやらないというのは、単なる言い訳。

 

やらないという意思決定をした時点で充実から遠ざかっているから。貴重な時間であり人生を無駄にしているとも言える。

 

やりたいことが見つからなくても、その時点において、最も重要と思われることをやるべきなのだ。

 

仮にそれが無駄に終わっても。

 

 

でも、もしかしたら、やったことが報われるかもしれない。

 

だから、やらないより、やった方がマシ。

草むしりと7つの習慣

テーマ:
■ 家内の祖母が所有していた別荘の庭で草むしりをしていて思い出したこと。

-----------------------------------------
葉っぱだけをいじる応急処置的な個性主義のテクニックで態度や行動だけを変えればすむものではない 。根っこに働きかけなくてはならないのだ 。自分の根本的な考え方を見つめ 、自分の人格を形成し 、世界を見るときのレンズとなっているパラダイムを変えなければ 、本当の変化は生まれない。
-----------------------------------------

草を根っこから取れば、次回来た時はもっと楽になっているだろうなと。



■ 日々の忙しさに忙殺され第一領域に追われている人も、ゴールデンウィークは第二領域の時間がじっくり取れる人も多いと思います。

普段から頻発している問題の発生原因を潰す仕組みを考えてみましょう。

やるべきことを習慣化するためのシステム作りもいいですね。

人生の主導権を握る

テーマ:

■ 一度しかない自分自身の人生。他人に従うのでも周りに流されるのでもなく、自分の生きたい人生を送るためにはどうすればいいか。

その方法に関する部分を第一の習慣から紹介しよう。

-----------------------------------------
あなたが今すぐにでも自分の人生の主導権を握るための方法を二つ提案しよう。

一つは何かを約束して、それを守ること。

もう一つは、目標を立て、それを達成するために努力することだ。

どんなに小さな約束や目標であっても、それを実行することで、自分の内面に誠実さが芽生え、育ち、自制心を自覚できるようになる。

そして自分自身の人生に対する責任を引き受ける勇気と強さを得られる。自分に、あるいは他者に約束をし、それを守ることによって、少しずつ、その場の気分よりも自尊心のほうが重みを増していく。

自分自身に約束し、それを守る能力は、人の効果性を高める基本の習慣を身につけるために不可欠である。(P.110)
-----------------------------------------


約束するということは、(自分で)決めること。そして、決めたことを必ずやることが、一つ目の方法だ。

決めて実行した後に得られるものを目標に設定するといい。

そうすれば、二つの方法を同時に実行できる。




■ となると、目標がなければ何も始まらないということになる。

目標がない人生は、自分で自分の人生の主導権を握れていない人生になってしまう。

ゴールデンウィーク真っ只中。ミッション・ステートメントと目標を見直すいい機会ですね。

場所とやる気

テーマ:
最高の効果を発揮する場所を選ぶ

■ 得たい成果を得やすい場所があります。

言い換えれば、最もやる気が出る場所。

仕事をするなら、会社。

子どもと遊ぶなら、家や公園。

くつろぐなら、家。



■ なぜこのようなことを思ったかというと、今日9ヶ月ぶりにゴルフ場に行って、今まで眠っていたゴルフ熱が再燃したからです。

ゴルフ場に行かなかったら決して出てこなかったゴルフのやる気。

気持ちは周りの雰囲気や場所に左右されることを実感しました。



■ そう考えると、家に帰ってから英語の勉強をすることは、最大限の成果を得られる場所ではないのも当然です。

家は、子どもと遊ぶ場所であり、くつろぐ場所だから。


英語の勉強をするなら、あらかじめベストの場所を設定しておくことが、最大限の成果を発揮するために必要なのです。

■ 前回書いた通り、大人になると、どうしてもチャレンジできなくなります。

大きな理由の一つは、失敗への恐れがあると思います。

特に今の社会は減点主義が蔓延っているので、それも拍車をかけているのでしょう。



■ 人を褒める時にも、同じことが言えるでしょう。

能力を褒めると、人はチャレンジをしなくなってしまいます。

「あなたは素晴らしい能力の持ち主だ!」という褒め方は、「あなたはすごい人だ!」ということと同義。

そうなると、「すごい人なのだから失敗できない」という思考回路が働き、チャレンジしなくなる可能性があります。




■ それでは、どのように褒めるのがいいのでしょうか。

 

能力や結果でなく、努力や行動を褒めると、成功・失敗にかかわらず、チャレンジするようになるでしょう。

「あなたは沢山の努力をしたね」「あんな時間まで頑張ってくれたね」と褒めるのです。

 

そうすると、相手はまた頑張ろう!という気持ちになるのです。

 

 

 

 

チャレンジする大人になろう

テーマ:

■ チャレンジをするということは、失敗を恐れないということとほぼ同義です。

年を重ねるほど失敗を恐れ、チャレンジができなくなると言われていますね。

 

子どもの頃を思い出してみましょう。

好奇心に溢れ、何事にも興味を持ち、衣服が汚れるなどお構いナシ、多少のケガも覚悟の上でトライしていました。

もちろん、本当に衣服が汚れたり、かすり傷を負ったこともあったけど、いろいろな発見を得られました。



■ なぜ、大人になると失敗を恐れてしまうのだろう?

- 守らなければいけないものがあるから?


- プライド?

- 見栄?

- 失敗したら面倒?

- 財政的な問題?



■ 色々ありますが、過去の経験から得た常識や社会通念で出来上がった凝り固まったパラダイムが邪魔しているのです。

 

自分のパラダイムを見つめなおすことがそのスタートとなります。

 

でできない理由を見つけるのではなく、できることから始めていきたいものです。
 

■ 前回、本当に価値のあるものはお金を出して買うことはできないことを書きました。

お金で買えない価値あるもの。まだあります。

努力してやり遂げたときの「達成感」や「充実感」です。



■ 最近、何事も簡単に済まそうとしている自分に気いてしまいました。

周りから聞こえてくる「効率化」や「スピード化」、「優先順位付け」「切り捨て」などの言葉に影響を受けたのか、要領よく済し、「こなす」ことに精を出していました。


もちろん、それはそれでいい面もたくさんあるのですが、その代償として「達成感」や「充実感」を味わえなくなったのも事実です。



 

■ 自分にとって重要なことは、多少遠回りしても、じっくりと味わって行動することもいいかもしれません。

充実感/達成感 = 「目標の価値」 x 「努力の量」

 

こんな式が浮かびました。

 

充実感や達成感は、「自信」「自尊心」という価値あるものも生み出してくれます。

 

お金では買えない、本当に価値のあることを得る努力をしたいものです。