かあこの日々雑記 -2ページ目

かあこの日々雑記

とりとめなく思いつきで独り言を少々。
基本的にまったり生きてます。
ときどきドカドカ太鼓を打ったりしています。
純正おっちょこちょいなもので、泣いたり笑ったり怒ったり取り乱したり。そんな日々のひとりごと。

http://youtu.be/DE1AB941oB8

つがるの姉から、新米届きました(≧ω≦)
救援物資うれしい。
これは初めてのお米だ!ワクワク!
これは卵かけご飯にすると絶品のお米だった!楽しみ!

全国大会.どーすんのって話合い。
なのに、参加者は少ないし、代表は孫を連れてくるし、時間たりないし、えええっていう今日。
ワシは皆さんの決定に従うわってスタンスだったけど、そもそも決定しないってね!
なんだこれ!
なんやねん!

ふらっと、通ったことのない道をどんどん進んでみたくなって、渡ったことのない橋を渡ってみたら、いつも走っている道に続いていてアレ?ってなりました(笑)
頭の中で地図が繋がる瞬間って、とっても好きなんです。
昔から旅行とドライブが好きで運転が好きで。
でもここ近年、全然ドライブや旅行に行けてませんでした。
せっかくコロナで暇なんだから、近所の行きたいところへ走ってみたいなって思います。
保護猫のぼんちゃん。
すっかりお行儀よくなって、めんこい顔するようになりました。
初めの頃は撫でるだけでも大変だったので、感慨深いです。
撫でられ慣れてなくて、逃げてひっくり返って逆毛になって、固まっていたのが嘘のようです。
お久しぶりです。
特に書くような面白いこともなくて、放置してました。
寒くなったけど、元気です。
ベランダのプランターを片付けたり、模様替えしたり、衣替えしたりしてます。
そうそう。
今年はこの時期からストーブ時々つけちゃってます。
ポヤポヤついてるだけで、鼻しゃっこくならないし、洗濯物も乾くし、快適です。

昨日やっとコーヒーの木の鉢を替えました。
ずっと植替えなきゃと思いながらほったらかしだったので、鉢から出したら、土はほとんど無くなっていて根っこしかなかった!
ごめんね!
窮屈だったね!
ひとまわり大きい鉢に植えて、お水をたっぷりあげたら、ツヤツヤぴんぴんになりました。
今日は高校の部活がミニ発表会だったので、観に行ってきました。
自分たちで作った今年の曲には、担ぎ桶も入っていました。
導入してから、なかなかお披露目に使われなかった担ぎ桶も、やっと打ってもらえて嬉しそうでした。

一年生もしっかり音が出るようになって、頼もしいです。
コロナで色々不自由でも、大人は不平不満がでちゃうけど、子どもたちはみんな前向きで、普通に過ごしているんだなぁって、なんだか元気もらいました。

腐らないで愚痴らないで、毎日ちゃーんと暮らそう。

今日は寒かったので、ストーブの試運転をしました。
ちゃんと分解掃除をして仕舞ったので、灯油を開通しただけで、ちゃんとあったかく燃えてくれました。
この団地に引っ越してきたときに、姉が買ってくれたストーブ。
私の好みで、レトロで、ヤカンのかけられるストーブにしました。
団地なので、煙突が付いた物じゃないとダメだったのですが、1番欲しかった薪ストーブはダメだったのです。
理想は薪ストーブで、暖炉みたいな暖房なのですが、灯油で、ヤカンやお鍋がかけられる、レトロなものになりました。
炎を見ているだけで、心まであったかくなって、いつまでも見つめていられます。
叶うなら、ポツンと一軒家みたいに、世捨て人になって、人里離れた山奥で、たまに好きなだけドカドカ太鼓を鳴らして、そっと暮らしたいです。

コロナ社会になって、太鼓の演奏のお仕事は全くの無収入になりました。
あるのは、高校の部活のコーチの仕事くらいです。
ありがたいです。
先日も呼んで頂きました。
私自身も久しぶりに担ぎ桶を打ったりして、指の皮がむけました。笑

いつまでこの生活が続くのかな。

もうサラリーマンにならないとならないのかな。
太鼓打ちって言えない生活がずっと続いて、本当に滅入ってしまったところに、大好きな芸能人の方々が立て続けに亡くなって、あぁ、こんな田舎のちっぽけな太鼓打ちじゃなくても、死にたくなる世の中なのだなって、なんだか悲しいのに笑えて、情けなくなるのでした。

そうそう、先日多分人生初のフリーマーケットに出店しました。
中島公園で、10時からの。
でも、車が入れる8時から、もう荷物をおろしているそばから、お客さんが買っていく状態で、一段落して時計を見たら、まだ9時前でした。笑笑


これは売れないべなーと思ったものが、さっさと売れて、断捨離した洋服は、売れそうなものが売れ残って、あれれ?って服が売れました。

出店前は、早起きが苦手だし、労力が割に合わない!と思って、もう勘弁と思ったのですが、売れる売れないより、買いに来てくれた方とのお喋りや、すこーしでも不要なものが減ったことで、なんだか嬉しくて、またやってみようと思いました。
なにより、なんにも太鼓のイベントなどがない今年、ちょっとでも収入になって、楽しかったので、ただただありがたかったのです。
😊本日は満月らしい。
どれどれ、ベランダに出て、月を探そうかな。



今日久しぶりにマキシドルパに行きました。
の前に、市民会館の事務所に寄って、皆さんの顔を見てきました。笑
豊太鼓でも、札幌打団でもお世話になっているので、なんだか身内みたいな気持ちなのですが、コロナのせいで、何にもできない日々が続き、しばらく会えていませんでした。
皆さん元気そうで、市民会館は変わらずそこに有って、なんだか安心しました。
昨年ダメだった宝くじ助成金の申請を出して、マキシドルパでご飯を食べたら、なんだかちょっと元気が出てきました。

やれる事をやりながら、なんとか生き延びて居ます。

9/27の日曜日
10時から14時まで!中島公園のフリーマーケットに出店します。
太って着られなくなったシャツとか、バッグとか出品しますので、観に来て下さい。 
気に入って居たのに、太って着られなくなったボタンダウンのシャツや、これから着られる暖かグッズ。
バッグの色々やなんか、ほとんど百円とか二百円とかで出店しますので、10時から、遊びに来てくださいね!
_( _´ω`)_私がでかいので、でかいサイズしかないのですが、vinnie's のまろさんと一緒なので、掘り出し物あるかもです!



久しぶりに高校の部活に行ってきた。
みんな元気でドカドカしては居たけど、なんだか楽しくなさそうだったなぁ〜顔が。
それでも今年の曲を作りたいと頑張って見せてくれたので、ちょっぴり(?)助言して、ちょっぴり(?)実験して、休憩もなしで気がつけば真っ暗に、、、。
最近はあっという間に日が沈んでしまう。
発表の場は少ないかもしれないけど、今年の部活は1度きり。
やれる事全部やり切って欲しい。
あー私もドカドカしたいなぁ!!

赤毛のアンは子どもの頃から大好きだ。にんじんから色々な本を読んだし、アニメも映画も。
何回読んでも何回観ても、最初が一番好き。
誰にも必要とされない、絶望のアンが、自分と重なってすぐに入り込める。
アンくらい想像力が有ったら良かったけど、そこまで夢見がちではなかったし、おしゃべりでもなかった。
言葉が出てこない代わりに涙が出るタイプだった。
アンくらい現実逃避は出来たけど、マシューには逢えなかった。
ずっと思っていたな。
マシューみたいな人が、身近に居てくれたら良かったのにって。

最近、ずーっと忘れていた昔のことを、急に思い出したりするから、もう死ぬのかなって思ったりして、断捨離を急いでみたりもするけど、よく考えたら全然徳を積んでないし、なんなら若い頃には、人に言えない悪いことをいっぱいしてきたので、そんなに簡単にポックリは逝けないかも知れないな。
きっと疎まれながらうっかり108歳まで生きちゃうんだろう。
何しろ煩悩がいっぱいで。
それか、苦しんで苦しんで死ぬのかな。

亡くなった妹が昔、その人の色が見える人に見てもらったら、真っ白だったんだよって、教えてくれたことがあった。
真っ白なんて、そんな人居るわけないじゃん、よっぽどお幸せでよっぽど能天気なのかって当時は思ってた。
私なら真っ黒か、どよんどよんのおどろおどろしいキッタナイ色なんだべなーとか。
恐ろしくて、そんな人には見てもらえないなって考えたりして。
でも、今思えば、妹は本当に善い子で、裏表もなくて、なんの躊躇もなく他人に手を差し伸べられる正しい人だったから、全く汚れることなく、真っ白のまま徳を積んで、さっさと逝ってしまったんだろうな。
生きているときより、毎日欠かさず花を供えて、酒を供えて、話しかけて、ずっと近くにいる気がする。
ダメなお姉ちゃんでごめんねっていつも言っている。
私は、あなたが生まれるずっと前に不幸が過ぎて、ただただ愛に飢えていて、あなたの事は羨ましくてたまらなかった。
そしてあなたのその幸せを守りたくて、自ら離れて居たんだよって。
弱くてずるいお姉ちゃんでごめんね。

姉も私に似たようなことを話してくれたことがあった。
私と姉は小さい頃生き別れて、まあそりゃーてんでに波乱万丈に生き延びたので。
で、私はちっともなんにも恨んだこともなかったし、ただただ会いたかったし、むしろそんな風に思わせてしまって申し訳ないと思っていたから、きっと妹も同じように思って天国でそんなことないよ!って言ってくれてるんだろうと思う。

人はそれぞれ、気がつかないうちに誰かを傷付けたりもするけど、自分が思うより誰かを悲しませて居なかったりもする不思議。
そんな事をよく考える。

急に寒くなって、太鼓の仕事もなくて、ぼんやり考え事をする。
そんな秋。

9月になりました。


いつもなら神社祭りで⛩あちこち演奏がある季節ですが、今年は何にもありません。
なんていうか、ずーっと続いてきた太鼓中心の暮らしがガラッと変わってしまい、日々の、一年の、ルーティンが全て変わってしまいました。
なんだかいろいろ忘れ物をしているような、変な気持ちです。


最近、周りの太鼓打ちの皆さんが、コンサートやらライブやらを再開している中、自分だけがなにもできないままで、もどかしくて羨ましい気持ちのまま、大好きな夏は終わってしまいました。
今日などは、家の中なのに、窓は全部閉めて、長袖に靴下履いています。
このままきっと冬を迎えることになるのでしょう。

コロナで家にこもっている間に、断捨離をどんどん進める予定だったのに、気づけば9月って。

残念過ぎました。

和室は散らかったまま放置されています。

それでも、思い出のカテゴリーの物はたくさん捨てることができました。

素面の時より、酔っ払ってる時の方が思い切りよくゴミ袋にぶっ込むことができる気がします。

お前なんか捨てちまえ!お前も!お前も!捨ててやるー!って多分声に出てると思われますが、要らねぇ!おりゃー!って。

悩むものをジャッジする時に1番考えるのは、自分が今それが有った方が嬉しいかどうかと、急に死んだ時に誰か使えるものかどうかです。

そうすると、大抵のものは捨てる方に分けられます。

そして、我が家はというか、私は、紙と布に囲まれてるんだなぁって実感するのでした。

雪が降るまでのわずかな時間で、なんとか人生軽くしてしまいたいものです。


ダイエットをしていました。
正確には、なんとなくし続けていました。
数年前に胃腸炎になってから、炭水化物をやめていました。
その時人生最高値の体重だったのが、みるみる9キロ減ったのがきっかけでした。
で、それから何年も経って、そんなに食べていないのに、そんなに痩せるでもない状態が続いていました。
コメが大好きな自分にとって、炭水化物を摂らないというのは相当なストレスでしたが、いかんせんでぷっちょの自分も許せなく、ここ数年は家でご飯を炊かないダイエットをずっとしていた訳です。
そんな中、久しぶりに同級生の親友とあった時、それはかえって栄養足りてないんじゃない?っと言われたことがずっと気になっていて、今度は一転(笑)ご飯食べることにしてみました。
きっと、急に炭水化物をたくさん摂るのだから、体重も一気に増えるんだろうとは予測していましたが、これがまぁ面白いくらいボンッと2キロ増えました。
ところがそれ以上増える事はなく、今のところ、そのまま維持しています。
以前にも、炭水化物抜くとボケるとか、筋肉が落ちるとか、いろいろ脅されたのですが、なにしろ札幌打団での演奏で、娘と同じ衣装を着て打つというのがとてもプレッシャーだったので、今以上に太るわけにはいかなかったのでした。
でも、今このコロナ禍で、イベントも皆無の折に、私が少々太ったところでなにも困りません笑
なので思い切ってシフトチェンジしてみたのです。
で、以前は終始なにか食べたくて、夜などはビールをいくら飲んでも飲み足りないような感覚でいたのですが、今はなんというか、満たされている感じがします。
何より、大好きなコメを好きなだけ食べて、お腹いっぱい!って思うことがとっても幸せです。
予定ではこの後、少しずつ体重が減って、程良き体型になるのですが、、、。
もし、そうならなくても、もう心も身体も満たされる方が幸せだなぁと思ったので、ダイエットは終了です。
お米ラブ!
ずっと食べられなかった卵かけご飯とか、おにぎり、魚卵になめ茸佃煮そぼろ!
それらが食べられるのってとっても素敵!
好物の丼もの!
好物の雑炊!ドリア!パエリア!
かえって、今までよくぞ1番好きなものを封印できたなと褒めてやりたいです。
これからは米食う人になります。