勝田勝のあんなとこ、そんなこと、こんなひと 【シーズン7】たまにROCKなPOPな独り言編

勝田勝のあんなとこ、そんなこと、こんなひと 【シーズン7】たまにROCKなPOPな独り言編

勝田が先人の知恵を活かし、日々の人生をいかに過ごすかを綴るはずが、忙しくて、好きな音楽のHR/HM プログレ ポップス、こっそりナイアガラーな事を自己満足的に独り言する 駄文ブログです。


テーマ:
チャイナフェス2018 in代々木公園で中国のスーパーアイドル!"圏九 マルキュウ"見れた!龙梦柔 ロンモンロー"見逃した!
午前中にスタジオ入って、お昼過ぎ迄、イタリアンの水道橋ビバーチェで友人と超美味しいランチ。ホロ酔いで帰宅しようとしたら、イベントがあるのを思い出し、慌てて代々木公園へ移動。このイベントを見に来たんです!
Freeの野外ライブやってるんです。ステージ会場を中国料理の屋台がぐるりと囲む感じ。何度かいろんな国のフェスにお邪魔してるのですが、大体同じような間取り。大勢のお客さんでギッシリ。年配の方が多く、半分は中華系の人かな?
到着のタイミングでチュートレ登場!
中西圭三さんのステージは、サポートの鍵盤の方と2人編成。ビビアン・スーが在籍していたブラックビスケッツ(略称ブラビ)のヒット曲、中西圭三さんが作曲した『タイミング』も披露。台湾のスーパーアイドルの歌った曲なので、中華系の方々に非常にウケが良い。
写真お借りしました。
ラストは『Choo Choo Train』をノリノリで歌い上げる!パワフルな発声だけど、特徴のある歌い方は長年歌い続けてきた証だと。何方か有名アーティストが言ってましたが、ヒット曲は歌い過ぎて飽きるから、時間が経つと歌い方が変わってくるって話を思い出しました。
Choo Choo Train 中西圭三

そして、我らが千葉のスーパーアーティスト!"サンプラザ中野くん"と"パッパラー河合さん"が登場!
パッパラー河合さんといえば、ポケットビスケット(略称ポケビ)のプロデューサーでもあります。中西圭三さんとのイベント共演って、ブラビとポケビ繋がりを考えると面白いです。今年2018年8月の24時間テレビにポケビが一夜限りの復活してたんすよね。なんか意味深な感じ。ブラビも復活して欲しいファンは沢山いるでしょうね。
写真お借りしました。

爆風スランプの超ヒット曲『Runner』を半分中国語で歌う中野くん。
♪パオヤオパオ〜と熱唱!
Runner-サンプラザ中野くん&パッパラー河合

サンプラザ中野くん&パッパラー河合
【setlist】
1.涙3
2.東京ラテン系セニョリータ
3.ハオグーニャン
4.Runner 中華ver.

ここからからはチャイナフェスティバル2018メインステージ最後のプログラムが始まりました!Japan China Music Show"と題して、アジア圏で活躍する日本のバンド"Gypsy Queen"が登場!
写真お借りしました。

チャイナフェスという事で、ボーカルのシノンさんが北京語、広東語で熱唱。
写真お借りしました。

Japan China Music Show 

【setlist】

Gypsy Queen

1. 康定情歌

2. 真的爱你


そして、最後に登場したのが"圏九"真っ白なドレスにたどたどしい日本語のトークが可愛い。ルックスは完全にアイドルじゃん!想像してたよりめちゃ可愛い!オタク風の男性が前方に集まってたのもわかる!
可憐な姿とは違い、歌うとかなり本格派。ロックな曲、バラード曲も歌いこなしてます。
ネイティブの女性の中国語の発音は鈴音を聞いてるようで、好听!です。
『极乐净土』という曲だと思いますが、バラード調で始まり、ロックなサウンドに展開。
极乐净土-圏九

ステージも佳境。周りは暗くなって、青や赤のライトが美しく雰囲気が良った!

Japan China Music Show 

【setlist】

圏九 with Gypsy Queen

1. 发光

2. 牵丝戏

3. 飞鸟和她 

4. 懵懂

5. 极乐净土

6. 胜利と奇迹


グランドフィナーレでは先に登場した出演者が集まってイベントテーマ曲『BLUE SKY』を合唱。パッパラー河合さんプロデュースの柏の御当地アイドル"コズミック倶楽部"が赤青黄色の衣装で目立つてるなぁ。
チャイナフェスティバル2018メインステージ最後の曲は『月亮代表我的心』で終了!
初めて来ましたが、盛り沢山の内容で良かったです!来年は時間があれば、丸々一日見てみたいですね。

追伸:ロン・モンロー( 龙梦柔 龍夢柔 )ライブ見たかったなぁ〜
写真お借りしました。



☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆
過去に外国のフェスお邪魔してました。

お台場!ジャマイカフェスティバルなう! 
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12165247087.html


YESのライブの前に本格的なパエリア30秒で食べたのは何故?フェスタ デ エスパー何? 
https://ameblo.jp/dada7276/entry-11958518934.html


横田基地友好祭でまだバーガー食べて、デザート食べて締めはステーキ食べるんかい? 
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12075855535.html


テーマ:
ライブ絶響上映!お台場で『レッド ツェッペリン 熱狂のライブ』観て来た!

2018年9月10日
@Zepp Diver City TOKYO
結成50周年記念!Zeppツアー東名阪
『レッドツェッペリン熱狂のライブ』
先輩のご招待にお供です。2階席に誘導されます。
Zepp Diver Cityで2階席から見る事って経験無かったんですが、ステージ全体が見れるんですね。レコード会社のディレクターの方が前説をされてました。
実は、この方が出るから、見に来られたファンもいるみたいです。どなたかわかりますか?
メタルの伝道師!鉄説法!マ、マ、マ、マサイトウ!伊藤政則さん!
映画が始まる。いつもライブの場面だけを選んで見てたので、じっくりと最初から見るのは初めて見た時以来かも?

いつ見てもメンバーの小芝居が面白い。
ツアー開始お知らせの手紙を見て「トモロー!」って絶句するシーンが好き!

演奏シーンは、ライブ会場の大きなスピーカーから流れる爆音だと、DVDで見るのと全く別物!凄いです!その場でリアルに演奏してるような不思議な感覚。
天性の感覚で叩くボンゾのドラムに、身体中の血が沸きたてられる。映画の撮影された70年代前半は、ジミー・ペイジのギターはハッとするような閃きと凄まじい勢いがあるし、そのメロディーとリズムに呼応しながら、繊細かつ大胆なロバート・プラントのボーカルが乗っかる。その3人の三者三葉の動きをジョンジーのオルガンとベースが支えながら、上手くバンドサウンドに纏めてる。
やっぱ、この4人でしか出せない音だったと、素晴らしいサウンドで久し振りに見たこの映画で改めて実感。





ハロウィン!PUMPKINS UNITED ライブレポ!セットリスト!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12360984751.html


ラウドネス!Special Live 2017 ~ATLANTIC YEARSライブレポ!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12342269533.html


ナイトレンジャー!NightRanger東京ドームシティ10月9日セットリスト!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12318802862.html


テーマ:
高崎グラフティの舞台挨拶で、スカート澤部渡さんが歌うから見てきた!
久しぶりの調布駅前です。以前この近辺を仕事でウロウロしてたのですが、5年振りくらいにやって来ました!京王線の地下化に伴い、開発が進んでました。地下に連絡通路とか出来ててびっくり。
少しだけ歩いたら、目的地のイオンシネマに到着です。
お目当ての映画は11時からの1回だけ。
舞台挨拶付きの映画。と言っても出演者の挨拶は無く、監督と主題歌を担当した
"スカート"こと澤部渡さんがトーク&ミニライブをするという事でやって来た。
2018年8月26日
@シアタス調布 
高崎グラフティ 舞台挨拶付 上映会
20年くらい前にフジテレビ系列で『白線流し』ってドラマがあったのですが、あれを今風にしたようなイメージです。若者のウダウダを懐かしんで胸が痛くなるのか?わかるわかる!と微笑んでしまうのか?それとも、じれったい若者の恋に歯ぎしりするのか?

青春映画『高崎グラフティ』第1回未完成映画予告編大賞 グランプリ受賞作品。

映画終了。あらすじは書きません。
拍手の中、舞台挨拶が始まります。
左に川島直人監督、右に澤部渡さん。
お二人のグラマラスな安定感のあるヴィジュアルがナイスな組み合わせかも??
雑談のようなお二人のトークと、質問コーナーがありました。私も手を挙げて、澤部さんに質問しました。
澤部さんトーク
実は、当初、この映画の為に書き下ろしを!と依頼されたんですが、他の仕事との兼ね合いで製作時間が取れず、過去の曲を再録したらどうか?と考えたのですが、その後「映画の公開に間に合わなくても良いです!」というお返事をいただき、「じゃ、是非書き下ろしをさせてください!」という事で映画を全部見て、出来たのが『遅い春』という曲。
澤部さんトーク
「過去の曲を再録しようと選んだのが、高校生の時に作った『月の噐』で、高校生の頃のどうしょうもない想いがこの映画に通じるものがあるかな?と思ってました。
じゃ、その曲を」
『月の噐』を演奏。使うコードが限られてて、メロディーよりも歌詞を前に押し出して、胸の中の想いを吐き出すかのようなサビのロングトーンが印象的。
確かに映画のエンディングには、この曲は合ってるかも?
澤部さんトーク
「今回の上映合わせて『遅い春 movie edit』というのが、配信されてるんですが、『遅い春』が凄く長い曲になってしまって、映画用に再構成したものになります。
今日はそのフルバージョンを歌いたいと思います。
映画とは違うエンディングのパラレルワールドだと思って聞いて下さい。」
『遅い春』はコードワークが最近の澤部さんの作る曲という感じがします。歌詞は劇中の主人公の恋の行く末を描いたもの。せつない感が澤部さんの声に乗って伝わってきます。
ライブはしっとりした感じで終了しましたが、最後にお二人が並んで記念撮影。
芸人さんですか?と思われるくらい、
サービス精神溢れる川島監督の笑顔過ぎる笑顔!それが面白くて笑う澤部さんとの巨漢ツーショット!

2018年8月26日
@シアタス調布 
高崎グラフティ 舞台挨拶
アコースティックライヴ
【setlist】
1.月の噐
2.遠い春


☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆
スカート澤部渡さん関連記事です。
「スカート澤部渡!GW5月6日に六本木!TOKYO M.A.P.S 出演!」
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12374329930.html


「スカート澤部渡!NHKの放送ではわからなかった真実のセットリスト!」
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12333820579.html

 「スカート澤部渡!メジャーデビューインストアライブタワレコ新宿かんたんレポ!」

「祝アルバム『20/20』発売!スカート 澤部渡ライブレポ!10月14日品川シーズンテラス」

 「渋谷の夏祭り!オリジナルラブ!スカート!弾き語りライブで盆踊り!」

 「TWEEDEESイベント!7月15日Victoria’s Circus!スカート新曲披露!」

 「井の頭公園 吉祥寺
の映画『パークス』公開記念イベント!スカートとトクマルシューゴ!」

 「スカート 澤部渡 吉祥寺ココナッツディスク!インストアライブ  簡単レポ。」

「スカートの太った人を暗がりで見ましたが、誤解の無きよう。」



テーマ:
雨上がりのららぽーと柏の葉でNegiccoが近距離で!

ららぽーと柏の葉って野外に大きなイベントスペースがあるので、ベテラン勢、新人含めアイドルが訪れイベントを開催します。2階から1階に向けて階段状に下った形状で、大人数でステージが見られるんです。

今回は偶然『Negicco』さんのイベントを知ってやってきたのですが、雨降る中、イベントが開催されるのか?心配でしたが、
ステージ開催のタイミングで奇跡的に雨が止んで予定通りのライブ開始。

じっくり聴かせてくれる曲、初披露の曲など、集まったファンを楽しませようとする姿勢は素晴らしい。流石ベテランです!

歌いながらメンバーが階段を上ってくるのには、びっくりしました。騒ぎ過ぎず、一定の距離を保って、盛り上げるファンの皆さんは、非常に御行儀が良い。ファンとメンバーの信頼関係がキチンとしてるからこそ出来るパーフォマンスですね。
メンバーが目の前にやって来て緊張〜!

緑色のファンの方々にラインダンスに混ぜてもらえて、楽しかった (o^^o)
フルのライブ見てみたいですね。

雫の輪って曲が凄く良かった。


2018年9月1日
@ららぽーと柏の葉
Negicco 
「MY COLOR」発売記念イベント
【setlist】
1.キミはドリーム
2.She's Gone
3.ノスタルジア
4.圧倒的なスタイル
5.雫の輪




過去のアイドルイベントの記事です。
脇田もなり 『TAKE IT LUCKY!!!!』リリース記念ミニライブ 新宿HMV ALTA
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12372702374.html



バニラビーンズ!ベスト盤発売記念でタワレコ全店をまわる!津田沼店!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12331462396.html


RYUTist!『青空シグナル』発売記念イベント タワレコ新宿!かんたんレポ
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12378532575.html


テーマ:
米国ニューヨークからやって来た"MAX"という名のマルチアーティスト!
御招待企画で久々の洋楽です。
"MAX"って聞くと、十中八九の方は、
懐かしの沖縄出身のガールズダンスグループを思い浮かべると思いますが、今回のアーティストは、米国NY生まれの男性ミュージシャン/ダンサー/俳優/モデルというマルチアーティスト。

2018年8月21日
@渋谷 CLUB QUATTRO
MAX Summer Sonic EX LIVE
DJとの2人だけの編成ですが、DJの方が曲毎にギターやキーボードやラップやダンスなど手を替え品を替えで飽きさせないステージで盛り上げてくれる。
セットリストがわからないので曲名が全然わかりませんが、動画貼っておきます。

インタビューを読むと、影響を受けたアーティストは、以下の通り。
ジェイムス・ブラウン、マイケル・ジャクソン、プリンス、エタ・ジェイムス、ビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、ジャスティン・ティンバーレイク、ブルーノ・マーズ、ミゲル、エイミー・ワインハウス。
MAXの情熱的なパーフォマンスを見てると演出なども含めて、成る程!と合点がいきました。
中盤にはウクレレでマイケルジャクソンの
『ビリージーン』をcoverしてたのは、MTV世代としては嬉しかった!

サビも直ぐに歌えるような親しみやすいメロディーと歌詞。見てる側も一緒に
♪わん もあっ うぃーくえん!(°▽°) / ♪


うわーこれ、シングアロングするのおっさんは躊躇するっすわ。と思ってたら若いお嬢さん方が大きな声で一緒に歌ってました。恥ずかしがらずに一緒に歌ったら気持ちよかったです。
♪せーっくす せっくぅす おんざ びーち〜♪

今回のライブの最大の見せ場は、やはりこの曲でした。
2016年に発表した大ヒット曲 『Lights Down Low は、自身の奥さんの為に作った曲。レコーディング終わってプロポーズしたとか…。
ギターの演奏をバックにゆっくりと気持ちを込めて歌い始め、会場では観客がモバイルフォンのライトオンにして、左右に揺らし、ロマンチックなこの曲を楽しんでいた。
最後は自身のテーマ曲?♪ MAX!MAX!と観客も声をあげて大興奮の中、終了。

公式動画です。


意外にも御招待の海外アーティストのライブ来てます。

POPPY!米国の新進気鋭女性アーティスト!初日本公演見てきた!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12344293999.html


スロットマシーン!タイランドの誇るNo.1ロックバンドの単独来日公演を12月に見ました。
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12342762278.html


NEON TREES! 6年振りの来日は単独公演!キラチューン満載のライブでした!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12328398521.html


フランス、カナダ、台湾、韓国、マレーシアの5カ国のバンドはお国の柄が出てました!ライブレポ
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12322932644.html


9月4日渋谷クラブクアトロ台灣の Fire EX. (滅火器)ジャパンツアー見た!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12307848206.html


テーマ:
MAMALAID RAG レコ発で1年ぶり岡山公演!
2018年8月18日
@岡山 城下公会堂
MAMALAID RAG 
"GOOD BYE"Releace Live
ママレイドラグ 7thアルバム"GOOD BYE"レコ発ツアーという事で、佐賀、岡山、大阪のライブが8月にありました。

佐賀公演の参加は、なかなか難しいですが、岡山と大阪のライブは、お盆明けの週末の土日にあり、休暇スケジュールにバッチリ重ねる事が出来たので、千葉から神戸の実家を経由し、いざ!岡山へ!午前中には途中下車して、姫路城に登ってきました。
会場は岡山市内の"城下公会堂"
城下と呼ばれる地域で、駅から路面電車で4分、歩いて15分くらい、お城まで行くならば、更に歩いて10分くらいの場所。
城下公会堂

開場迄に1時間程あったので岡山城へ。初めて見ましたが壁が黒い。午前中の姫路城が真っ白だったんで、対称的な印象です。
岡山城 別名 "烏城"
開場30分前には列が出来始め、早めに並んだおかげで最前列のポジションを確保。
18時30分開演。
アコギを抱えてママレイドラグ  こと、田中拡邦さんが登場。
オープ二ング曲は新譜"GOOD BYE"から『素敵なイルサ』。
田中さんの歌声のワンフレーズだけで、会場はナイアガラーな雰囲気に包まれる。
歌が終わり、少しマイクの調子が悪そう。

ママラグのオフィシャルサイトから直接購入の特典CD-Rに収録されてる『NICE(ニースに私を連れてってdemo ver.)』はアルバムに収録された最終ver.よりも軽快なリズムで親しみやすい。バージョン違いを演奏してくれるのは、聞く側のマニアックな欲求を満たしてもらえるので、非常にありがたい。
田中さんMC
「♪エール(Air France 航空)で連れてって〜♪と歌ってるから、CMとかで使ってくれないかなぁ〜と思ってましたが、なかなか、そうは問屋が卸さない…と。」

次は、2002年のデビューアルバムに収録されている人気曲『夜汽車』をボサノバver.で。お洒落メロディーがアコギのボッサのリズムに乗って歌われる。このバージョン凄く良い。オリジナルver.とは違う曲に聞こえて、田中さんのソフトな声質も手伝って、サウンドは完全な女性ボーカルが歌うボッサみたく癒しの洋楽。

間髪入れず、アコギのイントロで次の曲が始まる。元々はハードロック曲として10年くらい前にバンドで演奏していたのを今回のアルバムを機にアコースティック曲として録音したという『Karma』。サンスクリット語で"宿命"という意味で仏教では"業 (ごう)"と表現される言葉。
アルバムの中でも聞いた時にインパクトがある隠れ名曲。オールドロックファンはイントロ部分の雰囲気にニヤリとするでしょうね。

アコギのリズムカッティングにせつないメロディーがのる『消えた恋』は、間奏やアウトロのアルペジオが印象的。

下手のピアノ前に田中さんが移動し、ピアノ弾き語りでニューアルバムからの『エアポート』を恋愛ドラマをしっとりと歌い上げ、もう1曲ピアノで『いつでも どこでも』を演奏。「伊藤銀次さんに褒められた曲です!」と今回の岡山公演でも笑顔で嬉しそうに語る田中さんにこちらも微笑んでしまいます。(o^^o)

勢いよく、FM佐賀のジングル曲として作ったものを発展させ1曲に完成させた『wave』が始まる。
♪この波に乗せて〜 と始まったが、途中ボーカルが聞こえなくなって中断。マイクトラブル発生!
1曲目終わりでマイクの調子が悪そうだったのが、このタイミングでコードの断線が起きたよう。ライブは生ものですから、こういう時もあります。
かえってトラブルがあった時の方が、良い結果を産む事が多い。

流石、音楽業界で長年ご飯を食べてる田中さんです、観客をなだめるように、「マイクコードを交換する間にサービスです!」と中学生の時に初めて作った無題のインスト曲を披露。歌は無いが途中スキャットが始まってビックリした。田中さんの声がポール・マッカートニーがスキャットしてるのにソックリ。
以前に、村田和人さんのデモテープを聞かせていただく機会があって、村田さんのデモ曲の"なんちゃって英語"の歌声がポールにそっくりでビックリした事があるんですが、その時と同じような衝撃を受けました。やっぱり影響を受けたアーティストに似るんですね。
インスト曲が終わり、
「中学生の時に作った曲でした。Blackbirdの影響出ててますけどね。」
とBlackbirdのイントロを弾き始め、歌い出す。そして、そのまま最後まで歌い切り、「うわー全部やっちゃった!この曲が一番良かった!と言われたらどうしよう!」
これ、今回、岡山公演に来てめちゃくちゃラッキーだったと感じた瞬間でした!
ここで、Blackbirdに纏わるMC
「この曲は素人の人はスリーフィンガーと呼ばれる指を3本使うとギター奏法でやっちゃうんですが、実は(作曲者)ポールマッカートニーは指2本で演奏してるんです。
(実際に2本と3本での弾き方の違いを実演)ほら、ニュアンスが違うでしょ?
ビートルズがインドに行った時に同行した英国のフォークシンガーの"ドノバン"がスリーフィンガー奏法をビートルズのジョンとジョージに教えた時に、(負けず嫌いの性格の)ポールは教えられるのがしゃくで、遠目に見て我流でこの弾き方をマスターしたらしいです。」

「ビートルズの曲の後に自分の曲をやるの嫌だなぁ(o^^o)」
と再び『WAVE』を演奏。観客席から手拍子が起こり、弾き語りでは1本盛り上がった曲になりました。

そのまま大振りのストロークでコードを掻き鳴らし、『春雨道中』がスタート。
バンドでも弾き語りでもどうやっても、良い曲は良い。ここまでで、弾き語りのパートは終了。

岡山スペシャルバンドを招き入れて、バンド編成でのライブ開始。植田さんのギターがお馴染みのイントロを弾く。1曲目は新譜のオープニングの曲『Bon Voyage!』

【岡山スペシャルバンドメンバー】
中村哲(Dr)
岡田圭史(Ba)
小川佳那子(Pf)
植田章敬(Gt,cho)
Mamalaid Rag with Okawama Special Band
リハの時間も少なく急遽のバンドサウンドですが、ドラムの方がフィルの後もよたらず、しっかりリズムをキープされてるので、バンドサポートは全然問題ないです。

今回の岡山公演のバンドサポートの功労者、シンガーソングライターの植田章敬さんは、賑やかな好青年でした。
2ndアルバムからシングルになった名曲『レイン』♪ワッワー♪と植田さんの優しい声のコーラスが入る。
続いて、こちらも耳にメロディーが残る名曲『ふたりで目覚めたら』
アウトロを長くして、ピアノ女子小川佳那子さんの即興のソロプレイを優しく見守る田中さん。
最後は賑やかに定番の盛り上がり曲『ワトソン』ここでは、短いベースソロ、ドラムソロもあり、後半にはサポートメンバーとのいい感じのグルーヴが生まれてました。
本編は一旦ここで終了でしたが、直ぐにアンコール。

田中さんが1人で再登場。弾き語りで『君に夢中』をプレイ。シンプルなコードで魅力的なメロディーの曲を作るコンセプトで出来た曲。ポール・マッカートニーのソロの曲のようでした。

アンコール最後の最後は定番のブルースロックの『Day And Night Bluse
サポートの植田章敬さんのエピフォン・カジノを借りた田中さんが、バリバリにギターソロ弾く。ブルージーなギターを堪能させていただきました。
今回の岡山公演は、地元ミュージシャンとの共演で、仲の良い後輩の植田さんの作るムードの影響もありアットホームな感じのライブでした。東京で見るママラグ田中さんよりも若干リラックスしたイメージ。田中さん可愛い!と植田さんにいじられたりしてましたし…。
東京では見られない、貴重なライブありがとうございました(o^^o)/

追伸)今更なのですが、ママラグ田中さんが岡山公演でBlackbirdを演奏したのって…。まさか、
岡山城が烏(カラス)城と呼ばれてたから?!偶然だとしても凄い!とライブが終わり数日を経て気がついて、非常に驚いた次第です。(°▽°)

【setlist】
1. 素敵なイルサ
2. NICE(ニースに私を連れてってdemo ver.)
3. 夜汽車 (ボサノバver.)
4. Karma
5. 消えた恋
6. エアポート
7. いつでもどこでも
8. インスト
9. Blackbird (BEATLES cover)
10. WAVE
11. 春雨道中
12. Bon Voyage!※
13. Postcard (pre ver.)※
14. レイン ※
15. ふたりで目覚めたら ※
16. ワトソン! ※
encore
17. きみに夢中
18. Day And Night Bluse ※
※with okayama band

翌日8月19日は大阪 梅田でのランチライブ。連日、ママレイドラグ が見られるなんて、幸せな週末です!


☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 
ママレイドラグ!7thアルバム全国発売記念レコ発ライブ!高野寛さんがゲスト!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12377548618.html


ママレイドラグ!田中拡邦さん!二子玉川蔦屋家電でレコ発イベント!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12376388269.html

ママレイドラグ!『GOODBYE』発売記念イベント!パイドパイパー!
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12348256048.html



テーマ:
カンバス 2ndアルバム"アイランド"下北沢440で、発売記念ライブ!ワンマンライブ!後半!
九州博多出身の"カンバス"が2ndアルバム発売し、レコ発イベントが下北沢440でワンマンライブの形で開催!その2部からの様子をレポートします!

デシネショップの丸山さんの素敵なDJタイムが終わり、再びカンバスのお二人、小川さん菱川さんが登場。
急遽、2人のアコギ&ベースだけで、2ndアルバム"ISLAND"の初回特典音源に収録されている曲『ディナー』を披露。ベースのリズムが朗らかなカントリー風の曲。

続く『夢の列車』も、デキシーのリズム、♪タッタンタカタンタッタンタカタン♪とで始まった。ドラマー北山ゆう子さんの見事なスティックさばきを堪能。人気セッションドラマーさんですので、テクニックの引き出し多いのには流石と。
この『ディナー』〜『夢の列車』の2曲の流れは素敵です。カンバスの音楽性の幅がわかります。間奏部でのラグタイムっぽい明るい今井さんのピアノは初めて聞いたかも…
2部の3曲目は、山下達郎さんのcoverで『music book』。達郎さんのアルバム"For You"に収録されている曲です。
以前に2人のアコースティック編成でこの曲を聞いたことありましたが、原曲よりも優しさが増した?ようなカンバスらしいバンドアレンジ。リラックスして聞けます。

再び、"アイランド"収録曲からは、2人で打ち込みで作ったという黒っぽさを感じる洋楽の雰囲気で『ハイウェイ』
バンドアレンジで演奏され、小川さんのワウギターのリズムカッティングにリズム隊が合体すると気持ちの良いグルーヴが起こる。キメもバシバシっと決まる。上質の和製AOR。北山ゆう子さんのドラムはシンプルながらも、グルーヴのあるビートで、
沼澤尚さんのドラミングを思い浮かべてた。
ハイウェイ

その後のMCでは、小川さんから菱川さんへの質問のフリに、菱川さんの漢っぽい博多訛りの熱いトークが炸裂。
「新撰組の気持ちもわかるけどねぇ〜」
「加賀百万石とかじゃなく、土佐とか長州とか、あんな小さいとこから偉人がバンバン出てくることに、俺は浪漫を感じるっちゃ。」
幕末好きが大フューチャーされ、話し出したら止まらない菱川さん。ファンには堪らない特別な時間でした。
小川さんの趣味の話しに戻って、小川さんのフェイバリットは"寝ること"と"ネコ"。それをモチーフに作られた、可愛らしい曲『もうひとねむり』を演奏。初めて聴きましたが、ピアノやドラムの遊び心溢れるアレンジは可愛いらしい。
再び"アイランド"から『ここに立って』
ここまでで、二部も既に5曲が終わり、もう終盤戦です。

ピアノのコードアルペジオから始まる王道バラード感溢れる『ラバー』は、CMの為に書き下ろしただけあって、キャッチーな曲。
バラード曲でホーン隊のお二人がメロディアスなサビ部分で絡んでくる、この盛り上がる感覚は"シカゴ"だよ!

本編、最後の曲『SUNSET202』はドラムきっかけでホーン隊の分厚い音がイントロからぐいぐいと前に出て、軽快なサウンドに乗って小川さんの甘い声が響いてくる!
SUNSET202

アウトロでは大石さんのギターソロ弾きまくり、最後までホーン隊が鳴りっぱなしで気持ちいい。

観客の拍手が鳴り止まず、そのままアンコールな手拍子になり、カンバスTシャツに着替えたカンバスが登場!今回のアルバムのデザイナーさんが作ったロゴデザイン入ったキャンバス生地のバッグの宣伝もしてました!
キャンバス生地のトートバッグに"CANVAS"って書いてたら、普通の人が見たら、素材名が書いてる!としか思わないんですが、わかる人にはわかる一品となっております。という小川さんの物販MCが良かった。

戻らない日々

アンコール2曲目、最後の曲は『やさしさの地平』
イントロ部分で小川さんと向かい合い、菱川さんのベースが高音フレットでのフレーズで、ジャムっぽく絡むのは、オシャレな感じで印象に残った。
軽やかに爽やかにカンバスレコ発ライブ終了!ワンマンで2時間以上の長丁場のライブ、セットリストは新譜の曲を中心に、彼等の過去の代表曲やレアな曲も含めての16曲はボリュームあり、満足でした!
2人とか、今井さんとの3人なアコースティック編成もしっとりして良いですが、北山さん、大石さんの加わった職人技の光るバンドライブをもっと見たいです!期待してます!

【setlist】
-1部-
1.アイランド
2.My Sweet Love Song
3.銀色の雨
4.惰性
5.新緑の季節
6.丑三つ時に君想う
7.この街の夜さ

-2部- 
1.ディナー
2.夢の列車
3.ハイウェイ
4.もうひと眠り
5.ここに立って
6.ラバー
7.SUNSET202

encore
8.戻らない日々
9.やさしさの地平

<スペシャルバンド編成>
小川タカシ(Vo,Gt)
菱川浩太郎(Ba,Cho)
北山ゆう子(Ds,Cho)
大石陽介(Gt)
今井カズヤ(Key)
山田翔一(trombone)
高木沙耶(sax)

カンバス!2ndアルバム『ISLAND』リリースイベントは下北沢440でワンマンライブ!レポです
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12398004286.html


「カンバス !2018年始動!山下達郎&鈴木茂の名曲を2月4日高円寺のイベントで歌う!」
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12351489200.html


「カンバス!12月20日吉祥寺のカフェでユーミンを歌う!簡単ライブレポ!」

 「カンバス!11月4日バンド編成ライブでペンフレンドクラブのイベント出演レポ!」

「カンバス!10月22日ディスクユニオン渋谷でインストアライブレポ!」
https://ameblo.jp/dada7276/entry-12322103131.html




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス