世界に誇る日本の四季 | ☆2児ママのバイリンガル子育てblog☆英語が楽しくなる学習法!

☆2児ママのバイリンガル子育てblog☆英語が楽しくなる学習法!

英語好きが興じて仕事にしてしまった2児のママ☆
楽しい英語の学び方を追求しながら二人の娘と英語学習中の日々♪


テーマ:

Tokyo Free Guideのガイドを始めて2年。

様々なゲストさんに東京案内をしてきましたが、昨年案内したゲストさんが再来日してくれました。

どこ行きたい?と聞くと、銀杏並木の写真が送られてきました。

この写真を見たら、秋に日本に行きたくなるよ。と熱弁するので・・・

行ってきましたー。

明治神宮外苑の銀杏並木

東京に住んでて今までなんで来なかったのだろうか?

本当に奇麗でした

写真を撮ろうとカメラを出す私。

「写真は、あと。まずはこの奇麗な銀杏並木を楽しみながらゆっくり歩かないと」とゲストさん。

 

そうだった。いつも案内していて思うこと。

「今の瞬間を楽しむ」という事を何よりも大切にしているゲストさん達。

その気持ちを忘れがちな自分をいつも恥ずかしく思う瞬間です。

 

四季がない国から来るゲストさん達も多い。

だからこそ、四季を楽しむことを目的に日本にやってくる。

 

春の桜。秋の紅葉。冬の雪。

しかし、日本の夏はどうも人気がないようだ。

 

インドネシアから来たゲストさんはイスラム教徒。

ものすごく明るく楽天的でオープンな彼は、宗教、文化、価値観。考えている事をすべてオープンに話してくれる。だから聞きにくいことも何でも聞ける。

KTP(住民登録証)に宗教を登録する必要があるインドネシアの人々。だからこそ無宗教の日本人が不思議で仕方ない様子です。

インドネシアの人々は基本ポジティブであるらしい。祈ることでストレスを発散し、辛いときも、そのあとにやってくる幸せを楽しみにしているのだそう。

このところの忙しさにストレスを感じがちな自分も、銀杏並木と美しさと超ポジティブなゲストさんの色々な言葉に癒された一日でした。

インドネシアのお茶

 

そして今日は、インドでのヨガ修行を終えて帰国した知人と会いました。

何かとインドに縁がある私ですが、インドにはいったことがないので興味津々。

 

こんどはヒンズー教。ディワリ(インドのお祭り)や寺院、ガンジス川での沐浴、食事の写真や動画をたくさん見せてもらい刺激をうけました。

 

ヒンズー教、イスラム教では不浄の左手とされ、食事は右手て食べます。

ヒンズー教徒は牛肉、イスラム教徒は豚肉を食べてはいけない。

どちらもアルコールは禁止。

それでも若者たちはだんだん寛容的になっていて、他宗教の人々を寛容的に受け入れているそう。

 

お土産で頂いたインドのお菓子とアクセサリー

 

刺激的な2日間。

先月は休みが1日しかなかった・・・

もちろんこの2日間も、レッスンは休めません。

それでもレッスンの合間に刺激をもらい、モチベーションアップです!

 

12月はクリスマス。教室もにぎやかになってきましたよー。

次回はイラストレ担当マキの可愛いクリスマス教材を紹介しようと思います。

教室もクリスマスモードです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

seeds-roomさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス