ホルモン注射と散髪と | 3属性と生きるチャレンジドスタイル

3属性と生きるチャレンジドスタイル

ビジネスも人生も挑戦し続けます。

先日、5週に1度投与している、ホルモン(テストステロン)の注射をしに、病院の産婦人科に行ってきました。


病院の入口と出口がパーテーションで区切られていて、入口と出口を分けていました。

入口から入ると、受付の方が、

「その機械の前に立って、体温をはかりますねー」

と機械の前に立つと、36.5度の表示が。

外は蒸し暑かったし、歩いてきたから、体温が上がったかもしれません。


受付券を通して、産婦人科の待合へ。

他の科の患者さんもいるので、少し人がいました。

診察に呼ばれるまで時間があったので、持ってきた本を読んで過ごしました。

冷房がきいていて、涼しく過ごせました。


そのうち呼ばれて、診察室へ。

腰痛以外は、体調でとくに変わったことがないと、主治医にお伝えしました。

腰痛は整形外科の担当なので、主治医は何もしてあげれないよ〜という感じでした。

整形外科に診てもらったら、おそらくヘルニアで、ブロック注射がオペをすすめられそうだけど、どちらもその場しのぎにすぎないから、今は整形外科には行きません。


いつも通り、治療室で臀部にホルモン注射をします。

ホルモン投与を続けているのは、卵巣がんのオペで、卵巣と子宮を取っており、ホルモンバランスの乱れで更年期の症状が出やすくなっていて、なるべく症状をおさえるためです。

14年以上ホルモン投与をしていて、見た目が変わっているのと、名前を変更しているので、すでに社会的には男性として生活しているので、これ以上の男性化は求めていません。

胸オペはしたいですけど、収入が少ないので、まだできないです。

ですので、ホルモン投与は、最低限の5週に1回にとどめています。



そして散髪へ。

パニック障害の予期不安が強いので、頓服を飲んで向かいました。

梅雨時期なのか、なんか予期不安が出やすいですね。

床屋さんの椅子に座って待ってて、呼ばれて、カットしてもらいました。

頓服の効きが遅く、ずっと予期不安があるまま、散髪が終わってしまいました。

パニック発作が起きなくてよかったです。

本当は床屋さんに行きたくないけど、髪を伸ばしっぱなしにするとだらしないので、月に1回は散髪してもらってます。


病院に床屋にあわただしい1日でした。