札幌クリエイト西野のブログ~札幌市西区西野の学習塾

札幌クリエイト西野のブログ~札幌市西区西野の学習塾

札幌市西区にある学習塾「札幌クリエイト西野」のブログです。ほぼ毎日、色々書いています。
住所:札幌市西区西野9条4丁目1-35橋下ビル2F右
電話:011-777-8478
メール:juku@create-nishino.com(メールアドレス変わりました)

札幌クリエイト西野のブログをご覧いただきありがとうございます!


2020平常授業の指導について
2020時間割・費用について
月曜個別指導塾について


体験授業・入会ご希望・その他お問い合わせは、
メール(juku@create-nishino.com)にてお願いします。

【お電話でのお問い合わせにつきまして】
受付時間帯は(火)~(金)は16:00以降/(土)は13:00~21:00です。
(日)(月)はお休みですので宜しくお願い致します。
塾内の様子について(Googleインドアビュー)

入会希望の方、お問い合わせの方は、まずは↑のページをご覧ください。

明日は例年なら第3回の道コンでした。

第4回(11/23付近)までは、塾の実施日に幅がありますのでご注意ください。

当塾は今回参加しませんが、熟長会のいくつかで合同実施を行う予定です。

詳しくはユニバーサルCAIスクールさんのFacebookをご覧ください。

 

 

今回の中3道コンから「裁量」「標準」に問題が分かれます。

「裁量問題」と呼ぶのも、今年で最後になりますね😎

コロナ休校の関係で試験範囲が短くなり、数学は2次方程式の基本まで、英語は受け身までとなりました。

それでも1次関数や空間図形など、裁量問題を体感することは十分可能です。

英語は恒例の自由英作文が出題されます(出題されると思います)。

別に未習の関係代名詞や分詞の修飾表現を使っても問題ありませんから、どんどん練習してほしいですね。

 

鉛筆今年の中3受験生…「演習量」で差がつくのは明らか鉛筆

今年は公立高校入試の出題範囲も狭いですから、「基本事項」は早めに終了できると思います。

応用問題、出題パターンをどれだけ練習して覚えられるか。

今年は「演習量」で差がつくのは明らかです。

 

北嶺などの中高一貫校が、何故大学入試に強いのかを考えてみましょう。

あの辺のレベルの私立中高は、高2で高校の学習範囲を全て終わらせ、

高3の1年間は数多くの過去問を解き、色々な出題パターンをに慣れる、覚えさせる指導を行っているのです。

東大、京大の問題は難しいというわけではありません。

一見複雑そうに見えますが、落ち着いて問題を「砕いて」みると、ひとつひとつのピースは普通の勉強レベルです。

(勿論、難しい単語やルート計算がバンバン出てきますが)

ただ普通の(公立の)受験生はこの「砕く」という作業が慣れていないだけです。

 

同じ現象は今年の公立高校入試でも起こると思います。

中学校でも、出題範囲までの単元を授業で終了したところが出てきました。

今年は入試の動きが早くなりますよ!出遅れることの無いよう、準備しましょうニコニコ

 

今回は以上です。

週末は天気が悪いようです。熟長会合同実施に参加する皆さんは、風邪をひかぬよう気を付けてくださいね。

当塾は今週末C模試を行います。

福井野中は修学旅行に旅立ちました。中学校のホームページを見るとちょっと天気悪そうですがショボーン楽しんできてほしいですね。

 

もぐもぐ情報は文系学部も必修になるのかな

(NHKニュースにリンクします)

 

現中2世代から共通テストに「情報」科目が新設されます。

 

>具体的には、「国語」「数学」「外国語」などに並ぶ出題教科として、

>プログラミングや情報通信ネットワークの活用などを学ぶ「情報」を新設するとしています。
 

理系学部は必須、文系学部も国公立なら必要になるかもしれません。

 

「情報」の試験には、パソコンやタブレットを活用することが適当としつつ、

現状では、▽端末など全国的に均質な受験環境の確保が難しいこと、

▽機械的なトラブルを完全に排除できないことなど公平性の観点から見送られ、

マークシート式で出題するとしています。

 

当面は昔のセンター試験のような、数1数2の「コンピューター」みたいな問題になるのかな…

(2001年のセンター試験より)

 

ちなみに私は数Ⅰ数Ⅱともコンピューターを選択しました。

模試では常に満点でしたが、本番で緊張してちょっとミスった思い出が🤢

フローチャートが復活するかもしれませんね。

 

 

そして先日ブログに書いた、札幌旭丘の「理数情報科」

 

 

現中2世代から新設されます…

 

やっぱりね…って感じですね。

札幌市がいよいよ本気を出してきたかもしれません。

 

この報道で、今後現中2世代で旭丘の「理数情報科」がどのくらい人気になるか注目です。

 

現中2世代は来年から公立入試も変わりますし、色々試される世代ですね。

 

そして私立高校はさらに優位になりそうです。

私立はほぼ全てが全生徒にタブレット端末提供済み。

公立高校はまだまだ整備途上(多分5年では間に合わないでしょう)。

情報教育やプログラミング教育も、私立のほうが圧倒的です。

札幌圏で私立を第一志望に選ぶ生徒は、ますます増えていきそうです。

 

ある意味、今から「情報」に強くなければいけません。

「情報に弱い人」は高校入学するまで気づかないでしょうし、大学入試直前になってから慌てるんでしょうね(笑)塾屋は儲かるんですが。

 

あと「国際情報高校の普通科」というワードに少し違和感😐

 

今回は以上です。

(日本経済新聞ホームページにリンクします)

…こういう記事を見ると、北海道ってまだまだ「高卒主義」なんだなあと感じる🤔

だからみんな高校で力尽きるんだろうなあと。

 

ステーキ内申点の計算をしましょう

西野中ではようやく前期の評定が発表されます。

内申点は高校入試にどれくらい影響するか2(過去記事です)

今年は1学期定期試験が無かったので、中1はようやく内申点、内申ランクが計算できるようになり、

良くも悪くも「立ち位置」が分かるようになります。

そして次の定期試験の基準も見えるようになるはずです。

 

特に中1生の皆さんには、「今回の評定は基準にしてはいけません」と伝えています。

いや別に基準にするのは別に構わないのですが、その評定=自分の実力だと過信してはいけません。

中1は2学期3学期が試されますニコニコ

 

学校500点満点で本当に当日点が有利になるのかという疑問

中2世代から公立高校入試のシステムが変わります。

学力点が500点満点に変更、裁量問題の廃止など色んな変化があります。

 

北海道教育委員会ホームページより)

これは今年の「相関表」。

 

来年から500点満点になるので、当日点重視に見えるような気がするのですが、本当にそうなのでしょうか。

もし得点の区切りを、300点満点から500点満点になるのだから「12点」から「20点」に変える可能性だってあるわけです。

 

あれ?これ500点にした意味って、現行の相関表では

内申点は20点刻み、当日点は12点刻み

だからそれを、

内申点も当日点も20点刻みにすれば分かりやすい

 

だけだったら、結局は今までと有利不利は変わらなかったりしてもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ

ということに気付いてしまいました。

今度もう少しまとめてみますね。

 

ちなみに入試問題については応用力が増えるはずですので、全体的な得点率は下がると予想しています。

学校裁量問題の初年度は、問題の調整度合いが分からず、結局内申点が高い生徒が有利でした。

今回もそんな感じになるんじゃないかなあと。

得体の知れない相手と戦うのですから、やっぱり装備(内申点)は大事ですと言っています。

 

内申点はとても大事です。

1年後2年後に後悔することの無いよう、今を大切に頑張りましょう。

 

今回は以上です。

おかえりなさい🐕がんばりました!

 

🚗免許を更新しました

誕生日1ヶ月前になったので、昨日は免許更新に行きました。

自営になってから時間が無いので、出来るときに一気にやらないといけないのは仕方ないです。
 
 
前回(サラリーマン時代)、免許更新した直後に引っかかってしまいえーん
多分4年10ヶ月くらい無事故無違反なのですが…残念ながら青です。
緑→青→金→青→青ですので、次は金に復帰したい🐑
 
 
噂のハイハットペダルが数台導入されていました。
入場規制もあり、対策はバッチリですね。
 
そして気合を入れすぎたので、座席は正面になってしまいました🤤
(気合入れすぎた人の座席位置)

🤔授業の眠気防止策はこれしかない…🤔

いつも授業でしゃべり続けている私ですが、
「人の授業」を聞くと、いつも眠くなってしまう性格です。
皆さんも上司の話を黙って聞くのは苦痛ですよね…(遠い目)

そして私は昼寝(居眠り)をすると、首を痛めたり発熱して体調が悪くなるので、
この苦痛タイムは何とか凌がなければいけません🤢
 
そこで私は、めっちゃメモすることを決断いたしました。
(結構がんばりました)
 
教官のお話や、教本に乗っていないデータを熱心に黙々書き写す姿に、周りの方はとても驚いたことでしょう。
・北海道の交通死亡者数は全国で3番目なのに、1位(千葉県)、2位(愛知県)よりも100名当たりの死亡率が圧倒的に高いこと。
・後部座席のシートベルトはすでに着用義務、衝撃時のエネルギーは前座席も後座席も同じ。まあ理科なら当然ですね。
・最近の警察が街中で取り締まりしているのは後部座席だったりするので注意…とか言っていますが、これは「ポーズ」ですかね🙁
・私は普通免許が「中型免許」に進化できた時代の取得者ですが、最近は「準中型」という区分が出来たのですね。
準中型で運転できる準中型車は準中型車(5t)に限る
というパワーワードを頂きました。
 
昔、初回(緑)講習のときに隣の方が教官に質問して、周りがザワついたのを思い出しました。
それくらい全力で勉強してきた感じです。

生徒の皆さんも、授業中のメモはとても大事ですね。
確かに、授業中うつらうつらする生徒は字を書く習慣が無さそう。
これからも授業中はめっちゃ書かせようと思いました。
そしてきちんと家に帰ったら「復習」しましょうね。そこまでセットでできるようにすれば、成績は必ず上がりますよ。授業前の5分で読み返すことも大事です。
塾でこれからも言い続けますね。
 

👮教官の皆さんは凄いと思います

講習を行う教官の皆さんも大変でしょうね。大半の人がめんどくさそうな顔をして聞いていると思いますし…
塾だとやる気のある生徒が多いで良いのですが、
こういうほとんど全員やる気のない状況で話をするのって、ホント辛いと思うし鬱になるんじゃないかって思います。
お疲れ様ですと言いたいです。
 
今回は以上です。
ポチ夫の散歩を始めてから、安全運転を一層意識するようになりました。
住宅道路で猛スピード出す「社用車」を見ると、その会社はどうなっているんだろうかと疑問に思いますね🙁
 
そしてポチ夫🐕はついにタマ取りに出向しました🐕ガンバレ!!
 

公立高校の推薦入試では、人気のある一部高校について「校内選抜」を行っています。

まあ、中学校から出願する人数をある程度統一しましょう…という感じでしょうか。


昨年地元の公立中では、手稲の推薦が確か3名ほどだったのですが、確か初めは校内で20名くらいの推薦希望者があったはずです。

新川も同様。当塾エリアだと旭丘、情報、手稲、新川の推薦希望者はかなり多い感じです。


事前に絞り込むのは良いことだなあとは思っています。

去年のように10名20名も希望者がでたら、学校も時間がかかっちゃいますからね…

しかも今年はコロナで学力が不安と感じる生徒も多いと思うので、推薦をねらう人が多いのかもしれません。


絞り込み方は基本的に内申点とABCの結果のようです。

そこである程度ABCの「得点目安」を、事前に生徒に通知しているという話を聞きました。

まあまあその基準が高いのですよ。前年前々年よりも5~10%は高くなっています。

推薦は、学校で「この生徒は合格だけでなく、高校でも活躍しますよ」ということですから、

一般入試でも上位で合格できるレベルでないと通してくれないのは自然です。


でもこの「ABC基準(たぶん平均)」は、中学校独自のものなのかなもぐもぐ

実際に他の中学校ではどうなのでしょうか。

過去に校内選抜に通った生徒(推薦入試の合否ではなく)はABC平均はどのくらいなのか、気になりますね。少し調べてみます。


あと、中3はもうCしか残っていないのでアレですが、

中2以下の皆さん、推薦狙いの人は気をつけましょう。

ランクはもちろん、ABC基準ということは、夏休みの勉強が勝負です。1学期中の3者懇談で基準、目標を聞いておくことです。

特に来年から「新しい入試」が始まりますので、推薦希望者はさらに増えるのかなーって思うんですよね。


今回は以上です。

誕生日1カ月前ですので、免許更新です。