とばし編みで注意すること〔レッスン〕講師養成講座中級 | 満席が続くハンドメイド教室の作り方~現役ハンドメイド講師がお伝えします

満席が続くハンドメイド教室の作り方~現役ハンドメイド講師がお伝えします

趣味の延長でなく仕事として、自宅で教室を開業運営していく方法や
好きなことを仕事にする方法をお伝えします。
「体験から本講座につながらない」「リピーターさんを作りたい」「教室を軌道にのせたい」など、相談できる相手がいない講師さんの力になります。


テーマ:

こんにちは。紙バンドクラフト講師 村上秀美です。


とばし編みは、追いかけ編みより、
中に縮んでいきやすいです。

2本前、1本後と順番に編んでいかなくてはいけないので
数に気を取られることと、
編む加減が難しいことが原因です。


そんな時は、こんなふうに洗濯ばさみを使いましょう。

{12AA1F19-A8F0-43D6-ACFF-687FDC97589C:01}


本来洗濯ばさみは、編んだ所をを固定するために
縦ひもと横ひもを一緒にとめるように使います。

でも、こうすれば縦ひもがまっすぐに、一定の間隔で固定されるので
全体が内側に縮んでいくのを防げます。



今日もお読みくださり、ありがとうございました。

紙バンドクラフト講師養成講座の詳細です。

・紙バンドクラフト講師養成講座について

・お教室開講準備講座講座について

・ハンドメイド教室の先生を仕事にしたいあなたを応援する5日間無料メール講座

・“こんなこと聞いてもいいかなぁ”ということでもお気軽に
お問い合せフォームからどうぞ

・レッスン会場の場所はこちらからご確認ください
豊橋市の教室 豊川市の教室




満席が続くハンドメイド教室サポーター 村上秀美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント