CMポートクリニックブログ

CMポートクリニックブログ

神奈川県横浜市都筑区の婦人科クリニックです。特に不妊治療を専門としております。


テーマ:

<質問>

 

赤ちゃんができたらタバコは良くないということは何と無くわかるのですが、不妊治療をしている最中でも禁煙したほうがいいのでしょうか?

どんな悪影響が考えられますか?

 

 

<回答>

 

まず、タバコの煙には200を超える種類の有害物質が含まれています。特に、タールやニコチンといった成分は血管収縮作用があるため、体の様々な器官へ酸素や栄養素を届けにくくなってしまいます。

 

当然、子宮や卵巣といった妊娠に重要な器官でも同様のことが起こり、生殖機能の低下を招いてしまいます。不妊治療で生殖器の活性化を図りながら、一方で喫煙によって血流を低下させているのでは意味がありません。

 

さらに不妊治療に使う薬剤は血栓症を起しやすくなるピルなどがあり、喫煙者には処方できないとされています。(薬を使えないことは治療のデメリットとなります)

 

これは、パートナーが喫煙した煙によっても同じことが言えますので、赤ちゃんが欲しいと思ったらすぐに夫婦でタバコをやめることをお勧め致します。

 

 

CMポートクリニック

 

フェイスブック

 

Twitter

 

 

 


テーマ:

インフルエンザワクチンは感染予防の観点から、周期は関係なく、いつ打って頂いても良いです。

 

インフルエンザ予防接種はすぐに効果が現れる訳ではなく、通常接種してから2週間から~4か月ぐらいと言われています。よって、インフルエンザシーズンの到来前に接種される医療機関が多いのです。

 

CMポートクリニック

 

フェイスブック

 

Twitter

 

 


テーマ:

特に当院のような不妊治療施設においては妊娠初期の方が来院されています。その中には予防接種を受けたにもかかわらず、抗体がつかない方がおられます。

 

その方々に感染させないよう配慮が必要だと思っております。

 

夫婦同伴で受診される方は必ず風疹抗体検査を受けて頂き、必要な方にはワクチン接種をして頂くようにしております。

 

 

CMポートクリニック

 

フェイスブック

 

Twitter

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス