第3章57.今後も彼を愛し続けます。 | FOXGODへの道

FOXGODへの道

ちよじぃは、定年退職した後。。ロック&メタルバーのマスターになります。店名は『 FOXGOD 』。コンセプトは、ロックとメタルとベビーメタルと美味しいお酒の店。オープンは2018年1月6日Death。1話から読んで頂くとその道のりが全てわかる連載形式です。


テーマ:

 

最後のお客さんを送り出して、
シーンと静まり返った店内で、声を上げて泣きじゃくった。

 

ずっと我慢していた。

お客さんの一人が泣き出した時もぐっと堪えた。

 

それが一人になって爆発した。

 

悲しい。悲しすぎる。

 

それは突然だった。

 

まだお店が始まったばかりで、4.5人のお客が
べビメタのデロを見ながらお酒を呑んでいた。

 

ひとりのお客さんが、何気なくスマホを見ていたら
いきなり「うそー!」と叫んだ。

 

すぐに音楽のボリュームを下げて、その人のスマホを
覗いて、皆が凍りついた。

 

かすかにべビメタの曲が流れる中、誰もが放心状態で
言葉を発する事ができなかった。

 

このまま、いつものようにお酒を呑んで
べビメタ談義をする気持ちにはなれない。

お店を閉めてお客さんには帰ってもらおうと思った時に
スマホの通知音がした。

 

まだ会った事がないフォロワーさんからのDMだった。

 

「一人でいるのが耐えられない。メイトの皆さんと
一緒にいたい。ちよじぃのお店に行ってもいいですか」
と書かれていた。

 

同じ思いの人が次々にお店にきてくれた。

 

そして、仮バンドの音源を聴き、べビメタのデロで
彼のいつも楽しそうにギターを弾く姿を見ながら
皆で同じ時を過ごして弔った。

 

藤岡幹大さんを初めて知ったのは、
2014年英国FORUMのライブビューイングだった。

 

どうせアイドルのライブだろうと期待せずに会場に行ったが、
青山さんのツーバスに衝撃を受け、続いて現れた
藤岡さんのギターに心を打ちぬかれた。

メタルの音楽なのにどこかジャズを感じる弦さばき。
半拍溜めながらの速弾きや、センスの良いミュート。
ギターの天才を見たという感じだった。

べビメタがアイドルではなくロック・メタルバンドだという事を

教えてくれた。

 

そして何よりも明るく楽しそうに弾いていた。
この人、ギター弾くのが大好きなんだろうなと思った。
左足を時々ビョコっと上げるしぐさは、どんな大きな会場の
一番後ろから見ても、今日は藤岡さんなんだと判った。

 

紅月で大神様と背中を合わせながらの師弟共演のハモリは
何百回繰り返し見たかわからない。

 

まさに日本の音楽界の至宝のひとり、小さな巨人だった。

 

大神様、BOHさん、青山さん、LEDAさん、前田さん、
ISAOさん、宇佐美さんは今の気持ちをSNSで発信し
我々の気持ちを落ち着かせてくれたけど
発信できない3姫は、今どんな気持ちでいるのだろう。
それが、心配で心配でしようがない。

 

藤岡さんとは、偶然に2度お会いしたことがある。

 

2度目の時は、藤岡さんから「ちよじぃですよね」と
声をかけて頂き、嬉しくて嬉しくてしようがなかったという
思い出がある。

 

自分の印象としては、世界一うまいギターの天才で
世界一心優しい人。

 

「お店には必ず行きますね」と言って頂いてただけに
本当に残念で、そして悔しくてしようがない。

 

でも、全速力で生きた藤岡さんの事は一生忘れません。

 

ずーっと、ずーっと今後も愛し続けます。

 

我々の心の中に藤岡さんは生き続けます。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

chiyojyiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス