遂に閉園の志摩マリンランドへ行ってきました☆ | ミリィのプチセレブデイズ
新型コロナウイルスに関する情報について

ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブな日常から美容・ファッション・グルメ・旅行などを紹介しています。

51年の歴史を持つ水族館、志摩マリンランドが、2021年3月31日をもって閉館することになりました…



前回行ったのがもう3年半くらい前でした。
そんなに前だったかな。
ホントのホントに最後なので、この週末に行ってきました。

そういえば、先週、ラグビーを観に行っていた時の帰り道、後ろを歩く見知らぬおっちゃんも、閉館だから行くって言っていました(笑)



日曜日に行ったのですが、駐車場を多少待った程度で館内はそんなに密な感じではなく、割とスムーズに観ることが出来ました。



ついたらすぐにフンボルトペンギンがお出迎え。
娘ちゃんが声をかけるとタイミング良くバイバイをしてくれるというすごい芸を持っていました(笑)
たまたまなんですけれどね。



51年も続いたと思うと感慨深いものがありますよね。



水槽とか、幻想的でキレイなもの多いんですけれどね。



ニモやドリーにも会えるのにね。



確かに、周辺の水族館に比べるとちょっとさみしい感はあったかもしれません。



館内になる賢島神社ではタツノオトシゴなども祀られています。
学力向上や合格祈願などにご利益があるといわれています。
タツノオトシゴもうじゃうじゃいます。
ホントにうじゃうじゃ。
観賞魚として人気のあるタツノオトシゴですが、うじゃうじゃいすぎてあんまりきれいに見えないな(笑)



目玉がマンボウだけ…みたいなイメージがあるのですが、マンボウ水槽が結構寂しいんですよね…
水族館に対するアタシの目が肥えているのもあるのかもしれないけれど、もっと海っぽい雰囲気作ってくれていたら良かったのにな~と思っていました。

ただ、マンボウの捕獲ってすっごい難しいらしくて、現時点で4匹のマンボウが飼育されているというのは実はすごいことなんですよね。




娘ちゃんはあつ森で見ていたピラルクにテンション上がっていました。
今回、今まで行った水族館の中で最も色々なものに興味を持って見れていた気がする。
めっちゃ楽しかったらしい。
こういうところで色々学べる年になってきたってことかな。



カラフルなエビ。
改良されてこの色らしいです。
見ている分には楽しい♪



展望台からは英虞湾が一望できます。
あいにくの雨だったので展望台には殆ど人がいませんでしたが、真珠の養殖筏なども見えます。


周辺に、鳥羽水族館や伊勢シーパラダイス、イルカ島などがあって、志摩マリンランドの良さのアピールがしにくかったのかもしれません。
上皇陛下がハゼの研究をしていたことは有名ですが、志摩マリンランドもハゼの研究をしていたので、陛下は何度もここに来られていたんですよね。
立地的にも陛下が来やすかったのもあるんでしょうね。


今回の閉館でマリンランドの生き物たちは周辺の水族館に移動することが決まっているそうです。
近くにたくさん水族館があって、そういう意味では良かったですよね。
コロナの影響もあるのでしょうけれど、一応建物の老朽化という理由での閉館です。
こうして生き物が住むところの閉館は、生き物の行く先を決めないといけないから大変なんですよね。

そういえば、1年前にみさき公園が閉館しましたが、そこの動物たちはアドベンチャーワールドが全部引き取ってくれることになったそうです。
パンダがいるトコは強い!
アドベンチャーワールド楽しいもんなぁ…


51年の歴史の間、たくさんの功績を上げてこられた志摩マリンランドの皆様。
お疲れさまでした。
楽しい空間をありがとうございました。


志摩マリンランド