漢字検定と最近の娘の学習状況 | ミリィのプチセレブデイズ
新型コロナウイルスに関する情報について

ミリィのプチセレブデイズ

ミリィのプチセレブな日常から美容・ファッション・グルメ・旅行などを紹介しています。

本日はこちらへ…



漢字検定!
年長で10級を取ったので、今回は9級(2年生相当)です。
今回の漢検の勉強を真面目にやりだしたのは11日木曜日の祝日からなのですが…
一夜漬けにもほどがある(笑)
まぁ、それでも最初から150点中130点以上をコンスタントに取れていたので、合格は多分問題ないと思うんです。(合格は120点以上)
けれど、気付いたら満点を取るに目標が変わってて。
練習問題を何度かやっていたのですが、満点はなかなか取れなくてずっと悔しがったまま試験会場へ行きました。
終わってから、本人から話を聞いた感じでは、『紙』という字を間違えて最後にはらってしまったと言っていたので多分満点は無理だと思いますが、よっぽどなにか思い違いとかなければ合格は出来ていると思います。多分。
これで落ちてたら逆にごめんって思う…もっと早くからちゃんと漢検専用の勉強すべきだった…

漢検ですが、ホントは10月に受験する予定でした。
けれど、コロナの影響で締め切りがめちゃくちゃ早くて。
申し込みをしようと思ったら締め切られた後でした…
なので、この2月の検定は申し込みが始まったとほぼ同時に申し込ませていただきました。
団体試験ではなく一般試験なので定員がかなり絞られているからなのですが、漢検もコロナのせいで色々苦労がありますね。


さて。
1年生ももうすぐ終わりですが、最近のうちの学習状況です。
実は、2月でくもんを国語と英語だけに切り替えました。
最たる理由はコロナです。
コロナの感染拡大により、くもんの教室が最大でも滞在時間が1時間と設定されました。
これはどこのくもんの教室でも同様のようです。
うちの娘ちゃんは3教科やっていたのですが、1時間で3教科を終わらせることは到底無理でした。
くもんの基本は自学自習なので、教室でやりきれなかった分は自宅でやれば良いのですが、3教科それで自宅学習の中で進度を進めていくことにだんだん無理が出てきました…
やっぱり親と一緒にやってるとどうしても甘えが出るんですよね。
それを週2の教室でコントロールしながらやってきたところがあるんですが、時間制限されたことでコントロールしきれなくなりました。
また、国語は小5相当、英語は中1相当のあたりをやっているのに比べて、算数は小2相当からなかなか進められず、本人の苦手意識が強くなってきてしまったことも諦めることにしたひとつのキッカケでした。

代わりに週1、個別の塾へ行くことに。
そこで算数と、ついでに少し英語をみてもらうことになりました。
もちろん自宅でも毎日の課題をやめるわけではなく、計算課題や文章題や図形などの応用的な問題はすすめています。せっかくキープしてきた勉強量を落とすことだけはしたくないですもんね。


算数についてはもう仕方ないと割り切ることにしましたが(正直アタシにとってくもんの算数を諦めることはかなり大きな決断でしたが)、国語については最近の伸び方がすごいです。
読解力が格段に上がってきていて、初見の問題でも結構すんなり解けるように。
家にいるとそれほどでもないのですが、学校などではかなり本を読んでいるようで、そういったトコロも好影響なのかもしれません。

国語が伸びてきたことも客観的にあちこちで評価されるようになりました。
今年は夏休みに書いた読書感想文で学校代表に選ばれ、大阪で賞をいただきました。
コロナの影響で表彰式がなかったことが残念だったのですが。

また、大阪界隈では中堅どころの第一ゼミナールという塾で、3ヶ月に1回ほど模試を実施しているのでそれに参加させていただいているのですが、1月の模試で国語で満点を取り、本人の中でそれがすごい自信になっています。
外部の試験は実力だめしというだけでなく、本人の自信をつけるのにも一役買ってくれるので、これからも積極的に色々と受けていこうと思っています。

そんな訳で、次の外部試験は、4月の第一ゼミの模試と、5月の英検。
英検は秋に受ければいいかと思っていましたが、この調子なら5月でも大丈夫だろうと個別の方の先生に言われたので、落ちてもいいからとりあえず一度経験してみようという話になっています。
まだホントに受けるかわからないけど。


以上、最近の娘ちゃんの学習状況でした。

中学受験が終わったばかりだから、最近アタシの周りでもそういった受験が終わった子の話や、これから迎える子の話が多いです。
その話になるとみんな長い!(笑)
数日前も、バレエに娘ちゃんを送っていった時に他のママと中学受験の話をしていたら、寒空の下でレッスンが終わるまでその話を外でしていました…時間経つの早いわ。

受験については色々と意見もあるし、どれも間違いではないと思うのですが、うちはうちなりの考えがあるのでまたどこかで綴っていこうと思います。