秋山のブログ

秋山のブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

新しいネタを模索中で更新が滞っているが、最近話題になっていることに関して少し調べたので情報提供。

 

****************

 

日本全国で新型コロナに対するワクチンの摂取が始まっている。しかしニュースを見れば、ワクチンに対する忌避感を植え付けるような副反応のニュースがながれている。それに関して解説してみよう。

 

アナフィラキシーとは、原因物質が生体に接触することで発生する、免疫学的機序による全身的なアレルギー反応のことを言う。アナフィラキシーガイドラインによれば、かなり重篤なもののみをアナフィラキシーとしている。アナフィラキシー37例の報告を全て確認したところ、診断基準から判断する限り、アナフィラキシーと診断すべきか疑問があるものが多々ある。アレルギーであるとは評価できるだろうが、アナフィラキシーとまでは言えないものだ。医療従事者でなくても、蕎麦を食べたり、甲殻類を食べて運動したりすると、皮疹がでる人を見たことがあるかもしれない。もちろんアレルギーは馬鹿にできないものであるのは確かだが、珍しい特別なことであるわけでなく、日常的に対処されているものであることは理解できるはずだ。さらに述べれば、アナフィラキシーは、アナフィラキシーショックとイコールではない。医学的なショックは厳密に定義されており、血圧が少し下がったくらいではショックではないし、37例にはショックに到って対処したらしい記載はない(ショックになる前に前もって対処した様子は見受けられる)。

 

今回の副反応の原因は、PEG(ポリエチレングリコール)でないかと言われている。本来それほど危険な薬物ではないが、それでも感作されてアレルギーを起こす人は存在する。感作は皮膚への接触で強く起こりやすく、またPEGは化粧品などでよく使われているために、女性に今回のアナフィラキシーが多いという結果に合致するかもしれない。

 

さてさて、本日これからファイザー社製のワクチン接種である。

目次の10つ目です。ミクロ経済学を日本の最も優れた教科書から検証してみました。また、MMTが話題になっているのでそれに関する話題を取り上げてみました。(目次ですので、コメントはできないようにしてあります)

 

消費税10%後の日本経済

インバウンド消費をもとめる愚かさ

無税国家に関する考察

最低賃金。再び。

公共事業に関する考え方

無意味な国債費

租税の根拠と課税原則

大きな変革が必要な財政学

このままでは健康保険なくなる説

言論の自由

川の流れのように。再び。

10%に上げただけでなく

幼児教育、保育の無償化

MMT現代貨幣理論入門について

MMTはファクト

中国とMMT

目からウロコが落ちる奇跡の経済学教室

かんぽ生命の民営化

財務省の資料を検証して3

財務省の資料を検証して2

財務省の資料を検証して1

MMTはインフレをコントロールできる

年金について考えてみる

MMTが危険というので検証してみました。

スタグフレーション 再び

マクロ経済から見た企業の活動

MMT批判者の批判内容を検証する

クラウディングアウト

日本に投資しないでください 改訂版

ミクロ経済学の無力「補償原理」

ミクロ経済学の無力「社会思想の話をしよう」

サンクトペテルブルクのパラドックス

ミクロ経済学の無力「ゲーム理論」

ミクロ経済学の無力「市場の失敗」

ミクロ経済学の無力「第二定理と税」

MMTを知ってください

ミクロ経済学の無力「信仰はグローバリズムに至る」

ミクロ経済学の無力「基本定理という砂の城」

ミクロ経済学の無力「一般均衡モデルの暴走」

ミクロ経済学の無力「部分均衡分析モデルと方法論」

ミクロ経済学の無力「費用価値説と効用価値説」

ミクロ経済学の無力「コブ・ダグラス生産関数の成り立ち」

消費増税を凍結せよ

ミクロ経済学の無力「HOモデル」

ミクロ経済学の無力「生産関数の問題」

ミクロ経済学の無力「価格の上昇は供給を増やすか?」

デフレは貨幣現象である?

ミクロ経済学の無力「モデルと当事者の意識」

ミクロ経済学の無力「効用最大化は必要なのか」

NHKがあるじゃないか

あるべき組合の姿

ミクロ経済学の無力「演繹でもとめた需要曲線」

ミクロ経済学の無力「ギッフェン財はありえるのか?」

ミクロ経済学の無力「市場メカニズムと社会全体のパイの大きさ」

ミクロ経済学の無力「数理モデル」