三男(顕進)UCI財団の脱税目的のペーパーカンパニー(資料) | ちゃぬの裏韓国日記

ちゃぬの裏韓国日記

カルト統一教会と世界支配層との関係をあばく
(統一教会=世界平和統一家庭連合)


テーマ:
三男(顕進)UCI財団の脱税目的のペーパーカンパニー



http://plaza.rakuten.co.jp/peace3world/diary/201212160001/
UCIのセントラルシティ売却の不当性に抗議 テーマ:気になったニュース(45676)
カテゴリ:宗教/天地創造
郭グループ問題のニュースです。


http://www.breaknews.com/sub_read.html?uid=243520
統一教会信徒対策委新世界百貨店の抗議集会

記事入力:2012/12/16 [11:44]最終編集:ⓒブレーキニュース

統一教会信徒対策委側は "UCI財団は統一教会を裏切ってUCI財団を簒奪して、真の父母宣布お問い合わせ命令を拒否し、世界各地にある統一教会公的資産を安値で処分している。 .これらの蛮行を犯しているUCI財団をもうこれ以上信仰と心情の説得だけでは防ぐことができなかったことを確認してくれるもう一つの事件 "としながら" UCI財団は粒ぞろい(株)セントラルシティを形骸化させ、公的資産隠匿のための計略と陰謀は3年前から徹底的に準備して緻密で巧妙な方法で進行された "と主張した。

続いて "2009年12月29日新世界と阪神の貯蓄銀行で2960億ウォンを融資して、マレーシアラブアンのAPD傘下ペーパーカンパニーで公的資産を引き出した。 2011.12.29日、新韓銀行で大歓声ローンに返済して、いわゆるマネーロンダリングをしており、2012年4月、国民年金で7,500億円を融資して引き出そうとし統一教会信徒対策委員会の反対霧散された。 2012.10.16日(株)新世界百貨店に1兆250億ウォンの安値で売却するという蛮行をついにやらかしてしまった "としながら"新世界百貨店は国家機関である産業銀行から1兆ウォンを融資して1兆250億ウォンにセントラルシティを買収した。 いわゆる他人のお金銀行お金を融資して買収した。 UCI財団と新世界百貨店の契約の真相を必ず明らかになければならない。新世界百貨店の言い訳は統一教会財産であることを知らいないので、法的には何の問題もないと言い訳しながら、善意取得だと主張している。 私たちシンデ上では盗難された盗品を取得したので、宗教請願に契約無効と契約撤回要求を提起している "と強調した。

続いて "UCI財団は巧みでも奇怪な論理で自分の合理化してグェビョンを並べた。さらに、UCI財団は自作劇で中央日報をはじめとするマスコミに情報提供し、法務法人世宗の弁護士を通じセントラルシティは統一教会所有ではないと言いながら、違法を合法引き揚げ水に乗るの大胆さまで見せてくれている "と指摘し、"我々トンイルガと米国裁判所の判決を欺瞞してあることももう終着駅に来た。判事を騙す大胆まで見せてくれるUCI財団の言葉もうこれ以上、法的にも容認されないだろう信じる。 米国の裁判所では証拠開示の特集号捕らえレヴィ(Levie)判事任命した。 UCI理事全員と関係者召喚はセントラルシティ事件の真実究明だけでなく、さらに本案訴訟と直結する事案なので、2013年から施行される陪審員制本案訴訟裁判にも決定的な影響を及ぼすことになる "と表明した。また、 "もしUCI側の主張通り2010年(2年前)、統一協会とは関係がないスイスの幽霊会社KIFで(株)セントラルシティを贈与した場合はUCI訴訟本案訴訟を受けてもする前だ。 今まで調べたところでは、セントラルシティの贈与を受けたKIF代表はUCI財団団体であるGPFマレーシア元事務総長と推定される。 したがって、先に申し上げた今回の事態がどのような方式でも、スイスのチューリッヒの幽霊会社に贈与したように偽装し、大株主所有権をいわゆる洗濯した情況が捕捉された。 完全犯罪を狙った組織犯罪に該当する。 米国本案訴訟の原状回復訴訟で統一教会の信託財産であり、公的資産を返しれる原状回復訴訟が2013年に本格的に進行される。陪審員制裁判の進行をわずか3ヶ月を控えて行ったセントラルシティの不法売却事態はUCI財団が徹底的に準備して計画された蛮行だと思われる "と付け加えた。 以下は、統一教会信徒対策委が主張する主な内容だ。

統一教会信徒対策委が主張する主な内容

セントラルシティは1年に数百億ウォンの黒字を出す建物の賃貸専門粒ぞろいの会社である。 テナントには、新世界デパート江南店/マリオットホテル/江南高速バスターミナル/永豊文庫など250余りの店舗があり、統一協会の保有株式は61.8%であり、保有株式の資産価値が時価2兆ウォン以上と推定される。 上場をする場合、3兆ウォン以上と推定される、いわゆる黄金の卵を産む企業である。 保有株式を処分しなければなら何ら理由がない。それにもかかわらず、黒字企業を処分しなければならな理由がある場合、たった一つだ。

これは、米国UCI本案訴訟でUCI財団敗訴が既成事実として判断されると、いわゆる食い逃げ戦略的に保有資産を安値にでも処分して引き出そうとしは陰謀だと考慮される。 UCI財団は統一教会公的な資産であるセントラルシティだけでなく、すでに米国材料のアトランタビデオセンター、シェラトンホテルを処分し、韓国の汝矣島聖地に建てられ、世界宣教本部ビルをオーストラリア(オーストラリア)系列マッコーリー証券と未来アセット証券の安値で処分する陰謀をまだ捨てずに虎視眈々と機会をうかがっている。

まず、(株)セントラルシティを不法売却した事態に対する米国の裁判所の緊急措置についてお話差し上げる。米国裁判所で違法近道に(株)セントラルシティを売却した事実があらわれた今年2012.6.15 100万ドル以上の資産処分ハルシ見求めるアニタジョシュヘリング判事の命令を破って、裁判所を騙し冒涜する行為をしてしまった。米国裁判所は、AをはじめとするUCI理事陣全員と関係者を法廷に召喚する措置が行われている。 セントラルシティの不法近道売却の経緯と米国の法廷では、特別判事まで選任して証拠開示の調査をする強力な措置状況を報告したいと思いべきである。

ワシントンDCコロンビア特別区裁判所で2012.11.19日付法的措置したステートメントの一部を申し上げるない。原告らは2012年10月17日UCIが2012年10月15日、韓国の新世界という団体にセントラルシティに自分たちが持っていた10億ドルの価値の資産を売却することで、裁判所が2012年6月15日に下した命令を違反ししたと主張して制裁申請を提出した。 それに応じてさまざまな制裁を要求した。

2012.10,25日答弁書でUCI財団は、セントラルシティに自分たちが持っていた株式が2010年にスイスの非営利団体キングダム·インベストメント·ファンデーション(Kingdom Investment Foundation、以下 "KIF")に寄付されたと主張した。 そしてそれに応じてUCIの持分が新世界で販売されたとき、その持分の所有者がなかったので質問書12に(100万ドル以上の資産処分の報告義務)回答を補足するにあたり、これらの販売を言及する必要がなかったと主張した。本裁判所は、特にUCIとその法律顧問が2012年6月1日と2012年10月25日に示されている矛盾した立場を見たときにUCIとKIFの関係についての懸念を抱くことができなかった。

2012年6月1日の公判で、ブラウン氏は(UCI側の弁護士)特にUCIがセントラルシティプロジェクトの所有権およびまたは制御を持っていると認めておいて、2012年10月25日反対の主張では、これらの所有権または制御は、少なくとも2010年6月からなかったと否定した。 このような立場はお互いに相反するのだ。

UCIが2010年に株式を寄付することで、その持分だけの制御を放棄ハヨトドンガそれともUCIの法律諮問に行く2012年6月1日の公判でUCIがセントラルシティの資産を所有し、または管理していたことを正しく言ったものである。 公判の結論として、裁判所は次のようにセントラルシティの持分が寄贈されたことに対する証拠開示を含むUCIとKIFの間に存在する関係の証拠開示が必要と判断した。

まだ現在KIFとUCIの間の関係は何か、そして2012年10月KIFが、マレーシアの会社を介して持っていたセントラルシティを新世界に売却した当時両団体の間をまだ確実に知ることができない。

そのため、次のような決定を下したいと思います。 レヴィ(Levie)判事に限定的な問題に対する証拠開示を命令する。(中略)そして法的に言えば、現在複数の弁護士から弁護を聞いた裁判所の前で嘘をしたと判断するのは非常に深刻な事案だ。(中略)ドンゴン78:18-79:25この事案の証拠開示は汚された証拠開示のスペシャルマスターであり、管理者であるレビー判事が検討するだろう。(中略)2012年11月8日遡及して2012.11.19日このようにコマンドする。 - アニタジョシュヘリング陪席判事版事実で署名

韓国でも、私たち統一教会信徒対策委員会が宗教請願を起こして新世界デパートや韓国産業銀行本社で2012.10.19日、不法契約撤回やローン回収の要求宗教請願を受理し、抗議訪問を3回しました。 ソウル南大門警察署情報課に集会申告を毎日続けている。

ちゃぬさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ