【自律神経失調症がひとりでに整う10の習慣】非常識に生きる①「ハングリーであれ。愚か者であれ」 | 大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

大阪池田市で自律神経失調症・頭痛・腰痛を得意とする針治療専門の木もれび鍼灸院

「たった3日間(5時間)で完治したのは感謝」
「内臓や心ストレスにも対応されているのですね。」

その痛みや症状が治ったらどんな事をしたいですか?

完全予約制:072-761-5589

【自律神経失調症がひとりでに整う10の習慣】非常識に生きる①「ハングリーであれ。愚か者であれ」

 

一日の流れって大体は決まっています。
何気ない日常ですが、そんな変化のないような生活の中でも、あなたは常に色々な決断をしながら生きています。


着る服を選ぶ。

食べること。

子供への接し方。

部下や上司への態度。

仕事の進め方。

休暇の過ごし方。


そんな何気ない『決める』ことに意識、無意識関わらず、罪悪感を抱いてしまう場合があります。



着る服→
いつもと違う服を着たらみんな気づいてくれるだろうか。それとも似合わないと思われてしまうだろうか。

食べること→
体重が増えてきて、食べていいだろうか。ダイエットしたいのにまた食べてしまった・・・

子供への接し方→
わがままで手がやける、言うことを聞いてくれない、思わず怒鳴ってしまった・・・

部下や上司への態度→
使えない部下、行っても理解してくれない上司。思わず表情や態度にでてしまう。

仕事の進め方→
作業工程、採決、接し方。単純なもの複雑なもの決断の連続だ。

休暇の過ごし方→
家族、友人、恋人、自分。いつも優先順位が他人本位になってしまう。。
 

 

あなたは毎日、生きていく中で常に決断に迫られています。
その中にはルールや決め事があります。
時にはそれが縛りになり罪悪感を抱かせてしまう。


自分で決めた、さらに家庭、会社、学校、国などの社会の中で決められているルールや決めごとをほんの少しでも破ってしまうことに罪悪感、ひどい場合には恐怖を抱いてしまうことがある。

 

 

 

木もれび鍼灸院公式LINEでは定期的に東洋医学から身体の秘密を解き明かすコラムを発信しています!ぜひ登録してみてください!

 

YOUTUBEではセルフケアについて配信中!

 

 

■阪急石橋駅徒歩3分の鍼灸専門院■

池田市石橋1-23-5 神戸屋ビル1階

072-761-5589

初診時の治療の流れについて

施術料金について

アクセス

患者様の声

メールでのご予約はこちらから

お問い合わせフォーム

電話でのご予約はこちらから

072-761-5589

木もれび鍼灸院のホームページ