一夫多妻制を廃止したラーマ6世は、女性との結婚には無関心で、結婚したのは晩年。

亡くなられた時、子供は2歳の赤ん坊でした。

 

そこで異母弟のラーマ7世(1925-1935年)が、急遽登板したので、ウォーミングアップが足りていません。

ガスーみたいなものです。

王族や官僚のコンセンサスを得ていないので、その調整に苦労します。

後ろ楯のゴッドマザーもいないわけです。

 

ラーマ6世が残したわずかな財政に加えて、世界恐慌(1930年)のダブルパンチ。

国家予算を3分の1にカット。

不服の官僚たち(フランス留学組)によって、立憲君主革命が起こり、絶対君主制から、立憲君主制に移行しました。

タイの王様は、日本の天皇のようなポジションになりました。

※役人の給料を減らすような政治家、知事や市長は、絶対追い出されという教訓です。

現在のラーマ10世は、ドイツ在住ですが、ラーマ7世は、以後英国ですごされ、そのままお亡くなりになりました。

 

                   ラーマ7世時代のファッション

 

ラーマ7世の時、医療の法律が改正され、西洋医学とタイ伝統医学が明確に分離されました。

これ需要です!

タイハーブをタイ方薬として定義したため、薬としての研究が可能になりました。

暗黒時代から少し前進です。

これが50年後、100年後に成果を出して効いてきます。

薬になるタイハーブは1800種類以上ありますが、今タイはハーブ輸出のパイオニアを目指して、ハーブ製品の開発をしています。

 

 

何事も憲法と法律の改正、そして50年スパンのビジョンが要(かなめ)です。

衰退してしまった日本の半導体産業問題がわかりやす例。

日本の技術は、世界から狙われている(た)。

この技術を外国に売ってしまう(った)、どこの国のお方だかわからない政治家と官僚。

先ずスパイ防止法ですよ。

奴らは、東大に行くような進学校でさえ子弟を入学させ、50年後を狙っているのですから。

こ奴らは、東大から大会社、研究所、公務員になって、日本人に成りすまして国を牛耳って行くわけです。

 

経済危機と、ハーブ研究は相関しています。

進次郎君!クスリは、石油からできていることを知っていましたか?

欧米たちが、宣教を通じて、また医療業界を援助して、進めてくれた西洋医学。

すばらしいのだが、マニアルどうり診断したら、特許のついた高い処方薬は彼らから購入しなければなりませぬ。

大学では薬の名前をひたする暗記する。

タイ製薬業界の製造と流通は、アメリカと英国が牛耳っています。

薬代が、財政を圧迫するのです。

それで、経済危機のときは、特に自国の安いハーブ薬で代替しようとし、研究が促進するのです。

 

 

観てうまくなるCCATubeタイマッサージ・シアター

CCA予習・復習動画がYouTubeでオンラインで視聴できます。
01-05CCAタイマッサージレベル1-5
06CCAジャップセンマッサージ
07CCAハーブボールセラピー

08CCAトークセンマッサージ
09CCAフットリフレクソロジー
10CCAルーシーダットン
11CCAタイオイルマッサージ
12CCAホットストーンマッサージ
13CCAおなかダイレクソロジー
14CCAベビーマッサージ

15-17CCAホームマッサージ
 

CCAタイマッサージ理論の本の更新バージョンがWEBでお読みになれます。

CCA読んでうまくなるタイマッサージ理論のHP