紀元前4世紀のスーパードクターシワカ・コマラパでも治せぬ病(やまい)あった。

 

マガダ国のビンビサーラ王と、正妻イダイケ妃には、子供がいなかった。

シワカ・コマラパを拾ったアパイ王は、貿易商人の娘との子。

シワカ・コマラパは娼婦との子でした。

ビンビサーラ王は、好色でお盛んでした。

 

占星術師に相談すると、山に住む仙人いて、3年後死んで2人の子供として生まれ変わるという。

王はイラチなので、3年が待てず、この仙人を殺してしまう。

仙人は「生まれ変わってお前を殺すぞー」って呪って死んで行く。

占い通り、アジャセ王子が生まれるが、王は臆病なので、赤ん坊の王子を殺害と試みるが、さすがに殺しきれない。

この物語は、王舎城の悲劇として、日本の仏教観に大きな影響を与えている。

 

アジャセ王は、乱暴者で素行が悪くて評判だったが、類を友を呼び、ダイバダッタと悪ダチとなる。

ダイバダッタは、ブッダの従兄弟だが、新しいリーダーとして教団を乗っ取ろうとたくらんでいた。

その頃ブッダは、70歳を過ぎていた。

ダイバダッタは、アジャセの出生の秘密を吹き込み、ビンビサーラ王を殺してマガダ国を支配するようにそそのかす。

ビンビサーラは、ブッダに帰依し、マガダ国は仏教の有力スポンサーであった。

 

アジャセ王子は、ダイバダッタのたくらみに乗り、王を捕らえ、牢獄に入れ、食料を与えず兵糧攻めにする。

やせ衰えて行く王をイメージして、たびたび部下に様子を報告されるが、おやじはいったって元気そうな様子。

なんと、母親のイダイケ婦人が、食べ物を運んでいた。

 

仏教に高尚な興味を持って、先ずは手塚治虫のアニメ『ブッダ』から入る人もいるが、美しいイダイケ婦人が、守衛にみつからぬよう体に蜜をぬり、ビンビサーラ王に体をペロペロさせる濡れ場シーンがある。

 

 

手塚治虫さんの創作のサービスショットだと思いますが、煩悩おおき凡人は、ここに留まって仏教を中退して行きます。

 

 

 

 

アジャセ王子は、激怒し、母親を殺そうとする。

この時代も、大臣はごますりYESマンで、ろくな大臣はいなかったですが、2人まともな大臣いて、月光大臣が「父を殺して王になろうとした人は1万8千人いますが、今まで母親を殺した者はおりませぬ」と刀の柄に手をかけた。

耆婆(シワカ・コマラパ)大臣も「母親を殺してなりませぬ」と諌めた。

シワカ・コマラパは、ビンビサーラ王の痔を治して、王の主治医兼厚生大臣に任命されていました。

 

 

 

観てうまくなるCCATubeタイマッサージ・シアター

CCA予習・復習動画がYouTubeでオンラインで視聴できます。
01-05CCAタイマッサージレベル1-5
06CCAジャップセンマッサージ
07CCAハーブボールセラピー

08CCAトークセンマッサージ
09CCAフットリフレクソロジー
10CCAルーシーダットン
11CCAタイオイルマッサージ
12CCAホットストーンマッサージ
13CCAおなかダイレクソロジー
14CCAベビーマッサージ

15-17CCAホームマッサージ
 

CCAタイマッサージ理論の本の更新バージョンがWEBでお読みになれます。

CCA読んでうまくなるタイマッサージ理論のHP