なせ男たちはタイに行きたいのか?

 

シワカ・コマラパさんは、娼婦の子で、ゴミ捨て場に捨てられた孤児です。

そこにマガダ国の王子が通りかかり、部下に「行きてるのか?」と聞くと、「行きています」(シワカ)と答えたので、ファーストネームがシワカとなりました。

王子が養子にしたので、王子に育てられたという意味で、ラストネームは、コマラパとなりました。

マガダ国のシャージャグリハは、男たちが行きたい街です。

美人の娘たちを集めた娼館が有名だったからです。

これはビンビサーラ王の、インバウンド誘致の戦略でした。

それで、各国の貿易商たちが、必ずこの街を通り、国が栄えました。

娼館の美人たちも、王が公募し、選抜しました。

国で一番の美人サラワディーには、当然のごとく、がまんできない男ビンビサーラ王のお手つきとなり、いつか妊娠してしまいます。

男の子の場合は、男系のY遺伝子はゆくゆくやばいですから殺処分される運命です。

それで、ゴミ捨て場に捨てられたのです。

運よく誰かに拾われれば生きる望みがあります。

 

シワカ・コマラパは、その養子の名前故に、王宮で悪ガキにいじめられます。

2500年前からいじめっ子がいました。

ある時、独立心の強いシワカは、家出してタキシラの医学学校に、お手伝い兼学生としてなんとかもぐりこみます。

当時タキシラ(現在パキスタンの地)は、芸術文化が栄え医学も最も発達していいた街でした。

 

タキシラのアートレーヤ学派の医学をまとめた「チャラカ・サンヒター」はインド伝統医学のアーユルヴェイダの医学書です。

タイ伝統医学が、タイユルヴェーダと呼ばれるのは、何もタイの国がゆるユルだかでなく、このように同じ木の枝だからです。

 

シワカの卒業試験は、4日間森に入って、薬草にならない植物を摘んでこいというものでした。

4日後、殻の入れ物を持って帰ってきたシワカは、「薬草にならない植物はありませぬ」といって、14年間の医学課程を、すっ飛び級で、7年で卒業しました。

 

本題がそれましたが、タイは、昔はセックスツーリズムの国でした。

今は豊かになり、セレブをターゲットにした医療ツーリズムを奨励している上品な国なりました。

高級スパもあり、女たちもタイに行きたいです。

 

ただ、世界の男たちは昔のイメージをもとめて集まって来ます。

ニーズのあるところには、必ず供給があります。

そして歓楽街の警察署長のポストは、億という値段で取引されていると聞きます。

短期間で取り返せて黒字になるくらい裏金が入るからです。

2500年前から、いじめっ子はいたし、男たちもこんな感じでした。

これからも永久に変わらないと思います。

 

観てうまくなるCCATubeタイマッサージ・シアター

CCA予習・復習動画がYouTubeでオンラインで視聴できます。
01-05CCAタイマッサージレベル1-5
06CCAジャップセンマッサージ
07CCAハーブボールセラピー

08CCAトークセンマッサージ
09CCAフットリフレクソロジー
10CCAルーシーダットン
11CCAタイオイルマッサージ
12CCAホットストーンマッサージ
13CCAおなかダイレクソロジー
14CCAベビーマッサージ

15-17CCAホームマッサージ
 

CCAタイマッサージ理論の本の更新バージョンがWEBでお読みになれます。

CCA読んでうまくなるタイマッサージ理論のHP