日本の漢方薬で超有名なのは葛根湯があります。

江戸時代には、なんでもかんでも葛根湯を処方する医者がいて、病人の付添いにも暇だろうからと葛根湯を勧めたという。

 

葛根湯は、風邪の引き始めに効き、体温をあげウイルスを殺す作用がある。

自粛でステイ・ホームしている人は、暇とストレスで体が冷えて免疫系がおちてるから、お勧めかもしれません。

 
 

 

漢方薬は、自然界に存在する天然の複数の生薬を、一定の割合で配合されたものです。

生薬は単独で用いるもので、漢方薬は、複数の組み合わせで、副反応がおきないように配慮されています。

 

タイ伝統医学の漢方薬も、いわゆる「泰(タイ)方薬」も同じような感じになります。

泰方薬は、3つの味のに分類されています。

 

①冷たい味の薬は、火の元素の病気に効果があり、夏の季節に良くう使われます。

②熱い味の薬は、風の元素の病気に効果があり、雨の季節に良く使われます。

③まろやかな味の薬は、水の元素の病気に効果があり、冬の季節に良く使われます。

 

 

 

ヤーボラーン(古式薬)というタイの家庭の常備薬です。

昔富山の置き薬というのがあって、行商人が薬を一式置いて、1年くらいで使ったものを精算し、古いものは新しいもの交換してくれる商売があった。

今ネットでも販売している。

 

今だけ、金だけ、自分だけの時代は、薬も、政治家と役人がつるんで儲ける時代。

利権なき薬はなかなか承認されない。

富山の古き良き時代の昭和レトロのパッケージは、なんとなく信頼感がある。

 

 

 

 

観てうまくなるCCATubeタイマッサージ・シアター

CCA予習・復習動画がYouTubeでオンラインで視聴できます。
01-05CCAタイマッサージレベル1-5
06CCAジャップセンマッサージ
07CCAハーブボールセラピー

08CCAトークセンマッサージ
09CCAフットリフレクソロジー
10CCAルーシーダットン
11CCAタイオイルマッサージ
12CCAホットストーンマッサージ
13CCAおなかダイレクソロジー
14CCAベビーマッサージ

15-17CCAホームマッサージ
 

CCAタイマッサージ理論の本の更新バージョンがWEBでお読みになれます。

CCA読んでうまくなるタイマッサージ理論のHP