タイ伝統医学では、四大元素のタート(土水風火)のバランスが崩れると病気になる。

病気としてあらわれる異常(ピカーン)が病気ということになる。

その前の過剰(カムラープ)、減少(ヨーン)の状態は未病だが、未病も治療対象となるのが代替医療の売り。

 

現代意外は、不定愁訴など、検査をしても客観手に所見に表れない未病は、自称患者が騒いでも相手にしない。

と、いうのが代替医療と、現代医学の標準的説明です。

 

実際は、医療業界は病人がたくさんいれば、儲かるというビジネス。

未病を現代医学とて、見逃すはずはない。

 

高血圧症という病名。

これは、本来未病の範疇だと思うが、病名をつけることで病気つくりだして降圧剤を処方する。

高血圧の基準値を、10ポイントさげると、1000万人病人が創出され3000億円儲かる。

2000年まで180だったのが、2008年には130に、そして140以上は降圧剤が処方され、一生お世話になる。

基準値を決めるのは日本高血圧学会。

2013年、製薬会社、学会、大学教授、行政が結託した降圧剤データ改ざん事件が発覚した。

なぜか大学の研究チームには製薬会社の社員がいた。

 

タイ伝統医学の四元素理論は、仏教影響が根本にあるが、ブッダが四元素を解き明したのは、より良き瞑想への理解のためです。

人間の拝金主義という病気は虚構の病を生み出します。

 

 

 

観てうまくなるCCATubeタイマッサージ・シアター

CCA予習・復習動画がYouTubeでオンラインで視聴できます。
01-05CCAタイマッサージレベル1-5
06CCAジャップセンマッサージ
07CCAハーブボールセラピー

08CCAトークセンマッサージ
09CCAフットリフレクソロジー
10CCAルーシーダットン
11CCAタイオイルマッサージ
12CCAホットストーンマッサージ
13CCAおなかダイレクソロジー
14CCAベビーマッサージ

15-17CCAホームマッサージ
 

CCAタイマッサージ理論の本の更新バージョンがWEBでお読みになれます。

CCA読んでうまくなるタイマッサージ理論のHP