キャリコン合格対策講座&キャリコンで食べていく方法!
 多田塾有料会員 キャリアコンサルタント最高峰の教材コンテンツ

多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。

★資格取得から稼げるをワンストップで提供!
▶▶▶ 対人支援のプロを養成する複合型研究施設「Shien.Lab」

  • 04Jun
    • 相談者の悩みに狭く入り込まないように!解決をいったん横に置くの画像

      相談者の悩みに狭く入り込まないように!解決をいったん横に置く

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。数日前にロープレ練習で目の前のクライアントさんの悩みに深く入りすぎて俯瞰的に対応できず堂々巡りになってしまうと言う事案について説明をしました。どうすれば狭い視点に入りすぎずに、立体的にクライアントさんのことを理解できるのかということについては、多田塾ロープレ対策講座や支援ラボ研究員コースで詳細に伝えていますが今日は簡単にそのコツについてお伝えをしたいと思います。まずクライアントさんの主訴や悩みの原因について、もちろん理解することは大事です。その上である程度理解ができたのなら、一旦横におく勇気を持ってください!そもそもその悩みや起こっている出来事について、色々な原因や事象や人間関係が絡まっているはずなんです。クライアントさん自身は、もちろんご自身の取り巻く環境について、しっかり理解できていますが、キャリアコンサルタント側はインテーク面談で初めてクライアントさんの話を聞いているので基本何もわかっていないと心得ましょう!私は何もわかっていないから丁寧に教えてくださいね、という心構えが絶対的に必要です。ここを忘れないでくださいね。まずクライアントさんに興味を持って、クライアントさんのこれまでの仕事内容や考え方の癖や大事にしている価値観など、じっくり聞かしてもらいましょう。そうなると自ずと色々な角度からの質問も思いつくのではないでしょうか。もちろん闇雲に質問をぶつけてしまうと、質問攻めになってしまう恐れがあるので、常に伝え返しなどを使いながら焦らずに進めていきましょう。あと、どんな視点で質問を繰り出していけば効果的に進められるのか。このあたりも重要なポイントになってくるかと思います。ロープレが上手な方は、自然な流れの中で話を切り替えることができます。一方、ロープレが苦手な方は、一番寄り添ってもらいたいタイミングで、急に自分が聞きたいことを聞いてしまったり...ロープレを進めていく上では、相談者の主訴を理解して、それを軸にしながら少し道を外れては、すぐにそのど真ん中の道に戻ってくる。そんなイメージを持ってもらって進めてもらえればと思います。明日のラジオ20:30-21:00では、この辺りについてもう少しだけ補足もしてみようと思います!https://youtu.be/RWZrWNZsRmo第3回 キャリコン合格ラジオ聞き逃した方はアーカイブで視聴くださいね!(毎週金曜日20:30-21:00)↓↓↓ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 03Jun
    • 【メモ魔になる!】アップルウオッチ購入してみたの画像

      【メモ魔になる!】アップルウオッチ購入してみた

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。以前よりウォーキングをしている時にちょっとしたアイデアや気づきがあったことをメモしたいなと思っていたのですが、なかなか歩きながらだと難しくて忘れてしまうことも多くありました...これまでに小さなメモ帳を持ち歩いてその都度書いてみたりもしたのですが上手くいかず続けることはできませんでしたwそんな中偶然Apple Watch でメモを取れることを知ってこれなら歩きながら時計に向かってボイスメモを吹き込めるではないかと...しかも吹き込んだものがAI で文字起こしをしてくれるという私が求めていたことができそうだったので思い切ってアップルウォッチを購入!!!AppleWatch Series3(GPSモデル)- 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンドAmazon(アマゾン)25,060円(私が買ったのは、38mmの方です)早速Apple Watch の基本設定をネット記事を参考にしながら完了!Apple Watch でメモを取るためにはメモのアプリをダウンロードしてそれをアップルウォッチに表示させる必要があります。最初の基本設定からはちょっとだけ変更をしなければいけないのでそこだけ少し戸惑いましたwメモアプリとして私はひとまずドラフツ(Drafts)というアプリを利用することにしました。まだ今日から使って行くのでどれぐらい続くかどうかわかりません 笑時計機能、健康管理とかではなくただ、メモしたい!という欲求から購入してみたのですが、なんとか使いこなしていきたいですね^^第3回 キャリコン合格ラジオ聞き逃した方はアーカイブで視聴くださいね!(毎週金曜日20:30-21:00)↓↓↓ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 02Jun
    • 堂々めぐりになる時にどんな質問をすればいいのか?の画像

      堂々めぐりになる時にどんな質問をすればいいのか?

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。今日は、下記のような質問があったので、回答したいと思います。(特定されないように少し修正しています) 大雑把なロープレ逐語です。 CL:明日からの仕事が不安です CC:もう少し詳しく話して下さい。 CL:数名で仕事を回しています。中堅社員の方1名が9月から産休に伴い、新しい人が入る予定です。ただ、新人にその仕事が全部できないので、自分の負担も増えます。さらに、新しい人教えなければいけないし不安です CC:要約…仕事の量が増える不安と新しい人が来て人間関係との不安とどちらの不安が大きいですか? CL:両方です CC:両方なんですね。では仕事のどういうところが不安ですか? CL:どういうところとは・・・・うーん、全部が不安です。 CC:とにかく不安なんですね。今迄も同じような経験された事ありましたか? CL:似たようなことはあったと思うけど、忘れました。 CC:過去は今程に不安にお感じならなかったんでしょうか? CL:うーん。その時は不安だったかも知れないけど、忘れました。 CC:不安…不安にも色々な不安あると思いますが、どんな感じですか? CL:うーん、わからないですね。 CC:その不安な気持ちをどなたかに相談されましたか? CL:誰にも相談してません。 私への質問は何を質問してもうまく関わることができずに何を質問したらいいのか分からなくなってしまって先生ならどのような質問を投げかけますかということでした。上記の逐語だけでは何とも言えないところあるんですがひとまず一番感じるのは新しい仕事への負担感と新しい人への指導も含めてこれからの仕事に対して不安を感じていることに対してどうにかしなければいけない、何か解決をしていて行かないといけないと思いすぎでそこに執着して進めすぎというのが一番気になるところになります。もっとこれまでの仕事の内容や産休に入られる方との話あるいは一緒に働いてる方や上司との話などいろんなことを聞けるのではないでしょうか。不安というところだけにフォーカスしてどんな不安を感じるかとかこれまでにも同じような不安っていう経験があったかという関わり合いをされておられるのですがもっと広い観点でクライアントさんのことを立体的に理解していくことができれば堂々巡りにならずに進めていけると思います。今回のご質問はどんな質問をすれば堂々巡りにならずに進められるのかということだったんですが正直その前に質問で展開しようというスタイルを少し変えてみるのがいいかもしれません。もっと自由にクライアントさんが喋りやすい雰囲気を作れることがまず大事になってくると思います。逐語のやり取りだけをみてフィードバックするのはなかなか難しいですが参考にしてもらえると嬉しいです!第3回 キャリコン合格ラジオ聞き逃した方はアーカイブで視聴くださいね!(毎週金曜日20:30-21:00)↓↓↓ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 01Jun
    • 気にしすぎ症候群を退治するコツの画像

      気にしすぎ症候群を退治するコツ

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。今日は支援ラボで月一回の研究オンラインセミナーの日でした。今日のテーマは気にしすぎ症候群について。このテーマを話す上で外せないのはアーロン博士提唱の HSP という概念ですね。支援ラボ研究員生に簡易診断も行ったのですが約1/4程度の方がこの H SP タイプに該当していました。一般的にも15%から20%はHSPタイプになるということなのでやや割合は高く出たかなとは思います。そもそもカウンセラーやキャリアコンサルタントを目指す人達は感受性豊かで共感性が高い人が多いので平均的数値より高くなる傾向があるのかもしれませんね・・・今日のセミナーの中では気にし過ぎのメリットデメリットや強み弱みについて話しました。もちろん HSP タイプのメリットもたくさんあるのですがやはり生きていく上でストレスが溜まりやすくどうしても他人の時間や空間の中で生きていく傾向が強くなってしまいます。またマイナス思考に陥りやすく行動が制約されてしまうことが最大のデメリットになってきます。何よりも行動が制約されて挑戦の数が減ってしまい、失敗するという経験値が増えません。そうすると、今後対人支援をする中で言葉に重みが加わらないのは痛いですね。気にしすぎる原因はいろいろあるのですがその中でも一つのことに執着してしまったり完璧主義になってしまったり視野が狭くなってしまって全体を俯瞰的に見れないことが考えられます。まず自分自身がHSPタイプであることを受け止めてうまく自分自身をコントロールしていくことを考えていきましょう!せっかく今を生きているわけですから他人の人生ではなくて自分の人生を歩んで行けるといいですね^^もっと自由に生きる覚悟を持って行きましょうね!もっと詳しく勉強してみたい方はよければShien.Labにご参加くださいね。(研究セミナーの視聴期間は6月末までになっています)第3回 キャリコン合格ラジオ聞き逃した方はアーカイブで視聴くださいね!(毎週金曜日20:30-21:00)↓↓↓ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 31May
    • 支援ラボで「キャリコン相談課」を新しく創設!の画像

      支援ラボで「キャリコン相談課」を新しく創設!

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。今日は以前より構想はあったけどなかなか形にすることができなかったキャリアコンサルタントがしっかりと実践に即した経験値を積める場の提供について試験運用段階になりますが新しく創設することができました!その名は「キャリコン相談課」になります。せっかくキャリアコンサルタントの資格を取っても実際に仕事につなげていくためには何個か乗り越えなければいけないことがあります。その一つが実際の悩み相談に対して経験が少なくて不安になってしまうということです。もう一つが未経験っていうレッテルをいかに外せるのかということです。私は単にキャリコンが集まってロープレ練習を積めばいいというような方法を取りたくなかったのでずっと悩んでいたのですが、ひとまず上記二つの問題についてこんな形で運用していけばある程度解決できるのではないかといったアイデア思い浮かんだので複合型研究施設支援ラボで今月からやってみることにしました!いつもお伝えしているのですが対人支援の世界でスキルを身につけていくためにはコツコツと自己研鑽を継続的に積んでいく必要性があります。無理をして続けていくっていうのは結局続けられないんですね。それは運営者側も同じです。提供する側の私が潰れてしまっては続けられません。今回提案したものについては私の負担もそれほどないですし続けていけるのではと思っています。もちろん問題がないわけではないのでそこは参加してもらった人の声なども取り入れながらより良いものを作っていけるように頑張っていこうと思います!Shien.Lab研究員生の皆さまはメールをご確認くださいね!第3回 キャリコン合格ラジオ聞き逃した方はアーカイブで視聴くださいね!(毎週金曜日20:30-21:00)↓↓↓ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 30May
    • ブログ連続300日達成は!継続するコツは?の画像

      ブログ連続300日達成は!継続するコツは?

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。アメブロで毎日ブログを更新し出してちゃんと日数を数えてみたら303日連続更新を達成していました!!!私は継続してコツコツ積み上げることが比較的得意な方なのですが「どうしてコツコツと積み上げることができるのか」と質問をもらうことも多いです今日は少しだけ私が継続する時に大事にしていることを三つに絞ってお伝えをして行こうと思います^^まず一つ目に大事なことは無理をせず続けていけるかどうかを考えて分量や時間を確保できるかどうかについてしっかりとイメージができるところまで落とし込むことが重要になると思っています。やり出した時に続けられそうかなと思えるレベルじゃないと初期段階でつまずいてしまうことが多いです最初は比較的余裕を持って無理のない範囲で質よりも続けることを意識することが大事になってきますね続いて二つ目はしんどいときややる気が起こらない時にでも最低限何をしなければいけないのかっていうことを最初に決めてしまってちょっとでも少しでも前に進んでいけるように工夫をしておくことですね。毎日継続をするという時に必ずやる気が起こらない日や忙しい時が来ることは想定をしておかなければいけません。最小時間で継続できる方法をある程度最初から考えておきましょう!そして最後に三つ目になるんですが何のために継続するのかという目的を考えることも大事になるんですがあまり深く考えなくてもひとまずは毎日続けていくという意思を固めてしまうということが大事になってきます!続けると決めてしまえば例外はありませんので毎日少しだけ時間を取って続けていくことが可能になります。異常、継続的に続けることにチャレンジしてみてくださいね^^昨日、キャリコン合格ラジオ聞き逃した方はアーカイブで視聴くださいね!(毎週金曜日20:30-21:00)↓↓↓ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 29May
    • 【面接ロープレ試験で落ちる人】まずは試験の特徴を再度考えてみてくださいの画像

      【面接ロープレ試験で落ちる人】まずは試験の特徴を再度考えてみてください

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。今日はキャリコン合格ラジオの日でした!さきほど、ラジオで話をしたのですが、面接ロープレで安定的にこなせない人は試験の特徴を再考してみてくださいね。国家資格キャリコンの場合は事例内容が決まっていないことCL役は自分の体験ではないことCL役がわかりやすく話してくれるかどうかなど、何個か注意をしておかなければいけない事項があります。受験生としては、どんな場合でも合格したいわけで合格するためにはどんな状況でも安定的にロープレをこなせるスキルが必要なわけです。では、その安定的にこなすために絶対的に必要となるスキルとは何が必要になるのでしょうか。私は、いつも狭義の伝え返し(オウム返し)広義の伝え返し(言い換え)マの取り方オープンクエッションの技術の重要性をお伝えしています。これがしっかりとできなければCLさんに左右されてしまいます。10回ロープレをやって8回うまくいく人と10回ロープレをやって3回上手くいく人では前者の人のほうが本番で合格できる可能性は高くなりますよね。そのためにもしっかりと基本の型を身につけていきましょうね!まだお聴きでない方はキャリコン合格ラジオアーカイブで視聴くださいね!↓↓↓https://youtu.be/TKBjE-OMT4sロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 28May
    • 【学科テキスト、問題集最新版】能力開発基本調査 反映中の画像

      【学科テキスト、問題集最新版】能力開発基本調査 反映中

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。今日は、TADAJUKUの学科集中コース、Shien.Lab研究員コースをお申込みの方で15回受験をされる方にご連絡です。ようやく昨日、令和元年版 能力開発基本調査が公表されました。それを踏まえて現在、テキスト、問題集の改定作業を行っております。テキスト、問題集をお待ちの皆さま、予定通り6月5日までには順次発送していきますね。もう少々お待ちください。すでにテキストをお持ちの方は6月初旬に会員制サイトにおいて改定部分のPDFをアップいたしますね。ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 27May
    • 【JCDA特有の口頭試問】資格をどのように活かしていきたいですか?の画像

      【JCDA特有の口頭試問】資格をどのように活かしていきたいですか?

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。今日は、こえのブログはやめてYouTubeの限定公開音声とhttps://youtu.be/2aQllDrW-VI書き起こしです。どちらかお好きなほうでどうぞ。はいでは今日は口頭試問の続きでjcda特有の口頭試問について話をして行こうと思います口頭試問においては代表的な質問としてできたことできなかった何ですか主訴について答えてくださいキャリアコンサルタントから見たクライアントさんの問題点は何ですか今後どのような支援をしていきたいでしょうかと言ったような代表的な質問がありますねJCDAの場合はこれ以外にも例えばどんな気持ちでクライアントさんは帰られたと思いますかとかこれからどんな自己探索の質問をしていきたいでしょうかと言ったような質問もされますこのような追加の質問もあるんですが今日はそれとは別に、一番最後に全員に聞かれるんですが「資格取得後にどのようにこの資格を活かしていきたいでしょうか」っていうような質問をされますこの質問自体がどれぐらい評価に影響を及ぼしているのか、どれぐらい点数が考慮されているのかっていうのは正直わかりません。もしかしたら全く試験の評価とは関係のないところでこの質問をされているかもしれないということですね受験生の話を聞いていると本試験とかでも「これで終了しますね」って言われてから最後に質問をしますねっていう形で「資格取得後にどのように活かしていきたいでしょうか」を聞かれたというようなお話も聞いたりしてしますそもそも評価項目のところには主訴、問題把握傾聴展開この三つが上がってて資格取得後どのように活かしていきたいのかっていうのは評価項目の中に入っていません合否結果ハガキの方にはこの項目はありますのでJCDAとすると何かしらこの質問をして確かめたいことがあるというのは確実なんですねでは何のためにこの質問をしているのかということになるんですが、JCDAとすればぜひ資格を活かしてもらいたい社会のために使ってほしい自己成長に繋がるようにこの資格を活用して欲しいっていう思いは当然あると思いますその時にやってはいけないことはあまりにも自己中心的な活用法にならないようにということです熱い思いを語るのは別に構わないんですけど社会のためとか誰かのためにっていうのが根底にあるはずなんですよね。その辺りちょっと期待して聞きたいのではないでしょうか。例えばですね職場とかで養成学校で学んだ経験代謝がとても自分の学びになったのでそういうことを周りにもしっかりと認知をしてもらえるような関わり合いをしていきたいです養成講座でもう本当に傾聴の奥深さっていうところに気づけたので合格後の研修の場でさらに自己研鑽を積んでいきたいと思いますとか答えられるとううですね。自分のその夢ばっかり語らずに養成講座で学んだ事とかあと周り認知活動みたいなものも含めて長くなりすぎないように30秒から45秒ぐらいで答えてみたらいいかなと思いますロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 26May
    • 口頭試問 今後どのような支援をしていきたいか?答え方ヒントの画像

      口頭試問 今後どのような支援をしていきたいか?答え方ヒント

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>皆さんこんにちは!株式会社多田塾の多田健次です^^では、今日もこえのブログと書き起こしお好きな方で。今日も口頭試問の続きで今後どのように支援をしていきたいのか、今後どのように方策、提案をしていきたいでしょうかというような質問に対してどのように答えていけばいいのかそのヒントをお伝えしていこうと思いますまずは皆さん自身が傾聴スタイルを本当に大事にしていきたいかどうか。ここを自問自答してください!対人支援の世界にはいろんな進め方があります。いろんなスタイルがあるということですね。ただ、国家資格キャリアコンサルタント試験の場合はインテーク面談ですし、基本的には寄り添っていくスタイル、相手の価値観や考えを尊重して進めていくスタイルで口頭試問も答えていくのが一番無難かなとは思ってます。それを前提にして、どのように今後進めていきたいのかということについてですが、無理な方策提案になっていないのかどうか自分の考えを押し付けてしまっていないのかどうかということについて注意をしてもらいたいと思います。さらに、ロールプレイングの中でクライアントさんとどんな目標を共有をしたのか、、、ロールプレイングの中でどこまで進められてるのかはその事例によって様々だと思いますが、どちらにしても今後どのように支援をしていきたいのかという答えを考える時にどんな目標共有をしていきたいのかっていうのがありきだと思います今後どんな支援をしていきたいか、それは決まったものはないので、覚えてきたことをかっこよく並べても意味がありません。一番支援していきたい事って結局何なんですか?一番支援が必要なことって何なんですか?ここを念頭にして、キャリアコンサルタントから見たクライアントさんの問題点を踏まえて、もしそれが例えばジョブカードを使って自己理解につなげていく支援をしたいとか、棚卸しをしてもらった方がいいということであればそれを丁寧に答えていくということになると思いますね。最終的にはそれによってクライエントの主体性というものを向上していく支援をしたいとか、前向きな行動に繋がるような支援をしたいとか、自己効力感アップに繋がるような支援をしたいとか、後悔のない選択決断を支援したいのかといったような、最終的に締めくくりの言葉もしっかり考えて答えてみてくださいね!以上になりますお疲れ様でした!ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 25May
    • 口頭試問 キャリアコンサルタントからみたクライエントの問題点指摘の画像

      口頭試問 キャリアコンサルタントからみたクライエントの問題点指摘

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>皆さんこんにちは!株式会社多田塾の多田健次です今日もこえのブログと書き起こし、お好きな方でどうぞ^^今日は口頭試問の続きでキャリアコンサルタントから見たクライアントさんの問題点についてどのように答えるのが一番いいのか。コツをお伝えしたいと思います!まず大事なことはなぜクライアントさんは苦しんでるのかなぜモヤモヤ行動できないのかということについて、キャリアコンサルタント自身が批判的な目でロールプレイングをすすめてしまっていると、そういうことが口頭試問でもつい出てしまうということです。クライアントさん自身いろいろ取り組んできたはずだし、頑張ってきたことや、考えてきたことがあるはずです!これをまずは肯定的に捉えて進められていることが大事になりますねそうしないと単なる悪口になってしまったり意味のない欠点指摘になってしまう可能性があるということです決して口頭試問において、粗探しにならないように注意をしてくださいねその上でキャリアコンサルタントとしてプロの視点として感じたことを素直に丁寧に試験官に伝えていきましょう基本的には論述試験で練習を積んできた通りクライアントさんの○○という発言から自己理解不足があると感じましたとか、こうこうこういうようなことをおっしゃっていたので仕事理解不足があると感じましたとか、しっかりとクライアントさんの発言を汲み取って具体的に伝えることが重要になるということです論述試験より具体的に伝えることができるはずです。論述試験の場合は回答量が限られているので、キーワードを中心にコンパクトにまとめる必要性がありますが、面接試験の場合においては例えば30秒ずつ二つのことを答えるにしても割と長く答えることができると思いますたくさんのことを列挙して羅列する必要性はないので二つぐらいに絞りながら、答えていけば十分ですねでは今日はキャリアコンサルタントから見たクライアントさんの問題点の答え方を解説しました。決して批判的な態度で悪口のようにならないように注意してくださいね!お疲れ様でした^^ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 24May
    • キャリコン口頭試問で主訴の答え方、コツについての画像

      キャリコン口頭試問で主訴の答え方、コツについて

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>皆さんこんにちは!株式会社多田塾の多田健次です。こえのブログか書き起こしお好きな方でどうぞ^^今日は口頭試問で主訴についてどのように答えればいいのかについて説明をしていこうと思います主訴について答えてくださいとか、最も伝えたかったことは何ですか、あるいはクライアントさんの問題点は何ですかとか聞かれる場合もあるんですがどれも同じだと認識してください国家資格キャリアコンサルタント試験においては最も重要性の高い口頭試問のひとつだと考えられますね結論としては、最初の5分以内でクライアントさんの話した内容を大切にしながらしっかりとまとめ上げて伝えていくという作業が必要かなというふうに考えてます出だし5分については、どんな出来事があって、いつぐらいからなこんなことで悩んでいるのか、気持ち感情も踏まえながらクラントさんが話してくれる可能性が非常に高いということになります本当に何を相談にしに来たのかということを最初の5分でしっかりと捉えられているはずだということになるんですねですから、まずは5分の内容を口頭試問の中で答えられる訓練を積んでもらえればと思いますさらに、5分以降で新たに話が出てきたり、クライエントの考え方とか大事にしていること、色んな葛藤、何度も出てくるキーワードとかそういうのもしっかりと聞き取れてると思うのでうまく要約しながら全体的に1分ぐらいで答えられるようにすればいいかなと思いますねあまりにも淡白について答えてしまう方がおられるんですが、それにもったいないです主訴を分かってないというふうに評価されてしまう可能性もあるということですね逆にダラダラと答えてしまうのも非常に悪印象になってしまうので、できればトータルで1分程度ぐらいで、わかりやすく伝えられる訓練をしてみてくださいでは、これで終わりたいと思いますお疲れ様でした!ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 23May
    • 口頭試問の出来たこと、出来なかったことの答え方ヒントの画像

      口頭試問の出来たこと、出来なかったことの答え方ヒント

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>はい、皆さんこんばんは!株式会社多田塾の多田健次です^^では、今日もこえのブログと書き起こしお好きな方で。今日は口頭試問でできたことできなかったことについての答え方をポイントについてお伝えしようと思いますまずできたことになるんですが、基本的に無難な答え方としては傾聴スキルのことを答える人がほとんどだと思いますただ、すべてを準備してきたもので答えるのはやめましょう。これは NG です。抽象的な答えだけを準備してそのまま答えると悪印象になってしまうので注意してくださいね。例えばクライアントの発言をしっかり受け止めて丁寧に寄り添いましたとか感情を聞き出せたので良かったと思いますみたいなことを最初から準備してそれを口頭試問でそのまま答える方は多いんですが、それをすると振り返りの意味がなくなってしまいます。ですからしっかりと上司の考え方が古いという発言をされてたことについて寄り添うことができましたとか、仕事において辛いしんどいという気持ちを何度も語ってもらって、そこについて寄り添うことができましたみたいな感じでそのロールプレイング固有の内容についてしっかりと傾聴スキルを使って対応できた旨を答えましょう次にできなかったことについては、わかりずらい質問しましたとか、気付きにつながる質問ができませんでしたとかいうの多いんですが、これもまあ先ほどと一緒なんですね。あまりにも抽象的に準備してきたものをそのまま口頭試問で答えるって言うのは評価が悪くなってしまいますから、より具体的に○○という質問したけどわかりづらくて聞き返されてしまった場面がありましたとか、より具体的にロープレの中でできなかったことを答えてくださいね!例えば何度も営業が向いてないってお話をお聞きはできたけど、その向いていないということに対して何かクライアントさんに気づきを与えられるような関わりができなかったと思いますみたいな、より具体的にしっかりできなかったことについて、次につなげられる形として答えられるように練習を積んでもらえればなと思いますではこれで終わりたいと思います!ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 22May
    • 口頭試問でコレだけは外してはいけない1つのことの画像

      口頭試問でコレだけは外してはいけない1つのこと

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>皆さんこんばんは。株式会社多田塾の多田健次です!今日もこえのブログと書き起こしのお好きなほうで^^では今日は口頭試問でこれだけは外してはいけない一つのことについて話をして行こうと思います結論なんですが、ロールプレイングの内容についてありのまま振り返ることができてるかどうかということを、口頭試問では評価されているというふうに考えたほうがいいと思います。その理由は、そもそもキャリアコンサルタント試験で一番重要なことはロールプレイングがしっかりと出来ているかどうかに尽きるわけです!それでもロープレ終了後に5分で口頭試問をやるということは、ロールプレイングの内容をそのままちゃんと振り返ることができる能力があるのかどうかということを見られているということになるんですね。これがなぜ重要なのかというと対人支援は常に自己研鑽をしていかないといけないということになるので、自己研鑽をしていくためには、今ロールプレイングをやったことに対してもっとこんな風にできればクライアントさんのためになったんではないかというようなこと考える力がいるということですね。例えば、何かロープレで同じ話をぐるぐるとしてしまった。仕事の進め方について不満をおっしゃってたんですけど、その不満話ばかりをただただ聞いてしまいました。もっと仕事の進め方などについてその奥にあるクライアントさんが大事にしていることや仕事観とか価値観とか、そういうところに関わることができればもっと気づきに繋がっていたのかもしれないなということをその場で振り返ることができれば今後の支援の糧になりますよね。でも、その場でその事例に応じて臨機応変に答えないといけない、全部ゼロベースから答えるって言うのは難しいですよね。なので、ある程度は、どういうところに自分が振り返りのポイントを持ってこないといけないのかっていうことを準備をしておくことも必要なんじゃないかと思います今日は口頭試問で一番重要なことはありのまま振り返ることができるかどうか。口頭試問で振り返るポイントみたいなところを自分なりに準備の方もしておくことでうまく対応できるのではないかなと思いますお疲れ様でした!ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 21May
    • 一人でロープレ練習をする時に意識すべき3つのことの画像

      一人でロープレ練習をする時に意識すべき3つのこと

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>はい、皆さんこんにちは、株式会社多田塾の多田健次です!今日も「こえのブログ」と書き起こしで投稿しますね^^好きな方でご確認くださいね。では今日は一人でロープレ練習をする時に意識するべき3つのことについて簡潔にお伝えしようと思います一つ目が相手の話をじっくりゆっくり受容するイメージを意識することが大事になります二つ目は主訴、悩んでる原因についてじっくり理解していこうと意識できているかどうか。3つ目についてはいろいろな事例に対して重要な登場人物を意識して関わることができているかどうか。これを意識してできるかどうかになります。そしたらですね、一つ目についてなんですが相手の話を本当にじっくりとゆっくり急ぎすぎずに自分の価値観とかはひとまず横に置いて、相手が何を話そうとしているのかっていうのをゆっくり聞いてあげようというイメージを一人で意識して練習をしてくださいこれまでにそういう練習会とか勉強会とかに行かれて録音されたものがある場合は、もう一度本当に自分自身急ぎすぎてないのか。相手の話を聞く姿勢になってるのかというのを確かめてください。二つ目の主訴、悩んでいる原因については今日相談に来られた内容っていうのが何を本当に訴えようとしているのか。そこには何か原因があったりきっかけ出来事があったりするということになるので急ぎすぎずにそこを理解をしていくということを心がけましょう。三つ目ですね、どんな事例でもいろんな人が関わることが多いということですね今後支援をしていくときにもその重要な登場人物っていうのを関わらせて話をしていくことが多くなりますそのような登場人物っていうのをしっかりとそのロールプレイング中にタイミングよく聴きだせているのかどうかというあたりが重要になってきますぜひ、一人でロールプレイングの練習をする時にこの三つを意識して練習を積んでみてくださいね!お疲れ様でしたロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 20May
    • 声で3分ブログ に初挑戦!難易度高いですね 笑の画像

      声で3分ブログ に初挑戦!難易度高いですね 笑

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>(声でブログ執筆ということで下記はすべて書き起こしです!)皆さんこんにちは株式会社多田塾の多田健次です昨日は第2回ゆるっと対人支援の感度アップラジオの視聴してもらった方ありがとうございました第1回につきましては現時点で600回以上の視聴がありまして本当にありがたいなと思ってます昨日のぶんにつきましては現時点で120回ぐらい視聴してもらってます回数とかにあんまりこだわりすぎても仕方がないので自分なりに今後ですねゆっくりと何かしらクスッと笑ってもらえるような少しだけお役に立てるような内容をゆるりゆるりとまあ週一回ペースで進んでいけたらいいなと思ってます金曜日にはキャリコン合格ラジオということで第15回キャリアコンサルタント受験11月に受験される方に向けてお役に立てるような内容を伝えていければなと思ってます今日はアメーバブログの方で昨年あたりに多分登場したと思うんですが声でブログというようなツールの方がありまして、今まで挑戦したことはなかったんですがせっかくラジオもやりはじめましたし声で何かしら伝えていければなと。自分なりにブログで書くという作業も好きなんですが声で何か内容を伝えていけるような訓練もしていけたらいいなと思って挑戦しています実はこれで撮り直しが5回目ぐらいになるんですが収録時間が3分あるんですねあと1分ぐらいですねあるんです 笑自分の中で音声ブログというものにチャレンジしてもしうまくいけばブログの方をライティングだけじゃなくて音声で今後何かしら伝えていけるような、そんな挑戦をしていければいいなと思ってます実はメールの方も音声で文章を作成している方もたくさんおられて、私自身はこれまでも早く打てるように訓練はしてきたんですが、声でしっかりと伝えていけるということになればちょっとね脳トレにもなるかなと思って挑戦をして行こうかなと。まず初回にこれで終わりたいと思いますありがとうございました!ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 19May
    • 【14回】キャリアコンサルタント試験論述試験解説作成で感じたことの画像

      【14回】キャリアコンサルタント試験論述試験解説作成で感じたこと

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。昨日、第14回キャリアコンサルタント論述試験の解説動画の作成に当たり受験者のかたの答案を分析していました。40点以上の高得点者と30点近辺の方の答案とどこで差が発生しているのかどうか。正直言うとぼんやりと見ているだけではどこが点数差の原因になっているのかはわかりません。ただ、細かく見ていくと点数が伸びない方はまずはキーワードの入れ方が雑だということです。おそらく試験勉強をするときに何となくキーワードを入れておけばOKという感じになっているとキーワードを使う場所、根拠との連動性など今一歩になってしまうんですよね。普段の勉強時から、単なるキーワードを羅列というスタンスからしっかりと文章の連動性を意識して使えるようにしておくことを心がけるようにしましょう!それと、説得ある文章になっているかどうか。ここは文章力の問題になってしまうのですが、文章があまり上手じゃないのに文章量が少なく淡泊になってしまうと点数を落とすことになります。なので、文章力に自信がない人ほど、一文は長くなりすぎないことを意識しながらも、根拠をしっかりと示していけるように訓練してくださいね!優秀答案を分析すれば書き方は必ず身につきますので、不安な方、絶対に合格したい方はプラス5点アップを目指してTADAJUKUの有料会員も利用してみてくださいね!多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 18May
    • 【ステップアップ】国キャリから2級合格までの価値の画像

      【ステップアップ】国キャリから2級合格までの価値

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。多田塾はキャリコン試験サポートをスタートしてから7年ほどの年月がたっているのですが、長くご縁を持たせてもらっている方もたくさんいます。国家資格キャリコンに合格後も(もしくはその前の民間資格)Shien.Labでコツコツと自己研鑽を積まれたり、2級対策講座に参加してくださったり、確実にステップアップされている姿を拝見するごとに私も刺激をもらっています!対人支援の仕事にど真ん中で関わることができなくても腐らずそのチャンスを待つ。自分ができることをコツコツ積み上げること。JCDA受験から足かけ5年近く費やしてキャリコン2級に合格された方の2級合格体験記が届きました!こちら↓https://nowjob.jp/2kyu-rp/この方は、地方在住なので練習環境はそんなに恵まれておりません。それでも、自分を高めていきたいという想いを忘れずに、難関の2級に合格されたことは本当に素晴らしいですね!長い年月をかけて(受験は2回で合格)ステップアップされて掴んだ合格の価値はもの凄く大きいと思います。対人支援のチカラを身につけるためにはコツコツ継続学習しかありません。日々、感度アップにつなげていきましょうね!ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 17May
    • 【サムネイル製作】不得手だけど楽しい × ビジネス視点の画像

      【サムネイル製作】不得手だけど楽しい × ビジネス視点

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。今日は、お昼間にずっとサムネイル製作に凝っていました(笑)私デザインセンスはゼロなんですが、なんとなく人気ユーチューバーのサムネイルを見よう見まねで慣れない画像編集ソフトを使いながら作成してみました!これです~ ↓↓↓5月12日放送分のサムネイルです!なんとなく、ユーチューバーっぽくできたと思いませんか(笑)ある程度の型みたいなものができればあとは少しづつ変化をつければ使いまわしはできそうかなと^^本当はデザイン、クリエイティブなことは苦手なんですが、割と作品を作るのは好きだったりするんですよね。思うようにできないとイライラしますが。不得手だけど楽しいことに時間を費やすかどうか。誰かに頼んだうがいいのかどうか。私はこの判断としてビジネススキルとして今後も重要性が高いと思った場合は時間がかかっても習得できるようにひとまずは頑張ってみることにしています。今回のサムネイル作成は今後も必要になってくると思ったので、ちょっと時間かけて練習しました!少しでも多田塾のことを知ってもらえるように出来ることをやっていこうと思います^^ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

  • 16May
    • 【メール対応力】文面からどれくらい読み取れるかの画像

      【メール対応力】文面からどれくらい読み取れるか

      ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!(株)TADAJUKU代表の多田健次(@tadajuku)です。今日はお昼からずっとメールカウンセリングの本質や注意点について、Shien.Labコンテンツを作成していました!(研究員生の皆さま、明日配信しますね)かなり前になるのですが、Shien.Labでメール相談への返答について課題を出したものを見返してみたのですが、相談に向き合えていないものが沢山ありました。メール返信について、ほとんどの方はとても丁寧な言葉づかいで一般的な配慮は普通にできると思います。ただ、相談者が最も反応して欲しいことや、答えが欲しいところにまったく触れられていない返信になってしまう可能性があります。その原因はなにか?まずは、メール本文から相談者が訴えていることを読み取る能力が不足していること、文字で対応することに対して慣れていないこと、などが考えられます。リアル面談では一瞬でそういうことをやっていかなければいけませんがメール対応の場合は落ちついて読み込めば寄り添いながら返答することはそんなに難しくないはずです。あとは時間との戦いですね・・・時間をかければ共感受容力の高い文章が作れるかもしれませんが1つのメールにそこまで時間をかけることができませんので。ロープレをやるような感覚で一瞬で文字を変換していく力をメールでも養っていきましょうね!ロープレ対策講座を検討されたい方は11月に向けてTADAJUKUのまずは優先案内の登録をしておいてもらえればと思います!◆15回ロープレ対策講座詳細+優先案内情報はこちらhttps://e-4clover.com/shikentaisakukouza39/◆第14回学科過去問徹底解説はこちら↓→ 国家資格キャリアコンサルタント 第14回 学科試験過去問の解説(目次) TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!