南イタリア、プーリアに行きたい人に見てほしいブログ

南イタリア、プーリアに行きたい人に見てほしいブログ

世界遺産のアルベロベッロとマテーラの間の小さな町で、B&B(ベッドアンドブレックファスト)をしています。
プーリア州とバジリカータ州の観光情報を書いていきたいと思います。
写真は、崖の上に立つ、カステッラネータの町です。

だれでもできる、南イタリアで個人旅行。日本人経営の宿に泊まれば、大丈夫。

私のB&B レオの家に泊まってみようかなと思ったら、読んでいただきたい記事は、まず、「B&Bレオの家に泊まると、こんなにお得 」。
それから、「レオの家に滞在して、プーリア満喫の旅お勧めプラン 」です。

しっかり、サポートいたします。


プーリア州とバジリカータ州の町の記事を、それぞれの町ごとに書いています。気になる町のテーマから、入ってみてくださいね。プーリアのお勧めの町をまとめた記事は、こちら

昨日の夜、旅行ガイドの人から連絡を受け、峡谷トレッキングツアーに参加してみました。

 

我が町、カステッラネータには、グラヴィーナと呼ばれる峡谷がいくつかあります。

その中の、一番大きい、グラヴィーナ・ディ・カステッラネータと、その隣の小さなグラヴィーナを回る、7キロ、3時間のコース。

 

この時期は、昼間はとても暑くて、歩けないので、開始時間が、午後7時でした。

 

集合場所の教会前から、少し、普通の道を歩いた後、グラヴィーナに向かう小道を行くとすぐ、

 

 

雄大なグラヴィーナに出会えます。

 

 

こんな道を歩いていきます。

 

 

ガイドさんが二人いて、一番前と、一番後ろで、見守ってくれます。

 

 

 

向こうに小さく見える、橋の下まで行きます。

 

 

ほんの少し降りて、

 

 

洞窟住居のあった場所を通ります。

 

崖の上の方に、そういう洞窟があったんですね。

 

 

ちょっと薄気味悪いですが。

 

 

 

振り返って、カステッラネータの町を望みます。

 

このあたりまでなら、私は、B&Bのお客さんを、希望があれば、無料でお連れしています。ただし、2泊以上の方。

 

 

さらにこんな道を歩いて、橋のほうまで。

 

 

手前が、現在も使われている鉄橋、後ろの橋は、昔の鉄橋で、現在は、隣町とつなぐ、サイクリングロードのような遊歩道になっています。

 

 

橋の上に来ました。

 

 

橋の上から、右下を見る。

今から、この下に行きます。

 

 

左側を見ると、鉄橋の間に、カステッラネータの町が見えます。

 

橋を渡って、少し行くと、下に降りる道があります。

 

 

カステッラネータの町が望めます。

 

道はあまりよくないので、トレッキングシューズがお勧めです。

また、長ズボンを履くのも推奨されています。

 

 

橋の下まで来ました。

ちょうど、月がきれいに見えました。

 

崖の上から下までは、120メートルの差があります。

 

下に降りたら、岩場で、少し休憩。

ガイドさんが、ワインと、タラッリを用意していてくれました。

 

私は、ワインなんか飲んだら、あとがつらいと思って、いただきませんでしたが、結構、みんな、飲んでましたね。

 

 

下から、崖を望む。

 

休んでいるうち、本格的に暗くなってきました。

懐中電灯を点けました。

ちゃんと、頭に着けるライトを持ってきた人も多かったです。

私は、そんなのないから、普通の懐中電灯です。

スマホのライトを使っている人もいました。

 

反対側の崖を上っていきます。

 

 

全然、まともな写真は撮れませんでした。

 

草むらのようなところ、林のようなところや、岩場がありました。

 

崖の上に上がり、橋の遊歩道のところを、今度は、反対側に歩いて行って、しばらく歩いた後、畑のようなところを通り、

 

 

古い家の跡を通りました。

中に、十字架が描いてあると言われて、中を覗きました。

 

それから、しばらく、もうひとつのグラヴィーナに沿って、林のような場所を歩きました。

暗くて、どんな感じかわからなくて、こういうのは、大勢で歩くから行けるけど、少人数だと不安だなと思いました。

 

それから、やっと、最後の目的地、

 

 

サンタ・マリア・ディ・コスタンティノポリ教会へ。

 

 

岩を掘った教会で、もともとは、フレスコ画がいっぱいでしたが、現在は、かすかに名残が残る程度。

 

このあと、普通の道を行き、最初の集合場所へ。

 

希望者には、そのあと、パンツェロットとビールが待っていました。

私は、遅いので、遠慮しました。

 

すでに、10時を過ぎていました。

 

夜自然の中を歩くというのは、どういう意味があるのだろうと思いました。スポーツと思えばいいかなと思いました。

そして、大勢で行くから、いいと思いました。

ちなみに、こどもも数名、犬も1匹、参加していました。

最後のあたり、ぐずっている子もいましたけどね。

 

汗びっしょりになりました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

レオの家のホームページは、こちら

 

レオの家に泊まると、こんなにお得

レオの家の無料サービス。

 

この記事もお勧め。

レオの家に泊まって、世界遺産、アルベロベッロとマテーラを効率よく観光する。

レオの家に3泊して、世界遺産満喫の旅

レオの家に滞在して、プーリア満喫の旅、お勧めプラン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

 

 

前の記事に続く。

 

バジリカータ州、マテーラ県、トゥルシの山の上にある、ラバターナ地区。

 

その中でも、上の方に、Palazzo dei Poeti (詩人たちの館とでも、訳しましょうか)というホテルレストランが、あります。

 

1600年ごろ、2階建てになり、1834年に、3階が建てられたお屋敷。

2000年に修復が始まって、2005年に開業。

 

 

入り口には、ガンベロロッソなどのシールがたくさん張られています。

 

中に入ると、数部屋あって、かなり広いです。

 

 

この日は、実は、お客さんがほかにいなくて、ご主人が直接給仕してくださいました。

 

 

食前酒というか、たぶん、アルコールは入っていなかったと思いますが、

 

 

これは、席料に入っていると思われる、お通しのようなもの。

 

それから、前菜は、セットを頼みました。

 

 

6種類。

手前の巾着には、なすのクリームが入ってます。

 

それから、私は、

 

 

イカリングのような形のパスタ。

 

夫は、別のパスタを頼みました。

 

最近、少食なので、そのあとは、デザートへ。

 

 

ゼリーとクリームの上に、フルーツが乗っている感じ。

 

 

ティラミス風、ティラミスドゥ。ピスタチオが使われてます。

 

すべて、おいしくいただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

レオの家のホームページは、こちら

 

レオの家に泊まると、こんなにお得

レオの家の無料サービス。

 

この記事もお勧め。

レオの家に泊まって、世界遺産、アルベロベッロとマテーラを効率よく観光する。

レオの家に3泊して、世界遺産満喫の旅

レオの家に滞在して、プーリア満喫の旅、お勧めプラン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

昨日は、ラバターナ Rabatana という場所に行きました。

バジリカータ州、マテーラ県、トゥルシ Tursi という町の、もとになった古い地区。

 

うちからは、イオニア海に沿って下って、80キロぐらい。

 

 

四方八方が崖になっている場所。

 

正しい行き方ではなかったので(あとで気づきました)、駐車場がなくて、路上駐車しました。

 

 

こんな崖に囲まれています。

 

 

橋を渡って、ラバターナ地区へ。

 

しばらく、ほとんど人が住んでいないような荒れ果てた状態だったようです。

 

 

でも、今は、少し、人が住んでいたり、修復作業が行われていたりします。

 

 

なかなかの坂道。

 

 

 

荒れていても味があったりします。

 

 

 

 

右は、教会。

 

 

 

お昼は、この先のホテルレストランに行こうと思いました。

 

このとき、12時ごろ。

お昼、やっているかどうか、確認して、1時からというので、予約してから、村歩きを続けました。

 

 

 

レストラン前

 

 

当然、このホテルレストランは、しっかり修復されています。

 

どんどん上に上がっていくと、大きな駐車場があり、

 

 

洞穴が見えました。

 

ちなみに、その大きな駐車場に行くには、別に道があったのです。遠回りではありますが。

 

さて、この洞穴、こう見ると、小さいですが、入ってみたら、

 

 

結構大きいというか、中に、廊下のように長くつながっていました。

 

 

 

 

 

とても長い、化石のようなものもありました。

 

どうも、この洞窟は、お城の地下にあったらしいです。

 

洞穴のすぐわきに、階段があって、

 

 

展望台があります。

 

展望台は、お城の塔だったところです。

 

 

すぐ下には、ラバターナ。

教会や、ホテルレストランが見えます。

 

 

 

そして、もちろん、トゥルシの町が見えます。

 

時間があったので、駐車場近くの大きな樹の下のベンチで、少し休みました。

 

それから、1時ちょっと前に、レストランに向かいました。

 

 

途中にあるお店。

 

レストランについては、別に書きます。

 

お昼を食べている間に、なんと、雨が降りました。

レストランを出るときには、やんでいたので、よかったです。

 

 

 

 

車に着いた途端、また、降り出したので、ちょうどいいタイミングでした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

レオの家のホームページは、こちら

 

レオの家に泊まると、こんなにお得

レオの家の無料サービス。

 

この記事もお勧め。

レオの家に泊まって、世界遺産、アルベロベッロとマテーラを効率よく観光する。

レオの家に3泊して、世界遺産満喫の旅

レオの家に滞在して、プーリア満喫の旅、お勧めプラン

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村