ATF交換-日産 セレナ(C25・C26)圧送交換アタッチメントが完成しました | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

CVTのトラブルが非常に多く報告されている日産セレナ。

 

「セレナ AT 不具合」で検索なんぞしようものなら、

C25型だろうがC26型だろうが、どんどん出て来ます。

 

 

セレナのCVTはそれ程に弱く不安定ではありますが、

CVTフルードを交換する事で、トラブル予防をする事が出来ます。

 

 

CVTフルード交換も、出来れば圧送にてしっかりと新油に入れ替える事、そして、フルードクーラーの奥にはもう一つフィルターが存在していますので、バルブボディに装着されているフィルターと合わせて、その両方を交換する事が必要です。

 

 

 

 

 

こちらはC25型セレナです。

 

 

 

 

 

 

CVTフルードを排出。

 

 

 

 

 

 

真っ黒に汚れています!!!

これは酷い!!!

 

 

 

 

 

 

CVTフルードパンを取り外し。

 

 

 

 

 

 

 

バルブボディに装着されているストレーナーもこの通り。

余りにも真っ黒に汚れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄粉吸着用の磁石には、飽和状態レベルの鉄粉が不着。

 

 

 

 

 

 

オイルパンと磁石を綺麗に掃除。

 

 

 

 

 

 

 

バルブボディも綺麗に掃除します。

 

 

 

 

 

 

CVTのフルードクーラーは、左タイヤを取り外した内側にあります。

 

 

 

 

 

 

オイルクーラーを取り外して、専用アタッチメントを接続。

エンジンを始動して圧送交換開始です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れの酷いセレナが多いので、

フルード量は少し多めに交換してあげるといいですね。

 

 

 

新しく完成した、「日産専用アタッチメント」、

そして、専用Oリングも用意しました(通常では手に入りません)。

 

フィルターカートリッジが手に入らない方向けに、

そちらの用意もあります。

 

詳しくはフリークのホームページをご覧下さい → フリーク

 

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

フリークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ