露天の潜水艦修理の秘密漏洩の恐怖をたとえるなら・・・ | キラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)

キラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)

【月夜のぴよこ】自衛隊守る会代表 http://yakamochi.org/
日刊SPA!に隔週土曜連載中。&書道家 小笠原理恵 記事のご依頼よろしく。拡散・シェアはご自由に。
https://www.facebook.com/rieka.ogasawara


テーマ:

 

 

防衛の要・潜水艦の写真が簡単に撮れた…秘密ダダもれの平和ボケ https://nikkan-spa.jp/1481725/

日刊SPA!の連載記事です。

 

これを読んで一部の人たちが、もういくらでも画像は見られているんだし、外観のどこに秘密があるっていうの?

ドック内なんて露天で十分。すでにそれっくらいの秘密なんて漏れているんだからこのままでいいだろう。

たいしたことじゃない。

 

--

という意見があるようです。

 

ドック内が露天で見えることで、潜水艦の機密の何がわかるのかを具体的に話をすると、さっすがに特定秘密情報保護法下の大事な国家機密なのでそんなポイントを説明するとヤバイので、比喩でお話ししますね。


------------

 

このブログを読んでくれている頭のいい直観力の鋭い人にはわかるはずです。

 

-----------

 

-----------

 

こういうことです。

---

 

「あ、潜水艦ドック内作業してた技師だ。よし待伏せしよう」

ボソッ

 

----

これ怖くないですかね? 露天の作業ってそういうことです。

 

 

 

米中もし戦わば 戦争の地政学 [ ピーター・ナヴァロ ] 米中もし戦わば 戦争の地政学 [ ピーター・ナヴァロ ]

2,095円

楽天

 

これをぜひポチってね。↓

 

 

防衛の要・潜水艦の写真が簡単に撮れた…秘密ダダもれの平和ボケ https://nikkan-spa.jp/1481725/

 

小笠原理恵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス