Amo Tokyo!【Tempo Futbol】蹴球ボチボチ日誌

Amo Tokyo!【Tempo Futbol】蹴球ボチボチ日誌

「青赤」FC東京など、Footballを中心に綴っていきます。よろしくお願いします!

 【 C・O・A Football 】


昨年はJ2リーグを優勝で終え、晴れてJ1の舞台に。

さらに、元日コクリツでの天皇杯を制しACLへ・・。

名実共に、飛躍の年に!!


Go forward,FC TOKYO !!


◎東日本大震災にて被災された方々には

 心からお見舞い申し上げます。

 そして、不幸にもなくなられた方々、

 深くお悔やみ申し上げます。

 

 一日も早く復興への道筋が見えるように

 ワタクシも、できる事をやっていく所存です。


 また、福島の原発にて・・

 命がけで職務を遂行されている方々に

 心から敬意を表します。

 職務からの無事のご帰還を祈っております。





比較的近場のアウェイ故に行きたかったけど、大人しくDAZN観戦に。
まぁ他所の試合もチェックしやすいのはあるけどね。

このゲームより一足先にキックオフした、東京U23の八戸でのアウェイゲーム。
スコアレスで折り返したものの、後半の八戸のゴラッソで敗戦した模様。
後半はまた近いうちにチェックせねば👀

さて本題。

サイドハーフに三田選手を先発起用した以外はほぼ不動のスタメン。
2種登録のカシーフ選手が引き続きトップチームに帯同。

反町監督のもとで入念な対策を施してきた松本山雅とのゲームは、想定した通り非常に堅いものに。
ただその中でも、1点取って勝ち切りたかった。
永井選手やディエゴ選手に代わって入る、ジャエウ選手なり田川選手なり、ナサンホ選手は、
やはり得点を期待されてるはず。もちろん頑張ってくれてるんだけど、更なる奮起を待ち望んでる。

そして迫りくるチームが軒並み引き分けたりして、勝ち点を伸ばせなかった状況だからこそ突き放したかった。

けど、そうやって一喜一憂せずに、目の前の相手に対峙して、
そして勝ち点を積み上げてゆく事が大事なのかなとも思います。

日曜だけど現地アルウィンに駆けつけた皆様、お疲れ様でした🙇
ドロちゃんも来てたんだよね、会いたかったな😅
画像は、どこぞのTLから拝借🙏
けど、ガンズさんと座ってるドロちゃんに、和むわ~😊

その後は、なでしこリーグの長野パルセイロvsINAC神戸をYouTubeで👀
そして、ファジアーノ岡山vsジェフ千葉をDAZNで👀

ただ、INAC神戸はご贔屓🦈さんベンチにも居らず😲
長野パルセイロ、三谷沙也加選手のリーグ初ゴールとなる先制点をあげたものの、INAC神戸の逆転勝利。
浦和とベレーザが勝ってるから食らいついていかねばならなかった所を踏みとどまったINAC神戸でした。

そしてファジアーノ岡山のご贔屓さんは帯同してるものの、ゼロゼロの展開故に出番なし。

更にこの後は、F1ロシアグランプリからの、ラ・リーガ⚽1日ほぼDAZN見っぱなしだった😅

おかげさまで、体はかなり休めることができたけど、相変わらずお腹の調子はよくならんなぁ😖
既に公式で結果は報じられてるので、詳細はそちらで。 

■明大戦
寝坊やらかして着いたのは後半開始のタイミング😅
いわゆる主力組のメンバー、ただ一部選手は出番なし。
起用したメンバーをある程度のプレー時間で見たかった模様。
既にスコアは、三田選手の先制ゴールで3-1と動いてたんだけど、結局私が見てる間ではゴールなく終了。

あと、明大は主力が前日試合だったのでいなかったけど、おかにぃこと岡庭君は終盤に交代出場。
試合後にお手洗い行った帰りに声かけできたので良かった😊 
明大さんのブログによれば、蓮川君と安部君も来てたのね🙏

 ■Y.S.C.C横浜戦
こちらはいわゆるJ3メンバーに、トップの控えメンバーを組み合わせた感じ。

Y.S.C.C、ユニのサプライヤーがyoungerって渋い・・・TM用の地味に欲しかった😁

前半のうちに、ナサンホ選手そして田川選手のゴールで突き放すと、
後半も自ら得たPKをインスが仕留め、更に席を外してるうちにもう1点。
終盤のY.S.C.Cの追い上げで押し込まれる時間もありましたが、勝利で終了。

 ■試合後のファンサ
2試合目までがっつり見たので、若手中心に声かけてきました。
丹羽選手とは先日のストーリーでのスタバの話題を。
ユースベリーティーの良さがなかなか選手の間にも広がらないとおっしゃってたので、微力ながら・・

#ユースベリー最高  😄

地元のスタバに寄って、INAC神戸vsノジマステラ神奈川相模原のゲームをYouTubeで👀
更に、J2栃木vs鹿児島のゲームをDAZNにて👀

INAC神戸、ご贔屓🦈さんはスタメンフル出場も、ノジマステラに敗戦。
ホームゲームながら帯広開催、アウェイに近い状況はやりにくかったのかな?

そして栃木SC、平岡翼選手がベンチ入りしてて、見たいなぁと思ってたら、追う展開故に後半途中から出場⚽
鹿児島ユナイテッドでも、ローン移籍中の平川怜選手がこちらもスタメン抜擢されてて、平岡翼選手とのマッチアップが、青赤🔵🔴的には熱かった❗




ちなみに平岡選手は2点目のお膳立ても👍見られて良かった😊
トップチームは鹿島アウェイでの首位決戦でしたが、個人的に遠征手配ができなかったのと
他のカテゴリーと日程が被っていたのもあり、敢えて西が丘行きを選択。

てっきり鹿島に駆けつけるのかな・・と思った石川直宏CCもこっちだったのは驚いたけど。
ビジネススタッフもイベント含めて日程被ってやりくりが大変だったみたいですね☝️

 さて試合。



ルヴァンカップでメンバーに入ったカシーフ選手と岡選手はじめ、この日も多くの2種登録がスタメンに。
プロ選手では前線のふたり、矢島輝一選手と原大智選手。
中盤に内田宅哉選手と品田愛斗選手。サイドバックに中村拓海選手。
最後尾でチームを締める波多野豪選手。

草津では、出番こそなかったけど青赤育ちの岡田翔平選手がベンチに。
そして、首位を走るチームを後押しする為に、ビジター側はもちろん、
バックスタンドの半分やメイン指定も埋める位の多くのファンサポーターが駆けつけた!

日程被って応援するファンも分散してしまったホーム側との対比が鮮明でした。

ただその中でも先制したのは東京🔵🔴
内田選手からのパスを受けスルスルッと攻め上がった中村拓海選手。

スーッと滑るような速いグラウンダーのクロスに飛び込んだ矢島選手が相手と交錯しながらも仕留めた⚽

しかし、さすがは首位のチームである草津。すぐさま同点そして逆転されてしまう。

けど、そのままボコボコにやられてしまう事なく、粘り強く戦い続けた東京🔵🔴 
後半の選手交代が奏功して同点に・・・
復帰戦のユインス選手が原大智選手のパスを受けてドリブルの勢いそのままに撃ち抜いた⚽⚽
実に痛快なゴールでした😊

次の1点をどちらが取るのか食い入るように見届けましたが・・・草津でした。

勝ち越されはしたけど、そのまま押し込まれる事なく戦えていたヤング東京🔵🔴
でしたが、草津にとどめの一撃を食らい終戦。

スコアだけ見ると、首位チームにマルチスコアで敗れたと思われますが、
決してそこだけで判断しないで欲しいです。
この連休、お時間あれば、若者達の頑張りをぜひDAZNで見ていただきたい👀

さて良き試合を見た後なんで久々の出待ち、プロの選手達を中心に声かけ。
試合後にも関わらず、私の感想をじっくり聞いた上で想いを語ってくれた原大智選手と写真と。
そして2種の子では初めてカシーフ選手に声かけ。ルヴァンでの抜擢など慌ただしい9月を労いつつ。

バスを見送り帰路でDAZN起動して鹿島戦をチェック。
開始早々のセットプレーで先制を許したけど、焦れずに試合を進める東京🔵🔴
首位決戦らしく締まったゲーム。

特に後半、いい流れの中で追い付けたら良かったんだけど、追加点は鹿島に。
選手交代を挟んで追い上げを図るも、「鹿島る」という代名詞もあるアントラーズに逃げ切られる格好で終戦。

勝ち点を積んでリードを広げたかったけど、結果的に勝ち点1差まで迫られる事に。
更に3位のマリノスも4差まで近づいてきて、より痺れる状況。
ただ、この未知の領域を駆け抜けていきたいと、改めて思いました。
幸い1週空いて次節は29日の松本山雅とのアウェイゲーム。

代表組がチームに戻って直後の難しさもなく、万全な状況で臨めるので、
また首位らしく勝ち点を積み上げて行きたいですね。

また同時刻にはファジアーノ岡山も岐阜をホームCスタに迎えての一戦。
イヨンジェ選手そして仲間隼斗選手と決めるべき選手が得点して勝利。
終盤戦に向けてチームに勢い付いてきたのが昇格そしてプレーオフに向けて朗報かと。
ご贔屓の椋原選手はこの日もベンチスタートで、81分にゲームを締める役割で出場した模様。
またこの後ゆっくりDAZNでチェックしたいと思います。

そして今日はこれから、なでしこリーグ、INAC神戸vsアルビレックス新潟の中継が始まるので、それを先に見届けたいと思います。

それにしても、先週末からバタバタしてたから、今日ようやくのんびり過ごせてる。
チームも連休で小平グラウンド行かなくて良いのが幸い😅皆様も良い連休を💤
アウェイ吹田を0-1で敗れるも失点は最小限で収めたので、シンプルにホームで勝てばいい状況。
ただラグビーW杯の為に味スタは使用できず、予選時のようにNACK5スタジアム大宮を間借り。



台風の接近もありキックオフを早めるなどの対処をしたので、
時折大粒の雨に晒されたものの無事に試合を終えて帰宅できてホッとしたのは正直な所。

さて試合。
1戦目と同様にカシーフや岡君といった2種登録の若手もメンバーに入れながら、
代表に選手を取られるなかでの最良のメンバーで臨んだ東京🔵🔴 
ディエゴオリヴェイラ選手とジャエウ選手の強力ツートップで、点を取って勝ち抜く姿勢がわかる。

ちなみにこの試合、ボランチのアルトゥール選手も出色の出来で、要所で潰しを効かして
更に前述のふたりのブラジルとのコンビネーションで攻撃にも良いアクセントにつけていた👍

先制は東京🔵🔴。
20分、そのディエゴオリヴェイラ選手が左から切り込んでいって、
ファーのサイドネットに突き刺す痛快なゴール⚽

evenな状況に持ち込めたけど、ただそこで焦れずに戦い続けた東京🔵🔴。

追加点は、後半から途中出場の田川選手❗
得意の裏抜けを活かして左足で冷静に流し込んだ、待望のゴール⚽⚽
目の前でそれが見れたんだから、めっちゃ興奮した😆

そんな訳で、これで「いける❗」と正直思ったし、今季の我が軍を象徴するような
巧みな逃げを打てれば良かったのですが・・・タレント揃いの元三冠王者はそうはさせてくれなかった。

途中出場の宇佐美貴史選手のお膳立てからヘッドで仕留めたのはパトリック選手。
警戒していた「アウェイゴール」を決められてしまいました。

NACK5との相性のいい三田選手も含め、交代カードを切り、再びevenな状況にまずは持っていきたかったけど
試合巧者に逃げ切られる格好で、このゲームには勝利しましたがベスト4進出はガンバ大阪に。

悔しさを秘めながらも場内一周してきた選手達には、ここまで闘志を見せて戦い続けた姿勢に
敬意を込めつつ労いの言葉を叫んでました。そしてYou'll never walk alone🎵で見送る。

ルヴァンカップ敗退の直後にすぐは切り替えられないけど、
リーグを制する事、その一点にフォーカスできるとポジティブに捉えられれば。

すぐに土曜日には上位の直接対決であるアウェイ鹿島戦が控えてます。
そこで今季戦ってきた姿勢を示し続けてくれる事を、東京🔵🔴の選手達には期待してます。

帰宅してすぐ、ものすごい雨から明け方にはゴゴゴゴっていう暴風雨に、正直ビビってました。
ただ試合時にはその影響を最小限に抑えつつ、無事にゲームを終えられた事に、胸を撫で下ろしております。

現地に駆けつけた皆様、Meu amigos。本当にお疲れ様でした🙇
週末フル稼働のまま明日から仕事。ここからの5日間が長く感じてます😅
ここの所の陽気で、短い夏の終わりと秋の訪れを感じていた体には、かなり堪える残暑厳しい西が丘にて。

4位につけてJ2昇格を伺うギラヴァンツ北九州をホームに迎えてのゲーム。

試合前には青赤育ちの福森君の選手紹介を拍手で迎えたり、
写真の池元選手をはじめ、由紀彦コーチと挨拶に向かう北九州の選手達との旧交を温める、和やかな光景も。

さて、試合。

ギラヴァンツ北九州が早い段階で先制。
ただ2種登録の若者達を中心としたスタメンが粘り強く戦い、このスコアで推移。
選手交代も挟んで終盤に追い上げを見せた東京🔵🔴でしたが、終了間際のだめ押し点を決められ敗戦。

終了の笛と同時にピッチに倒れる東京🔵🔴の選手達の姿は、
最後までプロの選手達に食らいついてた証とも言えるか。悔しいでしょうが若者達にとっての糧になれば。

お疲れ様でした🙇

時間が早まったり明日のルヴァンカップに向けて慌ただしくなってきたので、今日は早々に西が丘を離脱。

冒頭の石川直宏CCだけじゃなく、強化部の羽生さんやら、
たぶん北九州の選手の誰かを抱えてる代理人の鈴木規郎さんやら、懐かしい面々を見れましたが、
今日は何といっても、先日現役引退したチャン君ことオジャンウンさんに会えたのが最大の収穫かしら😊
咄嗟の事で握手しかできなかったけど、お元気そうでした。



1-2 ◯(ジエゴPK・高萩)

先週のドローで始まった、アウェイ8連戦。2戦目は金曜開催の名古屋。
晩飯がてら、地元でのDAZN観戦📱👀 

東京🔵🔴は、室屋成選手が復帰し、引き続き安定のスタメン。

名古屋は復帰間近な米本拓司選手以外、丸山選手に太田選手、アーリア選手がメンバーに。

拮抗した展開だからこそ、ディエゴオリヴェイラ選手が自ら得たPKを
1度はランゲラック選手に弾かれるも、正面にこぼれてきた所をきっちり仕留めて先制できたのは良かった。

更に後半の入りの時間で、2年ぶりのゴールとなる高萩選手の追加点も大きかった。
今回はゴールこそなかったものの、古巣に対して相性の良さを見せつけていた、永井謙佑選手のお膳立て。

後半早々の選手交代でミラーゲームに持ち込んだ名古屋も意地を見せ、
濡れたピッチを見越した、前田直輝選手の豪快なシュートで林彰洋選手のファンブルを誘い1点を返すも、
リードを活かし首位らしくゲームを締めた東京🔵🔴が勝利💪

代表ウィークもありリーグは短い中断に入るも、次節に直接対戦する鹿島をはじめ川崎や広島といった、
明日以降にゲームをする上位勢に、プレッシャーを与える事になっただろうし、
ルヴァンカップの連戦に弾みをつけられたのではないでしょうか😊

現地に駆けつけた皆様、お疲れ様でした🙇

文字通り、「♪名古屋で味噌カツ食い尽く」してきてください🤣
2019/8/25 今日の小平G。 

■TM vs湘南戦

2-0 ◯

 今週末ゲームのないJ3メンバーと昨日のベンチ、そしてユースと練習生で組んだスタメン。

開始早々、空いての裏に巧く抜け出してからの、お膳立てを仕留めて、幸先良く先制🔵🔴 

更に直後に得たPKをきっちり決めて2点目。

ただ、その後はハーフタイムや後半に交代カードも切りつつ試合を進めますが追加点ならず。

チョウ監督不在の影響かあまり元気のない印象だった湘南だっただけに、
勝利したけど試合を決めるような追加点がなかった、ここら辺を首脳陣はどう評価するのか? 

■プリンスリーグ 三菱養和戦

1-0 ◯ (OG)

スコアこそウノゼロ、前半終わりのCKから相手のオウンゴールを誘った形でしたが、
U18伝統の球際への速さ・強さを随所に見せた、見応えあるゲームでした。


小平グラウンドをあとにして、Wi-Fi環境のあるカフェにて、一息つきつつDAZN観戦。

 ■J2 #29 岡山vs町田

0-3(平戸・森村・ロメロフランク)

過去、勝利のない岡山相手に負けられない思いの強かったのか、
また、降格圏も近い危機感がそうさせたのか、町田ゼルビアの方が積極的なプレーを見せられたかな?

2点目は東京🔵🔴育ちの森村選手が決めたね。GKからの跳ね返りにしっかり詰めてた。
この大先輩とマッチアップする機会の多かった椋原選手は悔しいだろうね。

さぁ、帰ろう🚲💨
自宅で静養がてらDAZN視聴。
おかげで体調もちょっと落ち着けたし、家事もちょっと片付いたし。

室屋成選手のコンディション不良(実況より)で、岡崎慎選手が代役になった以外はほぼ不動の面子。
橋本拳人選手はスタメン。三田啓貴選手は今回切り札として控える。

さて試合。
序盤からのホーム札幌の圧力にも耐えながらも、ペナ右で得たFKからの
渡辺剛選手のリーグ初ゴールとなるヘッドで幸先良く先制した我が軍🔵🔴


リードできると巧みに試合を運んで前半を締めた。

そして後半。同様に圧力をかけてきたホームの札幌が同点に。
鈴木武蔵選手の絶妙なシュート性の高いパスに、ジェイ選手がヒールに当ててのゴール。
東京🔵🔴はオフサイドをアピールしますが、判定は変わらず。

その後は互いに一進一退、時にエキサイトする場面もありましたが、
交代カードを切りながらオープンで目まぐるしい展開に。ただ決定打は決まらずにドロー決着。

昨日、2位の鹿島が引き分け、勝ち点を1伸ばしただけなので、
勝って突き放したかったでしょうけど、勝ち点を持ち帰れる事はできました。

【負けない事が大事】

蝗活も含めて、現地に駆けつけた皆様お疲れ様でした🙏帰りの飛行機までに、
もしくは一泊して明日、観光も楽しんで来て下さい😊




ウノゼロ。敗戦。

互いに堅守を誇るチームですから、僅差での結果を想定してましたが、まさに一瞬の隙を突かれる格好で先制を許した。

途中出場の青山敏弘選手を起点に左サイドを緩急で崩され、最後は柏選手の切れのある突破からシュート。

ホーム3連戦の最後も勝って、更に勢いづけたかった。

ここまで首位でリーグを進めてきたのは我々には未知の領域。
そしてアウェイ8連戦も未知の領域。
悔しい敗戦の後ですが、これで歩みを止める事はない。

その未知の領域を手探りしながら、選手そしてチームを後押ししながら、我々ファンも年末まで突き進んでいかないと・・ですね💪

私はそう思っていたので、引き上げてくる選手達にも、ここから先どうしてゆくのか我々次第なんだという趣旨で、声をかけました。

今朝のTMからの、午後はビッグフレーム交歓会との事で、私は行きませんが選手も我々ファンも前向きに切り替えられますように🙏

そして、アウェイ8連戦もあまり駆け付けられませんが、行ける試合ではより一層の熱意を持って、チームを後押ししたい。

それでは2ヶ月強後のホーム味スタで👋
もしくはその前の何処かのスタジアムで👋
ここの所勝てずに相性の悪さがあるベガルタ仙台を味スタに迎えての一戦。
お盆休みに入ったのもあり28,000近い観客。

余談ながら、ラグビーW杯を控えての実証実験だったフリーWi-Fi導入でしたが、
これだけの観客の中でも、安定感ある接続状況。さすがNTTドコモさんですわ👍
来年の東京五輪でも活用されるであろう、待望の設備。
ぜひ今後の東京🔵🔴の試合でも使わせて頂きたいですね📶

さて試合。



観戦仲間のお孫さん達が来ていたので、子供達も食いつくような派手なスコアを期待してましたが、
堅守を誇るチーム同士で玄人好みなゲーム😅

猛暑の中で互いに出足を抑えながら猛暑の局面でのTOUGHな競り合いは見応えありました。

で60分過ぎのPK判定が明暗を分けた。観戦仲間がすぐ起動してくれたDAZNを見て、
シマオマテ選手が競っていた永井選手をペナで倒した判定だと確認。
ディエゴオリヴェイラ選手のキックは防がれてしまうが、
新規定に基づきGKがエンドラインを越えて動いた判定で、キックのやり直し。
これをディエゴオリヴェイラ選手が仕留めて決勝点に。

ジャッジリプレイで取り上げられそうですが、まぁこれもFootball。
逆に判定に泣かされる時もあるから、今回は幸運を引き寄せたと捉えたい。

川崎や横浜マリノスが敗れて足踏みしてる中での勝ち点3。
代わりに鹿島が波に乗ってこられるのは厄介ですが😅

首位をガッチリ固めて来週もホーム味スタ。広島も上位を伺う位置にいますが
ホーム3連戦全てを勝利で終えられるように🙏

さて、他会場。
ファジアーノ岡山はストレートでの昇格圏内をキープする大宮アルディージャをホームに迎えましたが、
こちらはウノゼロで惜敗。後半に途中出場した大前元紀選手が早々に得たFKを自ら決めた模様。
お疲れ様でした🙏