手作り キンパ

テーマ:
キンパって知りませんでしたが、友人が
朝作って持ってきてくれました。



韓国の海苔巻きだそうです。
新大久保の韓国食材店まで行って、
海苔もソーセージも沢庵も韓国のを
買い求めて作るんだそうです。

まい泉のカツサンドも。

サラダだけ作りました。

長男が山梨学院付属高校に球児として寮生活。

毎週末を特急あずさに乗ってグランドに
応援に行きました。

練習が終わって、少しの時間だけ息子と
会えるのですが、酒折駅への川縁を
若い女性と歩いている、と噂になった
お母さん。

18歳の時のお子さんだったそうで、
本当に学生みたいに可愛いお母さんで
車に若い女性と二人で乗っていた、
とかの噂で大変でした。

まだ、16歳、17歳の高校生でしたが
あっという間に20年も経ってしまいました。

地元のお母さんやお父さん、
みんな優しい人ばかりでした。

遠征試合には車に乗せて貰いました。

20年の月日は人をどの様に変えたでしょうか。

あの時の若いママだった彼女も
56歳ですって!

私も、ついこないだまでは
50代だったのになあ。

ブーケも!お菓子も。

久し振りでしたが元気で仕事も
頑張ってました。

創業1925年山下コーヒー

テーマ:
GREEN COFFEE(生豆)
10キログラムを山下コーヒーさんに注文。
届けて頂きました。

休み休みの20年、山下コーヒーさんより
炭火焙煎コーヒーを卸して貰っていました。

今、建て直して2年間営業したお店は
民泊で、お陰さまで世界からの方々より、
ご好評を頂いております。

時々イベントやパーティーで使いますが
殆ど民泊です。

8月から本格的に渋谷区の民泊として稼働しました。

3ヶ月経過して少し落ち着いてきました。
すると、20年も頑張った珈琲店を何とかまた
稼働したくなるんですね。

民泊のお掃除おばさんとネットでの
宿泊受付等でかなり
大変なんですが、それでもまた、
珈琲屋さんの触手が動きます。

自家焙煎も最後の頃には子供に
買ってもらった小さな焙煎機で、
かなりのプロからも美味しいと言われて
いました。

その時にはネットで少し高めの珈琲生豆を
少量取り寄せて焙煎していました。

今回からはまた、山下コーヒーさんより
届けて頂きました。

社長さんに相談しましたら、私には
ブラジルが一番良いかもしれない。との
事でしたので、
取り敢えずは、一種類のみ。

ブラジルはブレンドの配合には一番大切な
配合です。

山下コーヒーさんの生豆を仕入れできて
幸せです。

私はしょっちゅうお店の体系も変えるし、
長期に休むし、なのに、きっと
呆れられながらも
こうして快く卸して下さいます。

頑張らないとね。

矢張り、味が違います。

今週末は小学校のクラス会が珈琲カンタータで
ありますので開けませんが、
その後はぼちぼち『焙煎と試飲』の
お店として離れの小さなスペースで
開いていきます。
ふらっとお立ち寄りください。

ブログにてお知らせ致します。

山下コーヒーさん、1925年創業。
名曲喫茶『ライオン』と同じくらいですね。

93年!

創業者がハワイで七年間コーヒーを学び
文京区音羽に開業。

現在は新宿北山伏町に本社があります。

派手さはありませんが地道に誠実に歩んで
きた93年。

直営店は池袋駅近くに『皇琲亭』があります。

素敵なお店ですよ。





物事の見方の違い

テーマ:
先日のゲストでトイレに接着剤付きの
トイレシートを使われて四苦八苦した
ブログを書きましたが、

この数日間、大きな段ボール箱が
無造作に家の前のゴミ集積場所に置かれ、
中にゴミが沢山入っていたのを見て、
今まで無かった捨て方だったので、

いったい誰が捨てたんだろう?
こんな捨て方するなんて!
と思っていました。

今日の夕方スーパー帰りの息子家族と
家の前で会った時、息子が

「さっきこの段ボール見たら宛先のシールが
うちになってた。お母ちゃん、捨てた?」
と聞かれてビックリ!

そうだ!9日の金曜日の午前中届く
品物があるが、私の住所と電話番号を
教えて欲しいとゲストから頼まれた。

買い物中にお店から連絡が来たので
教えたんだった。

金曜日の1 1時半に届いてゲストに
知らせて受け取ってもらった。

大きな箱だなあと思った。

翌日の土曜日にチェックアウトしたのでした。

ゴミは部屋の中に棄てる様に3箱
置いてあります。

チェックアウトの後に見たら、
5泊もしてくれたのにゴミの量が少ないな、
と感じたんだった。


化粧品や赤ちゃん本舗での買い物等。
親戚にでも頼まれたのだろうか。
無造作にパッケージ等が放り込まれていた。

うちのゴミと分かった以上、放置しては
おけない。
手袋はめてゴミ袋二個にまとめました。

良い子達だと思っていたのに!
トイレシートといい!
プンスカ!プンスカ!

私が怒って次男に話したら、
「いい人だからゴミを棄てていこうと
したんじゃないの?ホストの手を
煩わせないようにって思ったんじゃない?」

「缶ビールなんかは箱が置いてあるから
通りすがりの人が捨てたのかもしれないね。」

「ま、中国の人は捨てかたを知らないって
ことはあるけど」と言われました。

そうか、そういう見方もあるのか。

そう言えばニューヨークでは大きな
トラックが道路に置いてあって荷台に
家具から何から何まで放り投げてあったな。

中国もゴミの捨てかたが日本のように
指導されていないんだな。

マンションで中国の人が騒いだとか、
ゴミの捨てかたが酷い、とか言われますが、
こういうことだったんだな。と
知りました。

ゴミは呉々も勝手に外に捨てないように
徹底してお知らせすることにします。

物事の捉え方を息子から教えてもらいました。