第二回妙恵庵の集い』は
8月21日土曜日の夜6時から8時まで
開催致します。

参加ご希望の方は
メール、携帯
music.coffee-cantata@docomo.ne.jp

09072598991までご連絡がください

当日はシンギングボウルの音色と共に
不動明王真言を108回ご一緒に
お唱え致します

高野山内の親王院で修行中
多くの経や真言を唱えていると
途中から自分の声では無い声に
変わったりします

老師のような声だったり、可愛らしい
若い女性の声に変わったりします
自分の声に戻そうと想っても
戻りません
お寺の奥さまが仰るには

親王院は1200年もの歴史のあるお寺
なので、かつて祈られた方など
沢山の方々が自分も一緒に
祈らせて欲しいと入って来るのでしょう

とのことです

また他の日の修行中には
やはり一心に唱えていると
雪の降りしきる寒い中
笠を被った墨衣姿、右手に錫杖を
持った僧侶の姿が浮かび上がります

僧侶の右肩には亡き主人の顔が
乗っています

そうして鎌倉時代の旧い門の前に立ち
雪の庭に渡した木の板の上を
右手に持つ錫杖を地面に突きながら
ゆっくりと歩いて
親王院の数段の玄関前に立ちます

私は祈りながら頭の中のイメージを
捉えていると玄関前でスッと姿が
消えます。そのイメージは
3日間続きました

半分の50日間の冬の修行が終わった時に
奥さまに修行中何か変わった事は
無かったかと聞かれ、

先のお唱えの声が変わる事と、
この話をしました

ご主人は弘法大師空海様の所で
修業されているのでしょう
と仰いました

高野山の様な特別の
パワースポットに居ると
私でも様々な不思議な体験を
します

自分の想念の中から沸き出てきたもの
と片付けるにはあまりにもリアルで
考え付かないようなイメージが
浮かんできます

祈りは天界に通じている
と、確かに感じます

真言は1回でも良いです
功徳が確かに有ります

皆様とお唱えすることに依って
皆様の想いが宇宙に届き
皆様の心が平安に満たされ
皆様がより幸せな想いで
日々満たされ過ごせますように

浄土真宗の門徒さんの高橋毅(つよし)
様のお力添えで第二回の集いを
開催出来ますことに心より
感謝申し上げます

(チラシの僧侶のイラストは中学生の
孫が清里でネットを駆使して
サラサラと描いてくれました
衣姿の私の顔にはちゃんとシワが
描かれています😀

銀河とアルプスの山々が
気に入っています)







都心でも、こんなに素敵な夕陽が

見られました

昨夜7時過ぎ家のまん前から写メ






清里の夜

家の灯りに誘われて

窓に引っ付く沢山の虫


緑色で綺麗

白い蛾も綺麗

朝、流しの中から出られないでいたので
外に逃がしてあげたら凄い跳躍力!

調べたら、まだらカマドウマ

羽はなく跳躍力が素晴らしく
虫かごの中だと激突死する事も
あるそうですよ



道を歩くと大きな蟻


ゴム紐かと思って触ったら
向こうも驚いて逃げていった
黒色のゲジゲジ虫

小さいリスも何匹も枝を伝って遊んでる

鹿も見るし

ウグイスや知らない鳥の鳴き声も
朝から晩まで聞こえる

1400メートル有るから、蚊はいないかと
思ったら何匹かに出会った

カフェレストランの人に
これは
毒虫にも効くわよと言われ
ネットで取り寄せてみました

ハッカの良い香り🎵


海外に住む子供の家の近くで
ピンポン玉程のウズラの子供たちが
段差を上れずに
「かあちゃ~ん!上れないよう😭」
とピーチクパーチク、ヨタヨタウロウロ

気温38℃
車の往来頻繁

人の臭いがしないように石とか
段ボールの端を置いてあげたら
やっと上った😃


自然界は厳しくもあり
                         美しくもあり