仏光さんの心の相談室
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

楽や便利で本当に良いものは得られない

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は連休最後の日曜日。でも午前中は残っていたパソコンの入れ替え作業をして、また少し仕事をしました。それから家の近所の温泉に行ってきました。もちろん筋トレは休みです。昨日も休みで時間に制約されず、心置きなく筋トレができてとっても良かったです。しばらく台風の影響で雨が降って朝の自転車ができませんでしたが、この数日は曇天でいつものように自転車のトレーニングもしています。

 

今日の朝自転車に乗っていると、道路を横切っていく何組かのコジュケイの家族に出会いました。コジュケイはニワトリの原型みたいな姿をしているニワトリよりも小さな鳥です。飛ぶ事より走る方が得意のようです。朝はあちこちでコジュケイの独特の鳴き声が響いています。あまりに大きな声で鳴くので朝早く起こされてしまうほどです。

 

まあこういう出会いはいいのですが、二日前の夜、道を歩いていると暗闇でイノシシに遭遇しました。暗くて見えなくても、「ブヒ~」という声がすぐ斜め前の道端でしたから分かったのですが、動かずじっとしていました。その内イノシシが去っていく気配がして何事も無くて良かったのです。

 

これにはちょっとドキッとしました。道端に穴を掘ってヤブカラシなどの草の根っこを掘り起こして食べていたみたいです。最近は野生動物の数が本当に増えているので気をつけなければなりません。大きな音がするとイノシシは逃げるので、携帯用のアラームなどを持ち歩こうかなと思っています。

 

元々イノシシが住んでいる山に後から人間が引っ越してきたので、何かあっても悪いのはこちらです。でも庭をあちこち掘り返されるので困ります。まあお互いあまり接点が無いようにこちらが工夫しなければいけませんね。

 

昔アメリカの大学に行っていた頃、近くにあるグレートスモーキー国立公園は熊の保護区でブラックベアーという熊がいっぱい居ました。そしてそういうところをトレッキングしたりしていました。もちろん熊にも何回か出会いましたが、こちらに敵意がなければ、そして脅かさなければいきなり人間を襲う事はありません。まあイノシシも同じだと思います。

 

リスクはあっても、こういう自然豊かなところが私は好きです。好き好んでこの場所に住んでいます。まあそれなりのノウハウが山に住むには必要ですが、それさえあればとっても生きていくのに快適なところだと思っています。多くの人は山の上は住むには不便なところと思うみたいですが、じゃあ便利なところが住む環境として本当に人間にとって良いのか?と問うと、私はそうではないと思っています。

 

自然には人の心を癒す力があります。そしてその中で生きる時間はとっても安らぐ時間です。私の仕事場は町にありますが、私にとっては仕事は町でして、住むのは山の上が一番快適に人生を過ごせると思います。なるほど町中に住んでいるより不便だし、野生動物にも対処しなければなりません。でも便利なのが何でも良いか?と考えるとそうでは無いのですね。

 

良いものを得るにはそれなりの努力とか苦労、たまにはリスクを持つことが必要です。人はあまりにも楽をして自分の欲しい物を得ることに慣れ過ぎてしまっていると思います。健康にしても、「これを飲めば元気になる」とか、「これを食べれば病気が治る」とか、健康を得るのにとっても簡単な方法ばかり求めます。飲んだり食べたりするのにそれほどの努力は要りませんからね。まあ薬も同じです。

 

残念ながらテレビで一生懸命宣伝しているような一般に健康食品と呼ばれる食べ物、飲み物で元気になることはまずありません。健康になるのは適切な運動と適切な食事の管理と、そしてこれが大切なのですが、適切なストレスの管理が必要なのです。何を飲んでも、何を食っても、そんな努力なしで人間が健康になるものですか!感染症に対する薬以外の薬も同じだと思います。

 

人間が健康になる道はただ一つで、運動、食事、ストレスの管理に尽きます。これ抜きにして絶対に健康などあり得ません。要するにそれなりの努力をしないと、歳をとった時に病院に通い薬を飲みながら、また入退院を繰り返しながら具合悪く長生きはしても、健康とは程遠い生活を送らなければなりません。これは私が成人病のほとんどを経験し、そしてそれらを薬ひとつ飲まずに3週間で自分で治した経験から断言できます。

 

こういうことは健康だけではなく、何にでも言えることです。原始の頃は私たちは一日の食料を得るにも、毎日朝から狩をしたり採集をしたりしてやっとの思いで食べていたのです。そりゃ獲物が獲れればメチャクチャ嬉しかったでしょうね。感謝の念もいっぱい湧いたでしょう。今は店に行けば何でも売っているし、そんな苦労をしなくても食べていけます。食糧不足で餓死するリスクは今の日本ではかなり小さいです。

 

これは極端な例ですが、それほど私達は便利に慣れ過ぎているのです。何の努力もせずにすぐに自分が望むものが欲しい。それが叶わないと「あれはダメだ。これはダメだ。」と言いながら、そして「他に何ぞ楽な方法は無いか?」と探しながら一生を過ごすのです。これが現代人の当たり前の生活になって来ていますね。

 

私は敢えてちょっと不便な山の上に住んで、毎日朝から晩まで面倒な運動と食事と心の管理をして暮らしています。そしてこの不便で面倒な暮らしでとっても幸せです。何でも良いものを得るには自分がそれなりの努力を払わないと実現しないと思いますよ。

 

とりあえずテレビで宣伝しているような文句に乗せられないことですね。私など宣伝文句が面白過ぎて、そしてあほらし過ぎて腹を抱えて笑っています。健康や心の平穏を得るのに簡単な道は無いけれども、面倒臭くても正しい努力をすれば正しい結果が得られるのだけは間違いないと思いますよ。残念ながら人生で本当に良いものを得るには楽や便利では無理なのですね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心を一定に保つ力(心のホメオスタシス)

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

昨日から仕事はお盆休みです。昨日は予定通り仕事場のパソコンの入れ替え作業と、仕事を少ししました。昨日まで身体は完全に3日間休ませました。不思議なのですが、休んでいると体の調子がいいか?と言うと、そうでもありません。今日はジムが再開するので午後からお待ちかねの肩の筋トレに行ってきました。

 

もちろん休みなので、時間を気にせず思う存分トレーニングする事ができました。実際に筋トレをすると、身体を休ませていた効果を感じます。やっぱり調子が良いのですね。少しウエイトを上げてトレーニングをして来ました。なるほど休みも大切だなと思いました。そして筋トレが終わると体が絶好調になりました。明日も喜んで筋トレに行きます。

 

今日は筋トレに行く前に休みの間にしなければいけなかった社団法人の税務関係の書類を作成しました。私はこういう仕事は面倒臭くて大変嫌なのですが、早く済ませて気持ちよく休みを過ごしたかったので頑張って午前中に終わらせました。まあ役場は休みでは無いので書類の提出も終わらせました。本当にすっきりです。それも気持ちよく筋トレができた理由の一つかもしれません。

 

人生というのはいつも自分が自分で自分の心を常に積極的に、そして快適にする努力をしなければいけません。税務関係の書類を今日終わらせるのも私にとっては心を快適にする努力です。「今日は気分が良いからやる。今日は気分が悪いからやらない。」ではやっぱり人間はいけないのですね。

 

ところが世の中ではこういう人が結構居ます。自分の気分は他人任せか、天気任せか、とにかく自分が自分で自分の心を常に何とかしようとは思わないみたいです。また何とかできるとも思っていません。自分の心は周りに影響されてこっちにフラフラ、あっちにフラフラしていて、それで当たり前だと思っています。

 

人間の体にはホメオスタシス(恒常性の維持)と言って、常に身体を普通に保とうとするシステムが備わっています。例えば外気温が40度を越えていても、体温は36.5度を何とか保とうと身体のシステムは機能するのです。これが普通の状態をいつも普通に保つホメオスタシス、恒常性の維持機能です。

 

身体は少々の事があっても何とか自分を普通に保とうとするシステムが特に意識しなくても勝手に働いてくれるのですが、残念ながら心は意識しなくても、そして少々の事があっても心を普通に保ってくれるというシステムはありません。うつの気分になると、それを脳が察知して自動的にセロトニンやドーパミンが脳内でより多く分泌されて、体が勝手に自分の気持ちを楽しくしてくれて、あっという間にうつを治してくれるということは無いのです。

 

放って置いても心が常に一定に保てる機能というものはやっぱり無いのですね。だから心を常に一定に保とうとすると、意識して心が常に一定に保てるような事をしなければならないのです。もちろん心を一定に保つ薬などは存在しません。私達は心の平穏と軽く言いますが、心の平穏とは何があっても常に心が一定に保たれなければ存在しないものなのです。

 

その心を一定に保つために、瞑想とか坐禅の修行などを毎日意識してするのですね。それから正しいものの見方を身に付けるために、お釈迦様などの先人が残した真理に迫る言葉を勉強し、理解し、実践するのです。そういうことが無いと、「今日は気分が良いからやる。今日は気分が悪いからやらない。」ということになって、一生そういうことを繰り返しながら、心をこれまた一生右往左往させて、振り返ってみると、まあまあ面白くない人生を過ごして寿命が来たら死ぬのですね。

 

心を一定に保つ努力にはそれなりの時間とエネルギーが必要ですから、そういう面倒くさい事をする事は絶対嫌で、でも自分の心が不安定だと嘆いていても、それは結論から言うとまあ自業自得なのです。自分の心を安定させる努力を自分の時間とエネルギーを使ってすることも無く、自分の心の不安定を嘆くというのは可哀想だけれども、これもなるようになっているのですね。心を安定させるシステムなど生まれつき備わっていないのですから。

 

先にも書いたように何も意識しなくても身体には恒常性を保つホメオスタシスがありますが、心を一定に保つ心のホメオスタシスはありません。こんなものがあれば誰がこんなに時間とエネルギーを割いて修行などするものですか。もし心のホメオスタシスがあるのならば、私など真っ先に修行などしません。すぐにやめます。これはお約束します。

 

とりあえず私は仏道修行と出会い、様々な事があっても私の修行を続けて今に至っていますが、私は本当にこれはやっていて良かったと思います。例えば20年前の自分と今の自分を振り返って比べてみると、心の平穏という意味では天と地の差があります。もちろん今の自分の方がどう見ても心が平穏です。でもただ修行すれば良いかと言うと、五十年禅の修業をしていても、ものにならない禅者が居るように、ただ修行をすれば良いというものでもありません。

 

先ずは正しい動機(発心)が必要なのですね。本当に心の奥底から自分の心の平穏を求める「気持ち」が正しい発心です。「頑張って修行をして何時か偉い老師になりたい・・・」などというのは、もうこれは正しい発心ではありません。表面ではもちろんこういうことを否定していても、心の中にそういう気持ちがあると、無意識のうちにもう修行は自己満足のための修行になり、無駄なことになります。例え人はごまかせても自分の心はごまかせないのです。こういう人間は何十年修行しても何時かボロを出します。

 

だから心のホメオスタシスは自分で毎日少しずつでも良いから正しい動機で正しい修行をして、それを毎日保ちつつ自分で作っていかなければならないのですね。世の中の多くの人はお金、社会的地位、権力などがあると心が平穏に保たれると愚かにも思い込んで、それらを一生をかけて追い掛け回していますが、心の平穏からは程遠いところに行くだけです。

 

そういう人間は自分を取り囲む状況の中に自分の心の平穏があると可哀想に一生をかけて勘違いしているのですね。現実はそんな程度のもので心の平穏は保てないのです。心の平穏とは自分を取り巻く状況の中にあるのではなくて、自分の心の中から湧き出てくるものなのです。これだけ言ってもまあ世の中のほとんどの人は理解しようとはしません。「そんなこと言われても世の中はやっぱり心よりお金で・・・フニャ~」と、愚かにもやっぱりお金や地位を追い掛け回します。本当にお疲れ様ですね。

 

心の平穏を保つ機能だけは残念ながら生まれつき私達には備わっていないので、自分でコントロールできる心を自分で作らねばならないのです。大変ご苦労さんなことだけれども、それだけの事をするとそれだけのリターンはやっぱりありますね。筋肉も、心肺能力も、心の平穏も毎日の正しい精進が全てです。とりあえず私は死ぬ前の日までこつこつ頑張ってみますね。それが私の人生ですから。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の評価に左右されない

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は盆休みの合間の仕事日で、結構これも朝から忙しかったです。ただジムも木曜日まで盆休みで筋トレを体育館でしようかなと思っていましたが、思い切って3日間身体を休める事にしました。どうもその方が筋肉が発達しそうな感じがするのでやってみます。まあ今年の初めは痛風で約1ヶ月間、筋トレをお休みしましたが、そんなに筋力は落ちませんでした。3日間はちょうど良い休養ですね。

 

という訳で、今日の昼休みはやっぱり温泉にしました。ゆっくりと温泉に浸かりながら心身ともにお休みです。明日も仕事ですが、昼休みはちょっと普段着るTシャツなどを買いに行こうかなと思っています。これも良い気分転換になりますね。今週は仕事を地元の神社のお祭りに合わせて木、金、土曜日と3日間休みにしています。私がお祭りに行くという事はありませんが、道も混むし休みにした方がいいのです。

 

でも木曜日は仕事場のパソコンの入れ替えをします。それから休みの間に社団法人の税務上の手続きや、執筆した英語の本のための英語のサイトも立ち上げる予定なので結局普段できない仕事をいっぱいやる事になります。なかなか自分で事業をしていると休みというものがありませんし、休まなくても気になりません。私がサラリーマンの頃は世間並みに休みのが当たり前だと思っていたし、休みだから好きなことをしてゆっくりできると思っていました。仕事と休みが当たり前のように意識の中で分離されていたのですね。

 

今はそのような境界線は私の頭の中にはありませんが、以前のように休まなくても心身ともに疲れませんね。それよりか普段やりたくてもできなかった仕事ができるので楽しみでもあり、終わると気分がスッキリするので「ああ休みがあって良かったな」と思うことでしょう。もちろん金曜日からは筋トレも再開します。3日間身体を休ませた分、調子が良いと思います。またそれも楽しみです。

 

多くの人は休みになると海に行ったり、山に行ったり、旅行に行ったりして非日常を楽しみます。私にとっては普段できない、また普段とは違う仕事や修行をするのが非日常で、それが私の休みであり非日常の楽しみ方です。今は自然豊かな山の上に住んでいるし、家からは海が見えているし、若い頃から世界中を随分飛び回ってきたので、私は山や海、旅行にあまり行く気になれないのでしょうね。たぶん何処に行っても人が多くて、私はとっても疲れると思います。考えてみるとこれはこれで贅沢な話です。

 

とにかく世間が休みの間は私は私の非日常を楽しみますね。どうせ人の一生などあっという間に終わってしまいます。やれることは全力でやって、後は天のみぞ知るですね。もちろん私の人生は生きていれば、これからが佳境に入っていくと思っています。筋トレも私が72歳の時にピークを迎えるように計画して頑張っています。要するに私は私がしたいことをしているのですね。だから疲れないのだと思います。

 

一番大切なのは人に評価されるために何かをしないことです。私は私のしたいことをしているのであって、人が私を評価してくれるためにしているのではありません。私の知っている経営者で何しろ上場したがっている人が居ます。株式を上場すると自分は大した経営者であると思うし、周りもそのように自分を一目置いて見てくれるだろうと思いながら上場を目指しています。そこの従業員と話す機会があったのですが、上場するのに色々な制約が出てきて、多くの社員は上場を望んではいないと言っていました。

 

まあ世の中はこういう程度の動機で動いている場合が多いのです。もちろんもっともらしい理由はいくらでもつけられますが、本心のところはこんな程度の事で動いているのですね。私が私のしたい事をしていて、誰かの邪魔になることはありません。私は自分のために自分のことをしています。

 

そして人の評価などどうでも良いと思っています。そんなことを気にしていたら人の評価のために自分の人生を生きることになります。私は自分のために私の人生を生きたいと思っているので、人の評価はどうでもよいのですね。そんなこと気にしていたらいつまで経っても幸せになることはありません。世界中の人間が漏れなく全員あなたの事を良く評価する事はありませんし、何をしても絶対に悪口を言う奴が出てきますから。この国には「自分が人からどう思われているのか?」と人の評価を気にして気も狂わんばかりになっている人が多いです。

 

評価などそんな他人が決めることに自分の人生を委ねてはいけません。人には迷惑かけずに、自分ができるだけのことをして生きて居ればいいのです。それで人様のお役に立つのであれば言うことはありません。人の評価より、自分が納得する一日、自分が納得する人生に時間とエネルギーを割いた方が自分の人生を生きることになります。そのつもりでこの盆休みの期間も自分のために頑張ってみますね。自分のための自分の人生ですよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい自転車

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は連休の日曜日。昨日から決めていたのですが、時間があるので朝の自転車トレーニングの距離を伸ばして山の中を21.5km走ってきました。単純計算で10km以上の登り、ヒルクライムをしたことになります。所要時間は1時間15分だったのできつい登りを考えるとまあまあのペースですね。面白いのはそれだけ走ってもきついとは感じませんでした。もっと走れたと思いますが、段々気温が高くなって来て、ドリンクを持って行かなかったので喉が渇いて家に帰りました。

 

次回はドリンク持参でもう少し距離を伸ばしてみようと思います。まあ山道20kmを1時間ちょっとで走れたのは自信になりました。毎日のトレーニングのお陰ですね。一度この距離を走っておくと、毎朝の8.6kmが半分以下になるのでもっと楽に感じます。人間の心理とは大変面白いものです。

 

朝のトレーニングの後、先日顧問弁護士の友達から教えて貰ったプロショップに自転車を組んで貰うために行ってきました。行ってみると老夫婦の方が経営しているプロショップでした。老夫婦だけにキャリア充分でまあ自転車に関しては何でも知っているという感じでした。私は「自転車は全く素人なので分かりませんが、紹介してくれたお友達と自転車を乗りに行きます。」とだけ伝えました。それから今は毎朝自転車のトレーニングをしている事も伝えました。でも私のことは友人から既にプロショップに伝えられていました。

 

その老夫婦は私の友人の事を熟知しているので、どういうサイクリングをするのか分かっているみたいです。すぐに私の身体を計測してフレームの寸法を決めてから色々丁寧に教え始めてくれました。ちょうどそのショップにこれから納車だという格好いい自転車がありました。他の自転車と比べると何かオーラが違います。「これいいですね」と私が言うと、「それが一番コストパーフォーマンスが良い自転車です!」と教えてくれました。

 

フレームはカーボンフレームで、変速機なども最高の物が使われています。私は自転車は素人ですが、良い物は良いと自転車が放つオーラで分かったみたいです。思っていたより価格はちょっと高かったのですが、折角買うのならば自分が好きと思えて納得済みのものを買いたいと常に思っていますので、色々説明を受けた後、思い切って同じ物を注文しました。経営者のご夫婦は「大変良い選択だと思います」と言ってくれました。

 

実際納車前のその自転車は、何十年も自転車に乗っているマニアの人が注文した自転車とのことでした。ただ次にフレームが日本に入ってくるのが9月10日で数量も2つだけとのことで、私がそのフレームを押さえられるかどうかは盆休み明けまで分かりません。まあご縁があれば9月半ばには新しい自転車が私のところにやって来ます。

 

車の時もそうでしたが、私は私が一番好きな車を思い切って買いました。もう10年ほどこの車に乗っていますが全く飽きません。大きな故障は皆無で、ちゃんとメンテナンスをしているといつも新車のように走ってくれます。安い買い物ではなかったですが、結局はベストのコストパーフォーマンスになったと思っています。今回の自転車もそのようになってくれると思います。だから最初から予算が許す範囲で最高のものを買ったほうが結局は得なのです。10年後私はこの自転車も「良い自転車だな~!」と思いながら乗っていることでしょう。

 

めったに買い物をしない私ですが、今回は良い買い物をしたと思っています。この自転車は毎朝の自転車トレーニングを自分がちゃんとできるかどうかを見極めた上で購入を決めたので、将来何事もなければ無駄になることは無いと思いますよ。それよりか私の太ももの筋肉と心肺機能増強に長距離サイクリングで寄与してくれる事でしょう。まあ自転車はお金がかかるのは初期投資だけで、あとはそれほどかかりませんので長く楽しんで行きたいと思います。

 

明日も休みですが、自転車はいつものように8.6kmにして、ジムに胸の筋トレに行きます。ゆっくりトレーニングできるので楽しみです。私は62歳になりますが、今までの61年間の人生はこれからの人生のための準備期間だったと思っています。今まで色々な事をしてきましたが、私はこれからが私の人生のピークに達するのだと何故か予測しています。

 

普通はこの歳くらいで定年退職して、「後は余生を・・・」という年齢ですが、私は気力も体力も今まで以上に充実して来たので、生きてさえ居れば本当の仕事はこれからが本番になるのだと思います。だからアメリカ上場企業での役員としての経験も、世界中を飛び回った経験も、外国語を使う言語能力も、社長をクビになった経験も、仏光さんとしての仏道修行の経験も、本の執筆も、病気の経験も、今の仕事も、筋トレも自転車も、これからの人生のピークのために必要な準備なのだと思います。

 

このように思えるのは大変ありがたいことですね。何でもやる気満々になってきます。お釈迦様が言うように「人生は何事も先ずは心ありき」です。私の心がこれからが人生の本番だと言っているので、私の人生もそのようになるでしょう。人生とは自分の心が決めるのです。

 

世間の固定概念に流されず、また言葉は悪いですが、そんなものは「糞食らえ」と思いながら、自分にできるベストで毎日を生きる努力をしていると良いことが人生に次々と起こるようになるのですね。どうせ遅かれ早かれ死ぬのだから、今日も思いっきり生きた方が得ですよ。今日のハイライトはやっぱり新しい自転車ですね。本当にこれからが楽しみです。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せになる方法

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は木曜日でジムは休み。体も休みにしました。昼休みはもちろん温泉です。天気も良くて屋根のない露天風呂でまた日焼けしたと思います。まあ夏は褐色の肌の方が健康に見えますね。今まで結構忙しかったので、今日はちょっとした休憩です。明日からまた朝の自転車トレーニングから始めます。今日はゆっくり身体を休ませたので、明日のトレーニングが楽しみです。

 

このようにして私はいつも自分の気持ちを良い方向に保つように心がけています。明日は肩のトレーニングですが、仕事の合間にYouTubeを見てバッチリ肩のイメージトレーニングをしておきました。こういうことをしていると幸せな気分になります。まあ病気で居るより健康な方が圧倒的に幸せだと思うので、健康になるようなことを考えるし、実践するのですね。

 

これは私が糖尿病とか高血圧の病気になったから分かったことです。糖尿病と高血圧で居るより、体が頑健で健康な方がよほど不安も無く、毎日気分が良くて幸せです。私はいつも幸せでいたいと思うし、そうなるように考えて努力するようにしています。これは簡単な真理なのですが、幸せになるには幸せな事を考えていなければ幸せは実現しません。要するに幸せになるには幸せになるようなことを考え実行しなければならないのですね。

 

世の中の多くの人は「幸せになりたい」と思っています。ごく稀に不幸になりたい人も居るみたいですが、まあ大多数は幸せになりたいと思っているのです。でも多くの人が幸せを感じて人生を生きているわけではありません。幸せを望んでいるのに幸せになっていないのですね。これは多くの場合自分が幸せになるようなことをしていないからです。

 

例えば「誰かを恨んでいる。そしてその恨みは消える事がない。でも私は幸せになりたい。」という人が居たとします。この人は人を恨みながら幸せになりたいと言っているのですね。これは絶対にありえないことを望んでいるのです。幸せになりたいのなら普段から自分が幸せなことを考えていなければならないのに、人を恨むという不幸せな事をいつも考えながら幸せになりたいと言っているのです。

 

考えてみてください。貧乏になるようなことをしていて金持ちになった人は居ません。不健康な事を続けていて健康になった人も居ません。普段から不幸せな事を考えていて幸せになった人も居ないのです。これはあまりにも簡単な真理ですね。でも多くの人がこの簡単な真理に気付いていないのです。普段から心の中は怒りや嫉妬、不安や恨みで満ち溢れているのに、ただ漠然とそれが当たり前のように自分も幸せになりたいと思っているのです。

 

金持ちになるには金持ちになるようなことをしなければなりません。健康になるには食事の管理や適切なトレーニングや休息など、健康になるようなことをしなければなりません。だから幸せになるには自分の心を感謝や喜びなど幸せなことで満たす努力をしなければいけないのです。自分の心は放ったらかしで、ただ漠然と「幸せになりたい」と願っても幸せにはならないのですね。

 

何もしないで自分の心の中に感謝や喜びが沸くことは余りありません。だから自分の心の中に感謝や喜びが沸くようなことを自分がしなければならないのです。人を恨みながら、また怒りながら愚痴や文句で真の感謝や喜びが自分の心の中に湧く事はありません。だったら恨みや怒りを捨てる努力を自分がしなければならないのですね。

 

何もしないで誰かが自分を幸せにしてくれるのを待っていても、そうは問屋が卸さないのが世の中というものです。そういう幸せになる努力を重ねた上で、自分の人生の幸せを願うと幸せが叶うのですね。

 

「幸せになる方法」と言うと、「何ぞ秘策があるのかな?」と期待して読んで、自分の心のありようが幸せを左右すると知ると、「何だそんなことか」とまた普段の愚痴や文句の生活に戻っていくのが世の中では普通です。

 

でも私はこれが幸せになる唯一の方法だと思いますよ。明日のトレーニングの事をイメージしながらもう寝ますね。これも私が幸せな気分になる事の一つです。おやすみなさい。また明日。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生を変える工夫

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は朝から自転車で予定通り8.6kmのロードトレーニングをして、昼休みは腕の筋トレと格闘技系のエアロビをしました。今日は朝から充分な有酸素運動をしていますね。どうしても体脂肪を落としたいのですが、筋肉を落とさずに体脂肪だけ落とすのは難しいことですね。ただ痩せるだけなら簡単なのですが、これは本当に難しいです。今でも色々試行錯誤をしています。まあ自分の身体を実験台にして色々試しているのも楽しいものです。

 

60歳を越えて楽しみを覚えた趣味が体のトレーニングだったのは良かったですね。まずお金がそれほどかからないし、色々工夫する余地はいっぱいあるし、何しろ健康に良いし、良いこと尽くめです。ただもう少し時間があればいいなあと思います。今日の午後は顧問弁護士とミーティングをしていました。仕事の内容はほんの少しで、多くは自転車やサイクリングの話をしていました。今度は私と伊豆の下田の方まで行ってサイクリングするみたいです。「それまでにロードバイクを買ったら?」と近くのプロショップも紹介されました。

 

まあ今のところほぼ毎日自転車のトレーニングは続いているし、プロショップは自分の身体を計測して自転車を組んでくれるので、それもいいかなと思います。自転車も長く続けられそうなので、マジに検討してみますね。ただトレーニングの観点からすると、しんどい自転車の方がよりトレーニングになります。だからもし新しい自転車を買っても、今の自転車はトレーニング用に置いておく予定です。

 

これだけ有酸素運動をして、食事の管理をしていても体重が減るという事はありません。微増しています。これは筋肉が増えているものと思っています。まあもう少し様子を見てまた色々工夫して行きたいと思います。

 

話は変わりますが、最近また私の除霊の能力が上がっているみたいです。これは私のところに来る人を除霊していて分かります。体のトレーニングとは関係ないと思いますが、霊に関して今まで分からなかった事が分かるようになりました。中には部屋に入ってくるだけで「ああこの人は除霊が必要だな」とわかります。「何故分かるの?」と聞かれても説明できませんが分かるのです。そして分かる場合は100発100中でその人に霊障があります。

 

もちろん全部祓ってあげるのですが、除霊前後の違いが顕著なので皆さん驚かれます。また除霊で遠くに居る人が回復したりします。これには私が驚きました。自分でもまだ自分の力が何処まで行くのか分かりません。身体同様パワーも毎日少しずつ進化しているのかもしれませんね。これはこれでこれから皆さんのお役にもっと立つと思うので楽しみです。

 

結局自分を進化させるというのは楽しいものです。何もしなければ何も進化しませんが、何か自分のためになることをする事で自分が変るのが分かると本当に楽しいものですよ。私の歳になると、何もしなければどんどん老化するだけです。それが20代、30歳の頃のように動けるようになるのだから楽しくて当たり前です。

 

まず筋トレで挙げているウエイトが既に20代の頃を超えています。心肺機能は銀座に呑みに通っていた30代とは比べ物にならないほど上がっていると思います。それでもどうせ遅かれ早かれ私は死にますが、死ぬまでの生きている日々を自分で工夫して楽しくするのは大切な事ですね。

 

要するに人生とは工夫なのですね。何もしなければ、まあそんなに良い人生にはなりませんが、いくつになっても工夫次第で楽しい人生に変えていくことができます。私など筋トレや食トレや有酸素運動をしていなかったら、糖尿病と高血圧と痛風で今頃入院生活しているか、寿命は既に決まっているので、もしかすると寝たきりになっていたかもしれません。

 

それが工夫する事によって人生がこんなに楽しい時間になるのです。この味を覚えると本当にやめられませんよ。自分を変えるために、ためらわずに最初の一歩を踏み出すことですね。それが自分を変えて行きます。何もしなければ何も変らない人生を自分の工夫で変えていく。これもお釈迦様が説く「自灯明」、自分を頼りに生きていく生き方だと思いますよ。お釈迦様が2500年前に教えていた通りにやって、私の人生はとっても楽しく良くなりました。自分で人生楽しくするために死ぬまで私の工夫は続きますね。本当にありがたいと思いますよ。

 

合掌

 

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり恨みは捨てる方が良い

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は日曜日で体も日曜日です。一日何もしないで身体を休ませます。昼はいつも行っている温泉に入ってきました。良い天気なのでまた露天風呂日焼けしたと思います。でも既にもう黒いのであまり違いが分かりません。何もトレーニングせずに、何にも考えずに温泉で2時間くらい過ごしてきました。昨夜はよく寝て良い眠トレができましが、今日もまた昼寝をしました。本当に最近私はよく寝ます。これで休養はバッチリですね。

 

明日からまた朝の自転車トレーニングや、昼休みの胸筋のトレーニングが始まりますが元気いっぱい頑張れます。要らぬことを考える閑があったら自分を鍛えている方がいいですね。どうせ生きていられる時間は限られているので、怒ったり、人を恨んだりしながら過ごす時間は大変もったいないのです。私も大変不条理な目に遭うと、その時は心の奥底から「この野郎・・・」と思いますが、とにかくすぐに忘れるようにしています。

 

筋トレは嫌な事を忘れるのに持って来いですね。とってもしんどくて、とっても面白いから嫌な事を忘れます。世の中には「こいつだけは一生許さないぞ!」と思っている相手が居る人が結構居ます。確かにその時はとっても嫌な思いをさせられたのでしょう。私にも「こいつだけは一生許さないぞ!」と思う人間が居ました。

 

今でももし本人が目の前に来たら、私はとっても嫌な思いがすると思います。でもそういう相手に対する普段からの恨みは今はありません。ある時どうしても「こいつだけは・・・」と思う人間のことが忘れられずに困った時があります。「どうしたらこのような恨みの心が捨てられるのだろう?」と真剣に悩みました。

 

私がいくら恨んでも相手はのうのうと何も知らずに楽しく生きています。それを思うと余計に「この野郎・・・」と恨む気持ちがふつふつと湧いてきます。不条理な事をした相手は楽しく人生の時間を過ごしていて、自分は嫌な人生の時間を過ごしているのです。これほど不条理な事はありません。でもそこでふと気付いた事があります。

 

何度もブログに書きましたが、私がビジネスマンだった頃、私はとっても傲慢で嫌な人間だったと思います。その頃の私はマジで「狼は生きろ。豚は死ね。」と思っていました。私は大変多くの人から恨みと失笑を買っていたことでしょう。でもその頃の私はのうのうと生きていました。私が42歳で外資の社長をクビになった時に、多くの人が私の失脚とそれから予想される私の不幸を手を叩いて喜んでいたと思います。

 

その後私は実際に10年間苦労しましたが、仏道修行をして仏光さんになって、本も出版して海外でも評価されて、自分でも事業を起こして、それも軌道に乗って今は温泉に浸かりながら、そして筋トレに励みながら好きな仕事で何不自由なく過ごしています。

 

もし私を恨んでいた人達が今の私の状況を知ったらどう思うでしょう?昔私を恨んでいた人達の多くは、顔や言葉には出さなくても心の中では私が自業自得で一生もだえ苦しみながら生き、そして苦しみぬいた末に非業の死を遂げるのを待ち望んでいるのです。

 

まあ私自身が仏道修行のお陰で変わったとは言え、やはりその人達は現在私がのうのうと経済的にも、心の境涯的にも良い状況の中で楽そうに生きているのを見ると大変嫌な気持ちになると思います。

 

私にはあくまでも貧乏で悲惨な状況の中、何年も、何十年ももがき苦しみ続けて居てもらわないと困るのですね。そしてすでに社長をクビになってから20年くらい経っているけれども、今の私の状況を知ると、昔の恨みを思い出して、またもう一度私の不幸と非業の死を心から願う人も出てくることでしょう。

 

もし私が誰かに対して、「こいつだけは一生許さないぞ!」と思うならば、私も私の不幸を心から願っている人達と同じレベルの不幸な人間になってしまいます。私は大変不条理な目に遭って相手を恨んでいるのですが、それを逆の立場で考えてみたのですね。すると私も恨まれるような事を昔していたのだから、人のことは言えないなと思うようになりました。「これで人生イーブン、お相子なのだな」と思うようになったのですね。要するにプラスマイナスゼロです。

 

人は自分がしたことはすぐに忘れますが、自分がされた事は何時までも覚えています。そこを敢えて自分がしたことを思い出し、相手と同じ逆の立場で考える努力をすると案外真理が見えてくることもあるのですね。とにかくそれで私は人を恨む心が消えました。すると心が大変楽になったのですね。

 

「恨みは捨てろ」などと言葉で言ったり、頭で理解したりするのは簡単ですが、本当に恨みを自分の心から捨て去る努力をするのは大変です。でもその甲斐あって、私を恨んでいた人達には大変申し訳ありませんが、今日も私は素晴らしい温泉に浸かりながら人生楽しく過ごさせて貰っています。本当にすみません!。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生一番の財産

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

昨日はジムが休みなので、朝8.6kmの自転車ロードトレーニングをしました。そして昼は温泉ではなくてヘアーカットに行ってきました。ヘアーカットではいつも私は居眠りしています。それでも天候のせいか何故か体がだるくて仕事の疲れもあり、夜は9時半くらいに寝てしまいました。そして朝は6時前に起きました。

 

よく寝たお陰で今日は元気はつらつでした。でも少し寝坊したので自転車はいつもの半分の4.3kmしか走れませんでした。しかも走っている時にイノシシに出会いました。午前の仕事の後、昼休みはジムで肩筋肉のトレーニングをしました。今日からYou Tubeで学んだ新しいトレーニングも取り入れました。ただ今日も仕事が忙しかったので、昼休みが短くなって、有酸素運動も入れると充分思うとおりの筋肉トレーニングが時間切れでできませんでした。

 

まあ今日できなかった分は明日何とかしたいなと思っています。明日も忙しくて、筋トレの時間を作るために昼の有酸素運動の時間を減らしたいと思っています。だからその分、朝の自転車ロードトレーニングを早く起きて長めにしたいなと思っています。何とか時間をやりくりしながら自分の身体を鍛えて行きますね。60歳を越えてこんなことで頭を使うことになるとは思ってもいませんでしたが、これはこれで楽しいものです。

 

まあ平均寿命を考えると、私の場合はあと20年くらいしか生きられません。20年などあっという間に過ぎてしまうことでしょう。それもそれまでに死なないという保証は何もありません。だから一日一日を余計大切に生きなければならないのですね。子供の頃はこんな事考えもしませんでした。子供の頃は自分は死なないと思っていました。そう言えば先日、人の寿命は既に決まっているという話をしました。

 

「何時まで生きるのかが決まっているのなら、何もそんなに運動など頑張らなくてもいいじゃないか!」と思う人も居ますが、それは大きな間違いです。もし85歳まで生きるにしても、70歳から寝たきりになって15年生きて85歳で死ぬのと、85歳の誕生日の前の日までバリバリ現役で元気に働いて次の日に死ぬのとでは人生の価値が全然違います。同じ85歳の寿命でも、前者と後者では人生に天と地の差があります。私は死ぬ前の日までバリバリ元気に働いていたいのですね。

 

そういう人生にするためには、やはりそれなりの努力は払わなければならないと思います。ボサーっと生きていると、高齢になっても元気で過ごせる可能性が確実に低くなるので、私は毎日トレーニングしているだけです。寿命は決まっているので、長生きするかどうかは分かりませんが、死ぬ前の日まで元気で過ごす事は不可能ではありません。私はそれに挑戦しているのですね。

 

まあ健康診断をしたり、病院に行ったり、薬を飲んだりすること無く、筋トレ、食トレ、眠トレ、心トレに励んでいるので、死ぬ前の日まで元気に過ごせる可能性が高くなっていると思います。これは当たり前の話ですが、筋トレ、食トレ、眠トレ、心トレをすることなく、不安に駆られてすぐに健康診断を受けて、すぐに病院に行って、すぐに薬をパカパカ飲んでいる人と、不安に思うことなく、健康診断に行くこともなく、病院に行かず、薬も飲まずに、正しい知識を持ちながら必要な血液検査だけをして、筋トレ、食トレ、眠トレ、心トレに毎日励んでいる人と比べてどちらが死ぬ前の日まで元気に居られる可能性があるかというと客観的には後者ですね。

 

でも普通世間一般にはこのようには考えないので、60歳を越えてジムに行っている人と病院に通っている人を比べると、圧倒的に病院に通っている人の方が多いのです。そして何の疑問も感じることなく、薬を飲みながら、そしてあたかもそれが仕事であるかのように病院に通いながら、健康保険を使いながら「具合悪く」長生きをするのですね。これは大変ご苦労さんな生き方だと私は思いますよ。私にはとてもそのような生き方はできません。

 

自分の人生を寿命が来るまでどう生きるかはその人の自由ですが、普段からこのようなことを考えながら自分を鍛えて毎日を過ごすのと、世間一般の「ジョーシキ」と言われるものに基づいて周りの人がしているのと同じようにしながら過ごすのとでは、自分の寿命までの人生の価値が相当違うと私は思っています。いくらお金があっても、資産があっても、肩書きがあっても、病気でいつも具合悪く寝ているのなら、お金や資産や肩書きは無きも同然です。健康こそが自分の人生を寿命が来るまで充実させる一番の財産だと私は思いますよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご苦労さんな人生

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日の朝は霧がとっても濃かったのと、ちょっと寝坊して体も疲れていたので自転車のトレーニングはスルーしました。その分昼休みの背筋と広背筋の筋トレは頑張ったのですが、一昨日からトレーナーに指摘されて始めた腹筋のトレーニングでお腹がメチャメチャ筋肉痛です。腹筋は昨日一日休みがあって、今日は2回目だったのですが、本当に痛くて死ぬ思いで2種目それぞれ10回3セットをやりました。笑っても、くしゃみをしても痛いですね。こんな筋肉痛は久しぶりです。

 

私は自分の生活や人生だけを考えると今のところ何の問題もありません。ところが世の中の人の心を知る時、自分に直接関係無くても、嫌な思いをしたり、腹立たしかったりすることが結構あります。職場で意地悪をしたり、自分の欲で人を困らせたりする人の話などを聞くと本当にこの人間社会が嫌になります。

 

私は昔アメリカの上場企業の役員もしていたので、やろうと思えば海千山千で、この世の中をすいすいと生きていくのは結構簡単にできると思います。昔はこの人間社会に関して何とも思わなかったし、上手くやっていくのが自分の腕だと思っていました。でも色々仏道修行をして、自分の価値観も変って、この世を自分だけが上手に渡って行っても一体何の意味があるのか?と思うようになりました。

 

多くの企業経営者や金持ちなどを見ると、自分は大したものだという感じで生きている人が多いですが、今の私はそういう人間を見ていると本当に嫌になります。もし外資の社長をクビにならなかったら自分もこういう人間になっていたのだろうなと思うとぞっとします。お陰さまで自分で起業した事業も今のところ軌道に乗り、経済的には何ら不自由なく暮らせていますが、昔と違い今は質素倹約を旨として毎日を過ごしています。

 

本当に今は物で欲しいものがほとんどありません。逆に欲しい物はほとんどお金で買えないものばかりです。人は本来他の人にも親切にして暮らしておれば良いのに、自分勝手になり、陰湿ないじめなどを職場や学校でするようになり、また「人の不幸は蜜の味」と人の不幸を喜ぶようになります。このような人は生きている価値が本当にあるのかなと思う時があります。生きているだけで周りにとっては迷惑です。例えば私が欲しいのはそういう悪い心を持たない人間社会です。これはお金では買えませんし、よほどのことがない限りは実現不可能に思います。

 

昔は私はこういう世の中を何とも思わなかったのに、心の修行をすればするほど人の心の汚さが分かってきて本当に嫌になります。まあ私もビジネスマンの頃をはじめ、禅の修業をして仏光さんになってからも結構自分の心は汚れていたと思います。でも数年前より合掌瞑想をするようになってから本当に自分が変りました。法華経に「衆生病む、故に我病む」という有名な言葉がありますが、まさしくその通りだなと思います。

 

私の生活だけを考えて人のことなど放っておけば、何の苦労もなく毎日が過ごせているだろうなと思います。でも意地悪をする人や、また逆に可哀想な人を見ると私はどうしても放っておけないのです。でもその可哀想な人すら、今の問題が解決すると何事もなかったかのようにどんどん自分勝手になっていきます。そして元の生活に戻っていくのです。みんながみんなそうだとは言いませんが、そういう人が多いですね。

 

それが人間社会では当たり前で、その中で自分がどう上手く生きるのか、自分がどう上手く世の中を渡っていくのかだけに人々が汲々としている姿を見ると自分の心も沈んで行きます。「もっと違う良い生き方があるだろう!」と思うのですね。人の心が病んでいる。だから自分の心も晴れわたる時が無い。「衆生病む、故に我病む」ですね。

 

でもこれが私に課せられた人生の課題なのでしょうね。自分のことだけなら今のままで充分過ぎるくらいです。何の問題も感じないし、もし明日死ぬことになったとしても上出来だと思っています。何の文句もありません。でも世の中とか他の人となると課題がいっぱいで、自分に与えられた力を使って少しでも良くしていくのには「何をして行けば良いのだろう?」といつも思います。

 

そして世の中は別に仏道修行などをしているわけでは無いので、やればやるほどジレンマを感じたりします。まさしく世の中の人はマザーテレサの逆説の10か条ですね。この逆説の10か条は暇があったらネットで検索してみてください。大変的を得ていると思います。

 

まあ私には答えは分かっていて、今自分にできることを淡々とベストで毎日することがお釈迦様が説いている真理に近づきます。その為にも私は死ぬ前の日まで元気で居なければなりません。そして好き好んで色々なトレーニングを朝から晩までしているのですね。しんどいはずの事が好きなのです。本当に困った話です。

 

考えてみれば自分のことだけ考えて、他は放って置けば良いのに、好き好んで世の中の苦に首を突っ込んで、同じように自分も苦しんでいるのだから本当にご苦労さんな話です。でも仏道をちゃんと実践していくとどうしてもそうなります。まあそのご苦労さんがこれからの私の修行なのでしょうね。私の人生は死ぬまでご苦労さんなようです。よほど前世で悪い事をしたのかなぁ?まあどうなるのかとりあえず死ぬ前の日まで頑張ってみますね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せへの第一歩

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日の山の上の朝は濃い霧に覆われていました。それでも自転車でロードトレーニングをいつものようにしてきました。昨夜は今日予定していた胸のトレーニングの夢を見ました。ダンベルプレスをしている夢で、夢の中でも楽しかったですよ。筋トレ好きもここまで来ると「ちょっとおかしいのかもしれない」と自分で思いました。でも今日の昼は夢で見た通りの筋トレができました。これはこれでやっぱり楽しかったです。

 

昨日は日曜日で時間があったので、YOU TUBEを見ながら北村克哉という凄い体のボディービルダーの筋トレの方法やコンセプトを色々勉強しました。これはとっても勉強になりました。そして学んだ筋トレが夢に出てきたのでしょうね。今日は勉強した通りに新しいメニューを胸のトレーニングに加えました。そして身体作りは筋トレだけではなくて、食事や睡眠も同じように大切であることも今までよりも深く認識しました。

 

トレーニングの世界では、筋肉のトレーニングを「筋トレ」、食事の管理を「食トレ」、上質の睡眠をとるのを「眠トレ」と言います。食べるのも寝るのも筋トレと同じように大切なトレーニングなのですね。私は朝の自転車トレーニングをするので、これに「カートレ」が入ります。カートレとはカーディオバスキュラー(心肺機能)トレーニングの略で「カートレ」。それから朝の瞑想や座禅の修行をするので、これは「心トレ(しんとれ)」ですね。カートレと心トレは私が作った言葉です。

 

こう考えると私は朝から晩まで、寝ている間もトレーニングをしていることになります。1日24時間がトレーニングです。これはある意味修行者の正しい姿だと思いますよ。常に自分の向上を目指して、できることをしながら一日一日を過ごしていくのですね。何も部屋の中で坐禅をして、庭の掃除などの作務(さむ)をしたり、また滝に打たれたりすることだけが修行では無いのです。本来は日々の何もかもがトレーニングでもあり、何もかもが修行なのですね。

 

私はこういうことをしているのが苦になるどころか楽しいので毎日続けられます。まあこんな面白い事はやめられないのですね。これはその人の意識の問題で、「・・・・のために私は・・・・をしなければならない」になると、これは苦痛以外の何ものでもないと思います。中には「そういう苦痛を乗り越えて来たから自分は凄いんだ」と思いたい人も居ます。実際に口には出しませんが、心の中では密かに自分は苦労を乗り切ってきたから「凄い」と思っているのです。こういう意識も「自分は凄いんだぞう」という「自我」なのですね。まあご苦労さんなことだけれども本来あるべき姿ではありません。

 

私は一番いいのが、自分や他人様の役に立つ事は「楽しいからやる」ことだと思っています。楽しいのだから苦痛では無いし、自分が楽しければ、「自分は凄い」とか何の関係もないし、そんなことはどうでも良くなります。そして実際「自分がどうであるか」などどうでも良いのですね。自分が心身ともに元気で働いていれば、とっても良い仕事ができるし結果もいいし、毎日が楽しくなります。自分のためになるし、他人様のためにもなります。私は「筋トレ」、「食トレ」、「眠トレ」、「カートレ」、「心トレ」が楽しくて本当に良かったです。

 

トレーニングの結果もさることながら、トレーニング自体が楽しいと思えるのが本当の幸せだと思いますよ。この国では「苦労の末に幸せを掴む」というのが結構美談になりますが、そうではなくて「楽しいから頑張っていたら良い結果が出てしまった」の方がもっと幸せだと私は思います。やっぱり「好きこそものの上手なれ」が一番ですね。自分は一体「何が好きなのか?」を見つけることが、先ずは幸せへの第一歩だと思いますよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>