仏光さんの心の相談室
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

善因善果(ぜんいんぜんが)

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

昨日は朝の30kmのロードバイクトレーニングに加えて、昼休みにまた富士山目がけて登って行って20km走りました。朝から普通に仕事をしながら合計50kmも走れたのでとっても満足です。私は今年64歳になりますが、自分の仕事をしながらこのようにトレーニングできるのは嬉しいことです。

 

お陰様で体はすごく快調です。食事の管理も心掛けているので、3月に予定している血液検査が楽しみです。特に胃腸の調子がすこぶるいいです。検査の結果を見て必要であれば、またトレーニングメニューや食事の内容を改善していきます。

 

普通は血液検査と言うと、何か自分の体に病気が無いか探すためにするものですが、私の場合はトレーニングメニューの改善のために3か月に1回検査しています。私の友達の病院の院長は「こんな目的で血液検査をしている人は居ません。」と笑っていました。まあそうでしょうね。でも彼にも検査料が入るわけですから、お互いハッピーです。

 

私はがんになったらがんで死にますのでレントゲンとか人間ドックとか病気を探すための健康診断は一切受けません。でも血液検査の結果を見る限りトレーニングと食事管理のお陰で本当に健康になりました。逆に3か月に1回健康なのに自発的に血液検査をしている人もまず居ません。日頃の健康状態のモニターとしては血液検査は大変有効です。

 

前回の血液検査の結果を受けて食事内容を改善したので、次回の検査が楽しみなのですね。食事の管理と言っても何も神経質にやっているわけではありません。ビーガンのように本当に厳格に食事管理をしている人も居ますが、私にはそういうことはとてもできません。

 

でも食事の栄養バランスというのはある程度常識の範囲内で分かることです。だからお肉や魚、野菜、豆類、海藻類、胡麻、キノコ類、雑穀などを食べ過ぎないようにバランスよく適量摂取していれば、まず問題は無いと思っています。前回の血液検査まではロードバイクトレーニングのための炭水化物を取り過ぎていたので、ヘモグロビンA1cの値が少し高くなりました。だからトレーニング強度はそのままに、炭水化物の接種を約半分にカットしました。

 

修行はもちろんですが、このように仕事とトレーニングを両立させていると、夜は疲れてすぐに寝てしまいます。いつも夜8時くらいまで仕事をする日が多いのですが、10時には布団に入ってぐっすり寝ています。

 

私の睡眠時間は平均7時間です。昨夜は10時半に寝て、朝の5時45分まで一度も起きずに寝ていました。よく歳をとると睡眠時間が短くなると言いますが、それは歳をとってから十分な運動をせず、体が疲れていないから夜寝られないのだと私は思います。誰でも一日50kmロードバイクで走れば疲れてすぐに寝ます。

 

今は週日はゲストハウスに泊まっているので、料理作りやお風呂、布団の上げ下げなど生活に必要なことを一人で限られた時間でやっていますが、全然苦になりません。仕事が終わって45分あれば、夕食を作って、それを食べて、お風呂を入れて、布団を敷いて、次の日からの嵩ましご飯を作って、キッチンもピカピカに磨くことができます。おまけに弱虫ペダルのアニメもスカパーで見ます。そのあとゆっくりお風呂に入るのですね。

 

大学時代に夜は忙しいレストランでシェフをしていて良かったし、禅堂での修行の生活もして良かったと思います。これらは限られた時間にすべてを賄う訓練です。こういうことが今本当に役に立つのですね。人生で無駄なことは無いですね。

 

仏教の教えに「善因善果、悪因悪果(ぜんいんぜんが、あくいんあくが)」というものがあります。「良いことをすれば良い結果が得られるし、悪いことをすれば悪い結果が得られる。」という教えです。

 

なすびの種を蒔けばなすびができます。スイカの種を蒔けばスイカができます。なすびの種をまいて、スイカはできないのですね。まあ当たり前の話ですが、ここで言う善悪は人間社会の一般的な道徳という意味の善悪ではなくて、真理に照らし合わせての善悪です。

 

私が思う正しい修行、正しいトレーニング、正しい食事管理と睡眠は、私が勝手に真理に沿っていると思い込んでやっていることですが、今のところ仕事や心身の健康状態などその結果を見ると、これで正しかったと思います。今コロナ禍で大変な時代ですが、毎日心穏やかに、そしてそれなりに楽しく過ごさせて貰っています。ストレスなどほとんど感じませんね。本当にありがたいことです。

 

若いころは「自分が行かなきゃ銀座が潰れる」と言って、大酒を飲んで好きな物を食べて不摂生の限りを尽くしていましたが、五十歳を過ぎたあたりから案の定、重度の糖尿病や通風、高血圧などの病気になりました。まさしく「悪因悪果」です。

 

それらの病気を病院に行かず、薬一つ飲むこともなく自分で治すことで私の生活態度は一変しました。糖尿病や高血圧は正しいトレーニングと食事管理で3週間のうちにあっという間に治りましたが、それをきっかけにしてこれからも毎日健康になるために善因を積んでいきたいと思うようになりました。

 

かと言って長生きしたいなどと思っているわけではありません。ただ死ぬ前の日まで健康で居たいだけです。歳がいくと健康とは与えられるものではなくて、自分で作っていくものなのですね。節制と言うと普通は「辛くて嫌なもの」と思われますが、私の場合はトレーニングや食管理が面白くてたまらないので幸せです。

 

病気になったお陰で、このように健康になったのですから、これもまさしく「災い転じて福となる」です。もっと正確に言うと「災い転じて福にする」です。人生では良い悪いはいつも裏腹なのですね。これが人生の妙です。

 

病気がきっかけで自分の生活態度が変わり、今は心穏やかに過ごせるようになって幸せです。自分のしたことは善悪を問わず、必ず自分に返って来るのですね。さあ今日も頑張って50kmロードバイクで走りますね。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の体験もこれまた真理

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

今日も朝にハンドル調整したピナレロで仕事前30kmロードバイクトレーニングをして、昼休みはグストのロードバイクのハンドルの高さ調整にプロショップに行っていました。店長と店員さん二人掛かりで直してくれて、グストも見違えるようにもっと速く走れるようになりました。30分くらいかけて二人で直してくれたのに、工賃の支払いが1980円でした。

 

安過ぎてこっちが恐縮します。ピナレロも昨日の高さ調整の結果、きょうの朝は今までとは違う異次元の走りができました。荷重のシフトだけでこれだけ走りが変わるとは思ってもいませんでした。

 

何しろ平地での巡航速度が今までよりずっと早くなって、時速35kmくらいで楽に走れます。今までどのようにして自転車選手があんなに速く走れるのかちょっと不思議に思っていましたが、今日の朝のピナレロで「なるほど」と少し分かったような気がします。

 

今のハンドルの高さで良いと思うので、金曜日にピナレロもプロショップでハンドルポストを短くして最終的に仕上げる予定です。ロードバイクはハンドルを低くすると、より格好良く、そして早く走れそうに見えます。今朝は「いったい今までは何だったんだ!」と思いました。もっと早く気付いてハンドルの高さを2台とも調整すべきでしたね。

 

こんなちょっとしたことでこ、こんなに速くそして楽に走れるとは思ってもいませんでした。まあ最初からは、こういうことは私自身分からなかったと思います。毎日乗っている中で、「もっと早く楽に走るにはどうしたらよいか?」と常に考えて、経験も積めて来たから分かってきたことでしょう。まあこれも毎日のトレーニングをコツコツしてきたおかげですね。

 

世の中には本当に経験していかないと分からないことがいっぱいあります。人間は頭で理解したつもり、分かったつもりで過ごしていることが多いのですが、本当のところは経験しないと分かっていないのですね。私も自転車には乗れるし、ロードバイクで普通に100kmサイクリングで走るし、自転車の事は分かっているつもりになっていましたが、今日になって速く走るために大変重要なことが初めて自分の経験を通して分かったのです。

 

これは霊障でも同じです。私のところに初めて来る人の多くは、霊とか霊障とか全く信じていません。そういう話を私が始めると、世間一般の常識、良識では一応そうしなければならないことになっているので、皆さんうさん臭そうな顔をします。そして「お祓いは無料です」という言葉につられて半信半疑か、ほとんど疑惑の目で「ほんじゃ、まあ一応やってください」ということになります。

 

そして3分間のお祓いが終わり、自分の足腰や膝の痛み、首肩の痛み、じんましんのかゆみや咳や鼻づまりなど、その人が持っている今まで何をしても治らなかった症状が3分くらいのお祓いでその場で消えると、ほとんどの人が目を見開いて「え~~~~~~~!!!」ということになるのですね。

 

多くの場合はしばらく呆然としています。中には「私はこんなことで治ったら困るんです~~~~!」と泣きそうになる人も稀に居ます。「じゃあ今痛いですか?」と聞くと「痛くないです~~~~」とこれまた泣きそうな顔で答えます。

 

世の中では霊など信じると胡散臭い人間とみなされるので、自分がそのようになるのが嫌なので泣きそうになるのですね。でも実際今まであれほど痛かった痛みが無いとなると、それは信じるしかないのです。時間はかかっても自分の調子が本当にいいので信じるようになります。

 

 

要するに知識で理解してきた世界の一部がそこで一変するのですね。自分が体験しているものほど確かなものはありません。これを禅では「冷暖自知(れいだんじち)」と言います。そしてほとんどの人が自分の具体的な体験を通して、客観的に霊の存在を認めるようになります。

 

そこから自分の持っている世界観が変わり、より健康にそしてより幸せに過ごす人が、私のところでは年間延べ2000人~3000人くらい居られます。世間一般がそうだからと言って、それが正しいとは限りません。何が正しいかというと、自分が自分の身をもって具体的に体験したことが正しいのです。

 

それを世間から胡散臭いと思われるので無かったことにする。または自分の信条や信じて来たものと違うので無かったことにするのは非科学的で頑固な人間がすることです。そしてそのように生きるのもその人の自由です。今日の私は身をもってロードバイクの大幅な性能アップを体験しました。

 

自分の体験そのものも、これまた真理ですね。何があろうとも真理に基づいて生きることが正しい生き方だと私は思いますよ。ちゃんと良い結果が出ますから。プロショップの方々、私の自転車はとっても良くなりました。大変嬉しいです。今日もありがとうございました。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の力をこの世で活かす

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

昨日は朝からロードバイクでいつもの仕事前30kmトレーニングはできたのですが、午後はどんどん風が強くなって自転車に乗れませんでした。昼休みに時間ができたのでプロショップに行って、かねてより考えていたハンドル高の調整について話したら、是非ともそうしようという事になって月曜日の昼休みにまずはピナレロを調整に持って行きます。これでもっと腕に荷重がかけられるので前後の重量バランスが良くなります。ばっちり体に合わせるつもりなので明日が楽しみです。

 

今日は日曜日ですが、知人のお葬式に行ってきたのでロードバイクはお休みです。故人から生前より私にお葬式でお経を読んで欲しいと頼まれていたので、観音経と般若心経を読むつもりで行ったら、いきなり「最後の挨拶もしてください」と奥さんに頼まれて、皆さんの前で話すことになりました。もちろんコロナの影響でお葬式は家族葬です。故人の近い親戚の人だけ参加されていました。

 

それでも、とにかくこういう場にふさわしいお話をしなければなりません。この私の知人は日本食の板前さんで、しかもその筋では大変有名な板長さんで、私は彼のことをいつも「板長」と呼んでいました。京都の公家である四条家は日本料理の元締めみたいなお公家さんですが、板長はその四条家を通して料理人として「従四位」の位を貰っています。

 

私はこの板長の料理が大好きで、お友達という事もあり、いっぱい美味しい日本料理を頂きました。彼の料理と料理に対する真摯な姿勢については、以前に私のブログにも書きました。ブログをコピーして持って行ったら大層喜んでもらいました。大変残念ですが、満75歳で病気により亡くなりました。死ぬ前日まで奥さんと電話で普通に話していたのに、容態が悪化して最後に息を大きく吸って、吐いたと思ったら亡くなられたそうです。これはこれで大往生ですね。

 

さて最後の挨拶ですが、板長は天才的な料理人でした。でも料理以外はからっきしダメな人でした。本当にこれが正真正銘の職人というのでしょうね。そこで私は私が普段思っている「良い人生」の話をしました。板長の生き方はその話にぴったりだと思ったからです。

 

私はこの歳になって何が良い人生なのかが分かってきたように思います。人にはそれぞれに何らかの能力があり、才能があり、特技があり、また地道な努力をするなどそれぞれ力を持っています。何らかの力があるからみんな今この世で生きていられるのです。その力は「こうでなければいけない」などということはありません。人それぞれの力でいいのです。

 

私は良い人生とは、人それぞれが持っている何らかの能力や才能、そして力をその人なりにこの世で活かしきる人生だと思います。その力は人と比べる物でもありません。本当にその人なりの力で良いのです。その自分の持てる力を活かし切った時に、その人の人生はその人なりに充実し、光り輝くのだと思います。私も私に与えられた力を最大限活かして毎日生きていく生き方が、私の毎日を充実させ、私の人生を良くしてくれています。

 

人に与えられた力はそれぞれですが、それらの人各々が大きくても小さくても自分の持てる力を出し切って生きた時に、「最後までよく頑張ったな。生きていて良かったな」と思えるのではないでしょうか。そういう意味で板長は板長に与えられた才能、能力そして力を料理の世界で出し切って生きたと思います。それはそれで幸せな人生ですね。

 

私は「板長は持てる力を最大限料理に出し切って生きて、幸せな人生だったと思います。」と挨拶しました。そしてどうしても挨拶の途中で涙が出てきました。どんな分野でもいいのです。自分の力を出し切って少しでも人様に喜んでもらえば、それは良い人生です。板長は私が知る最高の料理人でした。逝ってしまってとても寂しいですよ。板長の料理を食べられる私は幸せでした。数々の美味しい、そして美しい日本料理、本当にありがとうございました。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

+

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が頼りになる自分を創る

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

やっと昨日から少し暖かくなって来て、ロードバイクも乗りやすくなりました。今から思うと年末年始よくあんなに寒い中、走っていたなと思います。今日も温度が上がったので、昼休みに気持ち良くロードバイクトレーニングをしてきました。今日は富士山の方向に登っていくヒルクライムをして、そこから一気に狩野川まで下りて、何だかんだで50km走ってきました。とっても楽しかったです。

 

さて、昨日も少し遠い町から1年半以上不調が続いている20歳の青年が私のところに来ました。頭痛と胸の痛みがあって苦しいのですが、どこの病院に行っても原因も分からないし、各種検査結果にも異状がありません。でも本人は苦しくて通っている専門学校を1年間休学しているのです。昨日はお母さんに連れられてやって来ました。

 

まあ私のところにはこういう人がしょっちゅう来られます。だいたい検査結果は正常で、これと言った原因が分からず、病院ではそれらしい病名を付けられて薬も出されているけれども、全然良くならないというケースは大概霊が憑依しています。この青年も霊障だなと思ってその説明を始めると、私の療法院をその青年に紹介した人が、「お祓いで一発で治ったのを聞いて来ました」と言ってくれたので、「これは話が早い」と、すぐにお祓いを始めました。

 

結果的には普段通り3分間のお祓いで体の調子はその場で良くなりました。頭痛は無くなり、胸の痛みや違和感も無くなり、「体が軽~い!」と言ってベッドから起き上がりました。今日も朝から同じように霊障で来た別の青年を診ていたのですが、結果は同じようにすぐに症状は改善しました。

 

年間延べ3000人くらいの人をお祓いしていて、その全てにおいて症状がその場で改善するのは大変結構なことです。でも普通世間でこういう次元を否定して、生きていても、「命」とか「本来の自分」について本当はどうなのか知らないのに、世間一般の知識で知ったつもりになって生きているのがよく分かります。もちろん私も以前はそうでした。

 

それでも人間社会を生きて行くのには何の支障もありませんが、「命」とか「本来の自分」について結局分からずじまいで一生を終えるのはもったいないなと思います。私が禅の修行を道場でしていた頃は、霊の存在など躍起になって否定していて、世間並みにそういうことはインチキで胡散臭いものとして処理していました。

 

その上で「本来の面目!(自分)」とか「衆生済度、(生きとし生けるものを救う)」などと分かったつもりになって大真面目で話していたのです。まあ周りがみんなそうだし、世間一般もそうだから自分もそれで正しいと思っていたのですね。

 

今からその頃の自分を思い返すと、何も知らないくせに知ったつもりで大真面目で坐禅していたし、ブログなども書いていました。何にも分かっていなかった自分が大真面目でやっていたことがおかしくて吹き出しそうになると同時に、とっても恥ずかしい気持ちになります。

 

今はそういう次元があるのも当たり前なのが分かっていますが、よくテレビの番組で霊媒師みたいな人と出てくるような霊のシーンと、実際の霊は違います。そんなに怖いものでもないし、霊も困っているという感じですね。世間で一般的に理解されているものと実際は違います。また番組ではいい加減なことをインチキ霊媒師が真顔で言ったりしているので、これも聞いていて吹き出しそうになります。

 

霊が見えたりする人は結構世の中に居ますが、霊障で何か問題が起こっている場合に、それに対して有効に100発100中その場で対処できる人は私の周りに居ないし、私が知っている限り今のところ世の中に居ません。そういう人が居れば本当に一度お会いして、色々意見交換をしたいと思っているし、たぶん私と同じことを言うだろうと思いますね。もし居たらそういう人を知るだけでも心強くなります。

 

今のところ霊に対しては1対無数で一人で頑張っている感じなので、本当に私と同じことができる人が居たら是非ともお会いしたいです。それまで私一人で孤軍奮闘しますね。そのためにも瞑想とロードバイクによる心身のトレーニングは私にとって大切です。最近私のそういう力が大きくなってきているのも、こういったトレーニングのお陰かなと思っています。

 

何しろ霊障に関しては、私一人でだれにも頼れないので、自分の力が全てなのですね。今の私にはそれしかないのです。だから頼りがいのある自分を作るために毎日の精進は欠かせません。これは人のためにやっているというより、自分のためにやっています。若いころの私は何処か人を頼るところもありましたが、お陰様でそういう気持ちは今は一切私の中から無くなりました。

 

「自分が自分の救済者である。自分で自分を救わずして、いったい誰が自分を救ってくれるというのか!」とお釈迦様は説いていますが、本当にその通りですね。私だけではなく、世の中の人すべてにおいて「自分が自分の救済者である」ということが真理です。本当にこの言葉は今の私にとって胸に染みます。お釈迦さま、ためになる真理をありがとうございます。本当に助かりました。

 

合掌

 

仏光

 

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

+

 

嫌なことでもあるがままに見る

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

今日は雨でロードバイクは休みです。昨日は休日でしたが、仕事の関係で45kmしか走れませんでした。朝からガンガンロードバイクで走れる春が早く来ないかなと思います。「春よ来い」ですね。それにしてもこの年末年始は寒かったですね。北陸などの北国では、道路で立ち往生した車も大変多かったです。

 

でもこういうニュースを見るといつも思うのですが、散々ニュースなどで「今回は大変な吹雪になるので外出は控えてください。道路で車が立ち往生しますよ。」と言っているのに、何で車で外出するのかなあと不思議です。その挙句に28時間も雪の中で立ち往生したり、雪に車が埋もれて一酸化炭素中毒で亡くなったりするのです。

 

トラックなどの営業車は仕事である程度仕方がないかもしれませんが、それ以外の人は「まあ何とかなるだろう。タイヤもスタッドレスだし。」と思って行くのでしょうね。同じようなことがコロナでも言えますね。多人数での飲食や密閉された空間などは感染のリスクが高いと言われていて、国会議員をはじめ、わざわざ会食したり接待を伴う店に行ったりするのですね。その挙句にコロナに案の定感染して、他の人にもウイルスをうつすのです。

 

私は若い頃から海外に住んで、また海外を飛び回っていて、知らず知らずの内に危険予知というか、自分の危機管理をするようになったと思います。もちろんそれで十分とは思っていませんが、経験の中では戦闘状態の中に居たり、爆撃機に爆撃されたり、空港で軍に自動小銃を突き付けられて身柄を拘束されたり、普通の平和な日本では考えられない状況に居たので、自然と危機に対する感覚が鋭くなったのだと思います。

 

そういう意味で、散々「危険ですよ」と言われているのに、そこに行く人の気が知れません。よく台風の時にじいさんが大雨の状況を見に行って用水路に落ちて死んだりしていますが、たぶん多くの人は自分は大丈夫と思っているのでしょうね。天気図など客観的な情報が「危険」と言っているならば、それは危険と判断するのが当たり前なのです。

 

私が今大変危機に感じているのが、コロナよりか南海トラフ地震です。学術的にあと20年の間に確か80%以上の確率で起こると予想されています。これはもう起こると考えておいた方が良いでしょう。20年後として、その時私は生きていれば83歳になっています。そんな歳になって災害に遭い苦労するのが今から分かっているのです。

 

人間というのは不思議なもので、心理学的に本当に大きな危機は実際それを危機と思わないというか、感じないらしいです。これも心の正常性バイアスなのですが、大雨が降っていてすぐに非難してくださいと言われても、自分の家は大丈夫と思い込み、がけ崩れで死んだりするのが正常性バイアスです。これは悪い情報は無視するという心の働きがそうさせるのですね。

 

これは海外での調査だったと思いますが、ダムから50km離れて住んでいる人の60%がダムの決壊を心配していて、25km離れて住んでいる人の30%がダムの決壊を心配していて、ダムのすぐ下に住んでいる人は誰もダムの決壊を心配していないという調査結果があります。目の前の危機に対しては人間は鈍感になるようにできているのですね。

 

 

全体としては普段危険がないところで暮らしている人ほど、この正常性バイアスが強くなるみたいです。平和な日本は正常性バイアスが強い国かも知れません。いつも何か起こるかもしれないとびくびくしながら生きるのも問題ですが、危機的状況なのに、「自分は大丈夫」と思い込む正常性バイアスも問題です。

 

私は南海トラフ地震は明日来てもおかしくないし、首都圏の直下型地震も同時くらいに起こるだろうし、それが引き金となって富士山も噴火するだろうと思っています。特に私の家は富士山の景色がきれいに見えるところにあるので、噴火すれば危ないということです。

 

かと言って、毎日不安でしょうがないということもありません。地震だけは何処に居ても来る時は来るので、助かるか助からないかは運です。強いて言うならば海岸に住むのは津波の危険があるので標高の高いところの方が良いと思います。別に危機を煽るわけではありませんが、あるものはあるし、来るものは来るのです。

 

自分の正常性バイアスに気付き、予測される危機は回避するのが当たり前だと私は思っています。それでも危機に陥る時もあるでしょうが、それはそれでその時自分のベストを尽くすしかないですね。

 

お釈迦様は人間の根源的な苦から逃れる八つの道、「八正道」を説いています。その最初にあるのが「正見(しょうけん)」で、「自分の感情や考えを入れずに、物事をあるがままに見る」という意味です。お釈迦様は人間の心にある正常性バイアスについても気付いていたのでしょうね。これが人間を苦から救うというのです。

 

やはり自分にとって都合の悪いことであっても、「あるがままに見る」ということが大切なのだと思いますよ。私の場合は南海トラフ地震は明日起こっても不思議ではないし、富士山もそれに前後して噴火すると思います。

 

富士山の場合、前回の噴火よりすでに300年以上経っていて、300年かそれ以下の周期で今まで噴火しているので、地質学的に富士山が噴火するのは当たり前なのです。もうかなりのマグマの圧力が富士山の下に溜まっているかもしれません。

 

そうなると私の療法院は溶岩流で破壊される可能性があります。自宅までは距離があるのと標高が高いので溶岩が流れてくることはありませんが、衝撃波や火山弾で窓は割れると思います。もしかすると火事になるかもしれません。

 

火山灰の量もすごいと思うので、まず停電することでしょう。こういう危機的状況を生き延びたとしても、生活基盤が失われるのでこの土地では暮らせなくなると思います。

 

したがって、私は多分両親が残した琵琶湖の近くの山荘に行って、そこで避難生活をすることになるでしょう。まあ約400km離れているので、そこまで行くのも大変かもしれませんが自転車に乗ってでも行きます。

 

山なので鹿もいっぱいいるし、川にアユもいっぱいいるし、食べる物のは何とかなると思います。亡くなった母親がやっていた畑をもう一度耕すのも良いかもしれません。

 

老いてそういうことができる歳でなかったら、後は運命に身を任せるしかありませんね。体が弱っていて何もできないのですから。もう一度言いますが、私は危機を煽るつもりはありません。しかし20年以内に80%の確率で地震が起こるというのは、起こると考える方が自然です。

 

自分の正常性バイアスを外しながら身の振り方を今から考えておくのも大切だと思いますよ。それが「正見」であり、自分を将来の苦から救うことになるのですね。まあこれだけ書いても、「そんなことは無いだろう。ふにゃ~」で終わる人がほとんどだと思いますが、これはこれで私は真理だと思います。お釈迦様、「八正道」どうもありがとうございました。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が平和になる方法

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

今日は日曜日ですが、寒波の影響でとても寒いですね。やっぱり早朝からのサイクリングは、気温が低く道路に霜が降りているところがあって危なくて走れません。だから昼前から50kmほど走ってきました。帰りがけにプロショップで右足のサイクリングシューズを調整してもらって、もっと真っすぐ、そしてダイレクトにペダルに足の力が伝わるようにしました。もう少し走ってみてまだ調整が必要か見てみます。その後は小学生の国語教室で作文を教えていました。

 

冬はサイクリングをするには色々障害がありますね。太平洋側なので天気は毎日晴れですが、強風と低温と霜と氷結と日照時間で行動が制限されます。まあそれでも喜んでやっているのだから、本当に私はロードバイクが好きなのでしょうね。ロードバイクは無心になって走れるところがとっても魅力的です。ロードバイクに乗っている時は、走ること以外にほとんど何も考えていません。

 

昔の中国の文献に良いアイディアや戦略がひらめくのは、馬に乗ている時とトイレに入っている時であると書かれています。あともう一つあったのですが、それは思い出せません。とりあえずロードバイクに乗っているというのは、昔で言う馬に乗っているのと共通していると思います。たぶんどちらも乗ると自然と無心で走るようになって、雑念が頭から無くなり、良い考えが浮かぶようになるのでしょうね。

 

人間の脳だから今も昔も変わりません。同じような状況になると同じように反応して働くのです。私の場合、良い考えが浮かぶというより、ロードバイクに乗っていると心が平和になりますね。きつい登り坂のヒルクライムなどをすると、足の筋肉や心肺機能は目いっぱいきつくなるのですが、心はそれに反比例して穏やかになっていきます。これも頭の中から雑念が無くなる結果ですね。

 

人間は何もしないと頭は雑念だらけになって悩み出します。雑念と悩みは正比例します。雑念が多い人ほど悩みも多くなります。そして人生が辛い苦しいになるのですね。例えば、「ああなるのではないか?こうなるのではないか?」などと、まだ来ぬ未来のことを心配するのは雑念です。人からどう見られているか?とか、どう思われているか?などと、「ああでもない、こうでもない」と考えてしまうのも雑念です。

 

要するに今自分がしなければならないこと以外のことを考えていれば、それが雑念です。多くの人は仕事をしながら、その仕事以外のことも考えています。そしてそれが普通だと思っていますが、それが雑念です。私も仏道修行をする前はそれが普通だと思っていました。ところが修行により何が雑念なのかという事を理解してからは、如何に自分の雑念を少なくできるか努力するようになりました。何故なら雑念が私の人生を台無しにするからです。

 

世の中の多くの人が雑念で頭が常にいっぱいになりながら生活しています。そして色々悩み、心配や辛い思いをしても、人間だからそれが普通だと思っています。でも正しい努力をすると、雑念が少なくなり、そしてそれに比例して悩みや不安が少なくなり人生が楽になるのですね。心が平穏になっていくのです。

 

しかし普通はそういう雑念を無くす努力を何もしないで、ただ漠然と「もっとお金があれば人生が楽になる」などと思い続けて一生を終えます。そしてそういう人にはそのお金すらあまり入って来ません。宝くじを買っても外れますから。もし仮にお金が入ってきたとしても、雑念の頭のままだと悩み、不安から逃れることはできません。

 

世間と自分を見比べて、まあまあ自分がみんなと同じようであればそれで良しと思い込んで生活している人も多く居ます。でもこれでは雑念が多いままだから本当の意味で、生きている間に人生の悩みや不安からは解放されないのです。

 

私の場合瞑想や坐禅もまあいいのですが、ロードバイクで走っているのが一番楽しくて、一番手っ取り早く雑念を頭から追い出すことができているような気がします。だからと言って何もしないでロードバイクだけに乗っていれば、私は元の雑念だらけの人間に戻ることになるでしょうね。

 

何故なら。毎朝瞑想による仏道修行をした上で、ロードバイクに乗っているから雑念が頭から出て行って、そのままで居てくれるのです。そして雑念が無くなることにより、本来の自分を見つめることになって、心が平和になるのですね。

 

どのように人生を生きるのかは人それぞれの自由です。悩みや不安も人間らしさとして生きていく人は、それはそれで良いと思いますよ。でも人生の悩みや不安などの苦から逃れて平穏な心で過ごしたいと思うのであれば、先ずは自分の頭の中にある雑念を取り除く作業から始めなければなりません。正しい瞑想や体のトレーニングがそれですね。

 

今日やれば明日どうこうなるというものでもありませんが、毎日何年も続けていると普通に雑念が少なくなっていって、悩みや不安がそれに比例して少なくなっていきます。そういう生き方を選んで私は幸せですよ。これからもそのように生きていきますね。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祖母の教え

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

昨日と今日は風が強くて、あまりロードバイクに乗れませんでした。それでも嬉しかったのはピナレロのロードバイクがすっかり直ったことです。後輪からの空気漏れも解消しました。今日は昼間にプロショップに行って、グストのハンドルの部品をハンドルがゆるみにくいものに交換してきました。これもほとんどコストがかからないので助かります。

 

いま日本にはものすごい寒波が来ていて、日本海側ではお気の毒に大変苦労されている人が多いと思います。それから比べれば私の住んでいるところは太平洋側で、雪も降らず風が強いだけなので、天気に文句を言う筋合いはありませんね。思うように自転車に乗れないだけです。

 

今日の朝はとっても寒かったのですが、風が出てくるまでちょっと20kmほどロードバイクで走ることができました。走っている時に「生きているっていいなぁ」と心から思いました。元気だからこんなことがしていられるので、本当に感謝の気持ちが湧いてきます。今日は6時前に起きて坐禅をしてからロードバイクに乗りました。先に瞑想や坐禅をしてからロードバイクのに乗るパターンが心にいいのかも知れません。

 

明日死んでも文句はないと思っていますが、やっぱり生きていれば生きているだけのものもあって、とっても良いなあと思います。この生命だけは生きているのではなくて、生かされているのですね。自分で自分の天寿は決められないということは、天に生かさせてもらっているのです。だから生きている今日一日は大切にしたいものです。

 

ここに来てコロナ感染にも拍車がかかり、緊急事態宣言も出ました。もっともここまで感染が広がってからなので、どこまで効果が出るのかなと思います。やることなすこと本当にヘタ打ち万作の日本政府ですが、もう一々今の日本政府に腹を立てるのは時間の無駄なのでやめました。

 

政治献金をもらって与党の幹事長が中心になってGo toをやったり、Go toでコロナ感染を広げておいてまたやめたり、自分は大人数で会食をしておいて、国民には会食するなと言ったり、まあ今の政権と政権与党は議員各々があまりにも無能過ぎて、もう批判するに値しないと思います。私は知らん顔して、自分と自分の周りの人を守ることに専念しています。

 

ただ今後の世界については、どうか世の中の価値観が変わって富の独占ではなく、富の分配が行われる社会になってもらいたいと切に願っています。人間の歴史を見るとパンデミックの後は必ず社会に変革が起こっているので、私はそういう変化に期待しているし、それに向かって自分でできることは一生懸命やろうと思っています。

 

ただ心配なのはコロナ禍によって失業する人が増えて、貧困家庭が増えることです。特に飲食業や宿泊業に大きな影響が出ています。貧困家庭はシングルマザーが多くて、それらシングルマザーが多く働いていたところが飲食業であったりするので、本当に生きて行く術が無くなって子供たちに食べるものもありません。

 

私ができる範囲は限られていますが、私にできる最大限の事をして、このような子供たちを支援していきたいと思います。規模が小さくてもこれが富の分配が行われる資本主義につながると思うし、より多くの人がこういう活動に参加すれば社会は少しづつ変わると思うのですね。先日ボランティアの人に聞いたら、昨年の貧困家庭の子供達へのクリスマスプレゼントは、子供はもちろんお母さんにもとっても喜んでもらったみたいです。

 

私の母方の祖母は、戦争初期に数年後日本が負けて大変な食糧難になると予測して、京都の呉服屋をやめて、京都の南郊外に農家を買って、呉服屋のおかみさんが次の日から鍬を持って農業を始めました。おかげで一家を食糧難から救っただけではなく、戦後京都からホームレスのようになって流れてくる人達にも食事を賄っていました。祖母は「困っている人が居れば助けなさい」と、幼い私にも常に言っていました。

 

小さい時からそのような教えを聞かされていたので、祖母が戦後していたようなことを私も今しているのかも知れませんね。私が死んであの世に行っても、「言われた通りにやりましたよ、おばあちゃん」と祖母に報告ができます。

 

祖母は常に、「自分はどうでもいいけれども、自分が積む徳が子や孫に伝わって行けば良い」と言っていました。幼かった私は一体何のことなのかさっぱり分からなかったのですが、今祖母が言っていたことがよく分かります。

 

この大変な時期に、私も私なりに徳を積まさせて貰っています。早く「心が平和になる資本主義社会」ができればいいですね。「おばあちゃん、大変尊い教えをありがとうございました。お陰様で私は幸せに暮らしています。向こうで安心していてくださいね。ありがとうございました!」

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心のリセット

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

昨日でお正月休みも終わりです。今日からいよいよ仕事ですね。3日は予定通りに100kmサイクリングができました。4日は100kmサイクリングに出かけて調子よく走っていたのですが、途中ピナレロのロードバイクの前輪のブレーキディスク辺りからほんの少し異音が出だしたのと、後輪の空気圧の減りが通常よりも早くなるマイナーな器材トラブルが発生しました。

 

そのまま走行はできますが、途中で走れなくなったら嫌なのでサイクリングを早目に切り上げました。結局走行距離は残念ながら80kmでした。その日は連続で100km走ろうとゲストハウスに泊まっていたので、次の日は朝から急いで自宅に置いてあるグストのロードバイクを取りに行って、午前中にとりあえず50km走ってから、ピナレロをプロショップに持って行きました。

 

私が信頼するスタッフがすぐにピナレロをその場で直してくれました。私も横で見ながら整備の仕方を学びました。やっぱりさすがはプロですね。ブレーキの異音の原因をすぐに把握してほんの数分で整備してくれました。後輪の空気圧はどうもタイヤの横をどこかで擦ってパンクしていたみたいです。

 

私はタイヤはを普通のタイヤからチューブレスタイヤに変更しています。チューブレスタイヤは中にフィラーという液体が入っていてパンクで穴が開いても空気圧でフィラーがすぐに穴をふさいでくれるようになっています。

 

だからパンクしてもそのまま走行できるし、パンクしたことにも気づきません。ただ穴が大きいとフィラーでふさぎきれない場合があって空気が少しづつ漏れるのですね。昨日はフィラーを少し足して空気を入れなおして様子を見ることになりました。それで空気が漏れ無くなれば問題はありませんが、まだ漏れるようであればタイヤを交換します。

 

まあこのように新年早々思い通りにいかないことが起こります。人生とはそういうもので、次から次に起こる思い通りにならないことに一つ一つ対処するしかないのです。正月休みは予定では500km自転車で走ることにしていましたが、強風や器材トラブルで結局430kmしか走れませんでした。でもこういう器材トラブルを経験すると、やっぱり自転車が2台あって良かったなと思います。

 

マラソンなら体一つでできますが、自転車は器材スポーツなので器材に問題が起こると体はぴんぴん元気でも何もできなくなります。まあこれも程度によりますが、月に1000km目標に走るようであればやはり器材はバックアップを含めて最低2台は必要かなと思いました。最初は2台は贅沢と思っていましたが、今はこれで良かったなと思います。

 

それにしても自転車というのは自転車を買う時に初期投資が要りますが、その後は毎月1000km走ってもただなのですね。考えてみればなかなか投資効率の良いスポーツです。昨日も整備をプロショップでしてもらいましたが、整備代は結局フィラー代だけで350円でした、色々見てもらっているのに350円ではこっちが恐縮します。誰かロードバイクを買いたいという人が居たら、迷わず私のプロショップを紹介しますね。

 

ロードバイクのおかげで、色々あってもこの正月はとっても良い正月になりました。ロードバイク以外は何もしませんでしたけれども、頭の中がロードバイク三昧で空っぽになって心のリセットができたと思います。

 

普段人間というのは頭の中が雑念だらけになっています。本人は自分が雑念だらけとは全く思っていません。自分は普通だと思っています。でも正しい瞑想などに集中するとその雑念が無くなっていくのですね。そして本来の自分に気付くのです。これが何もかも忘れて集中する「三昧」の効果です。

 

坐禅や瞑想も正しくすることが肝要ですが、これらは「静中の工夫」と言われてじっと座って自分の心をよく見て、心を落ち着かせる方法です。それ以外に掃除などの寺の作務やロードバイクは体を動かしながら頭を空っぽにする、「動中の工夫」があります。一つだけでは十分ではなくて、この二つをすることで心がリセットされていきます。

 

中には心を病んだりすると瞑想とかをやると思っている人も居るのですが、そんなことはありません。私などありがたいことに心身ともに健康です。まあ健康でないと正月休みにロードバイクで430kmは走れません。だから瞑想やロードバイクは心が病んでいるからすることではなくて、雑念を取り除いて本来の自分を知るためにすることなのです。

 

多くの場合、この本来の自分を知ることなく一生を終えていくのですが、私はせっかく生きているのでその間に本来の自分を知り、それを育てていきたいだけです。結果として色々なことが人生では起こりますが、本来の自分を育てることによって何だかんだ思い通りにならないことがあっても心が平和で居られます。

 

続けていくと心がどんどん育っていって、それこそ明日死んでも大丈夫と心底思えるようになるのですね。まあ生きて行くうえでこれほど強いことはありません。明日死んでも平気なのですから。

 

今年の正月は思いっきりロードバイクの動中の工夫をしたので、心のリセットができました。おかげでとっても良い正月になりました。今日から仕事が始まりますが、心のリセットができているので私は準備万端です。

 

どのような一年になるのか先の事は分かりませんが、毎日同じように思い通りにならないことを一つ一つ解決していきますね。分かっているのは健康でいる限り、私が毎日瞑想してロードバイクに乗っていることです。それだけで私は今年一年も幸せです。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんの遺言

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

正月3日になってやっと風がやみました。さっそく100kmサイクリングにピナレロのロードバイクで行って来ました。午前10時半にゲストハウスを出て、予定通り西伊豆海岸の大瀬崎に行って、次は韮山経由で修善寺に行って、慣れた狩野川の堤防を走りながらゲストハウスまで帰って来るコースです。

 

サイクルコンピューターを見ると実質走行時間が4時間45分で100km走っていました。驚いたのは最高速度が60kmになっていたことです。いったいどこでそんなスピードを出したのか思い出せません。走行距離を100kmにするために、実際は修善寺のちょっと奥の方まで行ってから折り返して来ました。修善寺から天城湯ヶ島方面に少し登って行ったのですが、それまでに70km走っていて少し足に疲れがたまって来ていたので、そこからの登りはさすがにきつかったですね

 

でも風もあまり吹かず、とっても楽しいサイクリングになりました。走っている時に昨日のブログ、「新しい国の形」に書いた元大統領補佐官で私が大好きだった教授の授業内容が昨日のように思い出されて、人間の脳というのは不思議だなと思いました。

 

人生の全ての経験はちゃんと脳のどこかにメモリーされているのですね。そして何かのきっかけでそれがよみがえるのです。できるならば頭の中身と心の境涯は今のままで、アメリカの大学生だったあの頃に帰りたいと思います。もっともっと楽しいことでしょうね。

 

さて、私の長女はニューヨークに居て、次男はテキサスに居るのですが、実は私の妹もアメリカのノースカロライナ州に居ます。妹は日本の国立大学に行って、大学院の時にカリフォルニア州立大学の大学院に転校して、それからアメリカに住んでいます。妹が国立大学に行ったのは、私の留学で親がお金を使ったので、学費が安い国立大学しか行けなかったと本人は私を責めています。

 

でも妹は日本女性では初めてアメリカのアスレチックトレーナーの資格を大学院時代に取得しました。確か健康に関する本も日本で出版していたと思います。妹は結果的には国立大学に行って良かったのだと思いますよ。以前はノースカロライナ州立大学でスポーツ医学の教鞭をとっていましたが、今はノースカロライナ州の病院のコーディネーターをしています。

 

お正月に妹からカードが来て、弁護士をしているアメリカ人の旦那さんの連れ子に子供が生まれたので、手伝いに最近までロンドンに行っていたみたいです。この時期によくそんなところに行くなと思いますが、妹は仕事柄PCR検査はもちろんのこと、もうコロナワクチンを接種しているのだそうです。まずこの時期にアメリカで病院のコーディネーターをしていること自体ハチャメチャに大変だと思いますが、アメリカのコロナ感染の実情よりも、私は妹が打ったコロナワクチンの副作用の方に興味津々です。

 

私と妹は全然価値観が違うので、話していても話がかみ合うことはありません。妹はまだお金とか社会的地位とかに価値を見出しているみたいですが、私はもうそういうステージは卒業しました。でも身内にコロナワクチンをいち早く打った奴がいるというのは、政府や製薬会社の発表ではなくて、ありのまま生の情報を得るのには大変都合がいいですね。

 

妹に何かあればまた皆さんにお伝えしたいと思います。私自身はこんなに急いで作ったワクチンにまず効果があるのかどうか半信半疑だし、絶対にワクチンの副作用が出るのではないかと思っています。私は今から3年間はワクチンを打たないと思っているし、強制されない限りたぶん死ぬまで打たないと思います。

 

妹もちょっと不思議な能力があって、真昼間に死んだ人の顔が目の前にボンと出て来てその人と話をするのです。もちろんいつもという事は無いのですが、特に私たちの祖母など身近な親族などが出てくるそうです。この点に置いては兄弟で「あるものはあるし、居るものは居る」という認識で一致しています。

 

とりあえず二人とも大学は理系で、ありがたいことに科学的な高等教育を受ける機会に恵まれました。学歴だけが大切とは全然思いません。でも今から半世紀近くも前に、こういう教育を受けるチャンスが与えられたことは本当に幸運だし、天と両親に「ありがとうございました」と今は感謝しています。まあ妹もアメリカの大学で東洋哲学ではなく、スポーツ医学を学生に教えていたわけで、目の前で起こる事象は客観的に、そして科学的に観察して受け入れることができます。

 

だから水の次に簡単な過酸化水素の化学式すら言えないおじさんおばさんから、「私は科学的なことしか信じません」などとマジな顔をして言われると、「何が科学的じゃ~!ワリャ~!」とカチンと来ます。まだまだ私の「心に怒りの火をつけない」修行が足りませんね。ただ不思議なのは私たちの両親にそのような特殊な能力は一切ありません。全く普通の人です。

 

両親も生きていれば90歳くらいになりますが、大学時代親父は生物専攻で、お母さんは物理専攻で、同じ大学に通っていました。だから子供も二人とも理系になったのでしょうね。お母さんなどよくその時代に4年制の国立大学に行って物理を専攻したなと思います。

 

当時その大学では物理専攻の女子学生はお母さん一人だったそうです。また両親とも国体に出るようなスポーツマンだったので、私たち兄弟は「スポーツをしない奴は人間ではない」という無言のプレッシャーのある家庭環境で育ちました。お陰で私も妹も一応国体には出ました。

 

価値観の違う兄弟ですが、見えない世界のことでは価値観が一致します。まあそれだけでも良かったかなと思います。お母さんが死ぬ間際まで遺言のように、「兄弟仲良くしなさいよ」と言っていたのを思い出しました。お母さん、もう妹と会うことは無いかもしれないけれども仲良くしますね。

 

そんなことより明日も風が吹かないみたいなので、もちろん100kmサイクリングに行く予定です。明日はそのままゲストハウスに泊まって、次の日も最低50kmくらいは走ろうと思います。この日は私のヘアカットの予約が午後に入っているので残念ながら遅くまで走れません。

 

でも美容院のオーナーも自転車が趣味で、私の紹介で同じプロショップでこれまたブランドのメリダのロードバイクを買ったので、正月休みの最終日は最後に自転車の話で盛り上がる予定です。

 

明日と明後日、予定通りにロードバイクに乗れるとすると正月休み期間の走行距離が450kmになります。63歳にしては頑張っているかなと自分で自分を褒めています。こういうところが私もやっぱり体育会系ですね。人生初めてのコロナ禍でのお正月でしたが、自転車に乗りまくって体も調子が良くてとっても充実しています。本当にありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい国の形

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの電話お祓いはこちらをクリック

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

明けましておめでとうございます。私の正月休みは宣言している通り、自転車三昧で過ごしています。太平洋側なので毎日天気はいいのですが、計算違いだったのは昼頃になると強風が吹くことです。この強風により結果的にまだ100kmを超えるサイクリングができていません。元旦は家の周りの山のコースを6周、20kmを走っただけでした。まあそれでも獲得標高が550mになったのでトレーニングとしてはまあまあですね。

 

今日こそと思って朝から修善寺方面に走り始めたのですが、やはり風が吹いてきてどんどん強くなっていきます。大仁と言うところで引き返したので結局40kmしか走れませんでした。残念ながら今のところ強風は天気予報通りに吹いています。明日の天気予報では一日中風が弱いみたいなので、いよいよ100kmサイクリングができそうです。

 

風のおかげで計画していた正月休みに500km走るのはどうも無理みたいですが、明日以降風さえ吹かなければ400km近くは走れるかなと思っています。まあ私はこんなのんきな正月を過ごしていますが、世の中はコロナ感染が広がって本当に大変です。緊急事態宣言を出すとか言っていますが、冬の間は感染がなかなか収まらないだろうなと思います。

 

まあ危機には初期の段階で的確な手を打たないと、どんな危機でもそれを助長することになりますね。時間と共にもっと危なくなります。私たちの日本政府は同じ島国の台湾政府のように、初期の段階で的確な手を打てなかったので仕方ありません。行くところまで行くしかないですね。そして国民みんなが集団免疫を獲得して何とか収まるのでしょうね。その間に私も感染して、もしかしたら死ぬかもしれません。まあこういうことは過去にも起こっているので、歴史は繰り返します。

 

ホテルや旅館、飲食業や旅客産業の人には本当にお気の毒ですが、経済全体としてはそれほど落ち込んでいるわけでもありません。車も売れているし、他の産業もちゃんと回り出しています。もちろんマスコミは「世の中大変でっせ」と言うところを見せなくてはならないので、宿泊業や飲食業、航空産業のダメージをクローズアップしながら繰り返し報じていますが、私たちはこんな日本のマスコミに騙されずに、もっと大きな目で経済というものを見なければなりません。

 

このコロナにより社会構造が変化していることは確かです。一番大変なのは貧富の格差がますます広がっていることです。非正規雇用者が増えて、そしてその人たちがコロナの影響を受けて首を切られて本当に収入が無くなっていることです。今まで非正規雇用者として働いて月に20万円くらいの収入で何とか生活していた人達が、収入が全く無くなり食べていけないのですね。その一方で株高により今まで以上に儲けている人達も居ます。

 

これから日本政府が無能なリにも何とかしていかなければならないのは、この経済格差を埋める政策、今無収入になっている人が就労できる方策をきちんと取ることです。単なる福祉ではなく、生活保護でもなく、ちゃんと就労する機会を国家戦略として作ることです。

 

第二次世界大戦前にアメリカ政府が株の暴落から始まった世界恐慌で失業した人達を救うために、政府が経済復興の一定の見通しを示して新しい仕事を作り出すニューディール政策を立案し、それを実行して本当に多くの失業者を救っただけではなく、国の国力を飛躍的に上げました。

 

これはアメリカの大学時代に、元大統領補佐官で国家政策であるマーシャルプランを立案、実行した教授の授業で学びました。アメリカのマーシャルプランについては、高校の社会科の教科書に出ていたと思います。「教科書に書いてあったことをこの人が作ったんだ!」と感動したものです。

 

この教授は親日派で、学生だった私は教授の家のパーティーに招かれたりして随分かわいがってもらいました。この時に国家として国民のためにどのような政策をとらなければならないかという政治学的な考え方の基礎ができたと思います。良い先生に恵まれたと感謝しています。

 

 

こういうことをするのが危機的状況において、政府がしなければならない本当の仕事です。もちろんこういうことができる能力のある政治的なリーダーが必要なのですが、今の日本の政治リーダーは国家としての経済戦略が「Go to、ふにゃ~」などと言って国民のポケットマネーに期待した政策に終わるだけではなく、結果として国中にコロナ感染を拡大させた程度のことしか考えられない頭の持ち主なので、見事に愚かと言うしかありません。

 

これを機会にこれから私たちはもっと普通にちゃんと政府としての仕事ができる政治家を選ばなければなりませんね。大阪や北海道などの若い知事さんのような政治家がもっとこの国には必要です。

 

まあ今は質の低い日本の政治家と政府ですが、うまく行けばコロナが幕末の黒船になってくれるかもしれません。今までの資本主義の悪い面がコロナによって一気に表に吹き出してきています。従来の資本主義で一番悪い点は、「お金はあるのだけれども心の平和が無い」というところです。これは歴史的にそうです。

 

私事で恐縮ですが、資本主義の権化みたいなアメリカの上場企業で10年近く役員をしていた経験からそう思います。確かにお金を儲けることはできるのですが、それによって心の平和が得られるかと言うとそうではないのですね。それは従来の資本主義の本質が、究極は富を独占しようとするところにあるからです。これでは心の平和は得られないのですね。

 

どのようにしたらお金を稼ぎながら心の平和を得るかと言うと、稼いだ富を分かち合う事により心の平和、心の平穏が得られるのです。貧困家庭の飢えている子供たちにお米を届けると、私の心が平和になります。昨年のクリスマスは私だけではなく、皆さんから頂いた浄財で子供たちにお菓子や食べ物をいっぱい入れたクリスマスプレゼントの袋を用意して、私の長男がサンタクロースになってプレゼントを一人一人に配りました。貧困によりクリスマスプレゼントなど貰ったことも無い子供も居て、とっても喜んでもらったみたいです。これが「心の平和」です。

 

私は新しい資本主義は「心の平和が得られる資本主義」にしなければならないと思いますよ。これは国家単位で本気でやろうと思えばできることです。これを国家の経済戦略として進められる国が、これからの世界のリーダーとしてのあるべき国の姿になると思います。これが実現できた国が一番極楽浄土に近い国です。

 

お釈迦様が言う「分かち合うことによって、物惜しみの心に打ち勝て」ですね。ケチな人間に心の平和は無いのです。この「心の平和が得られる資本主義」はある意味仏教的資本主義です。今年の正月休みは自転車以外にこんなことを考えていました。この新しい国の形のために、今年も私にできることからやっていきますね。こうなるともっと長生きしたいなとも思います。貧困家庭の子供支援をはじめ、今年も私が生きている限り自分のベストを出して頑張りますよ。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>