仏光さんの心の相談室
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

瞑想で得た大きな気付き

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

昨日のことですが、朝の瞑想をしていて大変大きな気付きがありました。まあ仏教ではこういう気付きを悟りというのですが、今回のが私の修行のなかで一番大きな気付きでしたね。残念ながらこういう気付きというのは人類の言葉で説明しようがありません。説明しようとしてあえて言葉にすると、もうそれは気付きの本質から外れてしまうのですね。

 

だからその内容をここで説明する事はできませんが、何か近い形で話すことはできるかもしれません。もちろんこれが私の気付きの本質そのものではないのですが、何とか日本語にしてみます。ただその内容は私の気付きに近いけれども違うものだと理解しておいてください。そうでないと「な~んだそんな事?」という反応になるのが今から分かっているので、一応言っておきますね。

 

ミツバチは花の蜜を集めますが、花粉も食料として集めます。花粉はミツバチにとって大切なタンパク源になります。この花粉をミツバチは足に団子のようにつけて巣に持ち帰るのです。ミツバチにとって花粉は大切なもので、この花粉をいっぱい持っているミツバチはミツバチの中では金持ちのミツバチなのです。

 

ミツバチが1匹大きな花粉団子を足につけて、得意満面に私の前に飛んできました。そしてその花粉団子を足からはずして私の前に並べました。そしてミツバチは「こんなにリッチな俺を見てくれ」と自信満々で私を見ています。ミツバチは生まれた時からミツバチの社会の中で育っているので、ミツバチの社会が世界そのものなのです。ミツバチの世界では彼はエリートでした。

 

私はエリートのミツバチが置いた大きな花粉団子を見ましたが、私にとって花粉は全く価値の無いものなので、いくらミツバチが「この俺を見てくれ」と私を見つめても、そんなことはどうでも良い事でもちろん私はミツバチを無視します。ミツバチの社会では花粉をいっぱい持っているのは凄い事かもしれないけれども、人間にとってはほとんど価値の無いただの花粉の塊です。

 

私達の人間社会ではお金を持っている人が金持ちで、社会の中では一目置かれて、本人も自分は他の人間に比べて偉いと思っています。人間社会でお金をいっぱい持っていることは他の人間から羨ましがられる存在になるのですね。私達人間は生まれた時から人間社会の中で生きて、お金は大変大切なものだと知ります。そしてお金こそ一番大切と一生をかけて、このお金をもっと集めようと右往左往しながら生きて行きます。お金をいっぱい持つことはみんなから羨ましがられ、賞賛されるのです。

 

でも先のミツバチの花粉と、人間のお金は全く同じですね。私がミツバチの巣の前に行って万札をビラビラ見せびらかしてもミツバチにとっては何の価値も無く無視されるでしょう。私達はこのようにその社会限定の価値しかないものに人生の全てをかけて右往左往しているのですね。凄い金持ちがトランクに2億円入れて、ロケットに乗って火星に行って赤茶けた火星の荒野でトランクを開けて2億円をボロンと出しても全く何の意味も価値もありません。

 

ミツバチの花粉も人間のお金も相対的な価値しか無いのです。宇宙に通用する絶対的な価値は無いのですね。地位や名誉や財産も相対的な価値です。そんなもので私達は一生を右往左往しながら生きているのです。

 

では絶対的な価値のあるものとは一体何でしょう?私は先ずは「生命」だと思います。これは宇宙の何処に持って行っても価値があります。何故なら今のところ生命はこの広大な宇宙で地球にしか確認されていませんから。

 

あと人間ならば、「清らかな心」でしょうね。これは宇宙では生命よりも価値があるかもしれません。バクテリアにも生命はありますが、清らかな心となるとこれは生命体の中でもある程度高度に発達した動物に限られてきます。しかも欲や自我にまみれた汚い心は結構ありますが、清らかとなるとこれは地球上でも滅多に無いものかもしれませんね。

 

だから「汚い心」で「お金」や「地位」を一生をかけて追い回しているような存在は、宇宙的な絶対的価値観から見るとあまり意味が無く、「せっかく人間に生まれているのに、何でそんな形でこの宇宙に存在しているの?」程度のものになります。まあ此処まで書いてもお金や地位が大事と人生をかけて追い掛け回す人がほとんどですが、自分の絶対的な価値について考えてみるのも大切だと思いますよ。

 

人間社会で賞賛されたとしても、それは人間の社会と価値の範囲内だけの話で、それが全てではまったく無いのです。まあミツバチの花粉団子程度のものです。人類のほとんどは自分と他の人間とその社会を見比べながら、人間社会の価値観の中だけで、良いとか悪いとか言いながら生きて死んで行きますが、釈迦やキリスト、モハメドなどオリジナルの聖人達は人間社会の相対的な価値観から一歩進んで、宇宙的な絶対的価値観に気付き、そしてそれを自分のものとして得たのだと思いますよ。

 

人間の言葉で私の気付きに似たような事を書くと、まあこんな程度のものにしかならないのですが、実際は違うのだと思っておいてください。まあこれよりずっと深いものですね。また多くの人にとってはいったい私が何を言っているのかすら皆目分からないと思います。でも瞑想の中でこれに気付いた時は全く目からうろこで、今後の私の人生がまた随分生き易くなりました。

 

言葉で「我と宇宙は一体」などと言うのは具体性が無く、観念や思い込みで誰でもちょっと知識があれば賢そうな顔をして言えます。私の場合は実際に気付きのあと、何も言わなくてもパワーがまた目に見えて上がりました。これは仕事の具体的な結果を見ればすぐに分かりました。このように具体的にビフォアーアンドアフターで違いが分かると気付きが本物だったのだと思えます。本当に修行とはありがたいものですね。瞑想をやっていて本当に良かったと思いますよ。更なる気付きを求めて、これからも毎日精進して行きますね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生は希望と勇気

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

先日良くなったと思っていた体調がまた一昨日悪化しました。どうも風邪を引いたようです。昨夜よりまた少し回復してきて、今日はできるだけ家でじっとしていました。でも約束があったので、昼過ぎに少し離れた町の農家を一件お祓いしてきました。終わるとすぐに家に帰ってきて、また午後は寝ていました。どうも最近休みも無く忙しくしていたので、天が「休め」と言っているのかも知れません。

 

不思議なのは私の体調がどうであれ、お祓いの威力とかその他のパワーは何も変りません。いつも通りにきっちりと結果が出ます。だからこういう力は私から出ているのだけれども、元々は違うところから私に降りて来ているパワーだと思います。その証拠に一日何人診ても疲れないし、それどころかお祓いや施術が多ければ多いほど私は元気になります。私自身の力を使っていれば絶対に疲れるはずなので、この力はどこか他から私に降りて来ているのでしょうね。

 

まあそういう事はともかく、60歳を過ぎて自分でも不思議に思うこのような力で、人様に貢献できるのは本当にありがたい話だと思い毎日感謝しています。先日私のブログのリーダーから「先生はいつも幸せそうで、落ち込んでいる私の話を聞いてもらうのをためらいました。」と言われました。確かに見え透いた言い訳を言われたり、思い通りにならない事ばかり毎日起こりはますが、今は幸せに暮らせていると思います。でも、自分が幸せだからこそ困っている人のお役に立てるのだと思っています。

 

心身の具合が悪い人に元気のない私が何をしてもスキッとは回復しないでしょう。だから私は少々身体の調子がおかしくてもいつも心は元気にしています。「例え体は病んでも心までは病ませない」という言葉を私は大切にしています。これは明治の哲学者中村天風先生の本を読んで学んだことです。だから今日も体は調子悪いけれども心は元気です。

 

大体病気など心が元気ならば大概は早く治るものです。でも中には病気でいた方が都合が良い人も世の中には居るのですね。本人は「早く治りたい」と口では言っていますが、本当に治ってしまうと厳しい現実と向き合わなければならなくなるので、結局は「病気である」という事を周りにも自分にもよい言い訳にして都合よく暮らしているのです。

 

本人は「これではダメだ」と思ってはいるのですが、自分の小さなプライドを守りつつ、厳しい現実と向き合わずにズルズルと病気のままで居る方が都合がよいのです。こういう人は本当に病気が治っていしまうと自分が困るので、治りそうになると無意識のうちにまた病状を悪化させていきます。

 

先日もお友達の病院の院長にこの話をしたら手を打って、「そうそう}と納得していました。やはり何処でもこういう人と向き合わなければならないのだなと私も納得しました。まあ可哀想だけれども本人が気付かない限りその人の一生はそれで終わりますが、それもこの世でその人がそういう境遇を通して人生を学ぶ機会なのかもしれません。しかしこれは客観的に見るとその人に病気を治して厳しい現実と向き合う勇気が無いために起こることです。

 

何とか回復させようと一生懸命頑張っている先生はちょっと空しくなりますが、それは仕方ありませんね。そういう事を本人に言うと、見透かされているのが分かるのか、真っ赤な顔をして「そんなことはありません!私は本当に治りたいのです!」と反論してくるのが分かっているので何も言いませんが、それもそれでその人の一生だと思っています。

 

私は人生は「希望と勇気」だと思います。「こうなりたい。ああなりたい。このようにしたい。あのようにしたい。」という希望は誰にでもあります。しかしその希望をかなえるためには、色々と実践的な行動をとらなければなりません。その中にはリスクを負わなければならない事もあるだろうし、小さなプライドを捨てて厳しい現実に向き合ったり、時には周りに変に思われることもあるのです。

 

だから自分の希望に向かって進んでいくには、それらと向き合う「勇気」が必要なのですね。色々なリスクが潜む中で、それらのマイナス要因を充分考慮に入れながら、自分の希望をかなえるために一歩前に出て行くのはまさしくその人の勇気にかかっています。何もリスクをとることなく、安全に周りよりか自分が良くなりたいと思っている人間は世の中に掃いて捨てるほど居ますが、自分の生き方を実現するために、色々なリスクを勘案した上で勇気を持って行動する人は少ないのです。

 

人生とはどのように自分や周りをごまかしても、結局は自分がしたことがそのまま自分に返ってくるのです。自分の人生に向き合い生きていく勇気が無ければ、勇気が無いなりの人生がその人に用意されているだけの話です。逆に勇気を持って行動すれば希望がかなったり、自分が納得できる人生が用意されています。

 

人生には色々落とし穴がありますが、そこから抜け出しそれまで以上の人生を送るためには絶対に勇気が必要です。勇気で一番大切なのは上手くいかない時でも人のせいにしない勇気です。自分の人生は自分の責任なのですね。私も独立した時は、「これで食べていけるのか?」ととっても不安でした。その不安をかき消すように頑張ってきて、今は本当に外資の役員や社長をやっていた時よりよほど幸せな人生になったなと思えます。

 

こういう事を言うと、「本当は外資の役員や社長をやっていた時の方が幸せだったのに、それをかき消すためにやせ我慢で今が幸せだと言っているのだろう?」と言う人も居ます。まあお金や物や肩書きに本当の幸せは無いので絶対にそんな事は無いのですが、まだお金や物や肩書きに執着して、それが世の中の成功と思い込み、それらを追い掛け回している価値観の人にはそう思えるのでしょうね。ご苦労様です。どうぞ死ぬまで頑張ってくださいね。

 

勇気さえあれば人生の失敗から多くのことを学び、失敗からでももっと良い人生が拓くことができます。それが分かっていれば力強く自分の人生を生き切ることができますね。人生に必要なのは「希望」と「勇気」です。「希望」だけでもダメだし「勇気」だけでもダメなのです。希望と勇気が相まって充実した人生が拓かれていくのですね。それさえ忘れなければ世の中と自分を見比べながら、世間で自分の体裁を遜色なく整えていく人生ではなくて、例え少々失敗しても絶対的に心から納得のいく人生を送れると思いますよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が自分の救済者になる

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

昨日も一昨日もやっぱり体調が万全ではないので、昼休みの筋トレは休みにしました。調子が良くない時に無理に筋トレをしても、筋肉は付かないし疲労感が増すだけなので休む方が得策です。特に昨日は調子が良くなかったのですが、不思議なことに昨日に限って仕事が忙しくなく、ゆっくり体を休めることができて本当に助かりました。天が用意してくれた回復の一日ですね。

 

そのお陰で今日はだいぶ調子がいいです。でも木曜日でジムが休みなのでもう一日体を休みにします。これで明日からまた元通りに肩の筋トレから始める予定です。たぶん今回は日曜日も筋トレするようになってトレーニング量が増えたのと、低気圧の通過によって自律神経のバランスが少し乱れて免疫力が下がり、体調を崩したのだと思います。

 

明日はもっと体が元気になっているのが今から分かっているので、明日のトレーニングが楽しみです。今回体調を少し崩した時には、トレーニングをしたいとは思えなかったです。そういう時は勇気を出して休みにした方がいいですね。それでも朝の修行だけは続けていました。これはまあ座っているので少々体調が崩れていてもできるのです。

 

さて、先日私のところに東名高速を運転していたら、海老名サービスエリアの2kmほど手前で急にめまいがして体の左側が痛くなり、運転できなくなって、それからずーっと体の左側が痛くてまともに歩けなくなった人が来ました。そして不思議なことに車を運転して時速80kmを超えると急にめまいがするとのことでした。

 

私はその話を聞いただけで「ああこれは霊障だな」と思いました。早速お祓いをしてあげると一発で体の痛みがとれて体がすーっと軽くなりました。その人はそれから試しに車に乗って時速80kmを出したそうですが、めまいも全くしなくなったそうです。

 

私が思うに東名高速、海老名サービスエリアの2km手前で過去に事故があり亡くなった人がいるのだと思います。その人の心のエネルギー体(霊)が現場に残っていて憑依したのでしょうね。とにかく憑依された人はとっても元気になって大変喜んでおられました。

 

また先週10年間目の奥が痛くて、朝起きると必ず頭が痛くて気分が悪くなるというコンピュータエンジニアの人が来られました。普通はコンピューターの画面の見過ぎで目が疲れて頭が痛くなるのだと考えるのが妥当ですが、その人はいくつもの病院に行ってもどんな薬を飲んでも全然症状が良くならないと言っていました。

 

それらを考慮に入れてお祓いの説明をしてお祓いをすると一発で目の奥の痛みが取れて、次の日の朝、起きた時から快調になりました。やはりこれもコンピューターのせいではなくて霊障だったのですね。

 

霊障の場合は、このようにすぐに痛みや不調はが回復するのですが、中にはその時は良くはなっても、私が除霊で取っても取っても霊を付けてくる人がいます。そういう人には状況を見ながら自分で除霊をするセルフ除霊の方法を教えてあげています。

 

これは私が独学で学んだ除霊のひな型をもとに、私の経験から得たものを加えて開発した方法です。それをみんなが分かるようにマニュアル化しました。今まで教えた人は30年間うつで悩んでいた学校の先生も含めて、これで皆さんずいぶん良くなっておられます。

 

普通の人がすることなので、もちろんこれで全部大丈夫とは言いませんが、しないよりかは100倍マシです。セルフ除霊をしてもまだ問題があれば、あとは私が100発100中で取ります。

 

毎日多くの人が頼って私のところに来られますが、お釈迦様が言う「自分が自分の救済者である。自分で自分を救わずして一体誰が自分を救ってくれるというのか!」という教えに基づいて、一人でも多くの人が自分で自分を救えるようにしていくのも、私に課せられた使命だと思っています。

 

今日ここに書いたことは私が毎月診ている延べ400件近い霊障のほんの一部ですが、除霊だけではなくて自分の心を鍛えるために瞑想も希望する人も増えてきて、これはこれでいいことだなと思いました。私は昔と違い、決して瞑想をしろなどとは言いませんが、自分で自分を救うために習いたいという人には喜んで指導します。

 

私はこういう人生がこれから私の体の筋肉の発達も含めて発展していくのだと思いますよ。本当に歳をとってもやることがいっぱいあって幸せです。明日死ぬかもしれない人生ですが、死ぬ前の日までこれを続けていきますね。こういう人生を望んでいました。これからも頑張ります。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分勝手な世の中を生きる

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は朝から調子が今一つで、お昼の筋トレはお休みにしようかなと思っています。そんなに具合が悪いというわけでもないのですが、無理をして悪化させることはないのでゆっくり昼寝でもするつもりです。まあそういう日もあっていいのですね。昨日はガンガン胸の筋トレができたので、今日は休みでもいいのです。

 

昨夜の話ですが、ある人からあまりにも自分勝手な電話があって、ちょっとあきれてしまいました。その内容はともかく、自分勝手なのに可哀そうなくらいその自分勝手が自分では分かっていないのですね。そういう人でもそれなりに一生を過ごし、一生を終えることができますが、人の一生とは一体何なのだろうなと考えさせられました。

 

人の心はどうであれ、自分の思いをできるだけ通し、自分の都合が良ければそれで良しとして、平気な顔をして生きている人が結構世の中には居ます。そういう人は人の気持ちをおもんばかるということがないので、世間に対してはその場その場で体裁を整えながら、結局は自分勝手に生きて行くのです。

 

その思考、行動パターンの根源にあるのは損得なのですね。自分に対して何が得で何が損かだけを見て、得なことしかしないのです。少々の損は社交辞令で許容することもありますが、本当に自分にとって損なことはうまいこと言いながら逃げていきます。そして「私は普通です」という顔をして世の中を生きているのです。

 

もちろん私はそういう人間とはたとえ身内でもかかわらないようにしています。そういう人は「世の中の人間はみんな最終的には自分勝手なのだから、自分が自分勝手でもそれが普通だ」と思っています。そして如何にも「私はいい人ですよ」みたいな顔をしながら世間で生きているのですね。

 

私は本心が見えてしまうことが多いので、こういう人の感覚はどうにも耐えられません。でも私の仕事では結構いざとなった時の人の本性を見なければならないところがあるので、いくら普段は「普通です」という顔をしていても本性はそうではないのだと知るのですね。見え透いた嘘を言ったり、言い訳をしたり、本当に何十年も生きているのに何と愚かなのだろうとがっかりする時があります。

 

私の顧問弁護士をしている友人は、遺産相続などもっと人の嫌なところを見る仕事なので、本当に世の中が嫌になる時があるみたいです。私ですらそうなのだから、ドロドロの遺産相続やその他の問題を扱う弁護士の仕事は大変だろうなと思います。

 

まあ弁護士にも悪い奴はいっぱい居ますが、私の友人は弁護士として非常に優秀であるけれども、心にとても純粋なところがあるので苦労しているだろうなと思います。事件なども扱ってきているので、私が見ているよりもっとドロドロした世間を見ているのですね。

 

時々そういう話をする時もありますが、じゃあどうすればいいという解決はありません。解決法とすれば、「人はそうであっても自分はそうはならない」と心に決めて、人に裏切られながら、嘘を言われながら、言い訳をされながら、それでも平気で生きて行くしかないと思っています。

 

これは表面的には大変損なことなのですが、これを「平気」で生きて行く心を養う修行、トレーニングだと思えばいいのですね。自分は変えられるけれども、人を変えることはできないのだから、こういう世の中のトレーニングをして、こういうことが屁でもなくなる心を養うしか選択肢はないと思います。

 

しかしそういう心を一旦養うとこれはもう自分の財産ですね。それは都合のよい嘘を言ったり、言い訳をしたり、損得で動く人間よりよほどこの世で幸せに生きて行くことができる人間になります。私はまだ修行半ばで腹が立つこともあるのですが、これからもこういう自分勝手な人を土台にしながら自分の心を養って行こうと思います。

 

考えてみれば、こういう人達が居るから私の心が磨かれるのです。世の中の人間がみんな損得で動かず、相手の心をおもんばかる人達ばかりであったら、楽だとは思いますが私には何の進歩もないでしょう。人は逆境でのみ磨かれるものなのです。

 

世の中は私が行く温泉の常連さんのように、広く浅く人と付き合っている分にはそれほど問題はありませんが、そこから一歩踏み込むと色々な人間関係の問題が出てきます。

 

それをうまく回避しながら生きるのも手段の一つですが、私や友人のように仕事上そういうことが回避できないのであるならば、それを土台にして自分を磨くしか方法はないのですね。そうでないと一生腹を立てたままで終わってしまいます。

 

私がいくら腹を立てても、そういう自分勝手な人間が世の中から無くなることは絶対なので、そんな生き方を続けていくわけにはいきません。ならばそういう人達には教材になってもらって自分を磨いていくことに心を向けると、これはこれで一つの生きて行く活路になります。

 

もちろん世の中全部自分勝手な人間ばかりとは言いませんが、普段表面的にはとても親切で良い人でも、いざとなればスーとどこかに逃げていく人間など世の中には一杯居ます。考えてみれば自分を磨く教材でこの世は満ち溢れているのですね。

 

ここまでブログを書いていたらとっても気分が良くなりました。さっきいったんブログを横に置いて、「調子がとても悪い」とパニックになりながら訴えて来た統合失調症の男性に、誰もが持っている「心の力」の話を本人が分かるようにゆっくりとした口調でしたら、その場でその男性がとっても元気になりました。

 

私は施術もお祓いも何もしないで、言葉だけで症状の重い人をその場で回復させたのは初めてかも知れません。その人に合わせて心に気付かせてあげることを話すのをお釈迦様は対機説法と呼んでいますね。

 

心の力は誰もが持っていて、それを使うと本当に状況が良くなるのです。その統合失調の男性を回復させたら私も調子が良くなりました。丁度お昼になったので、これから筋トレに行こうと思います。体の様子を見ながらやってみますね。その男性も私も元気になって本当に良かったです。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実行のみが自分を変える

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は日曜日で仕事は休みですが、先日の台風で風に吹き飛ばされた療法院の看板を新しくする工事の日でした。朝から仕事場に行って工事の打ち合わせをして、大家さんにも工事の件で挨拶をして、それから筋トレに行って来ました。今日は足と腹筋の筋トレをしました。特に腹筋は5種目やって念入りにトレーニングしてきました。

 

これから数ヶ月で体脂肪率をあと4%くらい落とそうと思っています。そのために昨日から食事も少し変えました。4%と言えば結構な数字なのですが、無理なく数ヶ月で落とせると思います。ただ痩せるだけなら食べなければいいので簡単です。でも筋肉を落とさずに体脂肪だけを落とすのは結構至難の業です。

 

自分の身体を実験台にして、食事やトレーニング方法を工夫していきます。私にとってはその工夫が結構楽しいのですね。毎日の生活のリズムの範囲内で、自分にできる方法を色々考えて試します。そしてジムに行って体脂肪率を計るのですね。糖尿病の時の血糖値もそうでしたが、私は数値で管理すると結構それが良いモチベーションになって目的を達成できます。本来目に見えないものが、数値で見えるのがいいのですね。

 

自分の体重を計るのが怖いという人もいますが、「自分を良くしていこう。自分を変えていこう」と思うならば、先ずは客観的に自分の状況を正しく知ることから作業が始まります。今の自分が嫌だと思っていても、何もしなければ何も変りません。そしてその内「もう自分はこれでいいの!」と言うようになって、心の奥底では嫌なのだけれども、もっと何もしなくなります。

 

要するに自分で自分を諦めるというか、自分で自分の限界を作るのですね。本来私達は無限の心を持ち「自分無制限」で色々な可能性を持っている存在なのに、自分で自分に「まあこの程度でしょ」と制限をかけるのです。これは一生を考えるともったいない話です。もちろん歳を取ったら制限がかかるものもありますが、それでもその人次第でその制限は千差万別なのですね。

 

私は私に与えられた力を含めて、私の限界をまだ知りません。筋トレにしてもやっただけの成果を確認できます。これと同じように修行にしても仕事にしても、自分に自分で自分の限界を作らずに、今日よりも明日、明日よりも明後日と自分がもっと良くなっているように努力してみます。まあこれも人それぞれで、私の場合はこういうことが好きで楽しいのでこれでいいのです。

 

やりたくも無いのに「やらなければ」と思ってやると結構苦痛になります。ただ何もしないのであれば、「こうなりたい」と思うのも止めればいいと思います。何もしないのに「痩せたい」とか、何もしないのに「金持ちになりたい」とか、何もしないのに「マッチョになりたい」とか、何もしないのに「賢くなりたい」とか、何もしないのに「健康になりたい」などという希望は持つべきではありませんね。

 

もし希望を持つのであれば、先ずは今の自分の状況を正確に把握して何をすればいいのかを考えて、それを少しずつでもいいから具体的に実行に移して、そして試行錯誤を繰り返して、初めてそれが自分の「希望」になるのです。ただ「こうなったらいいな」と思うのは希望でも何でもありません。自分が自分勝手に考えているだけです。

 

例えばお酒が好きで大酒を飲みながら、「健康になりたい」などと思っているのは愚の骨頂です。そんな事は実現する訳がありませんから。こういう事を私は自分勝手な考えだと言うのですね。そう言うと「酒は止められません。でも健康になりたいのです。」という人が結構居ます。まあそれはそうかもしれないけれども、そんな願望を持っているのは人生の時間とエネルギーの無駄です。

 

これは極端な例ですが、結構こういう人が多いです。そしてそういう事を言うと「希望を持つのがいけないのですか!」と反論してくる人もいます。要するに「自分は努力するつもりはないけれども、希望だけは捨てずに居たい」ということです。

 

これは「練習するつもりはさらさら無いけれども、オリンピックで金メダルを取りたいという希望は捨ててはいません!」と言っているのと同じです。何とも自分勝手な思い込みなのですね。こういう人間は真理からあまりにも遠く、可哀想と言うしかありませんね。

 

本当に世の中には色々な人が居るものです。誰でもこういう話を客観的に聞けば、何もしないのに「あれも、これも」と希望ばかり持っているのはおかしな話だと気付くはずです。

 

「実行はしんどいから嫌。でも私はこうなりたい」というのは人生の時間とエネルギーの無駄なのです。それは「筋トレはしんどいから嫌。でもマッチョになりたい」とか「働くのは嫌だけれども金持ちになりたい」とか「修行は嫌だけれども悟りは欲しい」と言っているのと同じであり得ないことなのですね。

 

だから何かを自分が得たいと思うならば、それを得るような行動を実行するしか目的は達成されません。そしてそれをしないのであれば、そんな希望は抱くべきではありません。当たり前の話です。今日も私は夕食に炭水化物は摂らないようにしました。でもたんぱく質や野菜は充分に摂りました。もう後は寝るだけで、それほど炭水化物から得られるエネルギーは必要ありませんからね。

 

でも朝ごはんと筋トレ前の昼食にはご飯をはじめ炭水化物をちゃんと摂ります。良いトレーニングをするのにはエネルギーが必要です。ただ1回に多くは食べません。食事の間に質の良いエネルギー源としてバナナを食べたりもします。運動後は炭水化物は控えます。それも本当に効率的なのかどうかはしばらく続けてみないと分かりません。そこで数値で管理するために体脂肪率の測定が必要なのですね。

 

こういうことが私は面倒臭いのではなくて、大変面白いのです。糖尿病を3週間で自分で治した時も、毎日血糖値を計りながらとっても面白かったですね。今回の筋肉を発達させながら体脂肪を落とすという私のチャレンジは、糖尿病を自分で治すよりよっぽど難しそうです。

 

まあ糖尿病の時は空腹時血糖値が300近い重度の糖尿であっても、病院に行ったりせずに正しく食事と運動を管理したら3週間で簡単に治りましたからね。これは自業自得の病気だから自分で簡単に治せたのだと思いますが、今回の私のチャレンジは体的にはより高度なチャレンジですね。でも糖尿病以来、目標達成のために自分の身体を実験台に使った面白い「遊び」ができてこれからの毎日がまた楽しそうです。頑張ってみますね。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無いものを摑まえる

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は朝からちょっと焦ることがありました。今日の朝8時に歯医者に予約を入れていたのですが、昨日の夜まで覚えていたのに、今日の朝すっかり忘れて仕事に行ってしまいました。電話がかかってきて気が付きました。本当に申し訳ないことをしました。すぐに仕事のスケジュールを調整して昼に歯医者に行ってきました。

 

先生に何回も謝りました。もちろん先生は気にはしていない様子でしたが、本当に申し訳なかったです。私もこういうミスを犯すのだから、人のことは言えないですね。結局思ったよりも歯医者が早く終わったので、その後にいつもの温泉に行ってきました。ゆっくり温泉に浸かっていると気持ちも穏やかになりました。今日は本当に良い天気でしたので、11月と言えども露天風呂で少し体もこんがり焼けたと思います。

 

抜けるような青空にほんの少し秋の雲が白く浮かんで風に流されている様子は、何とも言えないほど「ああこの世に生まれて良かったな」と感じます。人間社会は色々あるけれども自然はもっと大きく、立派だなと思います。露天風呂に浸かりながらずっと素晴らしい秋の青空を眺めていました。

 

空を眺めていて、ふと「心」もこの「空」と同じだなと思いました。みんな自分の頭の上に空があると思っていますが、「空」という物は無いのですね。みんなが空と言っているのは、地上から宇宙に続いている空間で、「空」という実体は何も無いのです。では「空」が無いのか?というと、やっぱり「空」は頭の上に広がっているのですね。

 

心も同じです。「お前の心を出して見せてみろ」と言われても、何も出せないし見ることもできません。「心」という実体は無いのです。色も無いし、匂いも無いし、味も無いし、形も無い。「じゃあお前に心は無いのか?」と言われると、やっぱり「心」はちゃんとあるのですね。

 

私達はこの実体の無い心で悲しみ、喜び、楽しみ、落ち込み、幸せを感じます。私たちはこの実体の無いものに振り回されて生きている存在なのです。そう考えると不思議な感じがしますが、この実体の無いものを本当に自分のものとするには、実体の無い心をコントロールする術を知らなくてはいけないのですね。

 

みんな普通にあると思っている「空」や「心」は、実は物としてはこの宇宙に存在していないのです。「じゃあ無いのか?」と言われるとやっぱりある。私を私にしているのは私の「心」です。その心は実体が無いのでなかなか摑まえる事ができません。空があるのに空が摑まえられないのと同じです。その無いものを摑まえる術が私は正しい瞑想であると思いますよ。心を摑まえるというのは心をコントロールするという意味です。

 

瞑想も実体の無いものです。実体の無い「心」を摑まえるには、実体の無い瞑想でしか摑まえられないのですね。実体のある「薬」で心を摑まえる事は所詮無理なのです。ましてや実体のあるお金や物などで実体の無い心を満たすことは絶対ないのです。でもそれがほとんどの人にはわかりません。私は正しい瞑想を習得する機会があって本当に良かったなと思っています。

 

瞑想をまた人に教えていくのもいいものですよ。何か美味しいレストランを「ここ美味しいよ」と、人に教えているのと同じような気持ちになります。今日は綺麗な秋の空を眺めながらこんなことを考えていました。まあのどかで幸せな話ですね。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗から学ぶ事

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は昼休みに腕の筋トレと格闘技系のエアロビをやりました。エアロビは45分間動きっぱなしなので、持久力が無いとついて行けません。昔の私なら絶対無理だと思いますが、今は結構平気でついて行けます。だから40代、50代の時よりも、今の60代の方が私は強くなっているのです。人は何もしなければ年と共にただ老いて行くだけですが、練習次第で20年前の自分より強くなることができるのですね。

 

最近は朝の自転車が外が明るくなるのが遅くなったのと、前の台風による土砂崩れでいつものコースが使えないのとで乗れていません。その代わりにジムで足の筋トレを始めました。足のトレーニングは日曜日にするつもりです。だから1週間に6日ジムでトレーニングをする事になります。

 

「○○をしなければならない」と思うと物事は苦痛になりますが、私は好きでトレーニングをしているので全然苦にならないどころか楽しい時間が増えました。でもまた春になれば朝の自転車トレーニングを始めるつもりです。これもこれで楽しいトレーニングですから続けていくつもりです。

 

考えてみると歳をとってからこういうことができるのは、今までの人生で散々失敗をしてきたからだと思います。トレーニングにしても仕事にしても、今までの失敗をこの歳になって何とかリカバリーしようとして色々考えてやってきたからできたことだと思うのですね。

 

私がトレーニングや健康にここまで心血を注ぐようになったのは、自分が糖尿病や高血圧や痛風になったからですね。そこから自分の身体を自分で治していくためにトレーニングや食事の管理が始まったのです。病院に行って自分の病気を治そうなどという考えは私の中に微塵も無かったですね。

 

私は糖尿病や高血圧が病院に行って治りましたという人を見たこともないし、会った事もありません。それより病院に通いながら薬を飲み続けて病気が治っていない人はいっぱい見ています。だからこれは自分で治すしかないと思ったのですね。大体糖尿病や高血圧になっていること自体が私の生活態度の失敗なのです。その失敗のリカバリーのために始めたのが筋トレなのですね。今はそのお陰でとっても健康です。

 

仕事もアメリカの上場企業で役員になって、社長をしていた日本の現地法人もうまく行っていて、それ行けドンドンの時にニューヨークの証券取引所で本社の敵対買収が始まり、引いては私もクビになったのですね。その時、「やはり雇われていると、どんな地位になってもクビになることもある」と実感しました。その時から坐禅の修行を始めて、何時かは独立して仕事をしようと心に決めていました。ただ何をしたら食べていけるのかはまだ皆目見当も付いていません。

 

でもその思いが強かったので結局は独立して事業を始めて今があるのです。それからクビになるという人生の失敗から「調子が良い時が人生一番危ないのだ」という教訓も学びました。それが今まで何とか11年間事業を続けられることに繋がっていると思います。もちろん仕事の中で学ぶ事も多かったので、それも今は事業を安定させるノウハウに繋がっています。

 

だからこのような失敗を人生で犯していなかったら、今の私の人生は無いのですね。「失敗は成功の元」とは言いますが、失敗から学ぶ事は成功から学ぶ事よりも多く、そしてその内容は大変尊いものです。失敗を犯すことで素質のある人は謙虚になると私は思います。

 

もちろんそうならずに人生を諦める人もいますが、謙虚になった人は失敗から何かを学び、それをその後の人生に活かすことができます。そしてその失敗の経験が歳をとってからの心の豊かさを生み出すのですね。私はまだ若い頃に色々失敗をして良かったと思いますよ。それが今の私の人生を創っています。もう失敗はしたくないけれども、今までの失敗には感謝ですね。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「信じるものは救われる」人智を超えた力

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

昨日から今日にかけて遠方より瞑想を習いに来る人が続いて、これはこれで瞑想を教える楽しい時間になりました。まあ瞑想はいつも楽しいというか、新しい発見があって私にとってはとても好きなのですが、正しい瞑想によって習う人の人生が良くなれば本当にいいなと願います。今日も小学校1年生と4年生の女の子の姉妹がお母さんと一緒に始めて瞑想をしました。とっても静かに40分間じっとして、ちゃんと瞑想をしていました。

 

普段はじっとしていられない小さな子供でも、正しい瞑想を教えると40分間じっとできるようになるのですね。私は60近くになってからこの瞑想を中村和尚から教えて貰いましたが、今日はこんな子供の頃から正しい瞑想をしていたら「どんな大人になっていたことだろう?」と思いました。元々私は落ち着きの無い子供でしたから、随分違う素晴らしい人生になっていただろうなと思います。

 

まあ私は色々人生の寄り道をしながら此処まで来ましたので、子供の頃から瞑想をしていたら寄り道せずに済んだような気がします。言い方を変えれば人生の効率が良くなっただろうなと思います。でもこの瞑想は何時始めても遅いということは無いので、やらずに一生を終わるよりかはやった方が良い人生にはなると思います。

 

例えこの瞑想を死ぬ前の日にやったとしても、やらずに死ぬよりかは一日分良い人生になります。私は毎朝この瞑想をします。時間が無い時は仕方が無いので坐禅をしますが、瞑想により私の力が随分進化したことは、除霊や無痛自律神経療法の施術の結果を見ても間違いないですね。

 

この国では「除霊」とか言うと自動的に胡散臭いものとして処理しなければいけないことになっていますが、最近私が見る限り多くの病気や続く不幸、事故などは多かれ少なかれ霊障が関係していると思います。私から見れば先ずはそういう霊障を取り除かないと次のステップに進めないと思っています。

 

逆に霊と言われているものをつけたままで、病院に行って薬を飲もうが、手術をしようが、たぶん治らないと個人的には思っています。それは今まで病院に通い続けていて治らなかった人が、除霊をする事によってすぐにその場で症状が劇的に改善するのを毎日見ていると、そう思うのがより論理的です。

 

もちろんそういうことを否定する人は、どんどん病院に行ってもらっていいのですが、何をしてもスッキリ治らないとか、逆に病院に通いながら症状が悪化していくということになることも多いみたいですね。これは本当にその人のものの見方の広さ次第です。わたしは毎日私のところに来る人から病院に通い続けて治らなかった話を聞き過ぎたのかもしれません。

 

でもとりあえず私のところに来る人は何が何でもその場で症状を改善しなければならないと決めているので、私も毎日朝から晩までがず~と真剣勝負です。その分昼休みの筋トレの時間が私の中では筋肉はメチャクチャ収縮して緊張しているけれども、心は一番のリラックスタイムなのですね。

 

キリスト教の聖書によると、イエス様が「信じるものは救われる」と言いました。私はイエスが「自分を信じろ。信じるものだけ救われる」と言っているのだと今まで間違って理解していました。でも最近気が付いたのですが、イエス様が言う信じるものというのは「イエス自身」ではなくて「神の存在」なのですね。神という人智を超えるもの、または力が全宇宙には存在していて、それを信じるものは人生において結果的に助かり、豊かな人生を送る可能性が高まるということを教えていたのだと思います。

 

私は人智を超えるもの、または力を「天」と呼んでいます。結局キリスト教で言う「神」も私が言う「天」も究極は同じものを指していると思いますよ。イエス様も色々手を当てたりして病気の人を治したと聖書に書いてありますが、あれは誇張ではなく、まぎれもなく本当の話だと思います。私も似たような事を毎日していて、その劇的な結果を通して人智を超えたもの、または力の存在があることを知っています。

 

だから「神」なり「天」なりの人智を超えた力を信じる事によって、そういう力の存在も考慮に入れた対処や人生の選択ができるようになって、人はその苦難から救われるのだと思いますよ。「あるものはあるし、居るものは居る」のです。そういうことを知らずに何でも「科学的・・・・、現実的・・・・」と思い込んで病院に行くのもその人の勝手ですが、結果が思わしくなければもっと違う選択肢も考えるべきですね。

 

私は確かに「天」から力を与えられているので、人のお役に立つだけではなく、私自身病院に行く必要が今のところ全くありません。事故にでも遭ったら行く事になるかもしれませんが、病気は今のところ全部自分で治せます。自分で治せないのは歯くらいですね。もちろん遅かれ早かれ私も寿命が尽きますが、それまで私は自分の健康と命を大切にしていますので、とりあえず治療のために病院に行くような事は無いと思います。

 

病院に行くのはお友達の外科医の院長に会いに行くのと、健康診断代わりに、私が決めた項目の血液検査をお友達の病院でするくらいですね。それ以外に病院の必要性は私は全く感じていません。よくお年寄りで近くに病院が無いと不安になる人が居ますが、私は病院に治療に行く方が、「まずこんな科学的と言われるやり方で人間は治らないだろうな」と思って不安になります。

 

とにかく人智を超えたものの存在を知り、その力を貸してもらう事ができるようになると普通の人間社会の人生とは全く違った人生になりますね。まあ人生がとっても平穏になり、そして豊かになるのですね。そりゃ必要なものが、必要な時に、必要な分だけニコニコしながら向こうからやって来るようになりますから、人生が平穏になり、豊かになるのは当たり前です。

 

それをイエス様は「信じるものは救われる」と言ったのでしょうね。私は実際に毎日そのような体験をしていて本当にその通りだと思いますよ。これからも与えられた力を大きくするように毎日正しく精進して、お釈迦様が説いた真理に基づき正しくその力を使って行きますね。歳をとってから心身ともに、こんな豊かな人生が送れるとは思ってもいませんでした。本当にありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔の布施

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は朝から仕事がメチャクチャ忙しい日になりました。夜の9時まで分単位で働いていました。たぶん今年最高に忙しい日であったと思います。それでも普段のトレーニングのお陰かそんなに疲れたとは感じませんでした。昼休みは時間を作るのに車の中でおにぎりとプロテインドリンクの昼食を食べて、いつもの温泉に行ってきました。

 

色々用事があって3週間ほど温泉に行っていなかったのですが、風呂場に入るなり常連のおじさん達が大歓迎してくれました。私は温泉の常連さん達にあだ名で「筋肉マン」と呼ばれています。みんなで私が来ない事を色々話して心配していたみたいです。「仕事が忙しくて来れませんでした」と言うと、「できるだけ来てくださいね」と言われて何だか嬉しかったですね。

 

普段はおじさん達が話して私が聞き役なのですが、聞き役が居ないと話も弾まないのかもしれません。基本的には地元のローカルな話ばかりで、喜んで聞いてあげると話している皆さんも喜びます。こういう「場」というか、時間は大切だなと私は思っています。私にとっても良い気分転換になって、昼からの仕事に集中できます。

 

普段私は人からの相談を受けることが多いです。そしてその内容も深刻なものが多いですね。だから、まあどうでもよいローカルな話題で盛り上がるのは私にとっては脳のリラックスタイムになります。誰も温泉で深刻な話はしませんからね。お湯に浸かりながら筋肉のリラックスと脳のリラックスができる最高の時間ですね。

 

温泉の常連さんは、もちろん皆さん昔からの地元の人で新参の私は最初は蚊帳の外でした。でもいつも見る人に私が笑顔で「こんにちは」と挨拶していたら、いつの間にやら「できるだけ来て下さいね」と言われるようにまでなったのですね。日本の田舎というのは基本的には排他的なところですが、笑顔と挨拶には人が心を開く魔法の力があります。

 

だから世界中何処でも「こんにちは」という言葉を地元の言語で覚えて、笑顔で「こんにちは」と言っていれば大概の場合はお友達ができます。私はそれでサハラ砂漠からアマゾンのジャングルまでお友達を作ってやってきました。

 

昔、中近東のある国の空港で国軍に身柄を拘束されたことがあります。パスポートを取り上げられ、兵士2人に自動小銃を突きつけられて拘束されていたのですが、しばらく時間が経って落ち着いてきた時にこっちが笑顔で覚えたてのアラブ語挨拶したら、向こうは挨拶はしませんでしたが顔がニヤッとほころびました。

 

殺されるかもしれないと思っていましたが、そんな時でも笑顔はその場の雰囲気を和らげる力があるのですね。とにかく疑いが晴れて開放された時は私も兵士もニコニコでした。この時私は日本赤軍のメンバーと間違われていたみたいです。日本人は知らない相手に挨拶するのが苦手ですが、だからこそこちらから話しかけると案外打ち解けるところがあります。

 

いつも微笑んでいる事は大切ですね。仏教ではこれを「笑顔の布施」と言います。何もなくても「笑顔」を相手に差し上げるのですね。怖い顔しているより、それだけで相手の心は温かくなります。「笑顔の布施」は結局周りと打ち解けて、その恩恵が自分に返ってくるのです。笑顔を作るのにコストはかかりません。ゼロ円の投資でそのリターンは莫大です。人生が楽しくなりますよ。難しい顔しているより、無理でも笑顔で暮らしていきましょうね。これはこれで人生を幸せにする方法ですよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を変えることができるのは自分

仏光さんの療法院サイトはこちら

 

仏光さんの心の電話相談室はこちらをクリック

 

今日は昨日の胸のトレーニングが効いたのか、朝起きたら上半身が結構な筋肉痛でした。また使っているダンベルの重量を上げたので、それが効いているのでしょうね。昨日トレーナーと話して胸のトレーニングの後に、今まで土曜日にやっていた腕の三頭筋のトレーニングを上腕二頭筋のトレーニングの代わりにすることにしました。その方がより効果的なのと、明日の背筋のトレーニングの効率を上げるのに良いみたいです。

 

私はこのように常に今日よりも明日、明日より明後日の自分が向上していればいいなと思います。私を変えるのは私しかいません。自分以外に誰も自分を変えることはできないのですね。これは厳然たる事実です。「将来こうなればいいな、ああなればいいな」とみんな思いますが、自分がそれを実現しないと、誰も自分に代わって自分の将来を実現してくれる人は居ないのです。

 

でもそういうことはせずにただ漠然と「こうなればいいな。ああなればいいな。」と思っている人が本当に多いですね。こういう話をしても「なるほどその通りですねぇ」とみんな言いますが、だからと言って自分を変えるために自分が何かを始める人はごくごく少数です。多くの人が「坐禅や瞑想は心にいいみたいですね。」と言いますが、実際にそれを始めて真剣に継続できる人は多分10万人に1人くらいです。

 

だから日本ではこれができるのは人口からして全体で1000人くらいでしょう。もっと多くの人が修行を始めたりしますが、ほとんどは途中でやめます。そして「効果がない」とか「忙しくてできない」とか文句を言ったり言い訳をしたりするのが関の山ですね。まあ別に坐禅や瞑想をどうしてもやれと言っているわけではありません。そんなことをしなくても立派な人もたくさんいます。ただ将来の自分を変えていくために何かをしている人は案外少ないのですね。

 

要するに日々の生活に流されて、ただ人生の時間が過ぎて行っているのです。それもその人の自由ですが、私はそういう人生は嫌ですね。私は私がこの世に生まれて生きているというのは、私が何かを学び、それを自分のものとして得るために生きているのだと思っています。要するに生きているこの間に「自分を」向上させるのが人生の意味、そして今回人間に生まれ変わって来た輪廻転生の目的だと思うのですね。

 

この「自分を」というのは、自分の心のクオリティーを向上させるという意味です。ただ生活に流されているだけでは心のクオリティーはなかなか向上しませんが、自分の意志で目標に向かって自分を変えていく正しい努力をすると、必ず心のクオリティーは向上していきます。そしてこの「正しい努力」というのも大事で、ただ何十年も坐禅をしたからと言っても禅がものになっていない修行者も中には居るのですね。

 

私も坐禅を15年以上毎日やった上でこういうことに気づきました。自分の心のクオリティーが向上したかどうかは、自分の生活を振り返ればすぐに分かります。正しい努力をすると、まず不安や恐怖が生活の中から無くなっていきます。特にいざという時に慌てなくてよくなります。そして人に誰かの悪口を言うということもなくなっていきます。それが如何に自分の心を汚すものなのかがよく分かるようになるのですね。

 

だから何十年も坐禅の修行をして、人の悪口をある事無いこと織り交ぜながら言って回っている人間が居るというのは全く心ができておらず、間違った努力を何十年もしたということになります。これは坐禅の修行自体が悪いのではなく、やっている人間が無意識に間違った目的のためにやっているために起こる問題です。結局、自分を良くするのも、悪くするのも自分の心次第なのですね。自分以外に自分を変える人は居ません。自分を正しい方法でより良く変えるとまず普段の生活の中で困ることがありません。

 

必要なものは必要な時に必要な分だけ向こうからニコニコやって来るようになります。そして自分の分を守って自分がしなければいけないことを一生懸命するようになります。人を集めなくても、必要な人が勝手に向こうからやって来るようにもなります。そして自分に災いをもたらすような人は去って行きます。私はそういう生活になればいいなと思っていたし、今はそれが実現できているのでとてもありがたいなと思います。

 

私の場合は世間より、お釈迦様の言っていることをよく聞いておいて良かったと思います。必要なものが勝手にやって来て、不必要なものが勝手に去っていくのだから、これほど心が平穏でありがたいことはありません。

 

ここまで毎日仏道修行して20年かかりましたが、特に中村和尚から習った瞑想が良かったと思います。これからも死ぬ前の日まで正しい努力を続けていきたいですね。やはりお釈迦様が言うように、自分を変えるのは自分であり、自分を救うのも自分なのですね。よく分かりました。ありがとうございます。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

 

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>