何時ものフレンチで寛ぎディナー、ブラッスリー ポール・ボキューズ銀座 2 | ワインは素敵な恋の道しるべ

ワインは素敵な恋の道しるべ

白ワインは天使の如く貴方の心を解き放ち、赤ワインの真紅のグラスの底には悪魔が潜む。そして貴方は天使の如く大胆に、悪魔の如く繊細に、新たな恋の道を歩み始める。

銀座の何時ものフレンチ、『ブラッスリー ポール・ボキューズ』で彼女と過ごす楽しい夜の続き。

 

IMG_20190604_220541.jpg

赤ワインは、南ローヌを代表する造り手、ファミーユ・ペランのクードレ・ド・ボーカステル、2015年。

 

IMG_20190604_220616.jpg

このワインは、ローヌの偉大なワイン、シャトー・ドゥ・ボーカステルの敷地内で、一番東側の道を隔てた30haの畑のぶどうで造られている。

シャトー・ドゥ・ボーカステルのセカンドというより、弟分のワインなのだ。

 

IMG_20190604_220742.jpg

色合いは濃いガーネット。

カシス、プラム、スミレ、シガー、そしてスパイスのニュアンス。

力強いタンニンを持ちながら、洗練されたボディ。

セパージュは、ムール・ヴェードル30%、グルナッシュ30%、シラー20%、サンソー20%。

 

IMG_20190604_220506.jpg

焼き立ての新しいバゲットが届く。

写真を撮る前に、彼女が少しちぎり取ってしまった。

 

IMG_20190604_220907.jpg

フランス産アマニ豚肩ロースのロースト、赤ワインソース、アンディーヴの軽いクリーム煮とセルバチコのサラダ。

アマニ豚はアマニ油の搾りかすを飼料にした豚。

アンディーヴは一度軽く焼いたうえでクリーム煮されている。

 

IMG_20190604_220929.jpg

素晴らしい焼き色。

赤ワインソースが絡んでとても美味。

赤ワインソースには、赤スグリのジャムと黒コショウが加えられている。

 

IMG_20190604_221016.jpg

最近お気に入りの、赤白並行飲み。

赤は二杯目で、白は四杯目。

 

IMG_20190604_220059.jpg

飲んでいる白ワインは、ロワールのアルフォンス・メロがコトー・シャリトワで造る、レ・ペニタン、コート・ド・ラ・シャリテ、2009年。

 

IMG_20190604_221116.jpg

ディジェスティフは、甘いフォーティファイド。

彼女は苦手なので、一口飲んだだけでグラスを私の前に置く。

 

IMG_20190604_220809.jpg

クードレ・ド・ボーカステルと同じくファミーユ・ペランが造る、ミュスカ・ボーム・ド・ヴニーズ、2010年。

ヴァン・ド・ナチュレと呼ばれる、酒精強化ワインの一種。

 

IMG_20190604_220844.jpg

発酵途中の果汁にブランデーを添加して発酵を止め、甘さを残す酒精強化ワインの一種。

熟した桃やパッションフルーツのニュアンス。

彼女は苦手だが、美味しいディジェスティフだ。

 

IMG_20190604_221149.jpg

デセールは、ラズベリーとヨーグルトのムースデュオ、ミルクと柑橘のソルベ。

 

IMG_20190604_221214.jpg

ラズベリーとヨーグルトの二層のムースは見て美しく、食べて美味い。

 

IMG_20190604_221314.jpg

「今夜の星野シェフのお料理も素晴らしかったわね」と彼女。

「ソースの使い方が絶妙だね。星野さんの創造力、発想力には感心させられるよ」と私。

 

IMG_20181108_045806.jpg

竹内支配人、星野料理長に今夜の礼を述べ、店をあとにする。

 

IMG_20190604_221342.jpg

マロニエゲートギンザ1を出ると、何時もの通り有楽町のファミマで彼女の朝食用にサラダを購入。

 

IMG_20190604_221409.jpg

買い物を済ませると、今夜は数寄屋橋方面に散策。

何時もは灯が強すぎてハレーションを起こし、バリーの文字が見えないが、今夜は光量を落としているのか綺麗に撮れている。

 

IMG_20190604_221431.jpg

エルメスの花火師も何故か今夜は綺麗に写っている。

そうか、よく考えてみたらスマホを新しくしたのだった。

彼女と過ごす銀座の夜は素敵に更けていきました。