冬薔薇、そして今夜のお家日本酒、加茂錦、越後仕込み純米吟醸、新潟 | ワインは素敵な恋の道しるべ

ワインは素敵な恋の道しるべ

白ワインは天使の如く貴方の心を解き放ち、赤ワインの真紅のグラスの底には悪魔が潜む。そして貴方は天使の如く大胆に、悪魔の如く繊細に、新たな恋の道を歩み始める。


テーマ:

IMG_20171212_213922.jpg

先日、ウォーキングの途中で一輪の薔薇の花を見付けた。

他の花はとっくに枯れているのに、寒い冬に咲く季節外れの薔薇。

楓さんに教えていただいたが、”冬薔薇(ふゆそうび)”と呼ぶのだそうだ。

寒空に向かって凛と咲く一輪の薔薇。

儚い気高さが美しい。

 

IMG_20171130_164902.jpg

今夜は、年末に遊びに来た友人の手土産の日本酒を飲むことにする。

基本、私は日本酒や焼酎は買わないので、頂いた時にのみ家飲みしている。

日本酒や焼酎が嫌いなわけではなく好きなのだが、自分で買うとなるとどうしてもワインを優先してしまうのだ。

この日本酒が入っているのは、何と米袋。

正確に言うと、米袋と同じ材質の紙袋に入っている。

新潟県加茂市の加茂錦酒造が醸す、越後仕込純米吟醸。

日本酒は紫外線、気温、湿度に影響を受けるので、遮光紙の米袋に入れているのだそうだ。

 

IMG_20171130_164819.jpg

紙袋の裏側には、飲み方の説明が書かれている。

最初は5~10℃の低い温度で飲み始めると爽やかな味わいで、温度が上がるにつれて甘い米の旨味が開き、適温の10~15℃でふくよかな優しい味わいとなるのだそうだ。

 

IMG_20171130_164720.jpg

米袋からボトルを取り出す。

低温熟成なのだそうだ。

低温で長期熟成された酒を初めて飲んだのはもう30年前、愛媛県の豊稔氷温三年熟成だったと思う。

 

IMG_20171226_204349.jpg

リキュールグラスを用意していたが、芳醇な味わいとのことなので、白ワイン用の大きめのグラスを使うことにする。

グラスに注いだ時は、10℃弱程度。

グラスの中でゆっくり揺すっていると、甘い吟醸香がふわりと立ち上る。

 

IMG_20171226_204411.jpg

口に含むと濃厚な米の旨味。

舌先では甘みを感じるが、舌の奥では少し苦みも含んだ辛口。

掛米も麹米も国産とかかれているだけで、品種名は不明。

精米歩合は60%。

吟醸酵母も不明。

久し振りに楽しんだ、お家日本酒でした。

 

 

 

 

 

 

ユキ、恋とワインの作家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス