内山真吾のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

長島昭久代議士の自民入党について

『自民党への入党にあたって』長島昭久
https://ameblo.jp/nagashima21/entry-12486422479.html


私は9年前に長島代議士の秘書として政治活動をスタートし、8年前に市議会議員になりました。

政治家内山真吾の生みの親であり、そこから8年間、特に最初の3〜4年は厳しくご指導頂きましたので、まさに育ての親でもあります。

2年前の都議選の直前、選挙区割りの変更で、長島代議士の選挙区である東京21区から昭島が外れる事になり、その後政治行動は共にしているとはいえ、かたや無所属→希望の党→無所属、かたや都民ファーストの会、と、所属政党まで変わってしまいました。

とはいえ、いつか昭島に戻ってくる、いつかまた同じ政党で活動が出来る、というのを信じてこれまで頑張ってきましたが、それらの望みはほぼ絶望的となりました。

私が長島代議士の自民入党に関してコメントするなどおこがましいので控えさせて頂きますが、長島昭久という政治家を、私は尊敬し、憧れ、彼が国政で力を発揮する事が、本当に国民の為になると信じて来ました。そしてこれからもその気持ちは微塵も変わりません。

自民党へ入党したとしても、まだまだこれからがいばらの道で、これからが本当の勝負となっていくと思います。

心の中で応援をする事しか出来ない無力さが本当に悔しいですが、新たな旅立ちとなる長島代議士に心の底からエールを送りたいと思います。

「未来に誇れる日本」へ…ご武運をお祈りいたします。








これらのかけがえのない日々を糧に、私も私の道を、未来へと進んで行きたいと思います。

虐待対応は「死ななければ良い」という問題ではない

またしても虐待による悲劇が起きてしまいました。どうしても感情的になってしまうほど悔しく、憤りを隠せない事件ですが、それでも出来るだけ冷静に事件を分析し、何としてもこういった悲劇を二度と繰り返さない仕組みを、東京都がリードをして作っていかなくてはならないと思います。


そんな中、仲間の前田晃平くんが時系列を整理したブログを書いてくれました。


【図解:心愛ちゃん事件】 何度もあったハズの命を救うチャンスを時系列で確認する(前田 晃平)



私はこれまで、虐待死を防ぐ事と、虐待を生まない環境の整備(即ち孤立化させない子育て環境の整備)を訴えてきましたが、さらに感じるのは、その中間にある『命の危険にまで及ばない(かもしれない)が、、虐待を受けている子ども達を救い出すだけの体制の強化が必要』という事です。



しかし、今の児童相談所は、「死のリスクは高くはない(かもしれない)が虐待は行われている」というケースに対応する前提の人員配置にはなっていない、という指摘があります。

「死ななければ良い」という考えになると、0歳児は比較的即保護となる一方で、2〜3歳くらいまで身体が成長してくると、


・0歳児に比べ死亡のリスクが下がる。

・一時保護所や児童養護施設の定員も足りない。

・児童福祉司が抱えるケースが多過ぎる。


などの状況から、保護の判断がされない、もしくは実際には解決されていないのに早期撤退、といった事態が出てきます。


昨年の結愛ちゃんのケースも、今回の心愛ちゃんのケースも、割合で言えば比較的珍しい5歳児や小学校4年生の虐待死事件です。

しかしこれは、前述した「命の危険まではない(かもしれない)」と判断したものの中で虐待死まで行ってしまった事例、と考えると、虐待全体で見てみればまさに氷山の一角であり、そういった環境で誰の助けも得られず、時に助けを求めても裏切られ、大人になっていった人たちがどれだけの心の傷を持っているかは、「想像に難くない」を超えて、「想像を絶するほど」の状態であると思います。


そんな環境で育った「大人」たちに対し、「20歳になったのだから、後はすべて自己責任で」と私たちは言えるのでしょうか。

「虐待は連鎖していく」とも言われています。社会で救えなかった子たちが、虐待の再生産をしてしまった時、それでも私たちは「親が悪い」で済ませてしまって良いのでしょうか。

(※とはいえ、虐待は許されない事です。念のため。)


私は引き続き、東京都として取り組みがスタートをした、


・予期せぬ妊娠を生まないための性教育の実施。

・妊娠から出産まで、切れ目のない支援体制(ネウボラ)の構築。

・虐待の状態にある子ども達の早期発見、虐待死を防ぐ児童相談所の機能、人員強化。


を、異次元のレベルで充実させるとともに、被虐の子ども達が、しっかりと社会で夢と希望を持ち、今度こそ幸せな家庭を築ける様、すべての肩書きを総動員して、取り組んでいきたいと思います。


皆さんにも出来る事は必ずあります。

ぜひ一緒にやりましょう。



2018年から2019年へ

こんばんは。
ブログのみをご覧頂いている方はだいぶご無沙汰になってしまいました。都議会議員選挙の当選報告&御礼すらもこちらではまだでしたね。本当に申し訳ありませんでした。
最近ではFacebookページTwitterを日々更新しておりますので、こちらもご覧頂ければと思います。

さて本題です。
2018年を振り返ってみると、まさに2019年に向けて様々な事が動き出した一年でありました。

10月に総務委員会から文教委員会へ移動になり、いよいよ自分の専門分野で活動する事が出来る様になりました。
リハビリも兼ねて3か月間、都議会で議論すべき「教育」について考え、徐々に自分の中で照準が絞れてきました。
高校も含めた教育改革の議論が出来るというのは都道府県ならではだと思います。
2019年は党内議論も含めて、喚起をしていきたいと思います。

少し遡りますが、7月には昭島青年会議所2019年理事長予定者へとご選出頂きました。
ここまで2015年から委員長、委員長、副理事長ときていましたが、都議会議員となり公務等の先が見えない中で今年は副委員長という立場での活動をさせて頂いていました。
青年会議所活動は40歳までなので、理事長の職をお預かりするというのは、私もあと2年をどの様に過ごし、締めくくるかを考えに考え抜いた上での決断でした。入会して6年間、様々な方々から助けて頂き、育てて頂いた全てを、理事長として1年間しっかりと恩返しの意味も込めて形にして行きたいと思います。


8月には待望の第二子が生まれました。
長女は妹が出来た事でお姉さんになった部分もありますが、やっぱり赤ちゃん返りもしてしまいました。そこで次女は妻に任せ、私は微々たるものではありますが意識的に長女と過ごせる時間を作りました。結果長女との関係が今まで以上に濃くなった気がしています。笑
2019年は、家族全体のバランスも見つつ、次女とも濃い時間を過ごしたいと思います。


さぁ、そうこうしている間に、2018年ももうあと1時間半となりました。2019年はこれらの出来事を経て、様々な事が本格的に動き出す一年となります。
ワクワク、ドキドキ、期待と不安が入り混じった感じですが、皆さんのお力をお借りしながら、最高の一年にしたいと思っておりますので、何卒引き続きのご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

皆さんにとりましても2019年が素晴らしい一年となりますよう、心からご祈念申し上げます。

それでは、皆さん!良いお年を!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>