読書日記PNU屋
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2020年6月の読書まとめ

 気づけば7月ももう、1/3が過ぎ去っているわけで…。
 出張再開にてほとんど本読めず。

ウエディングドレス活字本 10冊。ほとんど怪談。3日に1冊ペースになってきた。

医者のデマ
忌まわ昔 弐 業苦
「忌」怖い話 小祥忌
拝み屋異聞 弔い百物語
拝み屋怪談 幽魂の蔵
拝み屋備忘録 ゆきこの化け物
怪談社書記録 闇語り
怖すぎる実話怪談 禁忌の章
つくね乱蔵実話怪談傑作選 厭の蔵
呪女怪談

結婚指輪漫画本 38冊。休日にまとめ読み。

青の魔祓師 25
いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事 1
うらみちお兄さん 5
おかあさんの扉 7
おじさまと猫 5
鬼さんこちら! 2
怪人令嬢 4
餓獣 3
片喰と黄金 3
カブリモンテラー
空手バカ異世界 1
鬼譚活動記録
外科医エリーゼ 4
ゴールデンカムイ 22
地獄楽 10
児童養護施設で育った俺がマンガ家になるまでの(おおよそ)8760日 1
呪術廻戦 11
上級国民スレイヤー 1
深夜のダメ恋図鑑 7
代闘士ハイコの事件簿 1
チェンソーマン 7
TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 3
電人N 3 
髑髏は闇夜に動き出す セカンドシーズン
忍者と極道 1(初読+再読)
HANDS 1
百鬼夜京 1
ヒロインは絶望しました。2
復讐の毒鼓 1
僕と悪夢とおねえさん 1
リアル風俗嬢日記
リビドーズ 6
レイジング・ヘル 1-3(再)
ワールドトリガー 22

松山剛「君死にたもう流星群 5」

 

君死にたもう流星群5 (MF文庫J)

 

 流星群と共に散った星乃の運命を変えるため、タイムリープした平野大地。しかし、敵は思わぬところに潜んでいて…?!人気シリーズ第五弾。

 あまりに意外な(よく考れば当然かもなのだけど、意識の盲点から)妨害に驚きを隠せなかった。この物語は一巻から全く展開が読めず、今後もどうなるかわからない、予想を許さない凄さがある。ファンがあれこれ展開予想しても、次巻で軽々と予想を超えてくるだろうことが容易に想像できる。

 ヘビーな内容の本作だが、今回ようやくデレてきてくれる、子犬のようにピュアなヒロインが可愛すぎる。今まで、大地クンがどんなに拒絶されても心を砕いて面倒を見てくれたから、やっとだぞ…なのにオマエどうしちゃったんだよ!!と、やきもきすること請け合いだ。

 感想を書くのに時間がかかってしまったのは、心に痛い本だったから。私は小学生のころの夢を、さほど努力もしないままに諦めてしまった(★)。だから、主人公の大地クンの心境が切々と迫ってきて、しんどかったのである。主人公まぶしすぎだろ…夢を諦めてもそれなりに生きていけるけど、チャレンジできるならした方が絶対に良いよな…。


(★)一桁年齢のころはマンガ家になりたいと思っていた私。
コマ割りのセンスが無いのと、背景が絶望的に描けないので諦めたが。

つくね乱蔵「つくね乱蔵 実話怪談 傑作選 厭ノ蔵」

 

 

 嫌を重ねて厭の境地に彷徨いこむ作風の著者、傑作選(書き下ろしもあり)。

 因果応報がはっきりしていてすかっとするかと思いきや、人の怨念や愚かしさが事態を悲劇に向かわせてゆく。

 印象的な話を下記に。


減量中止/健康よりも命にはかえられない悲しみ。


この子をよろしく/しみじみええ話や…しかし、直後の一編と好対照に過ぎる…構成の妙か。別々の本に掲載されていたのが、傑作選で連続することにより読後感のアップダウンを激しくさせる。


甘納豆/タイトルに、生きていく者のしたたかさを感じる。


紙般若/紙般若・後日談/やはり面の話は怖い。


あの子のランドセル/迫力の怪異描写。
 
鬼頭の母/鬼よりも恐ろしいものがあるとは。

伊計翼「怪談社書記録 闇語り」

 

怪談社書記録 闇語り (竹書房怪談文庫)

 

 なんとも軽妙なタッチで綴られる怪談には、可笑しみあり涙あり、感動あり戦慄ありで飽きることがない。〜ないで統一されたタイトルがズラッと並ぶ目次は壮観だ。


 一話一話は短いようで、畳み掛けてくる連作もあるから変化球が楽しめる。

 私のお気に入りを下記に。


聴こえない/どういう因果なのか…、不可思議。

寿命がない/明るい空気が急転。

心配いらない/こんな霊なら来てほしい…!

除霊してない/ほんのりユーモラス。

珍しくない/あちらの世界も、そんなに悪くはないのかもしれない。

安心できない/ええ話や…。

どれかわからない/オチにゾッ…。

終わらない/リフレインににじむやるせなさ。

間にあわない/こんなに素敵な出来事なら、是非起こっていただきたい。

語らない/歴史の悲しみ…。

言葉じゃない/いったいそれらは、何者なのだろうか?

2020年5月の読書まとめ

 本当に本が読めなくなった。幸い、老眼はまだ大丈夫なのだが、指の関節に痛みがあり、長時間本を保持できないのである。電子化待ったなしか…。アナログが好きなのだが、紙は重い。

カブト活字本 絶滅寸前!

蝦夷忌譚 北怪導
方違異談 現代雨月物語
凶鳴怪談
群馬百物語 怪談かるた
現代怪談 地獄めぐり 無間(再読)
怖すぎる実話怪談 瘴気の章

富士山漫画本 かろうじて2桁。

おかあさんの扉 6
親になったの私だけ?
鬼滅の刃 20
ゲイ風俗のもちぎさん 2
血海のノア 3
サナダくんは私のお尻に住んでいます 1
3本足のしじみちゃん
呪術廻戦 1(再)
園田の歌 3
大福の日々
チェンソーマン1~6(再)
通院するたびに寿命を削られてます
東京伝説 3
人形の国 06
犯人たちの事件簿 9
ブラック・ジャックガール
魔女のマリーは魔女じゃない 1
魔女のやさしい葬列 3
ミノタウロスの想い人 1
無号のシュネルギア 2 
ようこそ亡霊葬儀屋さん 1
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>