みやこブルーチャレンジブログ

みやこブルーチャレンジブログ

宮古市と多くの企業で進めている「宮古市ブルーチャレンジプロジェクト」。
この世界でも例を見ない取組みを通し「みやこ」のことを伝えていきます。

宮古市ブルーチャレンジプロジェクト協議会HP
http://bluechallenge.jp/

~宮古市 BLUE CHALLENGE PROJECTとは~

 宮古市BLUE CHALLENGE PROJECTは、化石燃料に依存せず、地域のバイオマス(再生可能な動植物から生まれた有機性資源)を活用した新たなエネルギー産業の創出を図り、世界に例を見ない「電気・熱・燃料(水素エネルギー)」を生産する木質バイオマス施設(BLUEタワー)の整備を中核とした復興モデル事業です。
発電施設で既に一般的となっている電気と熱を利用する「コ・ジェネレーション(co・generation:熱併給発電)」に加えて、次世代自動車の燃料となる水素を利用することができます。「電気・熱・燃料(水素エネルギー)」の3つのエネルギーを商用として供給するプラントは、世界で初めてとなります。

テーマ:

5月20日に「復興たろう大漁まつり」が行われました。

毎年田老で5月に開催しているイベントです。

この日は雨のために延期された田老第一小学校の運動会の振替日と重なったため、

小さいお子さんが少ないかな~?という印象でしたがろっくん・ロールケーキ早食い大会や

八神純子さんのステージなど、楽しい企画で盛り上がりましたよ~~!

 

 

 

 

 

こちらは餅まき!!

筆者もひとつゲットしました!

 

 

 

ろっくん・ロールケーキ早食い大会!!

音楽が流れる中、3分以内で踊りながらロールケーキを食べる大会です(笑)

かなりの盛り上がりで、観客の皆さんも笑顔で楽しんでくれていましたよ。

 

 

 

 

 

もちろん三陸ならではの出店も。

焼きたてのホタテ…

 

 

 

時化のため曳き舟出港は中止になり、

大漁旗を並べて祈祷が行われました。

 

 

この一年間も健康で、大漁・豊作となりますように♪

 


テーマ:

4月17日(火)・18日(水)に、【第37回 宮古市さけ稚魚壮行会】が開催されました。

宮古市は、さけが生まれ旅立ち、回帰する海や川、それを育む森がある自然豊かな街です。

毎年この時期に、さけ稚魚壮行会が行われ、数年後さけが元気に戻ってくることを願い、

稚魚を放流します♪

 

 

 

 

18日は、市内の園児や小学生などが閉伊川河川敷で約10万匹の稚魚を放流しました。

 

 

 

 

バケツに入った放流一回分の稚魚たち。

体長約6センチまで育てられています。

 

 

「元気に帰ってきてね」「バイバイ」と声をかけ、

バケツに入った稚魚を静かに川に流す園児たち。

 

 

 

おっと!

こちらは川に放すタイミングがちょっと早かったですね。

でもバケツで水と一緒にすくって優しく川に戻します。

 

 

 

長靴でザブザブ水の中へ…

 

 

 

稚魚を放流し、また次の稚魚をもらいに急ぐ子供たちの姿も見られました。

見守る保護者たちは、稚魚を放流するわが子をカシャ♪

みなさんワイワイと楽しそうでした!

 

 

放流を終え、宮古市のゆるキャラ「サーモン君とみやこちゃん」と一緒に

写真を撮るために長蛇の列が…あい変わらずみんなのアイドルです。

最後尾はここではなく、もっと後ろまで続いてましたよ。

 

 

 

最後に記念撮影です!ハイチーズ♪

 

今日放流した稚魚たちは太平洋を北上しアラスカ沖まで行き、

数年でふるさと宮古に戻ってきます。

「元気で帰って来てね~♪」

 

 

 

放流を終え、学校へ戻る子供たち。

宮古の街は桜が満開でした♪

 

 

 

 


テーマ:

東日本大震災から7年が経過した、3月11日。

 

宮古市田老地区では、地震発生時刻の午後2時46分、防潮堤の上に集まった全員で手をつなぎ、海へ向かって黙とうをささげました。

防潮堤のすぐそばで仮オープン中の「道の駅たろう」は、観光案内施設・産直・交流施設・トイレ・ファーストフード・食堂・コンビニ等が整備されました。

駐車場の舗装工事も終わり、いよいよ、4月7日(土)にグランドオープンとなります!!

交流施設も、つい先日完成しましたキラキラ

トイレもたくさんあって、広い休憩スペースもあります。

観光案内施設「たろう潮里ステーション」は、地域産材を利用したテーブルや椅子、棚などが並び、明るくてぬくもりのある空間です。

施設内のテレビでは、東日本大震災のことを後世に伝える動画【あの日の記憶】や、宮古市内のジオポイント17箇所を紹介する動画【MGP(みやこジオポイント)17】が公開されています。

 

6人の住民の声と、アニメーションで『あの日』を振り返るショートムービー【あの日の記憶】は、YouTubeやFacebookなどのSNS上でも公開されていますが、フルバージョン(約9分)は「たろう潮里ステーション」のみでの公開となっていますので、道の駅たろうに寄った際には、ご覧いただければと思います。

 

産直とれたろうは、「とれたて」と「田老」をかけた名前だけあって、地元の新鮮野菜や海産物などがたくさん並んでいますルンルン

店内には生け簀があり、先月訪れた時は、アワビ・ウニ・なまこ等がありましたよウインク
季節によって、旬の魚などを扱っているようです。

 

道の駅たろうの国道を挟んだ向かい側には、「田老かりんとう」で有名な老舗菓子店がありますよラブラブ
震災で工場と店舗が全壊してしまい、仮設店舗で営業をしていましたが、昨年8月に新店舗がオープンしています。

かりんとう以外にも、夢が詰まった商品がたくさんありますラブ
入口の看板に書いてあったのは、すぐそばにある田老一中の3年生が、「田老の町を活性化するため、地元企業にアイデアを提案したい」との事で誕生した「三王どらやき」。

写真では見えにくいかもしれませんが、どらやきに三王岩の焼き印が入っていますルンルン
思わず、これを買って三王岩に行ってしまいたくなります爆  笑

 

それと、個人的には、お買い物をした時のこの下矢印袋が好きです照れ

日本語と英語でメッセージが書かれています。これを読んで、もっと食べて応援したくなりました爆  笑ラブラブ

3月21日には、三陸沿岸道路の田老真崎海岸IC~岩泉龍泉洞ICまでの約10キロが開通します。
復興が進んできた宮古へ、春のドライブに出かけてみてはいかがですか!?

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。