私は私、あなたはあなた

私は「勇気」があるって思っていた。

私は「自信」があるって思っていた。

自分のことは、自分が一番の理解者だと思っていた。

 

 

その手の本は本屋に行けばずら〜っとあるし、例をあげて詳しく説明してある。

私にも理解出来る。

 

けど、頭でわかっていても、心は、自分ごととして考えることから逃げているらしい。

掘り下げていないのだ。

蓋をしているのだ。

 

元旦の朝、覚醒した。

 

私が逃げているのは、介護施設にいる90歳の父と、11歳、年上の夫と本音で話すことだ。

怖がっているらしい。

大学へ行きたいと言った私に父は、「女には金は出さない」「女は働け」、

息子が自立し、本気で仕事をしたいと夫に言うと、「俺が食わせてやる」「逃げられないようにしなくちゃ」って、

目も合わせず、何か動作をしながら、そして去り際にぽろっと一言。

 

 

そんなこと思っていたんだ?

本人は全く覚えていない。

 

 

私もきっとそうなんだ。

ぽろっと言った一言が潜在意識からのメッセージなのかも知れない。

心の『もやもや』は自己理解を深めるための貴重なメッセージなのだ!

 

今年はどんな年になるんだろう?

考えると怖くなる。

 

by eriko