桂米紫のブログ

米朝一門の落語家、四代目桂米紫(かつらべいし)の、独り言であります。


テーマ:
優れた映画というのは、匂いがします。

4Dとかいう最新技術に頼らなくても、そこに描かれたシーンにまるで入り込んだかのように、その場の“空気”をも感じ取る事が出来るものです。


「まめだ」というのは、そういうネタだと思います。


芝居小屋の、薄暗い舞台袖。
年老いた母親と二人暮らしの、狭くて寒い家。
人通りの無い、雨のそぼ降る三ツ寺筋。
そして銀杏の葉舞い散る、秋の三津寺の境内。

そんなイメージが、静かに…でも力強く、眼前に迫ってくるのです。
その匂いをも感じ取れるぐらいに。


ほんの無邪気な悪戯が元で、憐れにも一人寂しく死んでいった、名も無き仔狸。

あとに残された右三郎青年は、その仔狸の事をきっと一生、忘れる事はないでしょう。


きっと今シーズン最後となる「まめだ」で、仔狸は無事に、虹の橋を渡った事だろうと思います。


『門戸寄席 第4回 桂米紫落語会』にご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。