Small Magician MINI

Small Magician MINI

奇術道具レビューブログですよ。


テーマ:


4×4の魔方陣トリックです。
商品としては、ホワイトボード・ペン・解説動画のURLとパスワードの書かれた紙で構成されています。
わたしは国内ショップで購入したので、日本語の解説書が付いてきました。誤字の多い、例のショップです(愛嬌だと思ってます)。

演技動画をみればわかるとおり、たとえばテンヨーの「奇跡の魔方陣」とは原理が異なります。ギミックもちがいます。
ということは、両者をあわせて演技をすることもできる、ということです。
1度目はThe Executive Grid、2度目は奇跡の魔方陣という風に演じれば、エンドクリーン風じゃないかと。

テーマ:


最初に、不満から書くことにします。
わたしが購入したフェザータッチのサイトのリンクからもわかるとおり、解説はオンラインでの閲覧ですが、YOUKUという中国の動画サイトです。ダウンロードは専用のツールが必要だとかで、できません。仕方なくストリームで見るのですが、見なおしたいところを見なおすことができません。面倒です。

不満から書き出したのは、商品自体は満足度が高いからです。

商品としてはバイスクル赤裏と青裏を選択するようになっていますが、どちらを購入しても、バイスクルどころかタリホーだろうがなんだろうが、封筒に収まるサイズのカードならなんでも演じられます。

ギミックの発動タイミングは自分で完全にコントロールできますし、誤作動もほぼありません。
演出によってはギミックを自作する必要もありますが、小学生レベルのスキルで簡単にできます。自作用のオプションも添付されています。
リセットも1秒で終了。
ギミックを手渡しすることはできませんが、改め用のものもついています。

とはいえ、このタイプの演技につきものの「あの動作」が気に入らない、というデメリットはあるでしょう。
また、演技にあたっては「これをどうクリアしたらいいか」と思うところがないでもないです。
が、それらを含めても、満足度の高いものでありました。

今年は面白い商品に当たることの多い年のようです。

テーマ:


オカルタトム、あるいはオカルタトゥーム?
なんと発音するのが良いのでしょうか。フェザータッチはオクルターツム、キングオブマジックはオクルタートゥム、GINは英語表記のままです。

発音はよくわかりませんが、しかし、多くのショップがこぞって扱っているとおり、この商品、大変に面白いです。
商品としては、演技でも使用している缶が8個と箱だけで、解説動画はウェブでみることになっています。
つまり、奇術道具というよりは奇術動画、奇術のアイデア、と考えるのが適切でしょう。

商品の大半がアイデア、というか解説なので、わたしのように英語のリスニングが著しく苦手な人間の場合、動画だけで理解するのは大変です。
ですから、わたしと同じような境遇のひとは、なるべく日本語解説のあるショップで購入するのがいいと思います。

演技動画にもありますが、アイデアなので、商品として添付されている缶でなくても演じられます。
ビール瓶の蓋などで、即興で演じることも可能です。
もちろん、日本国内で販売されている商品の缶や箱などを用いることもできます。

解説を見て、「これ、不思議なんだろうか?」と思って、某手品人の友人に実演してみたのですが、「不思議でしたよ」と言ってもらえました。
(多少の物言いはつきましたが)

テーマ:



Timelessデック自体は、ずいぶん前に発売されてます。
それがなぜか、いまになって、このデックの「特性」を生かした解説をつけての販売となりました。
ひょっとすると、在庫がだぶついてて、どうにか売り切りたいとか思ったんですかね。
とはいえ、そのおかげで新しいトリックが生まれたなら、悪いことでもありません。

で、結論からいうと、どれも帯に短したすきに長しといった印象。
手品人相手に見せるには厳しく、非手品人相手に見せるには現象がごっちゃりしてる感じ。

解説されている最初のトリックは、
1)観客の思った時刻を当てる
2)その時刻のカードが「予言」されている
3)別のデックでも、その時間が「予言」されている
というものですが、みてわかるとおり、2と3で現象がかぶってます。
個人的には、1と3だけで十分ではないか、という気がしてます。

最後のトリックは、「観客が心に思った(だけに思われる)時間を当てる」という現象で、なかなか魅力的ではあるのですが、演出上、どうしても余計なところがあって、しかもそこがキモだったりするのがやっかいです。

それと、ギミックデックのセットがあまり気にくわないので、少し変えたほうがいいかも。
わたしは「午前」と「午後」をペアにして組んでいます。

テーマ:

MRIチューニング(心をコントロール) from フェザータッチMAGIC on Vimeo.




BirdieさんのMRIシリーズ(?)第二弾です。
前回は「観客自身による、振り子でのカード当て」でしたが、今回は「観客同士でのカードの一致」です。
紹介されている技法(?)の"symmetry Force"ですが、これ、英語で解説されてたらまったく理解できません。
日本語で解説されていることのありがたさよ!

で、その"symmetry Force"ですが、正直なところ「え?そんなことなの?」という感じです。その技法だけの話だと。
ですが、トータルの演出や構成の中でその技法を使用することの意味を知ると、「そこまで考えてるのか」と感心することしきり。

なお、技法なので、失敗する可能性もあります。
Birdieさん曰く、成功率はほぼ10割とのことですが。
失敗したときのアウトについても、かなり詳細に(全体の半分近く)解説されています。
このアウトもかなり丁寧ですが、これをうろたえることなく演じられるようになるのには、結構な修行がいるような気もしたりして。

テーマ:


年末にGINで購入して、それからずっと練習しています。

現象としては大きく2段、ケースのリンキングとチョコの出現です。
解説動画ではさらに、もう1段紹介されています。
リンキングも2種紹介されているので、細かくみると、4種の現象が解説されていることになります。

リンキングは完全に技術、出現はギミックのみです。
動画にもあるとおり、すべて連続して演じることが出来ます。

ところで、マーブルチョコを町中で入手するのは、意外に難しいものです。
コンビニでも売っていません。
コーヒービートでもいいのですが、こちらはマーブルチョコよりももっと、入手が難しいでしょう。

ほかに代わりになるものはないか、と探してみたら、カバヤのジューCが代用品となることがわかりました。
カバヤ ジューC サイダー 15粒×10個/カバヤ食品

¥価格不明
Amazon.co.jp


で、年末からそこそこ練習しているのですが、リンキングの1段目しか上手くなりません。
しかも、それも満足できる出来にはならなくて。
ただ、練習はどこでもできますし、お腹がすいたらおやつにもなるし、しばらくマーブルチョコかジューCをかばんに入れる日々が続きそうです。

テーマ:


以前に販売されたCube Cardsのアップグレートバージョンです。
以前のバージョンの動画はこちらです。



実は、オリジナルバージョンを購入しておりません。
Remixedといっしょに購入しようとしたのですが、ちょうど売り切れで。

結論からいうと、アップグレードバージョンだけでもそれなりに楽しめます。
が、オリジナル版では解説されているかもしれない手順は解説されていません。

解説されているのは、アップグレードバージョンの技法と上級者用の技法解説(オリジナルバージョン用とアップグレードバージョン用)、フォールスシャッフルの技法が1つとボーナスアイデアの演出(スマートフォンを使用)です。

アップグレートバージョンもオリジナルバージョンも、テクニックの基本は同じようです。
ただし、アップグレードバージョンの方が、少し面倒です。


テーマ:
ミラクル
(Miracle)

★現象
演者は観客にブックマッチくらいのサイズの厚紙を観客に渡し、2桁の数字を書いてもらいます。
書いたものが見えないように、文字の側を内側にして折りたたみ、さらに中が開いて見えないように
シールでとめます。
演者はメモ用紙を取り出し、厚紙の上に載せます。厚紙を開いて見るような動作はありません。
そして、演者はメモ用紙に絵を描きます。「この絵は先ほどの数字を当てるための手がかりです」
そう言って、演者は観客が書いた数字を当てます。

★解説
Kenji師の考案です。

観客の書いた数字や絵などを当てるトリックはいろいろありますが、
大きく、書かれた物体(紙やボード等)に演者が触れる必要のあるものと
そうでないものとがあります。

もちろん、後者のほうが理想的ではありますが、そのかわり読み取りのための
別な道具が必要になってしまいます。しかも、それが演技において必然性のないものであったりすれば、
どう考えてもそれが怪しい、という結論になってしまいかねません。

とはいえ、演者が観客の書いたものにさわってしまうと、
今度は、どうにかして書いたものをのぞき見たに違いない、ということになってしまうでしょう。
このあたりにいかんともしがたいジレンマがあります。

この「ミラクル」は、そのジレンマをかなりうまく回避する道具です。
類似のギミックはこれまで見たことがありません。
ルーティンも完成度が高いです。当てるものは数字でなくてもかまいません。
ただし、消耗品のため、補充が必要です。

なんらの技術も必要としませんが、メンタルマジックなので、それ相応の雰囲気づくりが必要でしょう。

★相性のいいアイテム
演者が読み取るのか、それとも演者が何かしら外部的な力に影響されて読み取るのかによって
全体の演出が変わるように思います。
前者の場合であれば、後者の場合であればクロウリーズ・カードがよいでしょうか。
◆映しの鏡ESP
◆クロウリーズ・カード

2007.5.27

★価格帯
店名 価格 日本語解説書 所在地
ミスターマジシャン 2800円 ○ 大阪
G.I.N. 2800円 ○ 大阪
Fields Magic 2800円 ○ 大阪

★評価
技術 ★☆☆☆☆
練習 ★★☆☆☆
効果 ★★★★☆

テーマ:
ミニ・チョップカップ
(Mini ChopCup)

★現象
 カップから小さなボールがあらわれます。何度取り除いてもあらわれます。最後にはレモンがあらわれます。 

★解説
 考案者は不明です。一説にはエジプトに世界で最初の文明があったころから演じられてきたマジックだとか。
ほんまかいな。

さて、上の演技説明は一例です。
実際にはこれ以外にもいろいろな演技ができるはずです。
チョップカップ(カップ&ボールではなく)の演技を解説したものとしては、Daryl師の「Fooler Dooler vol.1」があります。

このチョップカップはただのカップではありません。
ちょっとした工夫があります。
その工夫のために、演技の幅が広がっているわけです。

わたしが購入したものはくびれのない、プリンを作るときの容器に似た形状です。

で、この商品の一番の問題点は「袋」です。
この商品についてくる袋、なんだか毛玉だらけなんです。
とってもとってもでてきます。
そのうち、袋が全部毛玉になるんじゃないか、っていうくらい。
自然、カップにもボールにも毛玉がついてきます。
すごくイヤです。

また、解説書はほとんど手順の解説がありません。
The Magic Warehouseでは別売りで$4の解説書があります。

★相性のいいアイテム
少し前に見た「Restaurant Act」の印象が強いので、スポンジボールの演技なんて良いかもしれません。
演技の前半よりは後半、できたらトリに持ってくるとよさそうです。
とすれば、そこまでを少しずつ盛り上げるようなマジックが相性のいいアイテム、ということになります。
ギャグとして、ところどころでマジック・ウォーター・ジャグなんかを使っても面白いかもしれません。
◆ミスターラビット
◆マジック・ウォーター・ジャグ
◆サイズ・サプライズ
◆ジョーカーズファミリー

2004.12.2

★価格帯
店名 価格 日本語解説書 所在地
The Magic Warehouse $13.75 ▲ アメリカ

★評価
技術 ★★★☆☆
練習 ★★★☆☆
効果 ★★★★☆

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス