台風が去ったと思いきや

一気に気温が下がり、また本日は雨。

今年の紅葉はどうなのでしょう?

ちょっと期待薄であります。

 

 さて、今日は骨董の話題。

 

お隣は「昭和なつかし館」という骨董を扱っているお店。

古いものではないかもしれないけれど

気になるものも時々売られております。

 

骨董が気になり覗いてみることしばしば。

本当に価値のあるものは高価でしょうが

これなら実用的に使ってみたい、

というものを

時々購入しています。

 

 

先日は知っている窯元の花瓶を買い

奥に行ったら

こんなシャンデリアみたいな花生けが!

 



 

インドの花生けで骨董のようです。

真鍮のところが気になります。(非売品)

 

会津若松市内にはこういう骨董屋があり

楽しいです。

布、器、紙、など分野によってそれぞれ店主の好みはあるようですが。

 


昨日知り合いが沢山のあげ餅を届けてくれ早速印判の器に。

 



蕎麦猪口はずっと前に京都で買ったもの。

(コースターは手作り。)

こちらにお茶を入れています。

 

たまにはこんな楽しみ方もいいですね。

(こたつ、この冬は出そうかな?と話は飛躍)


 

時間の流れが

ゆっくりになったような気がした瞬間でした。