気が付いたら11月になっておりました。

強烈な台風に気持ち奪われ、

ラグビーに燃え

来年のマラソンは・・・・・、なんて思いつつ

慌ただしく11月に突入!

 

11月の初めは

私のビックリした話題を3つ!!!

 

びっくり その1

 

どうぞこちらをご覧ください。




手に収まる大きさの胡桃のこぶでできた人形です。

固い胡桃のこぶ。

重さはゴルフボールくらい。

 

 

知り合いの従姉のご主人がイタリア人で

国宝級の腕を持つ彫刻家らしいのです。

ジョバンニさん。

その彼の作品でほとんど市に買い上げられているとか。

知り合いは親戚なので持っているとのことですが・・・・・。

年齢も80なのでもうあまり作っていないみたいです。

 

小さいものだけではなく大きいものもあるのです。

壁画のような。

 






(関係ないけど、このエアパッキンも気になりました)

今回その知り合いはこちらを買った!と・・・・。

 これも小さい方。

 

元々は家具職人で(大きな家具屋を営んでいたらしいのです)

ヨハネパウロ2世の椅子も造ったとか!!!!!

 

こんな立派な本も出しているんですもの。

 


なかなかのイケメンでございますが、もう80歳。

お会いして話してみたくなりました。

 

 

 

ビックリ その2

 

見てください!

 




この大きな左の黄色のものは柚子です。

 

左のりんごが小さく感じます。

直径14㎝の柚子。

中は綿が厚かった~~~!

 

はちみつ漬けとジャムにしようかな?

面白いものがあると興味津々!

 

 

びっくり その3

 

教科書でしか見たことがなかった「銅」(鉄の古いもの)を

福西本店で歴史に詳しい方のものを見てから気になり

骨董屋で見つけてそこでまた気になり

その話を社員にしたら「ありますよ!」というので

疑心暗鬼でしたが見せてもらいました。

それがこちら!

 


やだ、お宝かもよ!と話すと「そんなわけないですよ!」と言いつつ嬉しそう‼️

バカに大きいけれど薄い。

薄すぎない?重いけど・・・・・・。

様々な疑問を感じつつ知り合いに鑑定してもらいました。

 

桃山時代のもので小さいのは価値があまりないようですが

大きい方が直径が8寸(24㎝)近くあるので珍しい。

大事にしてください、と話されました。

 

その方はご自分のお持ちのものと専門書も持ってきてくださいました。

 

それがこちら。

 




 

ん~~~!!!

社員には申し訳ないけれど

見た感じが、違う。

 

松喰い鶴の絵も見事・・・・・・。

この2つは高価なものみたい。厚みもあります。

 

それにしても

教科書でしか見たことがない「鏡」が手にとって見られるとは!!!

驚きです。

 

歯ブラシ払う程度で勝手に磨かないように注意されていました。

(磨く前で良かったです)

 

 

3つのビックリで10月は締めくくりました。

 

11月もハッピーなびっくりなら大歓迎!