先週末、風雨の中ある集まりで

大木を見てきました。

 

天気が良くない、というのが残念でしたが

樹木に詳しい方の話は非常に興味深く

発見が多々ありました。

 

青い屋根の神社の裏には立派な大木がありました。

抱きついてきましたよ。

気持ちがスーッと軽くなる気がしました。

 

近くには桜の木と広い公園。

春にまた行きたいところ。

八王子神社の森

(会津にもこの名前があったのね。)

 

 

 

 

 

こちらは赤い鳥居が⛩可愛い深川 伊佐須美神社の杜

 鳥居の脇には立派な杉の木が4本。

 

周辺の住民に愛されている神社だな、と感じました。

垣根にまでしめ縄が!


 

 

 

 そしてこちらは二本木稲荷神社。

大木より、この木でつくっかある蛇に

ビックリ‼️

なんだなんだなんだ‼️

後で調べたら巳年に造った寺らしいけど、

他にも理由がありそう。

知りたいことが湧いてきました。

 

 


 

 

 

 

 

 そして

一番驚いたのは

欅の木の種を知ったこと!

け、欅に種あるんだ!見たことがなかった!!!

(そりゃあるだろうけど初めて見ました)

 

 


枯れかけた葉について

 葉がパラシュートになり飛ぶとのこと。

 

大きな欅の木も小さな種から成長するのですね。

それにしても見事な木が沢山あるものです。

人間の何倍も生き延びているのですものね。守っていくのは人です。

大事な木を1本でも守っていきたい、と感じました。

 

色々学ぶこと多しの集まりでした。

 

 

ところで

一昨日3日間のあいづものづくりフェア、そしてテーブルコーディネート展示も終わり

教会のバザーも無事終わり

一区切りがついた日となりました。