※イスラエル・パレスチナ問題をショートショートにしてみました。もし違っているところ、ありましたらご指摘くださいませ。

 

 

 

はるか昔


現在のパレスチナとよばれる地域にユダヤ人の王国がありました


ある日のこと、この国にローマ帝国の軍が攻め寄せてきて、ユダヤ人は、ローマ帝国によって、支配されてしまいました。...


しかし、ユダヤ人はけっしてローマに従おうとはせず、ことあるごとに反抗しました。


「なんて強情な国民だ」


業を煮やした王は、ついにユダヤ人をこの土地から追い出すことにしました。


こうして、そこに住んでいる人々は故郷を追われることになりました


この時から彼らユダヤ人は国なき民になったのです。やがて彼らは、ヨーロッパの各地に散らばっていきましたが、それは迫害の歴史でした


「ユダヤ人め、おまえらはイエス・キリストを死に追いやった裏切りの民だ!」


「ユダヤ人は冷酷なケチの金貸しだ」


キリストを裏切って死に追いやったその弟子ユダはユダヤ人でした


また、立場の低かったユダヤ人は、だれもが嫌がる金貸しの仕事をさせられていました


彼らは商才があったため、金持ちになる者も多く出ました


こうして、彼らはますます恨まれ迫害されることになりました


そして、その迫害の最たるものが、第二次世界大戦のときのヒトラーのユダヤ人大虐殺でした


「優秀なるドイツ民族の血がユダヤ人の血で汚されている」


「私の最終目的は、ユダヤ民族の断固たる排除である」


ヒトラーによる大虐殺「ホロコースト」により、ユダヤ人600万人殺されました (現在は150万人説が優勢。下記注)。

 

 

ユダヤ人は思いました


「俺たちがこんなに迫害されるのは自分の国がないからだ」


「そうだ、今こそ自分たちの国を建設しよう」


「今こそ、旧約聖書で示された約束の地(現パレスチナ)に帰るんだ」


また、彼らは第一次世界大戦のさなか、イギリスと交わした約束を思い出していました


「もし、我がイギリスに力を貸してくれるのなら、お前たちの国の建設を認めようじゃないか」 (→ゴロ合わせ)


しかし、この約束はその場しのぎの口約束のようなものでした


イギリスは、アラブの人とも別の約束を交わしていたのですから


「力を貸してくれ。そうしたら、戦後ここをアラブ国家として認めようじゃないか」と 。


第一次世界大戦の頃から、ユダヤ人のパレスチナ移住は始まりましたが、第二次世界大戦後ぞくぞくと彼らは移入してきました 。


「自分たちの国を建国するんだ」


「そうすれば、もう迫害されることもないはずだ」


ホロコーストの大虐殺を目の当たりにした国際世論はユダヤ人に同情的でした 。


「では、パレスチナをアラブとイスラエルで分割するようにしよう」


ここに国際連盟のもとユダヤ人の国、イスラエルが建国されました 。

 

しかし、当然のことながら、腹に据えかねる者がいました 。


もちろん、そこに住んでいたパレスチナの民です 。


「たとえ、はるか昔にここにユダヤ人が住んでいたとしても、今ここには俺たちが住んでいるんだ。カビのはえたような大昔に書かれた旧約聖書を持ち出して説得されたって、俺たちはお前らなんか認めないぞ」


周りのアラブ諸国の後押しもあって、彼らはイスラエルに対して戦争をしかけました


彼らは、何度も戦争をしかけましたが、そのたびにイスラエルに打ちのめされ、そして、そのたびにイスラエルは領土を広げていきました


いつしか国連のもと、アラブとイスラエルで分割されたその土地はすべてイスラエルのものとなり、戦争を逃れてアラブ各地に逃げていった人たちは帰る場所がなくなりました


「母さん、国に帰りたいよ」


「国は、イスラエルに占領されて、もう私たちには帰る場所がないんだよ」


こうして、パレスチナ難民が発生しました


かつて迫害をされ続けてきたユダヤ人は、今度は加害者になっていました


ちなみに、イスラエル建国の際、国連からアラブの土地として定められたのが「ヨルダン川西岸地区」と「ガザ地区」です


しかし、この土地でさえ・・・・


「ここは我がイスラエルが支配した」


「そ、そんな・・・・」


ここでアメリカが出てきました


「いくらなんでも、これはひどいんじゃないかね」


「・・・・」


「では、この地区をパレスチナ人の自治区にしよう」


アメリカの介入によって、この地区はパレスチナ人の自治区になりました


そして、ここに宗教の問題、エルサレムも絡んできます


エルサレムは、3つの宗教の聖地になります


アラブ人は言います


「ここでイスラムの預言者ムハンマドが天に召された、ここはイスラムの聖地である」


ユダヤ人も言います


「ここにはユダヤ教の聖地<嘆きの壁>がある。ここはユダヤ教の聖地だ」 キリスト教徒も言います


「ここはイエス様が十字架にくくられ天に召された場所。私たちにとっても聖地なんです」


しかし、このエルサレムをイスラエルは占領し、イスラエルの首都と宣言してしまったのですから、アラブ諸国の怒りはおさまりません。


(もちろん、国際社会では認めていません。イスラエルの首都はテルアビブです。もともとエルサレムは国際管理される都市と指定していたのです。それを第3次中東戦争で勝ったイスラエルが勝手に宣言しているのですから・・・・)


これまでの経緯をまとめてみると、こんな感じでいいのかな?(もし違ってるとこあったら御免なさい)


生まれたときから、イスラエルに自爆テロをして死ぬのが英雄と叩き込まれるパレスチナ人


やられたら、倍にしてかえしても正義である、と考えているユダヤ人


戦争のたびに領土を拡大していくイスラエルと、イスラエルからの何度かの譲歩に耳を貸そうともしないアラブ諸国


感情と感情、憎しみがさらなる憎しみを呼んでいきます


その後も、紆余曲折ありながら憎しみと紛争は今も続いています


終り

 

 

(注)https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11182588461

 

 

 

今、死ぬことしか考えられない人、今にも自殺しようかと考えている人に向けた動画を作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

「今、死のうと考えているあなたへ」

 

がんばったよね

辛かったよね

疲れたよね

うまくはいかなかったけど、がんばったよね

生きていれば

ときには、うまくいかないこともあるし

それが続くこともある

長い人生そんな時もある

でも、春の来ない冬がないように

終りのない苦しみもない

ときには休むことが必要なこともある

あまりに無理しすぎていたら、心だって砕けてしまう

だから今はそっと自分を抱きしめてあげて

どんなに失敗しても大切な私

失敗しても、落ち込んでも、ダメになっても

あなたがいる・・・・・それだけで十分

だからもう、これ以上自分を傷つけないで

人に優しくできるあなたなのだから

自分にだって優しくできるはず

大丈夫

ずっと続く苦しみなんて、ないんだからね

 

 

※もし、身近に死ぬことしか考えられない人、今にも自殺しそうな人がいましたら、ぜひこの動画を見せてあげてほしいです。自分で言うのもあれですが、多分いくらかは効果あるかもです

 

 

熱くなる武将の名言その1

テーマ:

 

心が震え立つ武将の名言を集めました。
以前、武将の名言の動画を作ったのですが、長すぎたせいか(30分)、再生回数が全く伸びなかったので、3分程度の動画数本に分けて再投稿してみました。

けっこう出来はいいと思うんです。

続編、また出します
再生回数伸びるといいな(^o^)

どうぞご覧くださいませ

鎌倉仏教のゴロ合わせ作りました。

けっこうよくできたと思うので、高校生のお子様いる方、ぜひ教えてあげてくださいませ

 

 

 

鎌倉仏教の開祖6人と言えば?

→発疹で一日江戸へ

(法然・親鸞・一遍・栄西・道元)

 

以下はぜひ動画ご覧くださいませ

よろしくどうぞ(^o^)

 

 

 

第一次伊藤内閣から今の安倍晋三まで、歴代内閣の首相をゴロ合わせにして動画にしてみました。

けっこうよくできたと思いますんで、どうぞ見てやってください。

 

 

 

 

「東の国のひでー原っぱ。茂みの中に片足が・・・・」

(東久邇宮成彦・幣原喜重郎・吉田茂・片山哲・芦田均内閣)

の部分ですが、バラバラ殺人事件みたいにイメージしてもいいかもしれませんね

ではでは。

 

 

 

後小松天皇から今上天皇までの覚えかた。
動画にしてみました。
死後、極楽にあると言われている美しき場所。
そこへの旅を、ドラクエ4「天空城」の音楽に乗せて、ストーリー調のゴロあわせにしてみました。
ぜひご覧くださいませ!

関連動画
①初代の神武天皇~宇多天皇までの覚え方
https://www.youtube.com/watch?v=cvoBnTXZBBg&t=40s
②60代醍醐天皇~94代後二条天皇までの覚えかた
https://www.youtube.com/watch?v=OkdGwV7zolM
③95代花園天皇~100代後小松天皇&北朝の天皇(=南北朝の時代だよ)
https://www.youtube.com/watch?v=nbmsTptGO0E
④100代後小松天皇~今上天皇までの覚え方
https://www.youtube.com/watch?v=VAbEDk7owdM

 

 

よかったら以下の動画もどうぞ。気迫が湧き出る熱い言葉を集めました

奮い立たせてくれる武将の名言

https://www.youtube.com/watch?v=Zkc8k3ZR1sI

 

 

 

 

 

以前作った歴代天皇の覚え方、動画にしてみました。

 

~95代花園天皇から99代後亀山天皇~

 

ある日の午後。花園でDAIGOと村上(春樹)が何やら長計しています。その後、二人は亀山に登り後光を拝みました。


95 花園天皇 (はなぞのてんのう) 1308~1318
96 後醍醐
天皇 (ごだいごてんのう) 1318~1339
97 後村上天皇 (ごむらかみてんのう) 1339~1368
98 長慶天皇 (ちょうけいてんのう) 1368~1383
99 後亀山天皇 (ごかめやまてんのう) 1383~1392

100後小松天皇(ごこまつてんのう)

<覚え方>

花園午後、DAIGO村上長計し、

以後、亀山登り、後光待つ

花園醍醐村上長慶後亀山、後小松)


「午後」は「後(ご)」、「後(ご)」で「後」が2回続きます。「だいご」と「むらかみ」にかかって「後醍醐」「後村上」となります

「以後」は「1後」なので「後」が一回です。「亀山」→「後亀山」です
 

「花園の午後、DAIGO・村上、長計し、

以後亀山登り、後光待つ」

 

 

一方この頃は南北朝の時代、天皇は南朝と北朝とに分かれ、北朝は光厳天皇から後円融天皇まで5代にわたり続きます。その後再び統一されるのですが、今回はその5代にわたる北朝の覚え方です。

北朝1代 光厳天皇 (こうごんてんのう ) 1331~1333
北朝2代 光明天皇 (こうみょうてんのう) 1336~1348
北朝3代 崇光天皇 (すこうてんのう) 1348~1351
北朝4代 後光厳天皇 (ごこうごんてんのう ) 1352~1371
北朝5代 後円融天皇 (ごえんゆうてんのう) 1371~1382

<覚え方>
神々しい光明崇高後光・言語に絶する御園遊
光厳光明崇光後光厳後円融

 

(注)「園遊会(=天皇・皇后が主催なさる野外での社交会)」に敬語の「御」をつけるのはちょっと日本語的におかしいかもしれませんが、まあ、そこんとこよろしくお願いします


<イメージ>
さらにその後、天皇が主催なさる園遊会がありました。
それはそれは素晴らしい園遊会でございました。
まさに神々しい光明が降り立ち、その後光は、それはそれは、言葉ではとてもいい表すことができない(=言語に絶する)ほどでした。

 

 

神々しい光明。崇高な後光・言語に絶する御園遊会

 

関連動画
①初代の神武天皇~宇多天皇までの覚え方
https://www.youtube.com/watch?v=cvoBnTXZBBg&t=40s
②60代醍醐天皇~94代後二条天皇までの覚えかた
https://www.youtube.com/watch?v=OkdGwV7zolM
③95代花園天皇~100代後小松天皇&北朝の天皇(=南北朝の時代だよ)→この動画
④100代後小松天皇~今上天皇までの覚え方
https://www.youtube.com/watch?v=VAbEDk7owdM