時速10kmアップした大学生投手のヤマト回内グラブ | 野球が加速上達する回内動作理論
新型コロナウイルスに関する情報について

野球が加速上達する回内動作理論

故障予防。コントロールが変るグラブ、守備が上手くなる・型付け回内グローブ・グラブ・国産野球グラブ・グローブ・痛くないスパイク・インソール・お手入れ用品・高校野球・甲子園・ボーイズ・シニア・中学硬式

今指導中の大学生投手さんの進化です。

 

12月20日に1度目の指導というか

回内グラブと回外グラブの違いを説明しました。

 

 

彼は即断でその場で

ヤマト回内グラブを申し込みされました。

 

 

1月末にヤマトWベルトグラブ完成

その時に一本下駄の指導もしました。

 

 

昨年12月13日(自分の過去のグラブ)と

今年の2月14日(ヤマトグラブを慣らして使用)の

ラプソード計測の結果が出たので

その資料を送って頂きました。

 

 

 

平均ストレート(15球)が

134.8km⇒139.8km

 

 

12月というか彼のストレートも

MAX136km⇒146km

10KMアップ!

 

 

さらに

15球中140kmオーバーも6回出ました

 

昨年の時点では136kmがMAXの投手でした

 

ひそかに今155kmオーバーを

目標にしていますが

 

 

彼曰く「コントロールもよくなりましたが何より

縦方向の変化球のフォークが投げられるようになりました」

と喜んでくれています。

 

これからの進化が楽しみです!