バザラスからのアジアン紀行

目アジア各国のお酒と食べものや面白い話、流行、時事問題などのホットな情報から奥深い歴史の話など、皆様と共にアジアな関係を築いていきますクラッカー

http://bazarasu.jp/index.html
合格こちらもご覧下さい合格

アジアのお酒と食べ物のことなら-BAZARASU-

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

芭蕉と働く その2

ここは、かつての深川。
現在住所は、江東区常盤。

隅田川が小名木川と合流するところにある
江東区芭蕉記念館の史跡展望庭園。


「川上とこの川下や月の友」

以下、江東区のHPより。

「深川芭蕉庵
 
ここ深川の芭蕉庵は、蕉風俳諧誕生・
発展の故地である。

延宝8年(1680)冬、当時桃青と号していた
芭蕉は、日本橋小田原町からこの地
に移り住んだ。

門人杉風所有の生簀の番小屋
であったともいう。


繁華な日本橋界隈に比べれば、深川は
まだ開発途上の閑静な土地であった。

翌年春、門人李下の送った芭蕉一株が
よく繁茂して、やがて草庵の名となり、
庵主自らの名ともなった。

以後没年の元禄7年(1694)にいたる
15年間に、三次にわたる芭蕉庵が
営まれたが、その位置はすべてほぼ
この近くであった。

その間、芭蕉は庵住と行脚の生活の
くり返しの中で、新風を模索し完成して
行くことになる。



草庵からは遠く富士山が望まれ、
浅草観音の大屋根が花の雲の中
に浮かんで見えた。


目の前の隅田川は三つ又と呼ばれる
月見の名所で、大小の船が往来した。

それに因んで一時泊船堂とも号した。
 

第一次芭蕉庵には、芭蕉は延宝8年
(1680)冬から、天和2年(1682)暮
江戸大火に類焼するまでの
あしかけ3年をここに住み、
貧寒孤独な生活の中で
新風俳諧の模索に
身を削った。   


「櫓の声波ヲ打つて腸氷ル夜や涙」
  
 「芭蕉野分して盥に雨を聞く夜かな」
   
「氷苦く偃鼠が咽をうるほせり」

天和3年(1683)冬、友人素堂たちの
好意で、53名の寄謝を得て、「本番所
森田惣左衛門御屋敷」の内に、
第二次芭蕉庵が完成した。

草庵の内部は、壁を丸く切りぬき
砂利を敷き出山の釈迦像を安置し、
へっついが2つ、茶碗が10個と菜刀1枚、
米入れの瓢が台所の柱に掛けてあった。


『野ざらし紀行』『鹿島詣』『笈の小文』
の旅はここから旅立った。   


古池や蛙とびこむ水の音」

   「華の雲鐘は上野か浅草か」

   「蓑虫の音を聞きに来よ草の庵」

 元禄2年(1689)『おくのほそ道』の旅立ちの
際手離された旧庵の近くに、元禄5年(1692)
5月杉風らの尽力で第三次芭蕉庵が成った。


新庵は、三部屋から成り、葭垣、枝折戸
をめぐらし、池を前に南面し、水楼の赴き
があった。


他に預けてあった芭蕉も移し植えられた。
  
 「名月や門に指し来る潮頭」

 「川上とこの川下や月の友」

 「秋に添うて行かばや末は小松川」

 芭蕉庵の所在地は、元禄10年(1697)
松平遠江守の屋敷となり、翌元禄11年
(1698)には、深川森下町長慶寺門前に、
什物もそのまま移築されたようである。」

 
つづく。

芭蕉と働く その1

松尾 芭蕉。

寛永21年(正保元年)1644年、
 

伊賀国阿拝郡=現在の三重県伊賀市出身。

 

ここは、かつての深川。

今は、江東区常盤。

隅田川が小名木川と合流するところにある
江東区芭蕉記念館の史跡展望庭園。


最寄り駅は、清澄白河。
 

俺が芭蕉を意識しだしたのは、

19歳の頃。

洟を垂らしながら、故郷の
九州・宮崎から上京し、


新聞奨学生として新聞配達しながら、
通った新聞社経営の予備校で、


国語の先生に、日本人なら
松尾 芭蕉『奥の細道』、
井上 靖『天平の甍』、
岡倉 天心『茶の本』
を読みなさいと
薦められてから。


出来の悪い生徒の俺は、

それから42年も経って、
漸く芭蕉についての
書を読み、


現在は、『奥の細道』を
書写している。


そんな因縁の芭蕉像の
直ぐそばで、


今月からバイトをしている。

 

つづく。

 

BPM

21世紀の黒人差別反対運動スローガン

は、BLM=「BLACK LIVES MATTER」だが、

20世紀は、「BLACK POWER」や「BLACK IS BEAUTIFUL」

とストレートなスローガンだった。

 

*以下の画像は、Google画像検索より無断拝借。

  悪しからず。

ビリー・ホリデイ(Billie Holiday) が1936年に

歌った「Strange Fruit」(奇妙な果実)=

木にぶら下がった黒人死体。

 

ビリー・ホリデイと同時代に、差別によって虐げられ続ける

黒人魂の解放と救済をシャウトする、ブラック・ゴスペル

の女王マヘリア・ジャクソン。

 

1964年サム・クック「A Change Is Gonna Come」

 

この「A Change Is Gonna Come」は、数多くの

ブラック・シンガーにカバーされた。

 

この曲については、後日記事にする予定だ。

 

1965年インプレッションズ「People Get Ready」

 

この曲から、どれだけ多くのミュージシャンが

インスピレーションを得て、名曲を作り出して

来ただろう。

 

1970年ニーナ・シモン「To Be Young, Gifted and Black」

 

の曲に、どれほど多くの若いブラック達が

勇気付けられただろう。

 

1971年マーヴィン・ゲイ「What's going on」

 

白人達ですら耳を澄まして聞いた

「What's going on」

 

米国白人たちが北アメリカ大陸乗っ取り

に成功した1776年。

 

そして400万人とも言われる黒人奴隷が

解放されたのが1865年。

 

今は2021年。

 

法の支配の及ばない所で、

未だに黒人差別が横行する

米社会。

 

黒人差別の根は深すぎる。

 

”第29回櫻詠会”

俺の能楽の師匠、金春流シテ方

山中 一馬氏の自主公演「櫻詠会」。

 

師匠自らがブログで案内を公表されて

いるので、弟子ですからリブログします。

(笑)

 

俺が師匠にお会いして、稽古を始めたのも、

13年前にここAmebaブログで交流し始めたのが

きっかけなんです。

 

あれから苦節13年(笑)。

ちっとも上達はしておりませんが、

我ながら長続きしております。

 

で、師匠の「櫻詠会」ご挨拶文を読んで頂けると

分かると思いますが、能は、日本最古の舞台芸術

であり、ユネスコ世界文化遺産にも認定なんちゃらと

もてはやされる割にはマイナーな舞台芸術です。

 

そして、能の流儀の中で一番古いとされる金春流は、

古風で力強い芸風を維持しつつも、現代ではマイナー

な流儀となっております。

 

更にさらに!山中師匠は能楽師の家系に生まれておらず、

全くの素人からこの世界に入られ、数年前に重要無形文化

財保持者にまでなられた方ですが、自主公演開催は極めて

難儀なイベントなのです。

 

世界に誇れる日本の伝統芸能「能」は、風前の灯状態と

言っても過言ではありません。

 

西洋の価値観でしか日本の価値を測ることが出来なくなって

しまった現代日本人。

 

薄っぺらなエンタメに席巻されている現代社会。

 

そんな社会の現状に辟易している日本人は、能に触れて、

その夢幻に遊び、幽玄に身を置く世界の存在を知って貰えれば、

日本人としての人生が奥行深く広がってゆくと思うのだが。

 

 

 

五月人形

土日祝祭日にバイトしているマンションの

ロビーに、五月人形が飾ってある。

 

このマンションに住まれている方が所有

されている人形で、去る3月に記事にした

雛人形も、同じ方の提供だった。

 

こんな本格的な五月人形は

珍しい。

 

武将に絡め、勇敢で逞しく育つようにとの

思いが込められた品々が並ぶ。

 

菖蒲=勝負

 

二段目は、軍扇陣笠。

リーダーシップが執れる

男に、ということか。

 

鯉のぼりもセットで。

 

五行の吹き流しは、魔除けと健康祈願。

 

柏餅。

 

ちまき。

 

徳川家康。

 

精巧な作りです。

 

篝火は、赤綿を電球仕掛けで

燃えてるように見せている

凝りよう。

 

玄関には、吊鯉のぼり。

 

ジェンダーフリーだ、LGBTだと

喧しい昨今。

 

雛人形も五月人形も

消えゆく運命にあるの

だろうか・・・。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>