馬の学校☆東関東馬事専門学院の生徒ブログ☆BAJIGAKU/馬事学院

馬の学校を比較すると、東関東馬事専門学院(バジガク)アニマルベジテイション、国際馬事学校、インターアクションホースマンスクール、日高優駿学園など、多数の馬の学校がありますが、ここでは東関東馬事専門学院(バジガク生徒たち)のブログを紹介しています。


テーマ:


(≡^∇^≡)



\(*`∧´)/






・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。






(* ̄Oノ ̄*)




どうですか?

いや~馬って表情豊かでおもしろいですね~♪


どうもはじめまして!

 

専門生ブログ7番目に書くこととなりました

ハタケヤマです!

 

 


私がブログを書くにあたって書きたかったもの、、、、

それは!馬の表情です!



たとえば、 この表情は何でしょう?

「さあ、ライさん(ライジン号)はなんと言ってますか?」



チ・チ・チ・ チ~ンΣ(・ω・ノ)ノ!


正解はむかっむかっ


 

耳をふせていますね~(`Δ´)

目が怖いですね~(#`ε´#)

血管が浮き出ていますね~(◎`ε´◎ )


 

このような時に近づくと,

噛まれたりけられたり......

と、実は私も経験しました(-"-;A・・・・・ハイ

 

 

 

 

 

そういえば先週のソガワ君には、

私はうるさい馬の扱いが

上手いなんて、いわれてましたが、秘訣は

いや・・・・・・・最後にとって置きましょう



さ、お次は馬房内での

ズルフィカール号、のこちら!


正解はダウンダウン
口かごをつけられて、遠い目をしていますね.......。

 

《口かごとは馬の口につける籠のこと。



寝藁(ねわら、寝床のためのワラで食用ではない)を

食べたりする馬に対して利用する。


また、食欲が多すぎて、エサを定量以上食べるような

馬に対して、食事を制限するときに利用する場合もある。》
と商品の説明書きには、書かれていましたが

ここ東関東馬事では、「さく癖」させないために、使用しています。


暇つぶしに、さく癖をしたいのに

口かごがついているとできないので、悲しいのです。


馬達には、悲しい顔は

していてほしくないと

ころですが・・・・



では、「さく癖」 とは?↓

本来は、一日の大半を歩き草を探して食べ歩く「馬」

の本能が、現在のような一日の大半を馬房で過ごす生活

からくるストレスを、馬栓棒などを銜えて

空気を飲み込む行動(悪癖)のことです。

さく癖は、一度覚えてしまうと直すことはできないので

辞めさせることはできません。


そして、さく癖させると腹に空気がたまって

命取りな腹痛に、なってしまうのですあせる


だから、できるだけ飲み込む空気を減らしてほしい!

と願うのが管理をしている人間の思いなのです。




さて、気を取り直して

最後は、もう誰だかわからないとこまで上向いて~も~

こちら!何をしてるのでしょうか?


正解はビックリマークはてなマーク


これはフレーメン反応

といって嗅覚器官である鋤鼻器(じょびき;ヤコブソン器官)を

空気に晒し、より多くの臭い物質を取り入れようとしてとる行為である。

 

 

 

フレーメンは性行動の一部として発達したものと考えられるが、

馬の鼻先にたばこの煙を吹きかけたり、

アルコールを塗ったりすることで簡単に誘発することができる。

 

だ、そうです\(゜□゜)/

 

 

 

学校では、放牧地や洗い場などで他の馬の排泄物などの

匂いを嗅いだあとに、よくやっているのが見られます。

 

 


いや~馬っておもしろいな~♪

馬は、人間と同じく色んな事を表情や態度に出してるんですね。



そう、先ほどの秘訣ですが

きっと、うるさい馬や、敏感な馬の扱いができているとしたら

このような表情や態度、様子をできるだけ

しっかりと受け取ろうと

日ごろから思っている所でしょうか?


あとは、直接、馬たちに聞いてみてください。


そんな「馬好きなハタケヤマ」は、将来は

「障害を飛場なかった、馬を飛べるように調教」したり

「噛む馬を噛まない馬にする」ことができる

ホースマンになることが目標です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


じつは、この目標がもてたのは、

未経験で入学して、6か月目の10月4日~19日の間に

行った杉谷乗馬クラブさんの研修で、お話しして頂いた


たとえ気性は、うるさくても調教をすることで、

その馬の能力を活かし、さらにつけさせることで

競技馬として仕上げて「世界でも活躍できる馬にして、

世界に羽ばたかせる」仕事をされていると伺ったからです。



この研修ではスケジュールを組むことの大切さや、

効率の良い動き方タイプの違いが大きすぎる馬の乗り方など、

とても実践的な知識や経験をさせて頂きました。

 

そして「大阪グランプリ」という大きな競技会での動き方も学べました。


競技運営で「ハコバン」をしたことにより、自分の目の前の

160cmを超えているだろう障害物

人馬が飛ぶ姿を間近で見た

ことにより改めて、

「馬って凄いなー!自分もうまく乗れるようになりたいなー‼」

と感動‼

 

 

この研修を通して自分の中の

「これからへの目標」が、ドンドン増えてきたことが何よりの収穫です。

 


なんだか、自分の目標や思いをつづるって、

恥ずかしいような、くすぐったいような気持ですね。

 

ということで、恥ずかしくてたまらないので

いきなりですが、ここらで!

 

 ~ おしまい(^_-)-☆だとさぁ ~




次回の専門生ブログ担当者はこの方!


 

 

その名もさん!」

 

○野屋の牛丼をこよなく、愛してやまない丸さんですが

最年長としてどんなブログを書くのか楽しみですね~(σ・∀・)σ

 

 

次回は、11月25日(水)


お楽しみに♬

いいね!した人  |  リブログ(0)

bajisenmon-blogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります