馬の学校☆東関東馬事専門学院の生徒ブログ☆BAJIGAKU/馬事学院

馬の学校を比較すると、東関東馬事専門学院(バジガク)アニマルベジテイション、国際馬事学校、インターアクションホースマンスクール、日高優駿学園など、多数の馬の学校がありますが、ここでは東関東馬事専門学院(バジガク生徒たち)のブログを紹介しています。


テーマ:

はじめまして

今回専門学院生ブログを担当する十川です。

これで[そがわ]と読みます。



昔の歴史の流れの中心地であった京都出身で

競馬界に新たな歴史を作るであろう

この僕が紹介します。


6番目となり中途半端な順番で書くことも

被らないようにと頑張ってるのでネタに困ってます。

 

ですが,まだ紹介されてないことを

伝えますので最後まで見てください。


まず軽く僕の紹介から

将来調教師を目指しこの学校に入学してきました。


 

調教師といえば競走馬なので騎乗に関しては

もちろんモンキー乗りが中心なので

僕も入学当初はモンキーが上手くなりたい

と思ってたのですが乗馬のレッスンを受けるうちに

乗馬もおもしろいなと感じてます。

 


実際競走馬の調教に乗馬も

取り入れようとする試みがあるように

競馬界でも乗馬は注目されています。

その影響もあって

今の目標はただの調教師ではなく

競走馬の調教で乗馬をするのように

マニュアルや概念にとらわれず

新しい調教方法などを

使って競走馬の育成をするのが目標です。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが口だけにならないよう

毎日頑張らないといけませんね。

少し熱くなって語ってしまいましたが

ここからは日常の様子を紹介していきます。



これは馬をウォーキングマシーンで

運動させている様子です。

雨などで運動が出来ない時など

「毎日の運動が欠かせない馬」達には

便利な機械です。


マシーンには、馬を適当に入れてるのではなく、

「牡馬と牝馬が隣にならないように」 とか

「馬添いの悪い馬同士が並ばないように」など

安全のために色々と考えて入れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、東関東馬事では、引退競走馬の乗馬転用や

現役競走馬の休養、調教、
デビュー前の馴致と馬の年齢層を幅広く扱うため

馬運車による馬の出入りがとっても多いんです!!


全国の競馬場や牧場から毎月
多い時は、連日、一日に何台もの馬運車がきて
馬の運搬が行われています。

馬運車にも色々なサイズや形、
それによって積み方も変わるし
乗せる馬も経験豊富な馬もいれば
未経験の馬もいて・・・・・・

素直に荷台に乗る子も、
嫌がって大暴れする子もいるんです。

それでも、それぞれの馬を最後は無事
馬運車に乗せ、送り出す所までが
牧場の仕事です!

怪我せず、無事に輸送されていく馬運車の後ろ姿を見ると
ホッとしますね。

だから、積み込みや積み下ろしも大事な技術で
僕たちにとっては経験を積む機会です‼

そして最近では、各地の競馬場で走っていた

「バジガクの2歳馬」が学校へと久々に集合‼

ちょっと大人になった姿で帰ってきましたね。

 



 

その他のレースを終えた馬が競馬場から

ぞくぞくと学校へと帰ってきます。

また学校で調整や休養を経て

それぞれの競馬場に向かいます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、競走馬だけでなく引退競走馬

第2の人生を送るべく、学校へとやってきます


自分たちが扱っていた馬ではく、初対面の馬を引くときや

扱う時は緊張の場面です。



これから新しい生活をスタートさせるためには

怪我をさせるわけにも、

自分が怪我をするわけにもいきませんから。



しっかりと馬の動きや

様子を感じて扱う場面ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東関東馬事で世話している競走馬たちは

主に地方競馬「南関東」

(大井、船橋、川崎、浦和)

 

の4会場で走っているので

みなさんも見に行って応援してくだっさたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

僕たちも、たまに応援観戦へと競馬場へと

いく事もあるのでお会いできるかもしれませんね。

 

 

 

 

いつ走るかは当校のブログに掲載されてますよ。


学校の放牧地です。

パイプにネットを張ってくぎっています。

この前皆で張り替えて一新した矢先

2歳馬ちゃん達に噛まれて破れてしまいました。



修理でネットを張り替えるのですが

ネット張り替えるのって

けっこう時間かかるんですよね、

けど破られるのは一瞬です。



はぁしんど


なんて、言わずに笑顔で張り替えるみんな(^^♪

すばらしい集団ですね
ヾ(@°▽°@)ノ

2歳馬の調整の様子です。

 

ここでの調整が次のレースに向けても重要なので

必死にやってます。

画像にはないですがもちろん

乗り運動も本格的にやってますよ。

 


こんな感じで一人一人大きな志を持った若者が

毎日技術、知識などを向上させるため

日々頑張っています。

 

 

 

 

次のブログの担当は畠山さん(右)です.



 

畠山さんは外おとなしく

あまり喋るタイプではないですが

周りが一番見えていて細かいところまで

しっかり考えれる人です。


 

 

それに馬の扱いがとても上手くて

噛んでくる馬なのに畠山さんには噛まなかったりします。


その秘密が次回のブログで分かるかも知れないですね。

 

 

あー楽しみになってきた

 

なので次回のブログもご覧になってくださいね.

 

 

次回は、1118日(水)です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

bajisenmon-blogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります