こんにちは、
岡田です。


前回は「過去の治療院から未来型治療院へ」でした。
https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12476581798.html

過去を振り返りながら現状の課題を考え、
未来型治療院を創るには何をすべきかという内容でした。



今回は「心の健康と身体の健康の関係」について、
体力が気力を引き上げるというお話です。

---------------------------

『歩行整体メソッド』とは、

三本の矢による、
回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢 ゆがみの潤滑整復術
第二の矢 ゆがみのトレーニング
第三の矢 ゆがまないセルフケア法

現在、見える化を図っています。


---------------------------


(心の健康と身体の健康)


心の健康と身体の健康は、
仏教で「色心不二」といわれるように、
不二一体で切っても切れない関係です。


私たちが住む三次元世界は物質世界なので、
肉体という身体をまとって生きていますが、
心の存在は目に見えないのでややこしいのです。


なので、心と体は切り離せませんが、
次元が違うので、
別々に考える方が分かりやすいのです。





とはいえ、図の重なっている部分、
心身ともに健康な状態が本当に健康といえるでしょう。



では、まず心の健康からいきましょう。



一つめは、生き甲斐です。


孤独は、心に辛いことですが、
その正反対で、
誰かの役に立てている実感が生き甲斐です。


仕事でも、ボランティアでも、家庭の中でも、
どんなことであっても、
誰かに喜ばれると嬉しいですよね。

有給無給にかかわらず、
誰の役にも立っていない仕事はありません。


実際は誰かの役に立っているのに、
それに気づいていない場合は、
周りの人に聞いてみると実感できます。


生き甲斐は愛の実感なので、
心の健康にはとても大切です。



次は悩みの問題です。

大抵の悩みは3つに分類できます。

「貧困」「人間関係の葛藤」「病気」
この三つの悩みは心の健康に大きな影響があります。


これらの悩みが生じると、
穏やかな心が保てなくなります。


また、これらの悩みは、
人生の問題集であることが多く、
生き方や考え方を変えなくてはならないので、
じっくりと取り組む必要があります。


特に病気の時は心を見直すチャンスでもあります。



では、悩み解消のめどが立たない時は、
何をしたらいいのでしょうか。


身体が健康であれば、
そんな時に役立つのが運動です。


(体力が気力を引き上げる)


悩み事で苦しいときは気力が低下しますが、
低下した気力を回復させるのは体力です。

体力は気力を引き上げるのに役立つからです。


こういうときには、
気力を振り絞って筋トレや整体歩行などを行うのです。


体力と気力と知力には相関関係がありますが、
体力がすべてのもとです。

なぜなら、
体力が回復してくると気力が湧いてくるし、
気力が出てくると考える力も出るからです。


なので、
まずは身体を動かすことから始まります。


歩行によって気分が好転することは、
科学的にも証明されていますが、
私もうつで苦しい時にずいぶん助けられました。


日頃、パーソナルをやっていて感じるのは、
身体が弱っている人のトレーニングは、
軽い運動から入っても初めは大変です。

しかし、体力の回復とともに気力が回復し、
心身ともに回復していくシーンを何度も観てきました。


心の健康を妨げる悩みはすぐには解決できませんが、
運動によって体力が回復すると気力も回復し、
気力が回復することで、
悩み解決に向けての知力を養うこともできるのです。


このように、
身体の健康が心の健康を引っ張るような形で、
心身の健康が得られるという道があります。


そういう意味でも、
パーソナルトレーニングや筋肉絞り体操、
そして整体歩行などの運動は、
心の健康のためにも役立っています。


---------------------------------------

新発想!立ったまま行う 体幹スロー筋トレ

『筋肉絞り体操/姿勢改善編』実技セミナー

・6月28日(金)14~16時(天王寺)
・7月13日(土)18~20時(天王寺)
・7月26日(金)14~16時(天王寺)
・8月10日(土)18~20時(天王寺)
・8月23日(金)14~16時(天王寺)

健康or美意識の高い方・~7名様

【セミナーの詳細はこちら】



--------------------------------------



 
--------------------------------------

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。



こんにちは、
岡田です。


近い将来、このまま寿命が延びると、
人生100年の時代がやってくるといわれています。

医学は進歩し、
栄養面や健康法が日進月歩の状況を観ると、
そんな未来は確実にやって来ることでしょう。


また、それに対応した考え方も登場、
ライフシフトという本が大ヒットし、
生涯現役人生という本も話題を集めました。


詳しい理論はそちらに譲るとして、

今回は、健康水先案内人として、
私の考えをお伝えしたいと思います。



人生100年を近未来の現実と考えた場合、

健康寿命を限りなく100歳に近づけること、
これが最重要かと思います。


なぜなら、
介護のお世話になっている期間は、
やりたいことが制限され自由に生きられないからです。

ちなみに、健康寿命とは介護いらずの寿命のこと、
実寿命との差は、介護サービスを受けている期間です。



つぎに、生き甲斐があること、
人間は認められたいという本能があるので、
これがないと孤独感で辛くなります。


無給、有給に関わらずに仕事があること、
それが誰かの役に立てているという実感が伴えば、
生きていることの価値を味わうことができます。

身体は元気でも、これがないと充実感がありません。



そして、上の二つとも関連してきますが、
何らかの収入源があるか蓄えがあること。

食べていくことに困らないお金の確保は大切です。



この三点が充実していれば、
仮に100歳まで寿命があっても、
本人も家族も社会も困ることはありません。

もし、それまでに寿命が尽きても悔いは無いはずです。


それを想定した上で、
逆算思考で現在に集中することです。


ポイントは三点です。

●健康●生き甲斐●お金


わたしは整体を通じた健康の専門家として、
健康サービスを提供する側なので、
100歳時代を想定しながら、
歩行整体メソッドなどの仕組みを通じて社会貢献します。

幸い、仕事と趣味が同じなので、
仕事=生き甲斐という状況です。

仕事を通じて、収入が得られますし、
人脈が広がり、気の合う仲間や情報も得られていますし、
また、ボランティア活動にも参加しています。


お金に関しての基本的な考えとして、
私たちの年代から下の世代では、
年金を当てにしていない人の比率が高いです。

だからこそ、収入源の確保として、
高齢になっても出来る仕事が欠かせないのです。


では、どんな仕事があり得るかというと、

今までのキャリアを生かしたコンサルタントや、
強みを生かした独自のサービスなど。
 
アメブロには、
そういう個性的なサービスが多いのでヒントになります。

また、相性の良いネットワークビジネスなど、
時間を拘束されない仕事は増えており、
現にうまく取り入れている人は周りに多いです。

そのほかには、
第二、第三の人生を営んでいる経営者の補助者、
共感できる理念があると良い仕事になります。


お金の心配が無い恵まれた人は、
地域やコミュニティのボランティアという手もあります。


とにかく何でも良いので、
やりがいを感じることが重要です。


まとめると、

まず、人生100年を自分のこととして想定すること。


つぎに、最後まで充実した人生を送るためには、
健康、生き甲斐、お金が必要なので、
これをどうやって確保するかを考えること。

そして、考えるだけでなく、
まずは一歩足を踏み出す勇気が必要です。

やってみてダメだったら軌道修正すればいいのです。


感謝の心を忘れずに宇宙と繋がっていたら、
そのうちにこれだ!というものに出会うはずです。


まだ、準備が出来ていない場合は、
この三点を意識しながら準備しようと決意すること。

たとえ、現在の状況が理想とほど遠い場合でも、
準備するための時間はあるので、
先を走っている人生の先輩に相談するのも良い方法です。


何らかの方針が立ったら、
出来ることから地道に積み上げていくことです。

天はあきらめずに、
地道に努力している人を見捨てません。

未来を信じてコツコツを重ねる、
これが結局は勝つコツなのだと思います。



---------------------------------------

新発想!立ったまま行う 体幹スロー筋トレ

『筋肉絞り体操/姿勢改善編』実技セミナー

・6月28日(金)14~16時(天王寺)
・7月13日(土)18~20時(天王寺)
・7月26日(金)14~16時(天王寺)
・8月10日(土)18~20時(天王寺)
・8月23日(金)14~16時(天王寺)

健康or美意識の高い方・~7名様

【セミナーの詳細はこちら】



--------------------------------------



 
--------------------------------------

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。



こんにちは、
岡田です。


前回は『思いは現実化する-願望実現の法則』でした。
https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12464996479.html

いつも考えていることに感情込めれば現実化しやすい、
本気で楽しめることが大切というお話でした。





今回は引き寄せの法則を構成する3つの法則の最後、
「波長同通の法則」について。


(波長同通の法則)


「心の波長は周波性を持つ」

三法則の中でも一番重視しているのはこの法則です。


では、今回は霊界の話からはじめましょう。


ひとはこの世の人生が終わると、
霊とか魂というエネルギー体に存在形式が変わります。

肉体のない世界は波長の世界なので、
波長が同じ者は同じ世界に住むといわれており、
霊界は同じ周波数帯の人が集まる仲良し村です。


波長が合う連中が集まっているわけですから、
ストレスは少ないでしょうが、
ずっといると退屈してしまうでしょうね。


それに比べて、この世、三次元世界は、
肉体という殻をまとっているので、
様々な波長の人が共存できる仕組みとなっています。


では、波長が違う人がなぜ共存できるのか、

肉体という殻をまとっていると、
心の波長は違っていても外見上は分からないからです。


たとえば、外見はよく似ていても波長は全然違います。

極端ないい方ですが、
誰かの役に立ちたいと思っている場合と、
人から何かを奪いたいと思っている場合。

短時間の会話では、
この波長の違いには気づかないことがあります。


(引き寄せの法則の難所)


つぎに、引き寄せの法則の中での、
波長同通の法則について考えていきましょう。


引き寄せの法則を使うに際しての重要点は、
波長同通の法則の使い方にあります。

あの世の仲良し村のイメージがヒントです。


たとえば、お金持ちは豊かさと波長が合い、
貧乏人は豊かさとは波長が合わない傾向があります。

また、健康志向の人は健康情報に敏感ですが、
病気がちな人は、病気の情報に敏感なものです。

これらは同じ三次元世界に住んでいながら、
波長が違うので心は違う村の住人ともいえます。


実際に極端に波長が違えば、
この世の中でも棲み分けが起こっています。


現状を変えるコツはここにあります。

同時に引き寄せの法則をうまく使えずに、
挫折してしまう最大の難所でもあります。


(波長を変えるのは決断と習慣)


この難所を切り抜けるためのキーは意志の力です。
まず「決めること」これが絶対に必要です。


たとえば、貧乏な人が「お金持ちになる」と決意する。
不健康では「健康になる」と決意することから始まります。


この決意こそが、
最初のスイッチを入れる行為にあたります。

決意した瞬間に心の波長は対象に同調するからです。


しかし、たいていの場合は、
過去の記憶や経験が頭をもたげ、
決意を諦めさせる方向に動きます。

なぜなら、変わりたくない、変わるのが怖い、
こんな現状維持を望む心があるからです。


これを乗り越えるためには、
決意したらすぐに実行に移すこと。

毎日書いた目標を読む、
写真を観るなどして定着化し、
波長が元通りに戻らないようにすること。

新しい考え方に基づく行動を習慣化させること、
これしかありません。


わたしも、何回も前進しようとしては失敗し、
再度決意しチャレンジを繰り返しています。

実際は、波長を変えるのは簡単ではないので、
上の3つに加えて、何度でも立ち上がる力、
「諦めないこと」「粘り」も欠かせません。


---------------------------------------

新発想!立ったまま行う 体幹スロー筋トレ

『筋肉絞り体操/姿勢改善編』実技セミナー

・6月28日(金)14~16時(天王寺)
・7月13日(土)18~20時(天王寺)
・7月26日(金)14~16時(天王寺)
・8月10日(土)18~20時(天王寺)
・8月23日(金)14~16時(天王寺)

健康or美意識の高い方・~7名様

【セミナーの詳細はこちら】



--------------------------------------



 
--------------------------------------

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。



こんにちは、
岡田です。


前回は「目的は同じ?二人のパーソナルトレーニング」でした。
https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12465686147.html

目標は同じでも現在の立ち位置が違う2人の実例をもとに、
現在から目標までの違いを図を使って示しました。


今回は「過去の治療院と未来型治療院の違い」として、
過去を振り返りながら現状をお伝えしたいと思います。


---------------------------

『歩行整体メソッド』とは、

三本の矢による、
回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢 ゆがみの潤滑整復術
第二の矢 ゆがみのトレーニング
第三の矢 ゆがまないセルフケア法

現在、システムの見える化を図っています。


---------------------------

それでは過去の振り返りから。


(過去の治療院)


先日、クライアントのKさんからも聞かれましたが、
大阪帝塚山で治療院を開業して32年になります。

いつのまにか地域で一番の老舗となっていました。


過去を振り返ってみると、
前半の20年は、治療技術の向上だけに力を注ぎました。


「歩行整体メソッド」的に視ると、
未病からの回復に集中していたのです。


いかに多くの症状を治すか、いかに早く治すか、
こんなことばかりに執着していました。


それは誰のため?「もちろん患者さんのために」
そう思いこんでいましたが、
現実は少し違っていたのです。


本心は「患者さんに褒めてほしいから…」
認められたかったわけですが、
そこに気づくと考え方は変わっていきました。


もちろん、その後も技術の向上に務めていますが、
それだけではなく、
みなさんの人生に良い影響を与えたい、
こんな風に思うようになりました。


本当は治療家が治すのではなく、
本人の自然治癒力が治すという事実に気づいたのです。

そこでやっと、治療家の仕事は、
回復力を引き出すことだと悟ったのです。


それからは、視点が変わりました。

認めてもらおうというのではなく、
一時の症状緩和を求めるのでもなく、
健康で人生を全うしてほしい、
と願うようになったのです。


そして、過去の治療院から脱皮しました。


超虚弱なわたしが回復し健康になって、
さらに、どんどん健康度が増している、
そのノウハウを生かしたいと考えたのです。


(未来型の治療院)


現在は、関わった人が健康になるために、
日々歩行整体メソッドの精度を上げています。

いつものスタイルで、
最新情報を学び、実験し、検証する。



まず、潤滑整復術の精度をもう一段上げ、
つぎに、整体歩行の精度を上げました。
さらに、筋肉絞り体操をクオリティアップ。


2年前パーソナルトレーニングの資格を取り、
リハビリだけでなく本格的なトレーニングも学びました。


人生はあまりにも短いので、
どこまで行っても究極はつかめませんが、
情報の更新をいとわず進化しながら、
未病からの回復~若返りまで、
サポート出来る体制が整いつつあります。

さらに、システムとしての症例を重ねたいと思います。


現状の課題は、
治療の段階、補強の段階、若返りの段階、
このステップアップをスムーズにつなぐこと。

クライアントが、いまどこにいて、
これからどうすればいいのか、
それにはどのぐらいの期間がかかるのか、
この精度を高めていくことでしょう。


それとともに、今後の展開を検討中です。


どういう道筋で進んだらより多くの人に役立つか、
日々、インスピレーションを受けながら、
コツコツと前進している現状ですが、
これが、未来型治療院のあり方だと考えています。


いずれにせよ、自己中では無く、
健康の神様に愛されるようなかたちで、
使命を全うしたいと強く願っています。


---------------------------------------

新発想!立ったまま行う 体幹スロー筋トレ

『筋肉絞り体操/姿勢改善編』実技セミナー

・6月15日(土)18~20時(天王寺)
・6月28日(金)14~16時(天王寺)
・7月13日(土)18~20時(天王寺)
・7月26日(金)14~16時(天王寺)

健康or美意識の高い方・~7名様

【セミナーの詳細はこちら】



--------------------------------------



 
--------------------------------------

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。


こんにちは、
岡田です。


前回は『皮膚の動きは肩こりの盲点』でした。
https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12461257463.html

皮膚のすべりが悪くなると体液の流れが悪くなり、
肩こりをはじめ様々な障害が発生すると述べました。


今回は『なぜ、頑固な肩こりは皮膚が硬いのか』です。
 

では、なぜ皮膚のすべりが悪くなるのでしょうか。
その原因を検討してみましょう。


皮膚が硬くなる理由はいくつかあります。

1.日常、動きが少ない部分だから

2.皮下脂肪が増えセルライト化するから

3.アトピーなど皮膚のトラブルがあるから


これらにより皮膚の滑りが悪くなります。


1.から解説すると、

手足は誰でもよく動かすのですが、
胴体の上と下、首の付け根や肩、
腰骨の付け根や臀部、下腹部などは、
日常生活であまり動かさないので硬くなりやすいのです。

あまり動かない部分は皮膚と筋膜がひっつき、
皮下の体液循環が悪くなるので、
慢性化すると皮膚が硬くなるのです。


2.の場合は、1と似ていますが、

日常あまり動かさないところに脂肪が溜ると、
皮膚組織と脂肪が引っ付いてしまいます。

この分厚くなった皮膚は硬くなり、
痛くてつまむことができなくなります。


こんな時には、皮膚の整復術が必要です。


ところが「皮膚が硬いので軟らかくして下さい」
まず、こんな人はいませんから、
大抵は首肩の不調など、
ゆがみによる症状で来院されて発覚します。


なので、実際の臨床では、
骨格や筋肉の潤滑整復術とともに、
皮膚の潤滑整復術も行うという流れになります。


(皮膚の潤滑整復術について)


それでは、皮膚の潤滑整復術について説明します。



これは、親指と他の指、または手のひらを使って、
皮膚をつまみ上げたりスライドさせる施術です。


親指と人差し指の2本で行うケースから、
5本全部を使ってつまみ上げるケースなど、
いくつかのバリエーションがあります。

こうして、皮膚の滑らかな動きを復元させるのです。


それによって皮膚は本来の動きを思い出し、
滑らかさが回復して潤滑すると、
体液の流れもスムーズになります。


その結果、皮膚が軟らかくなるだけでなく、

皮膚の色が良くなる、ブツブツが消える、
かゆみや痛みが消える、気の流れが良くなるなど、
いろんな反応が出てきます。

また、関連する関節も柔らかくなり、
こりもとれていきます。


(内臓機能にも良い)


皮膚の整復によって、
内臓機能も回復することがありますが、
その理由は、専門書にも載っています。


『整膚学』徐賢著によれば下のように書かれています。

「整膚の基本理論は、皮膚をひっぱることによって
内臓の調子を整え、陰陽のバランスを取り、
気血(気:エネルギー、血:血液)の流をよくするということである」


また、西洋医学的にみた場合は、
皮膚を通じて生体の制御機序を活発化し、
内臓や各器官の機能を促進させ、
身体の防衛能力と回復能力を発揮させることによって、
人体のバランスをとる方法だとのことです。

つまり、気の流れや体液や血液の循環が良くなり
自律神経の調整も行われることで、
内臓の働きが改善するということでしょう。


筋肉の張りや骨格のゆがみが消えても
肩こりが解消しない。

こんな時に皮膚は無視されがちですが、
皮膚の整復術を行うことで、
一気に肩こりが楽になることがあります。


ですから、歩行整体メソッドの第一の矢では、
骨格、筋肉、皮膚をチェックし、
必要に応じて潤滑整復術を施すのです。

内臓機能の低下系の肩こりの場合は、
背中にある臓器と関連したツボも参考にしながら、
皮膚の整復術を行っています。


ちょっと難しい話でしたが、
骨格や筋肉と並んで、
皮膚のチェックも大切だと覚えておいて下さいね。


---------------------------------------

新発想!立ったまま行う 体幹スロー筋トレ

『筋肉絞り体操/姿勢改善編』実技セミナー

・6月15日(土)18~20時(天王寺)
・6月28日(金)14~16時(天王寺)
・7月13日(土)18~20時(天王寺)
・7月26日(金)14~16時(天王寺)

健康or美意識の高い方・~7名様

【セミナーの詳細はこちら】



--------------------------------------



 
--------------------------------------

プライベートやブログに書けないことはメルマガで。